位階とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 位階の意味・解説 

い‐かい〔ヰ‐〕【位階】

長く官職にあった者や特に功績のあった者などに与えられる栄典の一。元来官人序列で、推古天皇11年603)の冠位十二階始まり大宝令とこれを改定した養老令位階制長く行われた。皇族親王一品(いっぽん)から四品(しほん)までの四階、諸王正一位から従五位下まで一四階、臣下正一位から少初位下(しょうそいげ)まで三〇階とした。明治22年1889以後一位から八位までの正・従合わせて一六階となり、第二次大戦以降故人にのみ与えられるようになった


位階

読み方:イカイ(ikai)

律令制下、官吏身分上下関係をあらわす等級


位階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 07:45 UTC 版)

位階(いかい)とは、国家の制度に基づく個人の序列の標示である。(くらい)ともいう。「位階」という語は、基本的には地位身分の序列、等級といった意味[1]である。制度としての「位階」は、元は古代中国の政治行政制度である律令制や、それを継受した国における官僚官吏の序列の標示(身分制度)である[1]。後には、位階は、長く官職にあった者や特に功績のあった者などに与えられる栄典の一となった。位階を授与することを「位階に叙する」または叙位(じょい)という[注釈 1]




注釈

  1. ^ 日本においては平安時代以後、宮中で例年正月5日頃に行われる五位以上の位階を授ける儀式のことも叙位(例の叙位)と言った。
  2. ^ 「九位」の設置は同年9月25日8月20日)。
  3. ^ ただし、「九位」設置時に正一位と初位は虚位とすることが定められ、実際には叙位されないことになった[3]
  4. ^ なお1871年1月9日(明治3年11月19日)に出された明治3年太政官布告第845号により旧官人・諸大夫・侍などの位階も廃止され、近世の位階と明治の位階との間に明確な一線が引かれた。
  5. ^ 正冠
  6. ^ 直冠
  7. ^ 勤冠
  8. ^ 務冠
  9. ^ 追冠
  10. ^ 進冠
  11. ^ 五世王(親王を一世とする)は、王の名称を得ていても皇親でなくなる[9]
  12. ^ a b c 正一位と大初位、少初位は、相当官のない空位とされた(参照:前掲史料)。
  13. ^ 内閣記録局『単行書・明治職官沿革表・職官部・一』[11]では制定された日は同じだが、9月25日8月20日)に改正とされている。
  14. ^ 中央省庁再編前は、叙勲は総理府賞勲局、叙位は内閣官房人事課の所管だった。内閣人事局とは異なる。

出典

  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.121「位階」
  2. ^ 1869年8月15日明治2年7月8日)に公布された明治2年太政官布告第620号による[注釈 2]
  3. ^ 鳥海靖「位階(二)」『国史大辞典 1』吉川弘文館、1979年、P430.
  4. ^ 藤井讓治、「明治国家における位階について」 『人文學報』 1990年 67号 p.126-143, doi:10.14989/48333, 京都大学人文科学研究所。
  5. ^ a b c 「官吏任用叙級令施行に伴ふ官吏に対する叙位及び叙勲並びに貴族院及び衆議院の議長、副議長、議員又は市町村長及び市町村助役に対する叙勲の取扱に関する件」1946年(昭和21年)5月3日閣議決定。
  6. ^ 「生存者叙勲の開始について」1963年(昭和38年)7月12日閣議決定。
  7. ^ 栄典制度の在り方に関する懇談会「栄典制度の在り方に関する懇談会報告書」、2001年 10月29日。
  8. ^ 梅村喬『「職」成立過程の研究』(校倉書房、2011年) ISBN 978-4-7517-4360-7 P59-76.
  9. ^ 継嗣令
  10. ^ 職員令並官位相当表(明治2年7月8日)、『法令全書』明治2年、国立国会図書館近代デジタルライブラリー。
  11. ^ 国立公文書館(ref.A07090183000)
  12. ^ 法令全書「明治2年」、国立国会図書館。
  13. ^ 位階令施行細則(大正15年10月21日閣令第六号) - e-Gov法令検索


「位階」の続きの解説一覧

位階

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 04:41 UTC 版)

名詞

いかい

  1. 律令または位階令などの法律定められた、役人地位を表す等級801年以降日本で用いる。


関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「位階」の関連用語

位階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



位階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの位階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの位階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS