中間とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 中間 > 中間の意味・解説 

ちゅう‐かん【中間】

物と物との間の空間位置。「駅と駅の中間に川がある」「中間地点

思想性質程度などが両極端どちらでもないこと。「双方意見の中間をとる」「中間派」

物事進行中であること。物事がまだ終わらずに途中であること。「得票数の中間発表


ちゅう‐げん【中間】

【一】[名](「仲間」とも書く)

㋐昔、公家寺院などに召し使われた男。身分は侍と小者との間に位する中間男

江戸時代武士仕え雑務に従った者の称。

江戸幕府職名江戸城内の部署警備やその他の雑事従事した。

【二】[名・形動ナリ

時間的空間的に、ものとものとの間。なかほどちゅうかん

彼の両国の—に舎衛国(しゃゑこく)有り」〈今昔五・二二〉

どっちつかずなこと。中途半端なこと。また、そのさま。

夕潮ただ満ち満ちてこよひ宿らむも—に潮満ち来なばここをも過ぎじと」〈更級

二つのものの間にあるものや状態。仏教で、有と無の間、前仏後仏の間などをいう。

二仏の—闇ふかく」〈発心集・五〉


ちゅう‐ま【中間】


なか‐あい〔‐あひ〕【中間】

なかほど。あいだ。ちゅうかん

愛宕比叡山との—にもあれ」〈堤・由無し事

間柄なからい

日頃懇意な—ゆゑ」〈伎・有松染相撲浴衣


なかま【中間】

福岡県北部の市。明治末期から筑豊炭田炭鉱町として発展。現在は住宅地化が著しい。人口4.42010)。


ちゅう‐かん【中間】

〔名〕

二つ物事のあいだ。物と物との間の空間や距離や時間また、ある物事と他の物事両方から互いにかかわり合っている真中地点時点ちゅうげん

童子問(1707)下「大凡四五七尺以内皆是中間、凡把、執中間近𣠽柄便」

読史余論(1712)三「延徳元年 長享元年より中間一年隔つ 三月二十六日」〔礼記曲礼上〕

程度性質などが両極端の間であること。どちらにもはいらず特徴はっきりしないこと。なかほど。「中間派」

物事がまだ終わらない中途であること。ある期間の途中

将来日本(1886)〈徳富蘇峰〉五「第十八世紀の中間に於て

なかだち紹介。〔孔子家語‐致思〕


ちゅう‐げん【中間】

〔名〕

時間的空間的二つ物事のあいだ。両者のあいだに位置すること。なかほどちゅうかん

菅家文草900頃)五・夏日渤海大使帰「送迎度長青眼、離会中間共白鬚」〔色葉字類抄(1177‐81)〕

② 事の最中途中行事会議などの進行中

性霊集‐四(835頃)奉為国家修法表「望於其中間、不住処余妨

(10C終)八「ちゅうげんなるをりに」

③ (形動どっちつかずであること。また、そのさま。

源氏100114頃)真木柱「いと事の外なることどもの、もし聞えあらば、ちうけんになりぬべき身なめり」

仏語二つのものの間にあるもの、間に考えられるもの。有と無の間(非有非無)、内空外空の間(内外空)、前仏後仏の間(無仏の時)などといったことに用いる。

発心集(1216頃か)五「二仏の中間(チウゲン)やみふかく、闘諍堅固のおそれはなはだし」〔観経疏‐散善義〕

(5) (「仲間」とも) 昔、公家寺院などに召使われた男。身分は侍と小者の間に位する中間男

古今著聞集(1254)一二「『おのれめしつかふべきなり』とて、〈略〉御中間になされにけり」

(6) (「仲間」とも) 江戸時代武士仕え雑務に従った者の称。→小者④。

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)下「女の仕事したむ無さうに見えければ、中間なりける男の詠みて遣りける」

(7) 江戸幕府職名三組合わせて五百数十人おり、中間頭の下に長屋門番などを命ぜられた。

*吏徴(1845)下「御中間五百五十十五俵一扶持


ちゅう‐ま【中間】

〔名〕 「ちゅうきょうま中京間)」の略。


なか‐あい ‥あひ 【中間・中合】

〔名〕

なかほどちゅうかん。あいだ。

堤中納言(11C中‐13C頃)よしなしごと「又愛宕比叡山との中あひにもあれ」

間柄なからい

歌舞伎連獅子(1861)「法華阿彌陀隔て中合(ナカアヒ)」


なか‐ま【中間】

1 囲まれたまんなか部分また、二つ地域のあいだ。

名所方角鈔(1502頃)紀伊国高野とかふろとの中間に紀関有といふ」

2 福岡県北部地名遠賀川流域にある。明治中期以後筑豊炭鉱町として急速に発展したが、昭和一年一九六六)すべての炭鉱閉山北九州市衛星都市としての性格強めた。垣生(はぶ)古墳羅漢百穴)がある。昭和三三年(一九五八市制


なか‐の‐ま【中間】

〔名〕

家の中央にあるへや。中間のへや。玄関土間・店などと奥の間とのあいだのへや。

源氏100114頃)若菜下「中のまは、院のおはしますべき御座(おまし)よそひたり」

中央の部分

謡曲頼政(1430頃)「平等院にして、暫ら御座を構へつつ宇治橋の中の間、引き離し」

江戸時代劇場で向桟敷(むこうさじき)の階下観客席平土間後ろ

劇場新話(1804‐09頃)上「中の間は、花道より東へ行きあゆみの側也。是等今は土間あり」

江戸幕府勘定奉行所の一部局。勘定組頭支配下にあって領内よりの小物成・高懸物をはじめ、代官所役人任免給与相続、および宗門改鉄砲改などの事務管掌した。


なか‐ま【仲間・中間】

〔名〕

いっしょ物事をする間柄また、その人友達同輩

わらんべ草(1660)五「中間、世間にもしりたる人は、親しらぬ事を、子共弟子共するとわらへど」

読本南総里見八犬伝(1814‐42)四「いぬる日夥計(ナカマ)の奴原が、娟(そね)みて讒告(さかしら)したりけん」

同種のもの。同類。「ヤマブキバラの仲間だ」

近世商工業営業上の弊害防止し、共同利益増進するために結成された同業者団体官許を得たものを株仲間といい、そうでないものを、たんに仲間といった。

*正宝事録‐明暦三年(1657)九月新規商売人仲間え入候者或は分の礼金或は過分振舞為致候故」

[語誌](1)江戸時代以降広く使われるようになったことばで、室町時代から江戸時代にかけての、社会結合単位としての「組」組織確立のあったこと、すなわち、相互扶助的な「組」に属すことによって、そこから仲間意識芽生えるようになったことが背景として考えられる
(2)江戸時代には「仲間」を構成要素とした「仲間あきなひ」「仲間買ひ」「仲間法度」などの熟語さまざまな職業集団の中から作られている。


中間

読み方:チュウゲン(chuugen)

武士の下僕雑卒


中間

【英】Inter-
読み方ちゅうかん

中間での存在形成を意味する接頭語

中間

読み方:ナカマ(nakama)

所在 福岡県中間市


中間

読み方:ナカマ(nakama)

所在 鹿児島県熊毛郡屋久町


中間

読み方:ナカマ(nakama)

所在 鹿児島県大島郡喜界町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

中間

読み方:ナカマ(nakama)

所在 福岡県(JR筑豊本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

中間

読み方
中間なかあい
中間なかま

中間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 08:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

中間

一覧

関連項目



中間

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:00 UTC 版)

名詞

  1. ちゅうかん
    1. 相対する物と物の間にある空間
    2. 物事がまだ終わっていない状態。途中
    3. 間に位置すること。中立立場に立つこと。
  2. ちゅうげん江戸時代武家下働きとして働いた者。

派生語

翻訳

名詞

形容詞:中間の




中間と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「中間」に関係したコラム

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

  • CFDのカマリリャピボットとは

    カマリリャピボット(Camarilla Pivot)とは、オシレーター系のテクニカル指標のピボットを元に作られた指標のことです。カマリリャピボットは、当日の値動きは前日の高値と安値の中間値が基準になる...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中間」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
76% |||||




8
58% |||||

9
58% |||||

10
58% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS