夫人とは?

ふ‐じん【夫人】

貴人の妻。また、他人の妻を敬っていう語。「夫人同伴」「令夫人」「社長夫人

律令制で、皇后・妃の次に位する後宮(こうきゅう)の女性三位上の女性から選んだ。ぶにん。

昔、中国で、天子の后(きさき)や諸侯の妻などの称。ぶにん。


ぶ‐にん【夫人】

「ふじん(夫人)」に同じ。

日本の国王の—丹治比の嬢女(をみな)の胎(はら)に」〈霊異記・下〉


ハシカシ【夫人】

〔名〕 古代朝鮮語百済語)で、夫人をさした語。

書紀720)一四・雄略二年七月図書寮本訓)「〈百済新撰に云ふ〉〈略〉百済慕尼夫人(ハシカシ)の女の」


ふ‐じん【夫人】

〔名〕 (「夫」は扶で、おっとを助けるの意)

① 昔、中国で、天子の妃。また、諸侯の妻。ぶにん。

源氏100114頃)賢木戚夫人の見けん目の様にあらずとも」〔礼記曲礼下〕

令制で、後宮女性地位一つ皇后、妃につぎ、令の規定では三位上の女性から選ばれ、三人置くことができた。〔令義解718)〕

貴人の妻。

大和法隆寺文書天平宝字五年(761)法隆寺縁起資財帳正三位橘夫人宅奉請坐者」

他人の妻を敬っていう語。

江戸繁昌記(1832‐36)四「借とひ富豪に贖なはれ(〈注〉うけだされ)し、紅袖翠裾、象箸金碗、夫人尊姐(〈注〉ゴシンゾサンヤヲクサン)と呼るるも」


ぶ‐にん【夫人】

〔名〕 (「ぶ」「にん」は、それぞれ「夫」「人」の呉音) =ふじん(夫人)

勝鬘経義疏(611)序「則為阿踰闍友称夫人三従之礼」〔色葉字類抄(1177‐81)〕


夫人

読み方:ブニンbunin

天皇キサキの称。


ぶにん 【夫人】

夫人のことだが、仏教経典では呉音ブニンと読む。韋提希夫人摩耶夫人など。→ (各その項を見よ)

夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 00:46 UTC 版)

夫人(ふじん、ぶにん)


  1. ^ 古くは諸侯の配偶を夫人・大夫の配偶を嬬人(じゅじん)・の配偶を婦人といったもので嬬人、婦人と並ぶ貴族の階級身分であり、夫人が夫の所有する人という意味なら嬬人は嬬(つま)の所有する人、婦人は婦の所有する人になってしまう。古典的な解釈では夫人の夫は「扶」で夫を「扶(たす)ける人」の意とされるが学問的な語源説としては妥当かどうか未詳。フェミニズム的には「夫を扶けることも下風に立たされることであって不平等にあたる」とする見解もありうる。


「夫人」の続きの解説一覧

夫人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 11:47 UTC 版)

名詞

ふじん、ぶにん)

  1. 貴人女性配偶者敬意込め呼称
  2. 接尾辞的に用いて貴人の妻に対す敬称
  3. 歴史律令制における天皇后妃身位及び称号皇后に次ぐ地位にあり、定員は3名。位階三位与えられる平安期にはいると、中宮女御更衣等に替わられ、事実上廃止になった。

語源

古典中国語から[1]たすける人の意味とされる[2]

複合語

翻訳

語義2

脚注

  1. 礼記, 曲礼下 :
    天子之妃曰后,諸侯夫人大夫孺人,士曰婦人庶人曰妻。
  2. 釈名, 釈親属:
    諸侯之妃曰夫人;夫,扶也,扶助其君也。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夫人」の関連用語

夫人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夫人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夫人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの夫人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS