解決とは? わかりやすく解説

かい‐けつ【解決】

読み方:かいけつ

[名](スル)

問題のある事柄や、ごたごたした事件などを、うまく処理すること。また、かたづくこと。「紛争を—する」

疑問のあるところを解きほぐして納得のいくようにすること。また、納得のいくうになること。「疑問が—する」


ドライショック(ドライショク):解決

英語表記/番号出版情報
ドライショック(ドライショク):解決La Résolution Op.67

解決

作者マーキュリー

収載図書カプセル妖精奇想幻想短編集
出版社碧天舎
刊行年月2005.11


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/25 05:03 UTC 版)

解決(かいけつ)は、音楽用語の一つ。


  1. ^ Kamien,Roger(2008).Music: An Appreciation,6th Brief Edition, p.41.ISBN 978-0-07-340134-8.


「解決」の続きの解説一覧

解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 08:16 UTC 版)

ウェッジ (デラウェア州)」の記事における「解決」の解説

単純な幾何学では、ウェッジデラウェア州一部とした方が論理的に適合しデラウェア州はこの地域管轄権行使してきた。1849年アメリカ陸軍測量工兵隊英語版)のJ・Dグラハム中佐は、メリーランド州北東の角と12マイル円を再測量した。この測量によりペンシルベニア州はこの問題存在思い出し、彼らは再度ウェッジ領有主張したデラウェア州その主張無視した1892年米国沿岸測地局のW・C・ホジキンズはメリーランド・ペンシルバニア州境東側について記録した"Top of The Wedge Line"を作成した1921年、両州の境界は"Top of The Wedge Line"に記載され境界線定まりウェッジ所有権は完全にデラウェア州与えられた。

※この「解決」の解説は、「ウェッジ (デラウェア州)」の解説の一部です。
「解決」を含む「ウェッジ (デラウェア州)」の記事については、「ウェッジ (デラウェア州)」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 09:49 UTC 版)

テイト予想 (結び目理論)」の記事における「解決」の解説

第一予想第二予想は、1987年頃に村杉邦男・ルイス・カウフマン・ティスツルスウェイトの3人によって独立に(ジョーンズ多項式使って解決された。 村杉邦男の論文によると、まず結び目の射影図平面グラフの対応を使って交代絡み目連結既約交代射影図の交点数は、その絡み目ジョーンズ多項式径間等しいことを示しそのことから第二予想正しいことを導いている。テイトの予想では交代結び目限定しているが、射影図が連結であれば交代絡み目に対して成立することが示されたことになる。第一予想ジョーンズ多項式によって解決されており、素な交代絡み目であればその最小交点射影図は全て既約交代射影図であるということ示されている。また、このとき系(corollary)として交代絡み目同士連結和させた絡み目交点数はもとの交点数和に等しいことや交点数奇数交代絡み目両手型ではないことを示している。 テイトの反転予想は、1993年にウィリアム・メナスコとティスツルスウェイトによって解決された。

※この「解決」の解説は、「テイト予想 (結び目理論)」の解説の一部です。
「解決」を含む「テイト予想 (結び目理論)」の記事については、「テイト予想 (結び目理論)」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 03:13 UTC 版)

ブタ戦争 (サンフアン諸島)」の記事における「解決」の解説

9月アメリカ大統領ジェームズ・ブキャナンダグラス総督交渉し事態の解決を図るためウィンフィールド・スコット将軍派遣した。これは国内南北戦争緊張最高潮達していたアメリカにとっての最善策だった。交渉結果双方は島を共同軍事占領し、兵力100名以下に削減することで合意した。「イギリス軍キャンプ」がサンフアン島北端補給アクセス容易な海岸線沿いに設置され、「アメリカ軍キャンプ」は、南端吹きさらしの草地で、船舶輸送対す集中砲火適した高地設置された。 共同軍事占領中、サンフアン島イギリス軍およびアメリカ軍小部隊はお互いに非常に友好的な関係を築きお互いキャンプ地訪れそれぞれの祝日祝い様々な運動競技会を催したパークレンジャー訪問客対し、その数年間における島での平和に対する最も大きな脅威が「大量アルコール入手可能なこと」だったと語る。 この状態はその後12年続き、この問題ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世委ねられた。1872年10月21日ヴィルヘルム1世任命され委員会サンフアン諸島に関するアメリカ主張賛同することに決定した1872年11月25日イギリス海兵隊イギリス軍キャンプから撤収させた。アメリカ1874年7月にそれに続いた2006年現在でもイギリスの国旗上記イギリス軍キャンプ地パークレンジャーによって毎日掲揚降納が行われており、外交儀礼に関係なくアメリカ政府職員によって他国国旗掲揚される数少ない場所の一つになっているサンフアン島国立歴史公園San Juan Island National Historical Park)はブタ戦争記念するのである

※この「解決」の解説は、「ブタ戦争 (サンフアン諸島)」の解説の一部です。
「解決」を含む「ブタ戦争 (サンフアン諸島)」の記事については、「ブタ戦争 (サンフアン諸島)」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 14:14 UTC 版)

ネコひねり問題」の記事における「解決」の解説

この問題は、ネコを、相対位置変化させることのできる円柱ペア前半身と後半身)とみなすモデルによって解決された(Kane & Scher 1969)。Kane–Scherモデルは後に、ネコ構成する円柱ペア物理的に許される相対運動記述する配置空間上の接続多様体)を用いて記述された(Montgomery 1993)。この枠組みにおいてネコひねり問題力学非ホロノミック系典型例となり(Batterman 2003)、その研究制御理論中心的課題となったネコひねり問題の解は、配置空間において始点終点定められたときの主束水平な曲線(つまり物理的に可能な運動)として与えられる。この最適解求めることは、最適動作計画英語版)の決定(Arbyan & Tsai 1998; Ge & Chen 2007)の一例である。 物理学的に言えばMontgomery接続配置空間におけるヤン=ミルズ場一種である。また変形体力学ゲージ場として表現するより一般的なアプローチ(Montgomery 1993; Batterman 2003)の特別な場合であり、これはShapereとWilczekの仕事(Shapere & Wilczek 1987)に続くものである

※この「解決」の解説は、「ネコひねり問題」の解説の一部です。
「解決」を含む「ネコひねり問題」の記事については、「ネコひねり問題」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 09:30 UTC 版)

天津事件」の記事における「解決」の解説

1939年6月26日イギリスの海軍外務省は、内閣に、封鎖終わらせる唯一の方法イギリス主力戦闘艦隊を極東海域に送ることであるが、ナチス・ドイツポーランドを脅かす現下危機鑑みれば、それは軍事的に勧められない報告した。いまイギリス海軍大部分シンガポール派遣してしまえば今後ドイツポーランド侵攻した場合イギリスドイツ海上封鎖制裁課すことができなくなる。そうして、アドルフ・ヒトラーポーランド侵略決定することを踏みとどまらせるイギリス主要な抑止力一つなくなればヒトラー戦争選択しやすい環境作ってしまう。 さらに、ヨーロッパで戦争勃発した場合イタリアベニート・ムッソリーニ政権鋼鉄協約尊重する危険があるため、チェンバレンフランスから、地中海でイギリスの海軍力を弱めることのないよう強い圧力受けていた。1939年5月ローマで署名され鋼鉄協約ドイツとイタリア攻守同盟である。つまり、ドイツとの戦争始まれば本当にイタリア参戦する可能性があった。 フランスの首相エドゥアール・ダラディエは、イギリス地中海艦隊シンガポール送られるよりも、地中海留まることを望んでいることをイギリス政府に非常に明確に示しイギリス日本との危機においてフランスからの支援期待できなかった。アメリカからの支援を得るための努力行われたが、アメリカからは、純粋にイギリス利益のためだけに日本戦争する危険は冒さないと言われ失敗したその後チェンバレンは、東京英国大使である ロバート・クレイギーに対して英国名声をあまり損なことなく危機終わらせる方法を見つけるよう命じた日本との交渉過程で、クレイギーは日本指導部内の分裂、特に軍部をより強い管理下に置きたい平沼騏一郎首相と、文民からの統制弱めた軍部の間にある分裂利用した日本政府内には更に分裂があった。今回危機利用してイギリスとの戦争開始したい考えていた勢力と、中国との戦争加えてソ連との国境紛争交じり合っているところへ三つ目戦争始めることは賢明ではないと議論していた勢力があった。簡単な勝利を期待していたノモンハン事件において、赤軍敗北したことは、日本陸軍驚かせ大きな衝撃受けた多く日本将軍たちが、ほんの一瞬ではあったかしれないが、好戦性失った日本外相有田八郎定期的にクレイギーと会った。そして1939年7月22日までには会談において勝っていると感じた1939年7月26日アメリカ1911年日米通商航海条約更新しないことを6か月前に通告をしてきた。これにより、イギリス日本に対してもたらしうる経済的圧力高まったルーズベルト政権極東宥和策を実施したが、天津事件のような行動は、日本制御不能であるとアメリカ人確信させ、アメリカ1911年条約取り消すなどの動き通じて経済的圧力をかけ、アジアにおける既存国際秩序への挑戦をやめるよう日本圧力をかけ始める必要が出てきた。昭和天皇激怒し侍従武官長畑俊六次のように語った。 「金属石油を削るのは大きな打撃かもしれない次の6か月間は[石油屑鉄]を購入できたとしても、その後苦境陥る陸海軍規模3分の1縮小しない限り、それは成り立たない。彼ら[陸海軍指導者たち]は、ずっと前からこのような事態備えておくべきであった。彼らが今ごろそれについて騒ぎ立てているのは受け入れられない アメリカの歴史ハーバート・ビックスによれば昭和天皇は、1911年条約破棄通告を招くことになった中国との戦争終えることを考えるわけでもなく、それに対すアメリカ動き予測もせず、その動き対す備えもしない陸海軍将軍たちに対して、しばしば批判的であったと書いている。 日本白鳥敏夫大使ローマから、英国封鎖への報復模索していると報告し、「日本以前のような英国との良好な関係を再開できる見込みほとんどないことを認識せねばならない」と警告した白鳥は、1938年11月ドイツから要請のあった防共協定反英軍事同盟転換する案に日本同意すべきである助言した。。同様に、非常に親独的な日本大島浩大使ベルリンから、危機日本にとって有利に解決するための最良方法としてドイツ・イタリアとの軍事同盟署名することを助言した1939年7月24日、「リッベントロップ機関」でアジア関係を担当するハインリヒ・ゲオルク・スターマー大島会い1939年6月16日リッベントロップ軍事同盟提案してから、日本から返事がなかったことを伝えアドルフ・ヒトラー9月ニュルンベルク予定されているNSDAP集会外交政策に関する大きな演説準備していると伝えた。そのため、リッベントロップは、日本交渉進めるつもりがあるのかどうか、今すぐ答えを必要としていた。7月28日リッベントロップ大島会いドイツとの同盟署名するよう迫り日独両国英国共通の敵としていると論じた上で日独同盟結べば天津事件日本有利に解決できる可能性高めるだろうと示唆した板垣征四郎陸軍大臣は、ドイツ・イタリアとの軍事同盟がすぐに署名されない場合辞任して内閣を倒すと脅したが、1939年8月4日木戸内相板垣陸相会い、待つように説得した1889年大日本帝国憲法の下で陸海軍首相ではなく天皇直属しており、なおかつ軍部大臣現役武官制により陸相海相陸軍・海軍同意した現役将校なければならなかった。このため陸相海相は、辞任することにより首相組閣することを妨げることができ、それにより内閣を倒すことができ、そのことが「国家の中の国家」を形成した軍部政府決定に対して拒否権を持つことを許してしまった。 1939年8月8日ドイツ・イタリアとの同盟署名するかどうか議論する会議の場で、再び板垣直ち日本同盟署名すべきだと要求した平沼首相は、戦争危機瀕しているヨーロッパの状況で、日本はまだ英国との戦争巻き込まれてはならない主張し同盟反対した。1939年3月31日自由都市ダンツィヒドイツへ再帰属をポーランド許可しない場合ポーランド戦争するドイツ脅迫している間、英国ポーランド独立保証した平沼は、ドイツとの同盟日本英国との望まない戦争引きずり込み、さらにソビエト連邦が「平和の戦線」に加わることを招く可能性があり、そうなれば中国との戦いがまだ続いているのに、日本ソビエトイギリス両方とも戦わなければならなくなると主張した帝国陸軍目下進行中ソ連との国境紛争において負けつつあることを板垣指摘しなかった点で平沼如才なかった。石渡荘太郎蔵相経済的な理由から英国との戦争反対の立場助言し有田八郎外相イギリスとの対決目的中国への支援やめさせることであり、新しい戦争引き起こすことではないと述べたヨーロッパでドイツ封じ込めることを意図したイギリスによる「平和戦線」が間もなく誕生しイギリスフランスソ連、さらにアメリカ参加する可能性がある同盟相手日本が戦わざるを得ない状況に陥りかねないことが主な懸念であった米内光政海相は、もし日本英仏中ソ米同盟と戦わなければならないとしたら、勝つ見込みはないと述べた。その会議では、ドイツとイタリアとの同盟はまだ締結すべきではないと結論付けた板垣陸相町尻量基 軍務局長通じてドイツ大使オイゲン・オットイタリア大使ジャシント・オーリティに手紙送った: 「陸軍8月8日五相会議協定について有利な決定を得るためにあらゆる努力をしたが、日本からの6月5日提案以来進展見られない状況は非常に危機的であり、陸軍大臣最終措置として辞任することを躊躇せず、それはほぼ間違いなく大島白鳥の辞任につながるだろう。辞任当初協定大きな後退もたらすが、徐々に日本協定締結向けた基盤強化することにつながる。しかし、私が責任を果たすには辞任する以外の方法はない。上述決断8月15日までに実行移される予定である」。 しかし、同盟提案を対ソ同盟ではなく対英同盟とすることにドイツ固執したため、板垣結局辞任しなかった。 同時にイギリス日本製品への関税引き上げることで日本経済的圧力をかけた。クレイギーはイギリス戦闘艦隊の派遣否決されたことは知っていたが、彼はしばし日本との会談中に英国封鎖解除するために戦争に向かうだろうとして武力行使ほのめかした。 クレイギーのブラフがきいたことと、日本政府内では異な政治的勢力で別々の議論なされていたこともあり、クレイギーの日本過激な要求イギリス銀行にある中国の銀の引き渡し要求など)は取り下げるよう日本説得できた。クレイギーは中国容疑者引き渡すという日本要求には服従することに同意した日本側を妥協に向かわせた決定的な圧力となったのは、中国との戦いがまだ解決されておらず、ソビエト連邦との全面戦争危機瀕しているうちに、英国との戦争なりそう事態招いていることに対して昭和天皇が不満を明らかにしたことであった。さらに昭和天皇は、対英戦争日本ドイツ支持に押いやりすぎることなり、それはドイツ利することになると感じた天皇日本人から現人神として崇拝されていたので、天皇陛下がこの危機について不満を表明しているということは日本権力中枢においては、この危機平和的に解決させねばならない強い圧力となった。 クレイギーと有田八郎外相は、和解基礎とするために2項目の「処理要綱」に合意したイギリスは、中国戦争状態があり、それにより日本ある種行動をとる必要があることを認識しイギリス日本行動妨げることはしないことを約束した1939年8月20日イギリス軍は4人の中国人逃亡者引き渡して封鎖終わらせることを選択した中国人たちは後に合意違反した日本により公開斬首により処刑された。 4人の中国人日本人への引き渡しは、英国多く怒り引き起こし下院議員たちには有権者たちから抗議の手紙殺到したイスラエルの歴史家アーロン・シャイは、チェンバレン政府のこの広報上の失態は、もし第二次世界大戦2週間後に始まってなかったら今でもより人々記憶残っているはずだと観察した中国政府は、4人の男性日本人によって処刑されてしまうと述べてイギリス再考求めたが、蒋介石イギリス人日本の経済要求には屈しなかったことを喜んだ

※この「解決」の解説は、「天津事件」の解説の一部です。
「解決」を含む「天津事件」の記事については、「天津事件」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 14:58 UTC 版)

立方体倍積問題」の記事における「解決」の解説

1837年に、ピエール・ヴァンツェルにより、2の立方根作図可能数ではない、すなわち定規とコンパスによる作図不可能であることが証明された。 メナイクモスによる解法は、2つ円錐曲線交点用いるものだった。さらに複雑な解法としては、シッソイドコンコイドPhilo line用いたものがある。アルキタスは、紀元前4世紀に、回転体3つの面の交点としてこの問題解いた折り紙によっても、2の立方根作ることができる。

※この「解決」の解説は、「立方体倍積問題」の解説の一部です。
「解決」を含む「立方体倍積問題」の記事については、「立方体倍積問題」の概要を参照ください。


(4)解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 16:51 UTC 版)

シーザー・ミラン」の記事における「(4)解決」の解説

エンディングは、取扱案件その後紹介視聴者一言アドバイスして終わる。

※この「(4)解決」の解説は、「シーザー・ミラン」の解説の一部です。
「(4)解決」を含む「シーザー・ミラン」の記事については、「シーザー・ミラン」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 02:21 UTC 版)

CSX8888号暴走事故」の記事における「解決」の解説

14時05分、8888号と同じ本線を逆方向から進行中だった貨物列車Q96号(機関車はSD40-2の8392号、勤続28年機関士長年コンビ組んでいる車掌乗務中)に対し、「正面衝突避けるため、待避線避難するように」との指示管制室からなされた指示通り待避線進入して間もなく8888号が横の本線通過暴走列車追跡していた機関士待避線へと駆けつける。そこで、Q96号の貨車切り離した上で本線バックし暴走する列車後部機関車連結してブレーキをかけて止めるという作戦提案管制室も合意したため、最後の希望としてQ96号が8888号の追跡を行うことになった待避線内ではQ96号は方向転換出来ないため、後退運転で進行方向状況見えない機関士のために、車掌機関車後方進行方向では前方)に無線機持って立った。 100km/hで後退しながら追跡開始したQ96号はケントン急カーブまで残り時間7分の地点追いついたが、スピード緩めた場合引き離され恐れがあった。やむを得ず機関士車掌その旨無線伝えた後、そのまま速度連結試みた列車連結作業通常時速10km/h程の徐行運転で行うため、その10倍近い速度行った場合連結器破損する可能性高く、また車掌衝撃機関車から振り落とされる危険もあった。成功可否危ぶまれたが、Q96号は無事連結成功し車掌振り落とされことなく無事であった。 Q96号の機関士ダイナミックブレーキ使用し8888号は減速して行った列車の速度が11mph(約18km/h)まで落ちたところで、先回りしていた機関士乗り移って8888号のスロットル戻しエンジン停止。それに気づいたQ96号の機関士ブレーキ使用し14時30分、事故現場から66マイル(約106km)離れたオハイオ州ケントン列車は完全に停止した脱線確実視されていたケントン急カーブまで、残りわずか2kmの地点であった最高時速110km、走行距離延べ105.6km、走行時間約2時間暴走だった。なお、8888号のブレーキシュー全て焼き切れていた。幸いにもこの事故による死者はなく、事故発生時転落して軽傷負った機関士以外に負傷者はいなかった。

※この「解決」の解説は、「CSX8888号暴走事故」の解説の一部です。
「解決」を含む「CSX8888号暴走事故」の記事については、「CSX8888号暴走事故」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 11:42 UTC 版)

ステラ・ニッケル」の記事における「解決」の解説

1987年1月ステラ最初の娘が情報提供のために警察接近したステラの娘によればステラは度々、ブルース禁酒してから詰まらないになったから、死んでしまえばいいと自分言ってきたという。ステラ以前カプセル中にジギタリスという毒草仕込んでブルース毒殺しようとしたことさえあると述べた毒殺試み失敗すると、ステラ図書館別の方法調べ始めシアン化物での毒殺行き着いたブルース死んだときに手に入る保険金自分たちは何ができるかというような話もしたとのことである。 オーバーン公立図書館英語版)に記録提出命じたところ、ステラHuman Poisonings from Native and Cultivated PlantsDeadly Harvestといった毒物に関する数多く書籍読んでいたことが判明した前者書籍について返却期限超過しているという記録残っていた。借りたきりで返却しなかったようだ。このとき、FBIステラ読んだ数多く書籍シアン化物についてのページステラ指紋残っているのを確認した1987年夏までに、ステラ弁護人でさえもステラがこの事件の重要被疑者であることを認めた

※この「解決」の解説は、「ステラ・ニッケル」の解説の一部です。
「解決」を含む「ステラ・ニッケル」の記事については、「ステラ・ニッケル」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 08:02 UTC 版)

ペン=カルバート境界紛争」の記事における「解決」の解説

1751年ボルチモア男爵死に息子のフレデリック・カルバート(英語版)が第6代ボルチモア男爵となったが、この世直後に「父親成したあらゆる合意縛られるのが嫌だ」などと言いはじめたため、論争は再び振り出し戻ってしまった。測量中断された。だが1760年までには翻意し、同年6月4日には話し合い戻り1732年合意1750年大法官命令を守ることになった。その年の11月ニューキャッスルにおいて委員会半島横断線測量結果中点を示す標識設置合意した。これで南側境界確定となった1761年地元測量士らにより、チェーン直線状に敷設する方法12マイル円の測量が行われたが、やり方計算稚拙うまくいかなかった。1763年にも同様な試みなされた失敗した。ここに至り両家委員会地元測量士ではなく英国測量士依頼することを合意した1763年7月20日ペンおよびカルバート両家チャールズ・メイソンおよびジェレマイア・ディクソン2人の間で契約結ばれた2人同年11月15日フィラデルフィア到着し委員会メンバー面会したメイソンディクソン初め仕事フィラデルフィア最南端となるポイント決めることだった。彼らはそこに観測所設けた。そこから西に31マイル進んだところ(エンブリービルのハーラン農場)に本部設置し基準点となる石を置いた。この石はスター・グレイザー・ストーンと呼ばれている。追加観測測量作業の後ペンシルバニアメリーランド境界測量入った1764年8月にはニューキャッスル裁判所からの線と、接点位置決定した9月4日から25日にかけて、中点標識からの南北線測量行った11月測量技師2人デラウェアクリスチーナ委員会出席し委員会結果承認した1765年12月17日から翌1766年1月1日の間に双方委員立会いの下で標識石の設置行った1767年中の帰国までに、東西線をできる限り西に延長する作業行った1767年11月クリスチーナにおいて最終結果報告終え1768年9月帰国したカルバートおよびペン両家1768年8月20日ジョージ3世メイソン=ディクソン線による境界承認求め請願行った1769年1月11日ジョージ3世はこれを承認した。この論争始まりから85年以上が経過していた。 両家7年後アメリカ独立戦争により、ともにその植民地をすべて失うことになる。

※この「解決」の解説は、「ペン=カルバート境界紛争」の解説の一部です。
「解決」を含む「ペン=カルバート境界紛争」の記事については、「ペン=カルバート境界紛争」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 10:03 UTC 版)

イランアメリカ大使館人質事件」の記事における「解決」の解説

その後11月4日行われたアメリカの大統領選挙で、カーター共和党ロナルド・レーガン敗北したその後カーター大統領敵視していたイラン仲介国と人質返還アメリカ合意しレーガン大統領就任した1981年1月20日に、人質444日ぶりに解放された。 なお、このタイミングでの人質の解放については、後に明らかになるイラン・コントラ事件」と絡めてレーガン陣営イラン政府との間の裏取引存在主張する民主党支持者中心としたジャーナリスト存在する

※この「解決」の解説は、「イランアメリカ大使館人質事件」の解説の一部です。
「解決」を含む「イランアメリカ大使館人質事件」の記事については、「イランアメリカ大使館人質事件」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 08:52 UTC 版)

清水局事件」の記事における「解決」の解説

Xのアリバイ成立していない可能性がある、との報告をAから受けた横根駐在所巡査は、管内発生していた他の窃盗事件についての取調べ兼ねて9月6日にXを駐在所出頭させた。管内での窃盗についてXの聴取を行う傍ら巡査3年前書留窃盗事件について水を向けた。すると、Xは「そのことか」と頭を掻いてその場書留窃盗についてすべてを自白した

※この「解決」の解説は、「清水局事件」の解説の一部です。
「解決」を含む「清水局事件」の記事については、「清水局事件」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/26 03:01 UTC 版)

オズマ問題」の記事における「解決」の解説

この問題は、3人の中国系アメリカ人物理学者研究で一応の解決を見た。まず、李政道楊振寧によって、素粒子間に働く弱い相互作用では左右の区別がある可能性示唆された(2人はこの功績により1957年ノーベル物理学賞受賞した)。その後1956年呉健雄によってコバルト60放射性崩壊実験ではS極の方から飛び出す電子数が多い、すなわちパリティ保存破れということ発見された(ウーの実験)。現在は、時間に関してオズマ問題存在するかどうか物理学大きな問題一つになっている

※この「解決」の解説は、「オズマ問題」の解説の一部です。
「解決」を含む「オズマ問題」の記事については、「オズマ問題」の概要を参照ください。


解決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/25 08:57 UTC 版)

南村金融業者強盗殺人事件」の記事における「解決」の解説

事件発生してから7年後1940年昭和15年2月、AはBの遺体埋めた鶏小屋隣接する野菜倉庫から野菜取り出そうとしたところ、鶏小屋一角崩れ白骨化したBの遺体露出した驚いたAは遺体を田の畔道埋めて隠蔽するこの頃から夢枕現れるBにうなされるようになった。 やがてAのうなされる様が集落の噂となるのと前後して管轄町田警察署事件の再捜査依頼する投書寄せられた。町田警察署は再捜査神奈川県警察部刑事課依頼し周辺捜査結果事件発生から7年4カ月後の8月10日にAを逮捕し自供させた。

※この「解決」の解説は、「南村金融業者強盗殺人事件」の解説の一部です。
「解決」を含む「南村金融業者強盗殺人事件」の記事については、「南村金融業者強盗殺人事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解決」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

解決

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:51 UTC 版)

名詞

かいけつ

  1. 決着付けること。事件問題を、円満な結末に導くこと。

発音(?)

関連語

翻訳

動詞

活用


「解決」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解決」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解決のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2024 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解決 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェッジ (デラウェア州) (改訂履歴)、テイト予想 (結び目理論) (改訂履歴)、ブタ戦争 (サンフアン諸島) (改訂履歴)、ネコひねり問題 (改訂履歴)、天津事件 (改訂履歴)、立方体倍積問題 (改訂履歴)、シーザー・ミラン (改訂履歴)、CSX8888号暴走事故 (改訂履歴)、ステラ・ニッケル (改訂履歴)、ペン=カルバート境界紛争 (改訂履歴)、イランアメリカ大使館人質事件 (改訂履歴)、清水局事件 (改訂履歴)、オズマ問題 (改訂履歴)、南村金融業者強盗殺人事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解決 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS