未だとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(時間) > 未だの意味・解説 

いま だ [0] 【未だ】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)「まだ」の文章語表現その時点で物事実現ていないさま。今になってもまだ。 「原因は-究明されていない
ある状態が引き続いているさま。今でもまだ。 「その煙-雲のなかへ立ち上るとぞ言ひ伝へたる/竹取」 〔漢文で「未」を「いまだ…ず」と訓読したことから、近世以降打ち消しの語を伴う用法固定した〕

まだ [1] 【未だ】

( 副 )
〔「いまだ」の転。中古以降広く用いられる〕
ある状態・段階程度至っていないさま。
現在の状態になっていないさま。かつて。 「 -若かった頃」 「あの頃は-田園地帯だった」
予想される状態・段階至っていないさま。 「 -若い」 「 -春は浅い」 「 -風呂はわかない」
ある状態に達するには、なお残りのあるさま。 「 -二、三日かかる」 「 -時間がある」 「 -食糧はある」
その段階において、物事実現ていないさま。 「 -読んだことがない」 「 -仕上がっていない
ある状態・行為継続しているさま。依然として。 「 -降っている」 「 -話し込んでいる」 「傷が-なおらない」
時間がわずかしか経過ていないさま。たった。 「 -十日しかたっていない
十分とはいえないが、ともかく他のものよりは勝っているさま。どちらかといえば。むしろ。 「前の方が-よかった」 「ないよりは-ましだ」
同じような事柄そのほかにもあるさま。さらに。 「言いたいことは-山ほどある」 「原因は-ある」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「未だ」の関連用語

未だのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



未だの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS