解像度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 程度 > 解像度の意味・解説 

解像度

読み方:かいぞうど

「解像度」とは、どのくらい細部まで表示されているかを示す度合いのことで特にディスプレイデジタル画像といったビットマップ画像における画素密度のことを意味する表現簡単に言えば表示細かさ」の度合いのこと。どのくらい細部まで描き出されているか。解像度合い。「dpi」や「ppi」を単位として数値示されることが多い。

解像度は一般的に「高い・低い」と表現される。「解像度を上げる」といった言い方もされる

「解像度が高い」は、dpi 等の数値大きいことを指し、より細部まで密に描写されることを意味する基本的には解像度が高ければ高いほどクッキリとして鮮やかで美しくなる

ディスプレイの解像度の概要

電子機器表示装置ディスプレイ)の画面は、超微細ドット画素)が整然と敷き詰められており、各ドットそれぞれ発色することによって、画像描画する方式ドットマトリクス方式)が用いられている。ディスプレイ画面の解像度は、画面内にいくつドット敷き詰められているかを〈横×縦〉のドット数で数値として示される

フルHD、4K

横縦1920×1080ドットの解像度は通称フルHD」と呼ばれる。約4000×2000ドットの解像度を「4K2K」または単に「4K」と呼ばれている。

ディスプレイの解像度はディスプレイの大きさとは異なる

ディスプレイの解像度は、ディスプレイ大きさインチ数)とは別個の指標である。ディスプレイサイズ同じでも、解像度が高ければ精細で美し画像表示できることになる。

ディスプレイ大きさ念頭においた解像度の高さは「画素密度」として表現されppipixel per inch)という単位表現される

デジタル画像の解像度の概要

デジタル印刷分野では、印刷物ドット集合として出力されるドットが細かければ細かいほど印刷精細で美しく表現される。この点は電子機器ディスプレイと同様である。

印刷の細かさも「解像度」として示され単位には dpidot per inch)が用いられる

かいぞう‐ど〔カイザウ‐〕【解像度】

読み方:かいぞうど

テレビ・コンピューターのディスプレー表示や、プリンター印刷において、表示できる画像鮮明度走査線密度画面構成する画素ドット)数を、縦横の積(1024×768など)で表す。プリンタースキャナーでは、1インチあたりのドット数(dpi)がよく用いられるレゾリューション

カメラ望遠鏡などの光学系において、近接した2線、または2点分離する能力度合いレゾリューション。→分解能


解像度 【resolution】


解像度


解像度

読み方かいぞうど
別名:レゾリューション画面解像度表示解像度
【英】resolution

解像度とは、デジタル画像細かさを表す度合いのことである。

解像度はデジタル画像構成する個々の単位点(ドットピクセル)の細かさ数値化することによって表現される個々の単位点が小さいほど、あるいはより多くの単位点によって構成されているほど、滑らかな文字画像表示することが可能である細かくて精密な画像表示できる様子を、一般的には「解像度が高い」などと形容する

これに対してドットピクセル大きかったり総量少なかったりすると、個々の点が点として独立に認識されてしまい、画像全体粗く見える。

解像度を表す単位には、一般にドット」が用いられるディスプレイの場合は多くの場合1024×768ドット」のようにヨコ・タテ並んでいる数で表すされる(ディスプレイおおむね4:3比率設計されている)。他方プリンタスキャナでは単位面積あたりに含まれる総数として表され、このとき、dpidots per inch)と呼ばれる単位用いられるちなみに写真印刷関係の業界ではドット相当するものを「ピクセル」と呼んでおり、プリンタスキャナデジカメといった機器について解像度を表現する場合には、「ピクセル」が用いられることが多い。


参照リンク
YOUART GROUP - 解像度と線数について
マルチメディアのほかの用語一覧
動画:  ハイレゾ  ブロックノイズ  フレーム毎秒  解像度  ジャーキネス  1080i  1080p

解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 01:49 UTC 版)

解像度(かいぞうど、: resolution)とは、ビットマップ画像における画素密度を示す数値である。




「解像度」の続きの解説一覧

解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:36 UTC 版)

バーチャルコンソール」の記事における「解像度」の解説

Nintendo64のソフトは、オリジナルが240p描画であったものでも480p描画される

※この「解像度」の解説は、「バーチャルコンソール」の解説の一部です。
「解像度」を含む「バーチャルコンソール」の記事については、「バーチャルコンソール」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 23:24 UTC 版)

UHDTV」の記事における「解像度」の解説

4K8K2つがある。 4K UHDTVは3840×21602160p)。16:92Kの4倍(横2倍×縦2倍)の解像度を持つ。 8K UHDTVは7680×43204320p)。16:92K16倍(横4倍×縦4倍)の解像度を持つ。NHKスーパーハイビジョンSHV)として実用化に向けて開発している。

※この「解像度」の解説は、「UHDTV」の解説の一部です。
「解像度」を含む「UHDTV」の記事については、「UHDTV」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 15:17 UTC 版)

フォトCD」の記事における「解像度」の解説

フォトCDには1枚写真につき、同時に5種類 (Base/16〜16 Base) の解像度で記録される当初印刷時の最大解像度は2048×3072だったが、プロ用の規格として、4096×6144ピクセルでの保存方式追加された(プロフォトCD)。 タイプ解像度ファイルサイズ主な用途(px × px)(Mpx)(MiB)Base/16128 × 192 0.025 0.07 プレビュー (インデックスプリント, サムネイル) Base/4256 × 384 0.098 0.28 ウェブ Base512 × 768 0.393 1.13 PC画面, テレビ, ウェブ 4 Base1024 × 1536 1.573 4.50 HDTV画面 16 Base2048 × 3072 6.291 18.00 印刷 20 x 30 cm 64 Base4096 × 6144 25.166 72.00 プロ印刷, プリプレス, デジタルアーカイブ (オプション)

※この「解像度」の解説は、「フォトCD」の解説の一部です。
「解像度」を含む「フォトCD」の記事については、「フォトCD」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 02:06 UTC 版)

キャプチャ (録画ソフト)」の記事における「解像度」の解説

地上波アナログ放送やその他SDTV映像では、ITU-R BT.601規定されている720×480 (NTSCの場合)が最大の解像度である。携帯型機器での利用等用途によっては、400×400512×384などの低解像度でキャプチャすることもある。これにより保存されるデータ量より小さくすることができる。デジタル放送の場合一般に1440×1080地上波デジタル)や1920×1080(BS/CS110)の高解像度キャプチャする。一度キャプチャした動画は、後からソフトウェアによって解像度を変換することができる。

※この「解像度」の解説は、「キャプチャ (録画ソフト)」の解説の一部です。
「解像度」を含む「キャプチャ (録画ソフト)」の記事については、「キャプチャ (録画ソフト)」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:32 UTC 版)

薄型テレビ」の記事における「解像度」の解説

液晶テレビの解像度は16:9タイプの場合、以下の種類存在する8K 横7680ピクセル・縦4320ピクセル画素を持つ。8K UHDスーパーハイビジョンとも表記される4K 横3,840ピクセル・縦2,160ピクセル画素を持つ。4K UHDとも表記されるフルハイビジョンの4倍。 フルハイビジョン 横1920ピクセル・縦1080ピクセル画素を持つ。フルHDとも表記されるかつてはフルスペックハイビジョンとも呼ばれていたが何をもってフルスペック」とするかでメーカー間の折り合い付かず、現在この呼称用いられないハイビジョン本来の画質再現できる2004年初め発売され現在では37V型以上のモデルはほぼ全てがフルハイビジョンパネルを搭載している。 ラインアップ下限長らく37V型であったが、2006年にはシャープ初のフルハイビジョンパネル搭載32V型を開発発売した。さらに同社2007年11月初の22V/26V型のフルハイビジョンパネル搭載モデル発売した。さらに2008年には東芝パナソニックそれぞれ初のフルハイビジョンパネル搭載32V型を開発発売したこの他ナナオEIZO)が24V/27V型のモデル発売している。テレビチューナー内蔵しないディスプレイではそれより小さいものもある。 標準ハイビジョン 横1366ピクセル・縦768ピクセル画素を持つ。ワイドXGAWXGA)とも表記されるハイビジョンの定義は縦650画素上であるためHDパネルとしての定義は満たしている当初は37V型以上も存在していたが、2020年現在では32V型以下の液晶テレビ見られるのみとなった標準 横854ピクセル・縦480ピクセル画素を持つ。海外ではED表記される縦向きピクセル数NTSCアナログ放送テレビ同一であるが、デジタル放送用テレビアナログテレビよりも横幅広くなっているので横向きピクセル数アナログテレビよりも多くなっている。 現在ではほとんど見かけないが、初期2005年頃まで)は22型までの小型モデルや、42型までの比較低価格プラズマテレビ中心にごく一部製品見受けられた

※この「解像度」の解説は、「薄型テレビ」の解説の一部です。
「解像度」を含む「薄型テレビ」の記事については、「薄型テレビ」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 10:19 UTC 版)

Rec. 2100」の記事における「解像度」の解説

Rec. 2100では1920 x 1080FHD)、3840 x 21604K UHD)および7680 x 43208K UHD)の3種類の解像度を指定している。これらの解像度は16:9画面アスペクトレシオ正方形ピクセル有している。

※この「解像度」の解説は、「Rec. 2100」の解説の一部です。
「解像度」を含む「Rec. 2100」の記事については、「Rec. 2100」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:26 UTC 版)

有機エレクトロルミネッセンス」の記事における「解像度」の解説

蒸着でのメタルマスクによるRGB塗り分けでは解像度がシャドウマスク精度および蒸着時の変形などにより制限され当初は解像度は200ppiから300ppiが上限であるとされ、代替法多数提案された。レーザー熱転写方式(LITI法:3M)やレーザー蒸着方式であるRIST法(コダック)や、ドナーシートの材質の違うLIPS法(ソニー)といったシャドウマスク制限伴わない技術開発された。しかしながら、どれも原理的に非常に高コストであり、モバイルディスプレイ分野ではサムスンディスプレイが、一時はレーザー熱転写導入検討したものの、メタルマスクによる蒸着での解像度の向上を続け現在ではペンタイルやダイアモンドピクセルなどの技術と合わせて500ppiを超える製品量産している。さらに、蒸着でのメタルマスクによる制限緩和できる白色有機ELカラーフィルター用いた方式では300ppiを超える試作品多く発表されカラーで1000ppiを超えるものも発表されている。このように蒸着法技術の進歩によりいまだ蒸着法に代わるものは実用化されていない低コスト見込める印刷法では当初は上限が150ppi程度されていたが、こちらも実用化されていないものの、2014年現在蒸着法にせまる解像度を実現する製法いくつか発表されている。また画素には液晶の場合1個以上、有機ELの場合2個以上のTFT必要であるため高解像度ディスプレイの場合には制約となりうるが、トップエミッションなどが開発されている。

※この「解像度」の解説は、「有機エレクトロルミネッセンス」の解説の一部です。
「解像度」を含む「有機エレクトロルミネッセンス」の記事については、「有機エレクトロルミネッセンス」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 03:14 UTC 版)

Rec. 2020」の記事における「解像度」の解説

Rec. 2020では3840 x 21604K)および7680 x 43208K)の2つ標準画像フォーマット定義されている。このどちらも16:9画面アスペクト比および正方画素採用している。

※この「解像度」の解説は、「Rec. 2020」の解説の一部です。
「解像度」を含む「Rec. 2020」の記事については、「Rec. 2020」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 23:49 UTC 版)

OLPC XO-1」の記事における「解像度」の解説

白色LEDバックライト主な光源とする場合、このディスプレイカラー画像表示する日光など周囲の光を主な光源とする場合、このディスプレイグレースケールモノクロ画像表示する。 このモード切り替えは、バックライトレベル調整したときに行われる。強いバックライト使ったカラー画像表示は、ラップトップモードでの使用意図しており、弱いバックライト使ったグレースケール表示は、タブレットモードなどでテキスト表示させて読む場合使用意図している。グレースケール表示の場合、日光の下で長時間電子書籍読むことができる。 カラーモードでは、液晶ディスプレイ一般的なRGBピクセル配置(各ピクセルRGBそれぞれに対応する部分がある)を採用していない。その代わりにXO-1ディスプレイでは各ピクセルそれぞれ一色を対応させている。右上から左下直線的に同じ色ピクセル並んでいる(図を参照)。このようなピクセル配置で色が自然に表現できるよう、表示する画像色成分はディスプレイコントローラでぼやかすように調整した後で画面送られる。色をぼやかしても、それなりの高解像度表示できる2007年2月現在、588×441から882×662ピクセルまでのカラー画像鮮明に表示でき[要出典]、サブピクセルレンダリング使ってより高解像度画像表示できるPhilips Research調査によると、XO-1実質カラー解像度は984×738だという。XO-1ディスプレイと緑のピクセル数が同じ通常の液晶ディスプレイ(緑は人間の目感度が最も高い)は、693×520となる。通常のカラー液晶ディスプレイとは異なりXO-1ディスプレイは見る角度によって解像度が異なる。右上から左下にかけて角度が最も解像度がよく、左上から右下にかけの角度の解像度が低い。正しく色を表示できる解像度以上の画像表示させると、色が不自然になったりぼやけて見える。なお、グレースケールモードの方当然ながら解像度がよく、カラーモードでは色をぼやけさせているため、200dpiの解像度で表示することはできない

※この「解像度」の解説は、「OLPC XO-1」の解説の一部です。
「解像度」を含む「OLPC XO-1」の記事については、「OLPC XO-1」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 18:16 UTC 版)

高精細度テレビジョン放送」の記事における「解像度」の解説

標準解像度(従来の解像度)との比較以下に示す。(1ピクセル正方形同一サイズ仮定した場合画面サイズ比較イメージ図詳しくは脚注参照注1 : この図のNTSCPAL画素数表記間違っており(画素正方形パソコン用モニタ携帯電話などで表示する場合目安である)、NTSCスタジオ規格有効画素数720×483VGA正方画素とは異なり縦長の正方画素である)、PAL720×576横長の正方画素)である。 注2 : この図はインタレース飛び越し走査方式による効果無視しており、2:1インタレース方式垂直解像度プログレッシブ順次走査方式の約70%とされている

※この「解像度」の解説は、「高精細度テレビジョン放送」の解説の一部です。
「解像度」を含む「高精細度テレビジョン放送」の記事については、「高精細度テレビジョン放送」の概要を参照ください。


解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 23:57 UTC 版)

ディスプレイ (コンピュータ)」の記事における「解像度」の解説

詳細は「画面解像度を参照 ディスプレイ表示される総画素数。「ヨコ × タテ」のように掛け算書式表現することが一般的である。 おもに1920×1080 (Full-HD) 。1世代前や小型のものでは1024x768など。高精細2048×1536 (QXGA) 、3840×2160フルUHD)、3940×2160 (4K) などが使われることもある。 ディスプレイ解像度PC側の設定食い違う状態にし拡大または縮小処理させると文字ぼやけて見づらなるのでPC側の設定ディスプレイの解像度に合致させて用いるのが望ましい。

※この「解像度」の解説は、「ディスプレイ (コンピュータ)」の解説の一部です。
「解像度」を含む「ディスプレイ (コンピュータ)」の記事については、「ディスプレイ (コンピュータ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解像度」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「解像度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



解像度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解像度」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解像度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2023 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ解像度の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解像度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバーチャルコンソール (改訂履歴)、UHDTV (改訂履歴)、フォトCD (改訂履歴)、キャプチャ (録画ソフト) (改訂履歴)、薄型テレビ (改訂履歴)、Rec. 2100 (改訂履歴)、有機エレクトロルミネッセンス (改訂履歴)、Rec. 2020 (改訂履歴)、OLPC XO-1 (改訂履歴)、高精細度テレビジョン放送 (改訂履歴)、ディスプレイ (コンピュータ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS