返信とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 返信の意味・解説 

へん‐しん【返信】

読み方:へんしん

[名](スル)返事の手紙や電子メール送ることまた、その手紙やメール返書。「友人からのメールに―する」⇔往信


返信

作者沢木耕太郎

収載図書彼らの流儀
出版社朝日新聞社
刊行年月1991.12


返信

作者神崎春子

収載図書涙だってあたたかい家族の肖像
出版社角川書店
刊行年月1996.10
シリーズ名角川ルビー文庫


返信

作者田中常夫

収載図書赤い財布
出版社群青
刊行年月2002.11


返信

作者小島信夫

収載図書月光暮坂小島信夫後期作品集
出版社講談社
刊行年月2006.10
シリーズ名講談社文芸文庫


返信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 13:26 UTC 版)

返信(へんしん)




「返信」の続きの解説一覧

返信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 14:53 UTC 版)

PTT (台湾)」の記事における「返信」解説

「推文」と言われTwitterツイートに対する中文表記と同じ。スレッドに対し半角英数字45文字分のコメント可能で投稿文の下部表示される投稿文への賛否表明するためのものだが、投稿自身での「自己レス」は禁止されている。賛意の場合は返信コメントの手前に「賛」が、批判の場合は「嘘」どちらでもない場合は「→」が表示される 推文管理:推文水:板主および管理者権限保有者Ctrl+Uのショートカット操作ユーザーの返信資格剥奪ができる。(2014年8月17日新設) 推文削除:板主および管理者権限保有者Ctrl+Eのショートカット操作規約違反の返信を削除できる。(2014年6月29日新設)

※この「返信」の解説は、「PTT (台湾)」の解説の一部です。
「返信」を含む「PTT (台湾)」の記事については、「PTT (台湾)」の概要を参照ください。


返信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 02:21 UTC 版)

聖獣魔伝ビースト&ブレイド」の記事における「返信」解説

往復はがきの返信側には、キャラクタIDキャラの状態を管理する暗号ビースト行動結果、返信情報、特殊メッセージ記載されている

※この「返信」の解説は、「聖獣魔伝ビースト&ブレイド」の解説の一部です。
「返信」を含む「聖獣魔伝ビースト&ブレイド」の記事については、「聖獣魔伝ビースト&ブレイド」の概要を参照ください。


返信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 16:14 UTC 版)

Yahoo!知恵袋」の記事における「返信」解説

質問者自分の質問に付いた回答に、回答者自分投稿した回答に対して返信を行うことができる。 2014年6月回答に対する返信機能追加され代わりに回答編集機能廃止された。

※この「返信」の解説は、「Yahoo!知恵袋」の解説の一部です。
「返信」を含む「Yahoo!知恵袋」の記事については、「Yahoo!知恵袋」の概要を参照ください。


返信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 16:34 UTC 版)

アルタイルへのメッセージ」の記事における「返信」解説

メッセージ2000年ごろにアルタイル到着する平林は、可能性は高くないとしつつも、もしアルタイル知的生命がいた場合最短で2017年に返信が期待できるとしている 。

※この「返信」の解説は、「アルタイルへのメッセージ」の解説の一部です。
「返信」を含む「アルタイルへのメッセージ」の記事については、「アルタイルへのメッセージ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「返信」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

返信

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 03:50 UTC 版)

名詞

へんしん

  1. 返事手紙通信
  2. 手紙電子メールに対して返事送ること。

発音(?)

へ↗んしん

類義語

動詞

  1. 手紙電子メールに対して返事送る

活用

サ行変格活用
返信-する

「返信」の例文・使い方・用例・文例




返信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「返信」の関連用語

返信のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



返信のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの返信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPTT (台湾) (改訂履歴)、聖獣魔伝ビースト&ブレイド (改訂履歴)、Yahoo!知恵袋 (改訂履歴)、アルタイルへのメッセージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの返信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS