dpiとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > dpiの意味・解説 

dpi

フルスペル:Dot Per Inch
読み方ディーピーアイ

dpiとは、1インチあたりに集まっていドット密度を表す単位のことである。プリンタ印刷精度スキャナにおける読み取り精度ディスプレイにおける表示性能など、一般に解像度が用いられる際の尺度として使用される単位である。この値が高いほど、解像度が高く、美し表現が可能となる。

表示装置のほかの用語一覧
ディスプレイ:  COF  DDC  Diamondtron  dpi  DPMS  DVI-I  DSTN液晶

DPI

分子式C9H11N3O2
その他の名称:ST-1943、DPI、4-[(4,5-Dihydro-1H-imidazol-2-yl)amino]-1,2-benzenediol、4-[[(4,5-Dihydro-1H-imidazol)-2-yl]amino]-1,2-benzenediol、2-[(3,4-Dihydroxyphenyl)amino]-2-imidazoline
体系名:4-[[(4,5-ジヒドロ-1H-イミダゾール)-2-イル]アミノ]-1,2-ベンゼンジオール、2-[(3,4-ジヒドロキシフェニル)アミノ]-2-イミダゾリン、4-[(4,5-ジヒドロ-1H-イミダゾール-2-イル)アミノ]-1,2-ベンゼンジオール


dpi

読み方でぃーぴーあい

dot per inchの略。1インチ(=2.54cm)の幅にドット画像文字構成する最小単位)がいくつあるか、その数を表す。数値が多いほど解像度が高く微細描写ができる。解像度をあらわす目安として使用されることも多い。ちなみにパソコン通常のディスプレイ画面表示は72dpi、カラープリンタ300〜2400dpiで出力可能で、フラットベッドスキャナ300〜2400dpiで読みとれる。

dpi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 10:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
dpi
ヤード・ポンド法
ドット密度
組立 インチ−1
定義 1インチあたりのドット数
テンプレートを表示

dpi(ディーピーアイ、DPIとも表記)とは、dots per inchの略で、ドット密度単位である。1インチ(1平方インチではない)の幅の中にどれだけのドットを表現できるかを表す。なお、dpiで表したドット密度の数値を、単にdpiと呼ぶことがある。

プリンター走査(スキャン)の性能表示として用いられる。また、プリントサイズと対にすることでコンピュータ上で用いる画像データの精度を表す単位としても用いられる。ピクセル数を表すppi(pixels per inch)と区別して用いられる。

概要

通常、良好な視認結果を得られるドット密度としては、コンピュータディスプレイにおいては72dpiから96dpi程度が想定されている場合が多い。この数字は、1981年発売のXerox Starで72dpi(1984年発売の初代Macintoshが同じ72dpi)、1985年発売の初代Microsoft Windowsで96dpiが標準とされたことに由来する。Adobe PhotoshopなどMacintosh由来のソフトウェアが多用されるグラフィック業界では特に72dpiが標準とされる場合が多い。

雑誌など印刷物においては、最低300dpiが必要である[1]。特に、漢字の字形は英語のアルファベットよりも一般に緻密であるため、視認性を高めるには高い解像度が必要となる。また、カラーと違ってアンチエイリアス効果が期待できないモノクロ印刷では、通例600dpi以上が推奨されている。

印刷物に用いるデータのdpiが低い場合は、実際に印刷した場合にジャギーあるいはボケとなって現れるため、「コンピュータの画面で見た場合はちょうどよく見えても、印刷してみるとギザギザしたりボケたりして見える」といった事態を招くことになる。

プリンターの性能表示におけるdpi値は、あくまでも紙上でドットがなっても良いのでインクやトナーのドットの中心をずらすことが可能な最小単位をした数字に過ぎず[要校閲] 、人間の目では300dpi以上の違いはほとんどわからないといわれる。このためスキャナやディスプレイおよび商業印刷における独立したドットを数えるdpiと単純に比較することはできない。

高DPI環境

従来のディスプレイ製品は、解像度の向上に伴い、ドット密度はそのままで画面の物理サイズが大型化されることが多かった。

しかし、スマートフォンなど、利用者の視点から画面までの距離が近く、また比較的画面の物理面積が小さいモバイル機器では、Retinaディスプレイに代表される高精細(高DPI)ディスプレイが早くから導入されてきた。一方、ノートPCデスクトップPCなどでも、Full HD/4K解像度では画面の物理サイズを解像度に比例してそのまま大きくするのではなく、物理サイズは据え置きとする代わりに従来製品よりも高いDPIを持つ高精細ディスプレイが利用されるようになっている。

なお、ソフトウェアシステム側のグラフィカルユーザインタフェース (GUI) の高DPI対応状況は、オペレーティングシステム (OS) やGUIツールキット、あるいはアプリケーションにより様々である。このような高精細ディスプレイを従来の低DPI設定のまま利用すると、ボタンやラベルおよびそれらの内部に含まれるテキストのフォントといったGUI要素の物理サイズが小さくなってしまい、視認性や操作性が低下する。例えば100dpiディスプレイで1インチの物理サイズを持っていたGUI要素は、200dpiディスプレイだと約半分の物理サイズすなわち0.5インチしか持たないことになる。Windowsは、OSのDPI設定に応じてアプリケーションごとにウィンドウ描画内容を拡大表示することができるDPIスケーリング機能を持つが、Windows Vistaで追加されたDPI仮想化モードでは、オフスクリーン描画結果をDesktop Window Managerによって強制的に拡大するので描画内容がボケて表示されてしまうなどの問題点がある。後発のモダンなGUIツールキットでは、ディスプレイDPIに依存した物理ピクセル(デバイス依存ピクセル)ではなく、ディスプレイDPIに依存せず物理的なサイズが常に一定となる論理ピクセル(デバイス非依存ピクセル)の概念を導入し、OSのDPI設定と連動することで高精細ディスプレイに対応している。

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ dpi - 印刷用語集”. 日本印刷産業連合会. 2016年8月8日閲覧。

関連項目


デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル

(dpi から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 13:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)は、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のトップカテゴリーである。

規定

2017年にスタートした。FIA 世界耐久選手権のLMP2シャシーをベースに自動車メーカーが独自のボディを被せ、自製のエンジンを搭載する。

参入メーカー(チームなど)

2018年現在キャデラックマツダヨースト・レーシング)、日産[1]ホンダアキュラブランド)が参戦している。

脚注

[ヘルプ]

DPI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/02 16:02 UTC 版)

DPI



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「dpi」の関連用語

dpiのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



dpiのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリdpiの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのdpi (改訂履歴)、デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル (改訂履歴)、DPI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS