メインメモリとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > メインメモリの意味・解説 

メインメモリ

別名:主記憶装置
【英】main memory

メインメモリとは、プログラムデータ一時的蓄えておくための装置で、CPU命令直接アクセスできる装置のことである。ノイマン型コンピュータ構成する五大要素制御装置演算装置主記憶装置入力装置出力装置)の中の主記憶装置に相当する。

メインメモリは半導体素子利用して電気的に記録を行っている。そのためCPUダイレクト読み書きすることが可能で、また動作も非常に高速であるという利点がある。ただし電源を切る内容が失われる(揮発する)という欠点がある。記憶できる容量あたりの単価も非常に高くつく

コンピューターには、メインメモリの難点を補うための記憶装置として、メインメモリの他にハードディスクフロッピーディスクなどの外部記憶装置補助記憶装置)が装備されている。メインメモリと外部記憶装置使い分けデータ加工はメインメモリで高速行い他方保存目的とする場合には外部記憶装置収める仕組みがとられている。

処理中のデータでもメインメモリが記憶しきれないものは、外部記憶装置保管され、必要に応じて呼び出されている。あまり多くアプリケーション実行すると、一旦保管したデータ呼び出す時間がかかり、コンピュータ処理速度遅くなる。メインメモリは高価だが、増設すればするほど多くデータ同時に扱うことができる。音声動画の処理などには多くメモリ容量が必要となるため、画像処理専用メモリとして用意される場合もある。

ハードウェアのほかの用語一覧
半導体メモリ:  IGZO  IGZO液晶  ガリウム砒素  メインメモリ  メモリフットプリント  単機能半導体  有機トランジスタ

主記憶装置

(メインメモリ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 09:17 UTC 版)

主記憶装置(しゅきおくそうち)は、記憶装置の分類で、「補助記憶装置」が一般に外部バスなど比較的CPUから離れていて大容量だが遅い記憶装置を指すのに対し、コンピュータのメインバスなどに直接接続されている記憶装置で、レイテンシやスループットは速いが比較すると小容量である。特に、CPUが入出力命令によって外部のインタフェースを操作するのではなく、「ロード・ストア命令」や、さらには通常の加算などの命令において直接読み書きできる対象であるものを指す。メインメモリ、一次記憶装置[1]とも。




  1. ^ 近年はCPUキャッシュなどが3段近く入っていることもあったりするので、これを指して「一次記憶装置」というのは不適切になりつつある。
  2. ^ 以前はMMUと呼ばれる独立したチップだったこともあったが、現代の高性能・高機能なプロセッサではほぼ内蔵されている。


「主記憶装置」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メインメモリ」の関連用語

メインメモリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メインメモリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメインメモリの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主記憶装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS