書き込みとは? わかりやすく解説

かき‐こみ【書(き)込み】

読み方:かきこみ

書き込むこと。また、の文字文章書き入れ。「—のある古本


書き込み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

書き込み

作者輝虎

収載図書不思幕の内弁当怪談特製恐い51
出版社文芸社
刊行年月2007.12


書き込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 16:41 UTC 版)

NAND型フラッシュメモリ」の記事における「書き込み」の解説

情報の書き込みは、量子トンネル効果により電子浮遊ゲート内に注入することで行われる回路基板であるN型半導体接地電位にし、微小な電流によって制御ゲートに書き込み電圧印加する浮遊ゲート内に蓄積され電子情報記憶する

※この「書き込み」の解説は、「NAND型フラッシュメモリ」の解説の一部です。
「書き込み」を含む「NAND型フラッシュメモリ」の記事については、「NAND型フラッシュメモリ」の概要を参照ください。


書き込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 07:31 UTC 版)

忍法帖」の記事における「書き込み」の解説

忍法帖がないと書き込めず、「貴方の忍法帖作成します。2分後に再度書き込むか、お帰りください」とエラーメッセージ表示されるCookie有効であれば忍法帖自動作成され、更に120秒経つとLv=2与えられて書き込みが出来るようになる。ただし、板によっては更に規制行っているところもある。

※この「書き込み」の解説は、「忍法帖」の解説の一部です。
「書き込み」を含む「忍法帖」の記事については、「忍法帖」の概要を参照ください。


書き込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 04:12 UTC 版)

電子掲示板」の記事における「書き込み」の解説

掲示板スレッド意見情報などを投稿すること、また、その投稿内容のこと。カキコともいう。 ネットニュースでは、投稿、またはポストと呼ぶ

※この「書き込み」の解説は、「電子掲示板」の解説の一部です。
「書き込み」を含む「電子掲示板」の記事については、「電子掲示板」の概要を参照ください。


書き込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 19:42 UTC 版)

Static Random Access Memory」の記事における「書き込み」の解説

書き込みサイクルは、まず書き込むべき値をビット線に印加することで始まる。0 を書き込みたい場合、ビット線には 0 を入力する。つまり、BLを 1、BLを 0 とする。これはRS型フリップフロップにリセットパルスを与えるのと同じでありそれによってフリップは状態を変化させるビット線に与え入力逆転させると 1 が書き込まれる。次にWLアサートすると、格納すべき値がラッチされる。これがうまく機能するには、ビット線の入力ドライバ相対的に弱いセル内のトランジスタよりも強く交差接続されインバータの状態を上書きできるよう設計する必要があるSRAMセル内のトランジスタ大きさ慎重に決定する必要があり、それによって正しい動作を保証する

※この「書き込み」の解説は、「Static Random Access Memory」の解説の一部です。
「書き込み」を含む「Static Random Access Memory」の記事については、「Static Random Access Memory」の概要を参照ください。


書き込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 07:03 UTC 版)

おーぷん2ちゃんねる」の記事における「書き込み」の解説

画面経由せず、そのまま書き込みを行うことができる。書き込みの際に効果音が鳴る(オフする事も可能)。また書き込みには、お絵描きなど多数機能使用するボタンなどが存在している。スレ主特有で、!aku(数字)を入力する特定のレス番号を書き込み不能にするコマンドを打つ事ができる。!kaijo(書き込み不能のレス番号)で解除可能。

※この「書き込み」の解説は、「おーぷん2ちゃんねる」の解説の一部です。
「書き込み」を含む「おーぷん2ちゃんねる」の記事については、「おーぷん2ちゃんねる」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「書き込み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「書き込み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

書き込みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



書き込みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNAND型フラッシュメモリ (改訂履歴)、忍法帖 (改訂履歴)、電子掲示板 (改訂履歴)、Static Random Access Memory (改訂履歴)、おーぷん2ちゃんねる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS