身代わりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 身代わりの意味・解説 

む‐かわり〔‐かはり〕【身代はり/質】

読み方:むかわり

みがわり人質(ひとじち)。

百済(くだら)の王義慈、王子豊章入れ奉りて—とす」〈舒明紀〉


み‐がわり〔‐がはり〕【身代(わ)り/身替(わ)り】

読み方:みがわり

他人かわりになること。また、その人。「人質の—になる」


身代わり

作者伊藤桂一

収載図書伊藤桂一 時代小説自選第2巻 藤棚の下
出版社光人社
刊行年月1997.2


身代わり

作者山本甲士

収載図書あかん
出版社小学館
刊行年月2003.11
シリーズ名小学館文庫


身代わり

作者らくのたね

収載図書ショートショートの広場 16
出版社講談社
刊行年月2005.2
シリーズ名講談社文庫


身代わり

作者ジェフリー・ディーヴァー

収載図書クリスマス・プレゼント
出版社文藝春秋
刊行年月2005.12
シリーズ名文春文庫


身代わり

作者ヘンリー・スレッサー

収載図書最期の言葉
出版社論創社
刊行年月2007.5
シリーズ名ダーク・ファンタジー・コレクション


身代わり

作者千野隆司

収載図書首斬り浅右衛門人情控―時代小説
出版社祥伝社
刊行年月2008.9
シリーズ名祥伝社文庫


身代わり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 22:58 UTC 版)

マゲラン事件」の記事における「身代わり」の解説

その後ヨーロッパ人抑留所の管理責任者は、以前スラバヤ日本人と関係があった「道徳観念乏しい」女性達名簿作成して若い女性の身代わりにすることにした彼女たちは、他の女性たちから「志願者」と呼ばれた1944年1月28日に、「志願者」の女性たち集められ前回選ばれた若い女性と共に地元警察署連れて行かれ抑留所の管理責任者たちが立ち会って再度選考が行われた。選考結果2人志願者最初に選ばれた女性のうちの2人そのうちの1人14歳の少女だった)が抑留所に送り返され13人の女性(4人の未婚少女を含む)がマゲランに連れて行かれた

※この「身代わり」の解説は、「マゲラン事件」の解説の一部です。
「身代わり」を含む「マゲラン事件」の記事については、「マゲラン事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「身代わり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「身代わり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

身代わりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身代わりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマゲラン事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS