コメントとは? わかりやすく解説

コメント【comment】

[名](スル)ある問題について、意見や、補足的な解説などを加えること評釈論評。「—を避ける」「事件について—する」「ノー—」


コメント

Last modified: Feb 08, 2007

  1. いくつかの群があって,どの群の間で差があるかを検定する場合全ての 2 群の組合せt 検定を行うのは正しくない平均値の多重比較による検定法採用する必要がある
  2. t 検定は,母集団分布正規分布であることを仮定している。しかし,母集団分布正規分布でなくても頑健性があるので,少々分布のずれは気にしなくてもよいただし,明らかに正規分布ない場合には,マン・ホィットニーの U 検定,2 標本コルモゴロフ・スミルノフ検定,ファン・デル・ワーデン検定などのノンパラメトリックな手法用いたほうがよい。ただし,明らかに正規分布ない場合には,等分散仮定しない Welch の方法による t 検定を行う方がよい
  3. t 検定は,標本から得られる分散を母分散推定値として用いる。ケース数が少な場合には母分散推定値不正確になるのでノンパラメトリックな手法用いたほうがよい。
    等分散でないときの平均値の差の検定によれば,「等分散仮定しない検定法Welch の方法)」を採用するのが良さそうである。
    等分散性検定結果見て普通の t 検定を行うか Welch の方法による t 検定を行うかを決めようという手順は,検定多重性という点でも問題がある最初から等分散仮定しない Welch の方法による t 検定を行う方がよい


コメント

Last modified: May 16, 2002

 χ20 検定統計量計算式から分かるように,χ20 が大きくなる原因はふたつある。
  1. 関連が強い場合観察値と期待値差が大きい場合
  2. 標本大きさ大き場合
 表 5 と表 4 では,関連の強さは全く同じである。しかし,標本大きさ10 倍なので,χ20 検定統計量10 倍の大きさになる。
 検定を行うときには上のふたつの要因をよく考えておくことがたいせつである

コメント

Last modified: May 16, 2002

 Z0 統計量二乗したものは χ20 検定統計量等しくなる(χ2分布の定義を参照)。
 そのため有意確率は全く等しくなる
 結局二群の比率の差の検定2 × 2 分割表独立性の検定は全く同じことをしていることになる。

コメント


コメント


コメント

作者清水義範

収載図書似ッ非イ教室
出版社講談社
刊行年月1994.7

収載図書似ッ非イ教室
出版社講談社
刊行年月1997.7
シリーズ名講談社文庫


コメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/24 08:33 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

コメント



コメント

出典:『Wiktionary』 (2021/09/06 07:28 UTC 版)

語源

名詞

コメント

  1. 論評意見

動詞

  1. 意見述べる

「コメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コメント」に関係したコラム

  • CFDの関連ニュースを提供しているサイトの一覧

    CFDでは、コモディティや株式、株価指数、債券などさまざまな商品を扱っています。ここでは、これらの商品に関連するニュースを提供しているCFD業者のサイトの一覧を紹介します。 CFD業者 ニュース名 D...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2022 統計学用語辞典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS