司祭とは? わかりやすく解説

し‐さい【司祭】


しさい 【司祭】

新約聖書』のギリシア語プレスビュテロス(presbyteros長老)という語から生まれたキリスト教会聖職者。英語でプリーストpriest)。ローマカトリック教会では司教下位ギリシア正教聖公会主教下位祭司都市などの大教区で教区司祭助けてミサをあげる下級聖職者祭壇付司祭という。→ 長老 牧師

司祭 【しさい】

カトリック神父のこと。典礼司る

司祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 04:55 UTC 版)

司祭(しさい、英語: Priestラテン語: Sacerdos, Presbyterギリシア語: Ιερέας, Πρεσβύτερος)とは、キリスト教における聖職者位階の一つ。正教会東方諸教会カトリック教会聖公会に存在する。


  1. ^ 日本基督教団などにおいて[1]聖職位ではなくあくまで「資格」であり、概念は司祭(Priest)とは全く異なる。
  2. ^ 聖公会における「牧師」の概念および原語(Rector, Vicar)はプロテスタントの牧師(Pastor)とは異なり、一個教会の司牧責任者たる司祭または主教のことを指す。
  3. ^ 聖公会における「牧師(Rector, Vicar)」が一時的な「役職」であるのに対して、プロテスタントにおける「牧師(Pastor)」は基本的には一生保たれる、「職位」に近い面もある[2][3]
  4. ^ コンスタンティノープル総主教庁系列などの一部の正教会では輔祭の敬称としても用いられる[4]
  5. ^ 聖公会の司祭やプロテスタント教会の牧師が「先生」という敬称で呼ばれるのはあくまで口頭の呼びかけなど非公式な敬称であるが、カトリック教会において神父という敬称は公の文書などにも用いられる正式な敬称である[5]
  6. ^ a b かしこまった文書において、名前の後に敬称として付加する。
  7. ^ 英語圏では神父を意味する「Father」という敬称は比較的広く使われる[6]が、日本では稀で、修道司祭を神父と呼ぶケースにほぼ限られる[7][8]

注釈

  1. ^ a b 妻と死別した後、修道士になり、コンスタンディヌーポリ総主教となり、のち列聖された例:アラスカのインノケンティ、コンスタンディヌーポリ総主教イオシフ1世(St. Joseph I, Patriarch of Constantinople (1283)

出典

  1. ^ 教規 -第5章- - 日本基督教団公式サイト”. 2021年3月6日閲覧。
  2. ^ 川又俊則「宗教指導者の「老後」 : 現代日本のキリスト教界を中心に」『鈴鹿国際大学紀要』第13号、鈴鹿国際大学、2006年、 87-98頁、 ISSN 13428802NAID 1100064247102021年11月1日閲覧。
  3. ^ 川又俊則「宗教指導者の「老後」 : 現代日本のキリスト教界を中心に」『鈴鹿国際大学紀要』第13号、鈴鹿国際大学、2006年、 87-98頁、 ISSN 13428802NAID 1100064247102021年10月18日閲覧。
  4. ^ Etiquette and Protocol”. Greek Orthodox Archdiocese of America. 2009年3月21日閲覧。
  5. ^ 主任司祭からのメッセージ”. カトリック高輪教会 (2019年4月). 2021年10月16日閲覧。
  6. ^ a b Clergy & Staff” (英語). St. Aidan's Episcopal Church. 2021年9月21日閲覧。
  7. ^ a b 信徒の働きを生かす英国の教会”. 日本聖公会 管区事務所 (2003年11月5日). 2021年9月21日閲覧。
  8. ^ a b 一つの修女会の発展的解消”. 日本聖公会 中部教区 (2014年7月1日). 2021年9月21日閲覧。
  9. ^ 長司祭ジョン・メイエンドルフ著 訳者複数『正教会の結婚観』78頁 - 82頁(「一五 結婚した聖職者」)、1993年、東京正教神学院同窓会発行
  10. ^ 林間聖バルナバ教会”. 2021年9月21日閲覧。
  11. ^ a b 성공회, 성직자, 호칭, 복장, 교회 성장(聖公会、聖職者、呼称、服、教会成長)”. 성공회 질문 답변(聖公会質問回答) (2001年1月21日). 2021年10月14日閲覧。
  12. ^ 26일 은퇴하는 ‘첫 여성사제’ 민병옥 신부(26日に引退する「初の女性司祭」閔丙玉神父)”. 서울신문(ソウル新聞) (2011年4月13日). 2021年10月14日閲覧。
  13. ^ かたち-聖職者と修道士:日本正教会 The Orthodox Church in Japan
  14. ^ 公祈祷講話、p12 - p13
  15. ^ 公祈祷講話、p121
  16. ^ 公祈祷講話、p123 - p124
  17. ^ 堀江復訳、平成19年12月(現代語訳)『教会法学略記 現代語訳』p5
  18. ^ ロスチスラーヴォフ(1808~1877) ロシア正教の白僧(在俗司祭)と黒僧(修道司祭)について 全2巻
  19. ^ 信徒のQ&A(カトリック甲子園教会)


「司祭」の続きの解説一覧

司祭(ビショップ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 04:10 UTC 版)

ファイアーエムブレム 暁の女神」の記事における「司祭(ビショップ)」の解説

神官昇格する高位の聖職者光魔法使えるようになる

※この「司祭(ビショップ)」の解説は、「ファイアーエムブレム 暁の女神」の解説の一部です。
「司祭(ビショップ)」を含む「ファイアーエムブレム 暁の女神」の記事については、「ファイアーエムブレム 暁の女神」の概要を参照ください。


司祭(メリー・ルー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 07:33 UTC 版)

VM JAPAN」の記事における「司祭(メリー・ルー)」の解説

多彩な回復術をもつ。攻撃力と術力が高め

※この「司祭(メリー・ルー)」の解説は、「VM JAPAN」の解説の一部です。
「司祭(メリー・ルー)」を含む「VM JAPAN」の記事については、「VM JAPAN」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「司祭」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「司祭」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

司祭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



司祭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2022 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2022 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファイアーエムブレム 暁の女神 (改訂履歴)、VM JAPAN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS