上下水道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 上下水道の意味・解説 

水道

(上下水道 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/27 16:09 UTC 版)

水道(すいどう)は、生活のためにを供給・処理する事業施設のこと。


  1. ^ もちろん、清浄な水は洗濯や入浴、食品や食器の洗浄などにも使われる。
  2. ^ 【水と共生(とも)に】水道事業の再公営化 世界で加速”. Sankei Biz (2018年4月16日). 2018年7月13日閲覧。
  3. ^ a b c https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/suidow-s/suidou/kanmin/e_qa.html
  4. ^ 山本哲三 「英水道民営化に仏企業のM&A攻勢」 エコノミスト 1990年11月27日号 98-101頁
  5. ^ 思えばチェース・マンハッタン・バンクそのものも水道事業から始まった。
  6. ^ GrobalResearch The New “Water Barons”: Wall Street Mega-Banks are Buying up the World’s Water May 15, 2016
  7. ^ 松下孝昭『軍隊を誘致せよ:陸海軍と都市形成』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉2013年 ISBN 9784642057707 pp.154-170.
  8. ^ 近代水道整備事業は財源7割以上が地方債により調達され、そのおよそ半分は外債であった。坂本大祐「我が国の近代水道創設事業とそ財源について」『京都産業大学経済学レビュー』第1号、京都産業大学通信制大学院経済学研究会、2014年3月、 80-104頁、 ISSN 2188-0697NAID 120005408003
  9. ^ 水道ビジョンフォローアップ検討会 水道を取り巻く状況及び水道の現状と将来の見通し 厚生労働省健康局水道課 平成19年4月 2、50頁
  10. ^ 料金徴収業務・システム開発受託実績


「水道」の続きの解説一覧

「上下水道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上下水道」の関連用語

上下水道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上下水道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS