iOSとは? わかりやすく解説

iOS

別表記:アイオーエス

「iOS」とは・「iOS」の意味

「iOS」とは、apple社販売するスマホiphone搭載されているOSのことであり、iphone使用する上で欠かせないものだ。スマホには、システム根幹を担うオペレーティングシステムOS搭載されている。スマホ用のOSには、アンドロイドなど複数種類があるが、iphone搭載されOSは、iOSに限定される。iOSが、アプリ起動ネットワークへの接続など、基本的な機能担っている

「iOS」の「OS」は、「operating systemオペレーティングシステム)」の略称である。「i」という字は、「internet」の頭文字だ。その元となっているのは、apple社パソコンであるimacである。imacの名前には、インターネットとの調和考えて、「internet」の「i」取り入れられている。その「i」が、iOSにも引き継がれている形である。また、internet」だけでなく、「individual個人的な)」「instruct(導く)」「inform知識与える)」「inspireひらめき与える)」という、4つ単語の意味込められている。

iOSは、2007年発売された、初代iphoneバージョン1搭載された。そして、年月経過と共にバージョンアップ続けているが、基本的な構造バージョン1踏襲するとなっている。iOSの特徴としては、システム一貫性がある点が挙げられるapple社作成したフォーマットに従って使用するのが基本となっている。そのため、apple社製品デザイン操作性魅力感じている人から、iOSが好まれることが多い。そして、アプリ配置など、操作直感的に行えるのも、iOSの特徴である。

apple社小型端末には、ipod touchと、ipadがある。ipod touchは、iphoneから電話機能省いたもので、使用されているOSはiOSだ。しかし、タブレットであるipadに関しては、iOSではなくipadOSというOS使用されている。ipadOS基本的な仕様は、iOSに近い。iOSと共通している部分数多くある。iOSの使い方把握している人であればipadOS問題なく使用できる可能性が高い。ただ、ipadOSは、タブレット快適に使えるような仕様となっている。そして、ウィジェットアプリアイコンを同じ画面表示させたり、画面分割させたりするなど、iphoneでは使えない機能数多くある。

iOSと共にスマホOSシェアのほとんどを占めているのは、android OSである。そして、android OSは、iOSと比較されることが多い。iOSとandroid OS違いは、バリエーション豊富さである。iOSは、apple社提供しているもののみである。それに対してandroid OSは、製造しているgoogle社が、ライセンスフリー提供している。よって、アンドロイドスマホ製造している会社が、自由に手を加えることができる。したがって、ひと口にandroid OSと言っても具体的な仕様スマホごとで異なる。スマホ最適化されているものや、他のアンドロイドスマホにはない機能搭載されているものも数多くある。

そして、iOSとandoroid OSでは、自由度異なる。iOSはシステム一貫性があることが特徴であるが、それは柔軟性拡張性が低いということでもある。実際にiOSは、ユーザーカスタマイズできる範囲が、非常に狭い。それに対してandroid OSは、自由度高くユーザー様々なカスタマイズを行うことができる。使い方次第では、OS情報変更することも可能だandroid OSカスタマイズとしては、ホーム画面作り変え代表的である。android OSは、様々な画像ベースにしたホーム画面作ることができる。また、アイコンサイズも、ある程度変更可能である。

さらに、ストレージ活用方法異なる。iOSの場合iphoneストレージアクセスすることは非常に難しい。そして、iphoneストレージは、使用目的限られている。アプリ写真保存の他、iphone対応しているパソコンソフトである、itunesから送られデータ保管が主である。

基本的には、ユーザー直接iphonストレージアクセスすることはない。そのため、どこにある?ということ知らないユーザー大勢いる。そして、iphoneストレージ確認方法は、簡素なのである具体的にどういったデータ保存されているのかは、大まかなカテゴリでしか把握できない。その上ストレージから、必要なデータを見つけて削除するということ不可能だ

それに対してandroid OSは、ストレージ拡張性がある。ファイルマネージャ使用すればユーザー簡単にストレージアクセスできる。ストレージ内容把握や、データ管理も容易である。さらに、usbコネクタ使用してスマホ小型記録媒体として使用することも可能だ

ただ、全てのユーザーにとって、自由度の高さ拡張性が重要というわけではない。中には最低限機能だけを求めユーザーもいる。そのようなユーザーにとっては、iOSのシンプルさ適している。また、androidは、google社が提供しているものを、スマホ製造会社作り変えているものであるスマホ会社が、自社スマホのために開発したものではないため、多少使いづらさが出る。特に、動作重くなりやすい。それに対してiOSは、apple社iphoneのために開発したのである。よって、スムーズな動作維持しやすい。したがってスマホゲームタイムアタックなどは、iOSの方が有利になることが多い。

そのような違いがあるため、iOSとandroid OSは、それぞれ人を選ぶandroid OSは、スマホストレージ色々と活用したり、スマホカスタマイズしたりしたい考える人向いている。それに対して、iOSは、スマホ拡張性求めない人向けである。また、動作早さ求める人も、iOSを選ぶことが多い。さらに、シンプルである上に、直感的に使用することができるため、スマホ扱い慣れていない人でも使える可能性が高い。

また、iOSとandroid OSでは、使用できるアプリ異なる。アプリ提供する側は、提供前に審査を受けることになる。iOSで使用するアプリ審査するのは、apple社である。そして、apple社アプリ審査は、比較厳しい。そのため、android OS審査通ったアプリが、iOSでは使用できないこと珍しくない。ただ、iOSの審査では、危険性の高いアプリ排除される。したがって、iOSで使用できるアプリは、厳し審査通過して安全性認められたものだということだ

「iOS」の熟語・言い回し

windows iOSとは


windows iOSとは、パソコン搭載されwindOSOSと、スマホ搭載のiOSをまとめた表現である。多く場合は、iOSに向けたアプリwindowsOS作成したいとき、それが可能かどうか調べ目的などでインターネットブラウザでの検索ワードとして使用される。iOS向けのアプリは、apple社販売している、macOS搭載されパソコン使用して作成するのが基本である。macパソコンであれば、iOS用のアプリ作る環境を、比較容易に整えられるまた、apple社提供するアプリの開発者に向けたサポート利用することが可能だ

ただ、中には予算都合macパソコン用意できないなどの理由で、windowsOS搭載されパソコンで、iOS用のアプリ作ろう考える人がいる。そのような人が、検索ワードとして使用するのが、「windows iOS」という言葉だ。windowsOSでも、iOSに向けたアプリ開発することは不可能ではない。ただ、アプリ土台となるプラットフォームや、アプリ作るためのソフトは、apple社提供するもの以外を使用しなければならない。したがってプラットフォームアプリ作成ソフト探す手がかりとして、「windows iOS」のキーワードが使用される形だ。

アンドロイド iOSとは


アンドロイド iOSは、スマホ使用されるアンドロイドとiOSの両方を指す表現である。スマホ使用されているOSは、日本国内だけでなく、世界的に見ても、アンドロイドあるいはiOSがほとんどを占めている。そのため、スマホ使用してあるOS総称として、「アンドロイド iOS」を使用することもある。スマホ向けのアプリは、どのスマホでも使用できるという意味合いで、「アンドロイド iOSの両方に対応」という宣伝文句使用する場合が多い。

また、スマホ購入考えている人にとって、アンドロイド搭載されているスマホにするのか、iOS搭載iphoneを選ぶのかは、重大な問題になりやすい。そのような人が、アンドロイドとiOSの特徴把握したり、それぞれの違い比較したりするために、「アンドロイド iOS」というキーワードを使用して様々な調べ物をする場合もある。

アイ‐オー‐エス【iOS】


アイ‐オー‐エス【IOS】

読み方:あいおーえす

intraoral scanner》⇒口腔内スキャナー


イオス‐とう〔‐タウ〕【イオス島】

読み方:いおすとう

《Ios/Ίος》ギリシャ南東部エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島属しナクソス島サントリーニ島中間位置する中心地イオス観光客人気がある。


Ios

名前 イエフエヒウ

iOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 14:11 UTC 版)

iOSアイオーエスとは、Appleが開発および提供する、iPhoneiPod touch向けのモバイルオペレーティングシステム組み込みプラットフォーム)であり、BSDUNIXから開発されたNeXTOPENSTEPを起源とするMacintosh専用のmacOSをモバイル機器用途に改変したものである。2023年9月時点で、最も新しいバージョンであるiOS 17は、iPhone SE(第2世代)iPhone XS/XS Max/XRとそれ以降に発売されたiPhoneに対応している。


注釈

  1. ^ iPadOS 16以降のみ。それ以前のバージョンではSiri、時計やマップ App等で天気を表示できる。
  2. ^ 第7世代のみ。
  3. ^ 日本語版など、一部の言語には対応していない。
  4. ^ ただし、macOSのCocoaと同様、Objective-CにCやC++を混在させたり、CやC++で記述されたライブラリを呼び出して利用することが可能。iOS 4.1スクリプト言語のインタプリタの使用も許可され、スクリプト言語での開発もできるようになった。
  5. ^ MonoTouchや、Emabarcadero Technologies社のRAD Studioといったサードパーティ製の開発ツールにより、Objective-C以外の言語で開発することも可能ではある。

出典

  1. ^ あらかじめインストール、という意味。
  1. ^ iPhone 12 - 仕様 - Apple(日本)
  2. ^ Tim Brookes(October 17, 2019). "Where Are iTunes Features in macOS Catalina?". How-To Geek.
  3. ^ Apple セキュリティアップデート - Apple から最新のソフトウェア・アップデートを入手する - Apple サポート
  4. ^ Apple - iPhone - High Technology - OS X” (英語). Apple (2007年2月2日). 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  5. ^ Apple - iPhone - High Technology - Tech Specs”. Apple (2007年2月2日). 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  6. ^ 【iPhone成長記①】2007年のiPhone:iOSの原型、されど「App Store」なんてない #そろそろWWDC”. ギズモード・ジャパン. mediagene inc. (2019年5月27日). 2021年5月27日閲覧。
  7. ^ WWDC 2008、アップルエグゼクティブによる基調講演で開幕”. Apple Newsroom (日本). 2024年2月3日閲覧。
  8. ^ 【WWDC 2008 前日レポート】Appleの開発者会議「WWDC 2008」が9日に開幕”. pc.watch.impress.co.jp. 2024年2月3日閲覧。
  9. ^ アップルのワールドワイドデベロッパカンファレンス、6月8日(月)に基調講演で開幕”. Apple Newsroom (日本). 2024年2月3日閲覧。
  10. ^ Appleのワールドワイドデベロッパカンファレンス、6月7日にサンフランシスコで開幕”. Apple Newsroom (日本). 2024年2月3日閲覧。
  11. ^ 「iPhone 4」から「iOS」まで--WWDC 2010の発表内容を総括”. CNET Japan (2010年6月9日). 2024年2月3日閲覧。
  12. ^ iOS のアップデート時や復元時のエラー - Apple サポート
  13. ^ ライブドアニュース (2018年10月31日). “ポケモンGO、iOS 9のサポートを終了。11月12日以降アクセス不能に”. 2018年11月30日閲覧。
  14. ^ テレプラス・コミュニケーションズ (2018年9月14日). “iPhone4SおよびiOS9サポート終了のお知らせ”. 2018年11月30日閲覧。
  15. ^ ダンドリワークス (2018年8月9日). “※重要 iOS9 サポート終了のお知らせ”. 2018年11月30日閲覧。
  16. ^ Earliest known photos of an Apple iPad prototype”. web.archive.org (2012年11月27日). 2021年5月7日閲覧。
  17. ^ 「iPad」開発のきっかけはジョブズ氏のMS幹部への“嫌悪感”--アップル元幹部が証言”. CNET Japan (2017年6月22日). 2021年5月7日閲覧。
  18. ^ “Scott Forstall, the Sorcerer's Apprentice at Apple” (英語). Bloomberg.com. (2011年10月14日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2011-10-12/scott-forstall-the-sorcerers-apprentice-at-apple 2021年2月26日閲覧。 
  19. ^ Scott Forstall's Personality, Origins of iOS, and Lost iPhone 4 Prototype” (英語). MacRumors. 2021年2月26日閲覧。
  20. ^ Apple's Steve Jobs unveils new iPhone - Jan. 9, 2007”. money.cnn.com. 2021年2月26日閲覧。
  21. ^ Watch Steve Jobs Unveil the First iPhone 10 Years Ago Today”. Time. 2021年2月26日閲覧。
  22. ^ Apple unveils iPhone” (英語). Macworld (2007年1月9日). 2021年2月26日閲覧。
  23. ^ Live from Macworld 2007: Steve Jobs keynote” (英語). Engadget. 2021年2月26日閲覧。
  24. ^ Wright, Mic (2015年9月9日). “The original iPhone announcement annotated: Steve Jobs' genius meets Genius” (英語). The Next Web. 2021年2月26日閲覧。
  25. ^ Staff, Verge (2011年12月13日). “iOS: A visual history” (英語). The Verge. 2021年2月26日閲覧。
  26. ^ Apple Launches iPhone Web Apps Directory” (英語). InformationWeek. 2021年2月26日閲覧。
  27. ^ Staff, 9to5 (2011年10月21日). “Jobs' original vision for the iPhone: No third-party native apps” (英語). 9to5Mac. 2021年2月26日閲覧。
  28. ^ Apple: "we plan to have an iPhone SDK in developers' hands in February"” (英語). Engadget. 2021年2月26日閲覧。
  29. ^ Nine Years of Apple's iOS SDK generated $60 billion, 1.4 million jobs” (英語). AppleInsider. 2021年2月26日閲覧。
  30. ^ Steve Jobs: Apple Will Open iPhone to 3rd Party Apps in February” (英語). Fortune. 2021年2月26日閲覧。
  31. ^ Live from Apple's iPhone SDK press conference” (英語). Engadget. 2021年2月26日閲覧。
  32. ^ Apple: iPhone SDK, enterprise announcement next week” (英語). Macworld (2008年2月27日). 2021年2月26日閲覧。
  33. ^ Jobs: App Store launching with 500 iPhone applications, 25% free” (英語). Engadget. 2021年2月26日閲覧。
  34. ^ App Store Downloads Top 100 Million Worldwide” (英語). 2017年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月26日閲覧。
  35. ^ Myslewski, Rik. “iPhone App Store breezes past 500 million downloads” (英語). www.theregister.com. 2021年2月26日閲覧。
  36. ^ State Of The iPhone Ecosystem: 40 Million Devices and 50,000 Apps” (英語). TechCrunch. 2021年2月26日閲覧。
  37. ^ Moren, Dan (2009年11月4日). “App Store officially passes 100,000 app mark” (英語). Macworld. 2021年2月26日閲覧。
  38. ^ Frommer, Dan. “iPhone App Store Passes 100,000 Apps”. Business Insider. 2021年2月26日閲覧。
  39. ^ Brian, Matt (2010年8月28日). “Apple's App Store Now Features 250,000 Apps” (英語). The Next Web. 2021年2月26日閲覧。
  40. ^ Apple App Store: 250,000 and counting” (英語). Fortune. 2021年2月26日閲覧。
  41. ^ Apple App Store Hits 650,000 Apps: 250,000 Designed For iPad, $5.5B Paid Out To Devs” (英語). TechCrunch. 2021年2月26日閲覧。
  42. ^ Ingraham, Nathan (2013年10月22日). “Apple announces 1 million apps in the App Store, more than 1 billion songs played on iTunes radio” (英語). The Verge. 2021年2月26日閲覧。
  43. ^ Fiegerman, Seth. “Apple's App Store Tops 1 Million Apps” (英語). Mashable. 2021年2月26日閲覧。
  44. ^ a b Golson, Jordan (2016年6月13日). “Apple's App Store now has over 2 million apps” (英語). The Verge. 2021年2月26日閲覧。
  45. ^ Beck, Kellen. “Apple's App Store now has over 2 million apps” (英語). Mashable. 2021年2月26日閲覧。
  46. ^ Carson, Erin. “Apple by the numbers: 2 million apps, 15 million Apple Music subscribers” (英語). CNET. 2021年2月26日閲覧。
  47. ^ Goode, Lauren (2017年1月5日). “Apple's App Store just had the most successful month of sales ever” (英語). The Verge. 2021年2月26日閲覧。
  48. ^ Dignan, Larry. “Apple's App Store 2016 revenue tops $28 billion mark, developers net $20 billion” (英語). ZDNet. 2021年2月26日閲覧。
  49. ^ Kastrenakes, Jacob (2016年3月21日). “There are now 1 million iPad apps” (英語). The Verge. 2021年2月26日閲覧。
  50. ^ Bangeman, Eric (2007年9月17日). “The iPod meets the iPhone: a review of the iPod touch” (英語). Ars Technica. 2021年2月27日閲覧。
  51. ^ January 27, 2010: Apple announces the iPad” (英語). Engadget. 2021年2月27日閲覧。
  52. ^ Foresman, Chris (2010年1月27日). “Apple announces the iPad” (英語). Ars Technica. 2021年2月27日閲覧。
  53. ^ Apple Tablet Media Event Today: 'Come See Our Latest Creation'” (英語). MacRumors. 2021年2月27日閲覧。
  54. ^ Staff, Edit (2010年6月7日). “Apple Avoids iPhone-Like Trademark Battle Thanks To Cisco, FaceTime Deals” (英語). gigaom.com. 2021年2月27日閲覧。
  55. ^ Garun, Natt (2014年9月9日). “Everything Apple Announced at Its September 2014 Event” (英語). The Next Web. 2021年2月27日閲覧。
  56. ^ Savov, Vlad (2014年9月9日). “Apple Watch announced: available for $349 early next year” (英語). The Verge. 2021年2月27日閲覧。
  57. ^ Machkovech, Sam (2015年3月9日). “Apple Watch starts at $349, launching April 24” (英語). Ars Technica. 2021年2月27日閲覧。
  58. ^ Apple Watch: available 24 April for between $349 and $17,000” (英語). the Guardian (2015年3月9日). 2021年2月27日閲覧。
  59. ^ Kastrenakes, Jacob (2015年3月9日). “Apple Watch release date is April 24th, with pricing from $349 to over $10,000” (英語). The Verge. 2021年2月27日閲覧。
  60. ^ Apple's First iOS Developer Academy Opens October 6 at University of Naples” (英語). MacRumors. 2021年2月27日閲覧。
  61. ^ Apple's first European iOS Developer Academy opening on Thursday in Naples, Italy” (英語). AppleInsider. 2021年2月27日閲覧。
  62. ^ Chi è entrato, chi è scappato e cosa c'è dentro alla iOS Developer Academy di Napoli” (イタリア語). Wired (2016年10月7日). 2021年2月27日閲覧。
  63. ^ Dopo Apple in arrivo a Napoli altri big dell'hi-tech” (イタリア語). Il Sole 24 ORE. 2021年2月27日閲覧。
  64. ^ iOS Developer Academy aprirà a Napoli | In Ateneo”. www.unina.it. 2021年2月27日閲覧。
  65. ^ Developer Academy | Università Federico II”. www.unina.it. 2021年2月27日閲覧。
  66. ^ Apple Developer Academy di Napoli, al via le nuove iscrizioni” (イタリア語). lastampa.it (2019年5月15日). 2021年2月27日閲覧。
  67. ^ Apple unveils iPadOS, adding features specifically to iPad” (英語). AppleInsider. 2021年2月27日閲覧。
  68. ^ 【iPhone】削除してしまったアプリを復元させる方法とは
  69. ^ iPhoneにも「root」ってあるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ”. マイナビニュース (2017年12月5日). 2020年8月27日閲覧。
  70. ^ iOS の不正改造は、セキュリティの脆弱化、不安定化、バッテリー駆動時間の低下などの問題を引き起こすおそれがある”. Apple Support. 2020年8月27日閲覧。
  71. ^ Apple kopiert die berühmte SBB-Uhr”. Tages Anzeiger. 2012年9月22日閲覧。
  72. ^ 「アップルの時計アイコン」にスイス鉄道がクレーム”. WIRED.jp. 2012年9月27日閲覧。
  73. ^ “Apple、iOS 6の“時計盗用”問題でスイス連邦鉄道と和解”. ITmedia. (2012年10月13日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1210/13/news008.html 2015年7月10日閲覧。 
  74. ^ “新宿東口に「西口」、謎の駅──iOS 6地図アプリの“日本珍百景””. ITmedia ニュース. (2012年9月20日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1209/20/news034.html 2012年9月22日閲覧。 
  75. ^ a b “「iOS 6」マップで世界のユーザーが混乱”. WIRED 日本版. (2012年9月21日). http://wired.jp/2012/09/21/ios-6-maps-problems/ 2012年9月22日閲覧。 
  76. ^ a b 日本語)『アップル - マップについてのTim Cookからのメッセージ』(プレスリリース)Apple.com/jp、2012年9月28日http://www.apple.com/jp/letter-from-tim-cook-on-maps/2013年3月22日閲覧 
  77. ^ “アップル社謝罪「自社製に不備」 iPhone5地図不具合”. 東京新聞(TOKYO Web). (2012年9月29日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012092902000095.html 2012年9月30日閲覧。 
  78. ^ Apple、iPhone 4S限定のアップデート「iOS 6.1.1」をリリース”. ITmedia (2013年2月12日). 2013年6月11日閲覧。
  79. ^ Apple、iOS 6の地図アプリデータを大幅改善 「パチンコガンダム駅」消滅 ITmedia 2013年3月12日
  80. ^ “iPhone/iPadを再起不能にする恐怖のバグが判明したので実際にやってみた”. GIGAZINE. (2016年2月12日). http://gigazine.net/news/20160212-iphone-death-bug-1970-jan-1/ 2016年2月15日閲覧。 
  81. ^ “iPhoneの日時を「1970年1月1日13時」に設定すると文鎮化する不具合が発覚 まねしたらアカンで”. ねとらぼ(ITmedia). (2016年2月12日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/12/news123.html 2016年2月15日閲覧。 
  82. ^ “iOSの「1970年1月1日」問題、iOS 9.3で修正”. ITmedia Mobile. (2016年3月22日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1603/22/news144.html 2016年3月22日閲覧。 
  83. ^ “iOS 9.0 - 9.3.5”. https://support.apple.com/kb/DL1842?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP 
  84. ^ ““1970年1月1日問題”で文鎮化した「iPhone 5s」、復旧しました”. ITmedia Mobile. (2016年3月18日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1603/18/news176.html 2016年3月22日閲覧。 
  85. ^ iPhone のバッテリーとパフォーマンス”. Apple Support. 2019年1月24日閲覧。
  86. ^ グループFaceTimeの盗聴バグ、来週中の修正を約束。報告した親子に感謝の意を表明”. Engadget 日本版. 2019年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月26日閲覧。
  87. ^ iOS12.1.4が公開〜FaceTimeグループ通話機能のバグを修正”. iPhone Mania. 2019年3月26日閲覧。
  88. ^ Apple Inc. (2010年11月15日). “iOSテクノロジーの概要”. 2011年6月15日閲覧。
  89. ^ [1]
  90. ^ Some background on background processes” (2008年1月11日). 2009年5月10日閲覧。iOS 4.0から複数アプリケーションの同時立ち上げが可能となったが、バックグラウンド実行はOSに組み込まれた7種類のプロセスのみ許可され、他のプロセスはスリープ状態となった。
  91. ^ Cisco and Apple Agreement on IOS Trademark - cisco.com
  92. ^ 中田 敦 (2007年1月10日). “「Apple TV」「iPhone」担当バイス・プレジデントとの一問一答--Macworldより”. ITpro. 2007年12月4日閲覧。
  93. ^ App Store - 私たちの原則と手法”. Apple(日本). 2020年8月27日閲覧。
  94. ^ 米判事、Appleは『フォートナイト』をApp Storeに「即座に復活」させる必要はないと判断”. IGN Japan (2020年8月26日). 2020年8月27日閲覧。
  95. ^ Arnold, Kim (2008年3月6日). “Apple Releases iPhone SDK, Demos Spore, Instant Messaging”. MacRumors.com. 2008年3月10日閲覧。
  96. ^ Apple Inc. (2010年11月15日). “iOSテクノロジーの概要”. 2011年6月15日閲覧。



イオス島

(iOS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 17:12 UTC 版)

イオス島(イオスとう、ギリシャ語:Ίος:ラテン文字表記:Ios)は、ギリシャキクラデス諸島の島。人口は約1,838人(2001年)、面積は約109km2。丘陵が広がる島で海岸はほとんど断崖である。ナクソス島サントリーニ島の中間に位置する。中心的な町はチョーラ(Chora)。映画「グラン・ブルー」はこの島のマンガナリという町で撮影された。




「イオス島」の続きの解説一覧

iOS(標準搭載キーボード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 01:16 UTC 版)

チベット文字」の記事における「iOS(標準搭載キーボード)」の解説

iOS(iPhoneiPad)に標準搭載されているチベット語キーボードレイアウトは、以下の通り

※この「iOS(標準搭載キーボード)」の解説は、「チベット文字」の解説の一部です。
「iOS(標準搭載キーボード)」を含む「チベット文字」の記事については、「チベット文字」の概要を参照ください。


iOS(iPhone・iPad・iPod touch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 00:30 UTC 版)

チャリ走DX2 ギャラクシー」の記事における「iOS(iPhoneiPadiPod touch)」の解説

iOS 5.0以降対応しているiPhone 5端末にも最適化されている。

※この「iOS(iPhone・iPad・iPod touch)」の解説は、「チャリ走DX2 ギャラクシー」の解説の一部です。
「iOS(iPhone・iPad・iPod touch)」を含む「チャリ走DX2 ギャラクシー」の記事については、「チャリ走DX2 ギャラクシー」の概要を参照ください。


iOS(iPhone・iPad・iPod touch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 00:30 UTC 版)

チャリ走DX」の記事における「iOS(iPhoneiPadiPod touch)」の解説

iOS 4.3以降対応しているiPhone 5端末にも最適化されている。

※この「iOS(iPhone・iPad・iPod touch)」の解説は、「チャリ走DX」の解説の一部です。
「iOS(iPhone・iPad・iPod touch)」を含む「チャリ走DX」の記事については、「チャリ走DX」の概要を参照ください。


iOS (iPhone, iPod touch, iPad)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/06 03:54 UTC 版)

アドレス空間配置のランダム化」の記事における「iOS (iPhone, iPod touch, iPad)」の解説

アップルは、iOS 4.3においてASLR削除した

※この「iOS (iPhone, iPod touch, iPad)」の解説は、「アドレス空間配置のランダム化」の解説の一部です。
「iOS (iPhone, iPod touch, iPad)」を含む「アドレス空間配置のランダム化」の記事については、「アドレス空間配置のランダム化」の概要を参照ください。


iOS (iPhone・iPad)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 00:27 UTC 版)

「Vainglory」記事における「iOS (iPhoneiPad)」の解説

iOS (アップル)7.0以降の、iPhone5以降iPad2以降機種で遊ぶことができる。

※この「iOS (iPhone・iPad)」の解説は、「Vainglory」の解説の一部です。
「iOS (iPhone・iPad)」を含む「Vainglory」の記事については、「Vainglory」の概要を参照ください。


iOS(Apple)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:34 UTC 版)

モバイルオペレーティングシステム」の記事における「iOS(Apple)」の解説

Mac OS Xから派生したモバイルオペレーティングシステムiPhoneiPadiPod touch搭載される。

※この「iOS(Apple)」の解説は、「モバイルオペレーティングシステム」の解説の一部です。
「iOS(Apple)」を含む「モバイルオペレーティングシステム」の記事については、「モバイルオペレーティングシステム」の概要を参照ください。


IOS(アイオス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 15:30 UTC 版)

キング・オブ・アイドル」の記事における「IOS(アイオス)」の解説

正式名称Imaginary Objects Synthesizer』。

※この「IOS(アイオス)」の解説は、「キング・オブ・アイドル」の解説の一部です。
「IOS(アイオス)」を含む「キング・オブ・アイドル」の記事については、「キング・オブ・アイドル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「iOS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「iOS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「iOS」の関連用語

iOSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



iOSのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリiOSの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiOS (改訂履歴)、イオス島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチベット文字 (改訂履歴)、チャリ走DX2 ギャラクシー (改訂履歴)、チャリ走DX (改訂履歴)、アドレス空間配置のランダム化 (改訂履歴)、Vainglory (改訂履歴)、モバイルオペレーティングシステム (改訂履歴)、キング・オブ・アイドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS