コンパクトディスクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 円盤 > コンパクトディスクの意味・解説 

コンパクト‐ディスク【compact disc】

読み方:こんぱくとでぃすく

樹脂製の円盤データ記録し、これをレーザー光読み取る記憶メディアの一。円盤には微細な凹凸刻まれレーザー光当て、その反射光電気信号戻してデータ読み取る音楽鑑賞用として普及したCD-DAのほか、コンピューター用のCD-ROMCD-RCD-RWなどがある。CD。→光ディスク


コンパクトディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 06:46 UTC 版)

コンパクトディスクCompact Disc; CD、シーディー)は、1970年代ソニーフィリップスが共同開発し[1][2]1980年代初めに製品化された記憶媒体[1]。金属の薄膜や有機色素材料をポリカーボネートガラスなどの保護層で挟んだ光ディスクであり[1]レーザー光を使ってデータの読み出しや書き込みをする[1]。もともとは、従来のレコードに代わり音楽を記録するための媒体として開発され[1][2]、その後、コンピュータ用のデータを記録する派生規格[3]も策定された。


注釈

  1. ^ 業務用では1991年[5]
  2. ^ のちに「CDの父」と呼ばれる、デジタルオーディオ技術の草分け的人物
  3. ^ 当時ソニー副社長
  4. ^ のちのソニー常務[9]
  5. ^ アナログ信号をデジタル信号に変換する際、信号の振幅の大きさを何段階で表すかを示した値[10]
  6. ^ 指揮者によって変わるが、カラヤンの「第九」は約63 – 69分であり、ほとんどのヒストリカル指揮者による演奏時間は60分を超えていた。結果的に74分(最大80分も可能)という収録時間は、1951年にライヴ録音されたフルトヴェングラー指揮のいわゆる「バイロイトの第九」(演奏時間およそ74分32秒)や、それに匹敵する長さであるカール・ベームレナード・バーンスタインの演奏も、コンパクトディスク1枚に収めることが可能である。
  7. ^ レコード会社
  8. ^ ドリームキャスト版『GUILTY GEAR X』特典CDは盤面の絵柄によって形状が異なり、セガサターン用初回限定版『リフレインラブ ~あなたに逢いたい~』特典CDはハート型CDである。
  9. ^ 短いバーストエラーからの誤り訂正を行う符号として「リード・ソロモン符号」を提案したのは、フィリップスのCD開発チーム責任者である。
  10. ^ PからWに12バイトずつ割り当てられる。なお先頭の同期信号を含めれば98バイト。
  11. ^ 文献によっては97分26秒と秒数を指示しているものもあるが、ドライブ側は97分33秒までゆとりをもたせてあることも少なくない。よって、Eight-to-fourteen modulationが定めたオレンジブックに準拠した最大収録時間は96分59秒になる。
  12. ^ 参考までにDVDの記録層は印刷面からも樹脂層からも0.6 mm、Blu-ray Discでは印刷面から1.1 mm、樹脂層から0.1 mmである。

出典

  1. ^ a b c d e f g "CD". IT用語がわかる辞典. コトバンクより2023年7月29日閲覧
  2. ^ a b The history of the CD - The beginning - Research” (英語). Philips. 2023年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月29日閲覧。
  3. ^ データ用CD”. 三菱ケミカル. 2017年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月26日閲覧。
  4. ^ a b c d "CD". ASCII デジタル用語辞典. コトバンクより2023年7月29日閲覧
  5. ^ a b The history of the CD - The CD family - Research” (英語). Philips. 2023年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月29日閲覧。
  6. ^ 森 2016, p. 365.
  7. ^ a b c d e f g h Sony History 第7章 デジタルをものにしてみせる”. ソニー. 2023年7月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k Sony History 第8章 「レコードに代わるものはこれだ」”. ソニー. 2023年7月27日閲覧。
  9. ^ 宮岡千里氏が死去 元ソニー常務”. 日経電子版. 日本経済新聞社 (2014年12月11日). 2023年7月27日閲覧。
  10. ^ "量子化ビット数". デジタル大辞泉. コトバンクより2023年7月26日閲覧
  11. ^ 森 2016, p. 369.
  12. ^ 森 2016, p. 371.
  13. ^ a b c d e f g h i j Sony History 第9章 「石もて追われる大賀」”. ソニー. 2023年7月27日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g Sony History 第10章 スタジオ録音もデジタルに”. ソニー. 2023年7月27日閲覧。
  15. ^ 米でレコードがCDに勝利 売上枚数で1987年以来:時事ドットコム
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n コンピュータ講座 応用編 第10回”. 富士通. 2023年9月10日閲覧。
  17. ^ ECMA-130 Data interchange on read-only 120 mm optical data disks (CD-ROM) 2nd edition” (英語). Ecma International (1996年). 2022年2月20日閲覧。
  18. ^ What about subcode (P, Q, R, S, T, U, V, W) channels?” (英語). CDFS.com. 2022年2月20日閲覧。
  19. ^ Tim Buthe and Walter Mattli, The New Global Rulers: The Privatization of Regulation in the World Economy, Princeton University Press, Feb. 2011.
  20. ^ Beethoven_and_the_Compact_Disc”. www.researchgate.net. www.researchgate.net. 2022年6月3日閲覧。
  21. ^ longest-running-time-on-an-official-cd-you-bought”. forums.stevehoffman.tv. forums.stevehoffman.tv (2017年1月14日). 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月21日閲覧。
  22. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、21 Feb 2017 05:35:09 UTC閲覧。
  23. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、21 Feb 2017 05:37:08 UTC閲覧。
  24. ^ GML. “99min CD”. www.genmag.com.sg. 2024年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月3日閲覧。
  25. ^ Esperanza. “ESPERANZA CD-R 870MB / 99MIN - SPINDLE 100 PCS.”. esperanza.pl. 2024年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月3日閲覧。
  26. ^ Banana disc large capacity 870 MB 99 min cd-r”. web.archive.org. 2019年1月25日閲覧。
  27. ^ Esperanza CD-R 870MB/99min”. www.cdsklep.pl. 2019年1月25日閲覧。
  28. ^ CD-R 900MB 100min 48x speed, inkjet fullsurface printable, Cake 25”. www.media-range.com. 2019年12月3日閲覧。
  29. ^ Field: Nocturnes Nos. 1-18”. www.prestomusic.com. www.prestomusic.com. 2021年1月26日閲覧。
  30. ^ RUBINSTEIN, Anton: Bal (Le) (Warren Lee)”. www.naxos.com. www.naxos.com. 2021年1月15日閲覧。
  31. ^ 800 MB XCD Guide”. www.divxland.org. 2019年1月30日閲覧。
  32. ^ CDファミリーの系譜”. マルチセッションとTAO. CDs21ソリューションズ. 2023年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月20日閲覧。
  33. ^ 四本淑三 (2003年5月1日). “第7回 ─ 次世代CD、SACDって従来のCDとどう違うの?”. TOWER RECORDS. 2022年2月20日閲覧。
  34. ^ 片面CD/片面DVDの両面ディスク“DualDisc”発表”. AV Watch. インプレス (2004年8月26日). 2023年11月19日閲覧。
  35. ^ a b DualDiscについて詳しく教えて!”. CDJournal リサーチ (2005年12月22日). 2023年11月19日閲覧。
  36. ^ 岩見旦 (2019年2月23日). “ケースから取り出したらCDが劣化し白濁。30年前のCDが寿命を迎えているかもしれない件”. CNS MEDIA. 2022年1月4日閲覧。
  37. ^ 気になるCDの寿命 - 神戸新聞社
  38. ^ ●CDを冷凍すると音質が良くなる?”. www.hifido.co.jp. www.hifido.co.jp. 2022年6月3日閲覧。
  39. ^ a b *ポリグラム 最初のCD(初期・西独盤)(B級オーディオ・ファンのサイト内)
  40. ^ Sony Global -Sony History- - アーカイブ
  41. ^ 音楽配信の世界売上高、昨年CD上回る”. 日本経済新聞 (2015年4月16日). 2021年7月29日閲覧。
  42. ^ “2020年1~6月の米レコード販売、CDを逆転 1980年来初”. 日本経済新聞. (2020年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63841280V10C20A9000000/ 2021年2月26日閲覧。 
  43. ^ CD売上げがなんと17年振りに上昇。アデル、BTS、テイラー・スウィフトのおかげ。アナログ盤は50.4%も上昇。アメリカ人がフィジカルに戻ったのか? 懐古主義に?? TikTokは?2021年アメリカはどう音楽を買い聴いたのか。統計発表。 (中村明美の「ニューヨーク通信」)-rockinon.com|https://rockinon.com/blog/nakamura/201318”. rockinon.com. 2022年7月15日閲覧。



コンパクトディスク(オランダのフィリップス社と共同)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:54 UTC 版)

日本の発明・発見の一覧」の記事における「コンパクトディスク(オランダフィリップス社と共同)」の解説

コンパクトディスクは、フィリップス(Joop Sinjou)とソニー土井利忠)が共同開発したソニー光デジタル音楽ディスク初め公開したのは1976年9月1982年発表したコンパクトディスクと同様の仕様で、サンプリングレート44,056Hz、リニア解像度16ビット、クロスインターリーブ誤り検出訂正など、再生時間150分の光デジタル音楽ディスク実演1978年9月行った

※この「コンパクトディスク(オランダのフィリップス社と共同)」の解説は、「日本の発明・発見の一覧」の解説の一部です。
「コンパクトディスク(オランダのフィリップス社と共同)」を含む「日本の発明・発見の一覧」の記事については、「日本の発明・発見の一覧」の概要を参照ください。


コンパクトディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 06:11 UTC 版)

ケイス・スホウハメル・イミンク」の記事における「コンパクトディスク」の解説

1976年頃、フィリップスソニー光学式ビデオディスク技術基づいたデジタルオーディオディスクプレーヤーのプロトタイプ発表したTekla Perryによる2017年5月IEEEスペクトラム英語版)のインタビューで、イミンクは、ソニーフィリップス1つ設計共同解決することを決定した1979年末にCDプロジェクト参加した説明している。フィリップスソニー1978年CDプレーヤープロトタイプマスコミ発表した。イミンクは次のように語っている。「(フィリップスチームは)競合する2つシステム品質、傷への対処方法欠陥対処方法測定するために誰かが必要だった。私のレーザーディスク研究終わっていたので、私は『ええ、私ができますと言いました」。ピットランドの列にデジタルオーディオデータを記録するための方式について、フィリップスソニー異な方式検討していた。多く実験経て、イミンクはサーボ機構にうまく対処できる符号化方式発明し、これにより演奏時間30パーセント改善された。イミンクが考案した符号化方式は、EFM(Eight-to-fourteen modulation)と呼ばれている。 イミンクは、 ソニーフィリップス共同タスクフォース参加し、コンパクトディスクの規格である「レッドブック」を開発した。彼はEFMCIRC符号化体系貢献した記事"Shannon, Beethoven, and the Compact Disc"(シャノンベートーヴェン、コンパクトディスク)の中で、イミンクはCD発売に至るまで数年間の歴史振り返りその間なされた様々な重要な決定披露している。なかでも、コンパクトディスクの直径関しフィリップスが115mm、ソニー100mmとする案をはじめは推していたが、最終的に120mm決着したことについて、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮した演奏時間74分のベートーベン交響曲第9番収録するためだけにそうなったという都市伝説を、イミンクは否定している。仮に115mmで決まっていれば、すでに同サイズディスク生産できる体制整っていたフィリップス商業的な先行を許すことになりかねないのをソニーが嫌い、大賀典雄音楽好きを口実120mm案に落ち着かせたのだろうという私見述べている。 1980年CD規格画定された後、イミンクは共同研究者とともに、既に溝を刻んだディスクへの光磁気音声録音に関する先駆的な実験行った。彼らはまた、アナログビデオディスク規格デジタル音声拡張する簡単な方法発見した。これらの技術は、ミニディスクCDビデオとして実用化された。1984年以降製造されレーザーディスクは、音声信号デジタル符号化している。

※この「コンパクトディスク」の解説は、「ケイス・スホウハメル・イミンク」の解説の一部です。
「コンパクトディスク」を含む「ケイス・スホウハメル・イミンク」の記事については、「ケイス・スホウハメル・イミンク」の概要を参照ください。


コンパクト・ディスク(CD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/30 13:52 UTC 版)

録音図書」の記事における「コンパクト・ディスク(CD)」の解説

セクションフレーズ情報付加するデイジーという国際規格基づいて作成され録音図書を、デイジー機能維持したまま収録する媒体である。媒体としての価格が、他の媒体比較して安価であることや、専用再生機を使用することによってレジュームや「しおり」などの機能利用できることが特徴専用再生機の他、再生ソフトウエアによりパソコン上で使用となる。

※この「コンパクト・ディスク(CD)」の解説は、「録音図書」の解説の一部です。
「コンパクト・ディスク(CD)」を含む「録音図書」の記事については、「録音図書」の概要を参照ください。


コンパクト・ディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 06:44 UTC 版)

ルー・オッテンス」の記事における「コンパクト・ディスク」の解説

オーディオ・ロング・プレイ (ALP) での研究進めるためには、ビデオ・ロング・プレイ (VLP) とは大きくそのデザイン変更する必要があった。VLPLP ディスク大きさメディア使い48時間音楽収める容量があった。しかしオッテンスはこれを現実的な再生時間とは考えず1972年小型ディスクテスト始めるよう技術者たちに注文した技術者たちはまず17.8センチディスクテストし良好な結果得た上で、さらに11.5センチ縮小し、これによって既存のカーオーディオ・システムに収まるサイズとなったALP で使うレーザーVLP のそれから変更する必要があったが、それはオッテンスが思い描いていたデザイン比べるVLPレーザー大型過ぎたからだった。NatLab の協力得て、オッテンスのデザインにより適合し、より小型の、新し固体レーザー開発された。しかし何年研究続けるうち、アナログ技術あまりに多く背景雑音引き起こし従来レコード太刀打ちできないことをオッテンスの開発チームは悟るようになった。彼らは新しデジタル技術開発始めることにした。 フィリップス音響部門はデジタル技術開発するに足る部内人材が居なかったため、オッテンスはデジタル技術技術者7人のチーム新たに編成し、うち2人は NatLab から来た者だった。1977年、このチームはデジタル・ディスクの最初のテスト・モデルを開発した。オッテンスはこの成果大い励まされ、このプロジェクト専従研究所「コンパクト・ディスク・デベロップメント研究所」を設置することにした。テスト・ディスクの小規模な生産設備がこの研究所のために用意された。 最初の完全モデル1979年3月仕上がった。そしてプロジェクト・リーダーの Joop Sinjou は、報道関係300人が集まったアイントホーフェンでの2日間の記者会見でそれを紹介した会見終わってすぐ、コンパクト・ディスクへの支持とりつけ世界標準するべく、オッテンスと Sinjou は日本飛んだ滞在中、彼らはソニーとの契約至ったソニーデジタル製品開発光学録音フィリップスの先を行っていたが、機器小型化目処立っていなかった。両社共同開発世界標準規格策定について合意した

※この「コンパクト・ディスク」の解説は、「ルー・オッテンス」の解説の一部です。
「コンパクト・ディスク」を含む「ルー・オッテンス」の記事については、「ルー・オッテンス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンパクトディスク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンパクトディスク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:29 UTC 版)

名詞

コンパクトディスク

  1. CDcompact disc〕」を参照

語源

英語 compact disc

発音(?)

コ↗ンパトディ

コンパクト・ディスク

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:29 UTC 版)

名詞

コンパクトディスク

  1. CDcompact disc〕」を参照

語源

英語 compact disc

発音(?)

コ↗ンパトディ

「コンパクトディスク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンパクトディスクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンパクトディスク」の関連用語

コンパクトディスクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンパクトディスクのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンパクトディスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の発明・発見の一覧 (改訂履歴)、ケイス・スホウハメル・イミンク (改訂履歴)、録音図書 (改訂履歴)、ルー・オッテンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンパクトディスク (改訂履歴)、コンパクト・ディスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS