批准とは?

ひ じゅん [0] 【批准】

( 名 ) スルratification
全権委員署名して内容確定した条約を、条約締結をもつ国家機関確認し、これに同意与えること。 「講和条約を-する」
臣下差し出文書を、君主可否判断すること。


批准

読み方:ヒジュン(hijun)

条約対す国家最終的確認の手


批准

読み方:ヒジュン(hijun)

条約締結対す当事国の最終的確認形式


批准

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 14:24 UTC 版)

批准(ひじゅん、: ratification)は、国家が条約に拘束されることに同意する手続きのひとつである。通常は議会の同意を得て元首等が裁可あるいは認証、公布等を行うことにより国内において成立し、多国間条約においては国際機関等の寄託者[1]に批准書を寄託すること等により、また、二国間条約においては締約国間で批准書を交換すること等により[2]、確定する[3]


  1. ^ 条約法に関するウィーン条約 (PDF) 第7部第76条、第77条
  2. ^ a b c 国会承認条約の締結手続 (PDF) 外務省
  3. ^ 条約法に関するウィーン条約 (PDF) 第2部第1節第16条
  4. ^ 条約法に関するウィーン条約 第1部第2条1(b)、第2部第1節第11条、第14条、第15条
  5. ^ 条約法に関するウィーン条約 第2部第1節第13条
  6. ^ Convention for the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms as amended by Protocols No. 11 and No. 14 Council of Europe
  7. ^ 欧州連合については加入を認めているが、その他の国については批准によらなければならないとされている(第59条)[6]
  8. ^ [1]
  9. ^ 条約の国会承認に関する制度・運用と国会における議論 ―条約締結に対する民主的統制の在り方とは― 、外交防衛委員会調査室(中内康夫)。
  10. ^ 2017年現在、「法律の定めるその他の外交文書」は、外務公務員法に規定された官吏の任免に関連する文書が該当するのみである。


「批准」の続きの解説一覧

批准

出典:『Wiktionary』 (2011/05/01 13:32 UTC 版)

名詞

ひじゅん

  1. 全権委員調印した条約国家承認最終的確定すること。

発音

ひ↗じゅん

動詞

活用

サ行変格活用
批准-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「批准」の関連用語

批准のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



批准のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの批准 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの批准 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS