落着とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > > 落着の意味・解説 

らく‐じゃく〔‐ヂヤク〕【落着】

らくちゃく(落着)


らく‐ちゃく【落着】

[名](スル)古くは「らくぢゃく」》

物事にきまりがついて落ち着くこと。決着。「彼を代表にすることで落着した」「一件落着

近世裁判などの決着がつくこと。


らく‐じゃく ‥ヂャク 【落着】

〔名〕 ⇒らくちゃく(落着)


らく‐ちゃく【落着・落著】

〔名〕 (古くは「らくぢゃく」)

きまりがつくこと。おちつくこと。決着決定

太平記14C後)一「句の優美遠長なる体、製のみ有て其の趣向落著(ラクヂャク)の所を知り難し」〔朱子語類論語為政篇下〕

納得すること。理解すること。はっきりとわかること。

都鄙問答(1739)三「無極大極といへども、畢竟なきものに名を付たるにや。聢と落著(ラクヂャク)なりがたし」

裁判決着がつくこと。判決が下ること。また、その判決

黒川本今仮名目録‐定(1560頃)一一条「公事落着なき間、論人訴人共に、奉行宿所出入すへからす」

江戸時代人殺し喧嘩などの判決のように、それですべて決着がつく判決のこと。境界争い水争いのように、将来にかかわることを判決する裁許対する語。

*聞訟秘鑑(古事類苑法律五八)「裁許と落着差別之事」


おとし‐つ・ける【落付・落着】

〔他カ下一〕 [文]おとしつ・く 〔他カ下二

気持考え落ちつかせる。

(イ) 気持落ちつける。考え定める。なだめる

病者扶く心得(1593)第二「今より後科をおかすまじきとかたくおとしつくるにおゐては」

浮世草子男色大鑑(1687)四「いかにもいかにも一通り聞届しと三郎に魂をおとし付させ」

(ロ) 落ちつきはらう。どっしり構える。

浮世草子好色一代女(1686)一「万事おとしつけて居たる客には太夫気をのまれて」

(ハ) 決着させる。落着させる。判決を下す

勝山記永正七年(1510)「此春中、国中都留郡御和ほく落付」

強いて、それときめてしまう。それだときめこむ

古活字本荘子抄(1620頃)一「夢の時がしきの荘子やら、さめた時がしきの荘子やら、ゑをとしつけぬぞ」


おち‐つき【落着・落付】

〔名〕

移り動いていたものがとどまること。また、その場所たどりつく所。行く先

玉塵抄(1563)二九下の句をのせぬほどにをちつきしれぬぞ」

② 正式の来訪者最初に出す食事婚礼のとき、嫁が婚家についてまず食べる軽い食事吸い物。→落着雑煮(おちつきぞうに)。

宿屋会場などに行き着いてまず飲食すること。また、その飲食物。転じて、を飲む時にそえる菓子類。茶うけ

新撰六帖(1244頃)二「東路やむまやむまやのおちつきに人もすすめぬ君がわりなき藤原光俊〉」

住居や職などがきまって生活が安定すること。

浮世草子傾城色三味線(1701)鄙「まさかの時見捨じとの詞をたのみに落着(オチツキ)慥と安堵して」

(5) 事件などが治まること。物事解決。落着(らくちゃく)。「社会おちつきをとりもどす」

(6) 心配、疑問などが消えて心が安まること。また、態度やことばなどがどっしりしていること。物事動じないように見え様子

俳諧・発句題叢(1820‐23)秋「落着の見え餌拾小鳥哉〈笠〉」

(7) 判断議論などが最後にある点にゆきつくこと。

女工哀史1925)〈細井和喜蔵一六「容易にその説の落ち着きを見ないのであるが」

(8) ゆれ動いたりしていたものがしずまること。特に、相場激しく変動した後に安定すること。〔新時代用語辞典(1930)〕

(9) 物事おさまりぐあい。物のすわりぐあい。安定

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「何処(どこ)か仮衣(かりぎ)をしたやうに、恰当(そぐ)はぬ所が有って、落着(オチツキ)が悪かったらう」

(10) 表現色合いなど調和がとれて穏やかな様子。「おちつきのある色」


おち‐つ・く【落着・落付】

1 〔自カ五(四)

移り動いていたものが、ある場所にとどまる。

(イ) 旅などで、めざす所に行き着くまた、居場所きまってそこにとまる。

浜松中納言(11C中)二「若君具したてまつりて、里にぞいそぎおちつきにける」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「東風子の胃の中にカステラ落ち付いた時であった」

(ロ) 住居や職などがきまって長くそこにとどまるようになる。

浮世草子好色万金丹(1694)一「色里近き順慶町といふ所におちつきぬ」

② 高い所か落ち地面達する。

宇治拾遺(1221頃)一四「此鳥のおちつかん所をみてまゐれ」

物事安定した状態になる。

(イ) 事件などがしずまる。物事解決する。落着(らくちゃく)する。

史記抄(1477)一六「罪が備具落ついたほどに磔にするぞ」

(ロ) 心配や疑問消えて心がやすまる。安心する得心する。

羅葡日辞書(1595)「Vagor〈略〉ココロガ ドチニモ vochitçucazu(ヲチツカズ)」

(ハ) 揺れ動いたりしていたものがしずまる。また、変わり方激しかったものが、定まった状態になる。「天候おちつく」「相場おちつく

(ニ) 発作がおさまる。

落語梅見薬鑵(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「(あかがね)を舐(なめ)ますと癪が直(すぐ)に沈静(オチツク)んで御座いますが」

判断議論相談などが、最後にある点にゆきつく帰着する。帰する。「中止ということに話がおちつく

日葡辞書(1603‐04)「クジガ イッパウニ vochitçuita(ヲチツイタ)」

(5) 態度、ことばなどが軽々しくなくどっしりとしている。物事動じないように見える。沈着である。ゆうゆうとしている。

*虎寛本狂言居杭室町末‐近世初)「『何事じゃ』『何事とは落着た。〈略〉なぜに打擲召れた』」

(6) 表現色合い音色などが調和がとれていて、穏やかである。はででなく適度である。

史記抄(1477)三「取周之精者也と云字が、うまうもをちつかぬぞ」

草枕(1906)〈夏目漱石〉七「音色落ち付いて居る所か察すると」

2 〔他カ下二〕 ⇒おちつける(落着)


おち‐つ・ける【落着・落付】

〔他カ下一〕 [文]おちつ・く 〔他カ下二

物事安定した状態にする。物や体をある場所にすえる。

*虎明本狂言祇園室町末‐近世初)「太こもちにする、そのやくにおちつけてひっこむなり」

灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一五「そこに腰を落ち着けた」

乱れた心などをしずめる。

人情本・英対暖語(1838)二「よく気を落着(オチツケ)て、其証古を見様

でこぼこなものを平らにする。

改正増補和英語林集成(1886)「ミチヲ ochitsukeru(オチツケル)」

判断議論などがある点にゆきつくようにする。きめる。さだめる。

浮世草子好色一代女(1686)四「御隠居の跡を我物書置させましてすゑずゑ世わたりと、分別おちつけ行程に」


落着

読み方:ラクチャク(rakuchaku)

近世訴訟用語。事件解決がつくこと。

別名 埒明済方


落着

読み方:こっくり

  1. (一)色合等の派手ならず能く引き締りたるに云ふ語。「-した反物」。(二)俄かと云ふ場合に用ゐらるる語。「-死んで了つた」。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



落着と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落着」の関連用語

落着のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



落着のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS