ストレージとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ストレージ > ストレージの意味・解説 

ストレージ

データ蓄積する機器をいう。主にディスクアレイテープ装置などが該当する。

外部記憶装置

読み方がいぶきおくそうち
別名:補助記憶装置,ストレージ
【英】external storage

外部記憶装置とは、コンピュータ本体外部接続して、プログラムデータなどを記録する装置のことである。

現在採用されているコンピュータ内部主記憶装置メインメモリ)は、電源切ってしまうと記憶されている情報消失してしまう。そのためプログラムデータ電源切って記録維持される外部記憶装置に保存しておき、必要に応じて主記憶装置読み込んで処理を行う。

外部記憶装置にはさまざまな種類があるが、一般によく使われているものとしては、ハードディスクCD-RCD-RW書き込み型DVDSSDUSBフラッシュメモリーなどがある。1990年代半ばまでは、代表的な外部記憶装置としてフロッピーディスクがあった。


ストレージ

読み方すとれーじ

storage語意は「貯蔵」。つまり画像などデジタルデータ収納しておく機器総称として使われている。具体的には外付けハードディスクMOCD-Rフロッピーディスク など。

補助記憶装置

(ストレージ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/13 19:27 UTC 版)

補助記憶装置(ほじょきおくそうち)は記憶装置の分類で、外部バスに接続され、CPUが入出力命令で操作する物を示す。メインのバスに直接接続される「主記憶装置メインメモリ)と比較するとレイテンシやスループットは遅いが比較すると大容量である。二次記憶装置などとも。






「補助記憶装置」の続きの解説一覧



ストレージと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ストレージ」の関連用語

ストレージのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ストレージのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2019 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ外部記憶装置の記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2019 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの補助記憶装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS