冠位十二階とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 冠位十二階の意味・解説 

かん いじゅうにかい くわんゐじふに- [1][3]冠位十二階

603年聖徳太子制定した冠による位階制徳・仁・礼・信・義・智をそれぞれ大小分けて十二階とし、冠を6種の色(紫・青・赤・黄・白・黒)で、大小はその濃淡区分けして、位階示した。

冠位十二階

読み方:カンイジュウニカイkan’ijuunikai)

聖徳太子定め冠位制度


冠位十二階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 01:27 UTC 版)

冠位十二階(かんいじゅうにかい)は、日本で603年に制定され、605年から648年まで行われた冠位である。日本で初めての冠位・位階であり、この制定により人材登用の道が開かれた。朝廷に仕える臣下を12の等級に分け、地位を表す冠を授けるものである。七色十三階冠の施行により廃止された。


  1. ^ 『日本書紀』巻22、推古天皇11年12月壬申(5日)条。
  2. ^ 『日本書紀』巻22、推古天皇12年正月戊戌(1日)条。
  3. ^ 「まひとぎみ」は原田淑人「冠位の形態から観た飛鳥文化」393頁。「まへつきみ」は黛弘道「冠位十二階考」330頁、同「冠位十二階の実態と源流」359頁。
  4. ^ 井上光貞「冠位十二階とその史的意義」283頁。
  5. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』203頁。宮田俊彦「聖徳太子とその時代」22頁。
  6. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』203頁。
  7. ^ 関晃「推古朝政治の性格」(『大化改新の研究』下27頁・『東北大学日本文化研究所研究報告』第3集43頁)。宮本救「冠位十二階と皇親」42頁。
  8. ^ 武光誠『日本古代国家と律令制』9-17頁。
  9. ^ 井上光貞「冠位十二階とその史的意義」300頁。
  10. ^ 大隅清陽「古代冠位制度の変遷」44頁。吉田孝「律令国家の形成と東アジア世界」260-261頁。
  11. ^ 関晃「推古朝政治の性格」(『大化改新の研究』28頁・『東北大学日本文化研究所研究報告』第3集44頁)。
  12. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』。黛弘道「冠位十二階考」288頁、同「冠位十二階の実態と源流」357-358頁。
  13. ^ 関晃「推古朝政治の性格」(『大化改新の研究』28頁・『東北大学日本文化研究所研究報告』第3集44頁)。
  14. ^ 宮田俊彦「聖徳太子とその時代」22-23頁。黛弘道「冠位十二階考」319-323頁。
  15. ^ 宮田俊彦「聖徳太子とその時代」23頁。井上光貞「冠位十二階とその史的意義」289頁。宮本救「冠位十二階と皇親」31頁。
  16. ^ 黛弘道「冠位十二階考」304-309頁。
  17. ^ 武光誠「冠位十二階の再検討」28頁。
  18. ^ 坂本太郎は冠位は全く勲功によると述べ(『大化改新の研究』203頁)、黛弘道も「冠位制度が皆次第転昇の原則を有する」はずだと論じた(「冠位十二階考」296頁)。
  19. ^ 喜田新六「位階制の変遷について」上4頁。
  20. ^ 『日本書紀』巻第13、安康天皇元年(454年)2月戊辰(1日)条、巻第14、雄略天皇14年(470年)4月甲午(1日)条。
  21. ^ 新編日本古典文学全集『日本書紀』2、134頁頭注。
  22. ^ 黛弘道「冠位十二考」327-329頁。
  23. ^ 増田美子は錦冠が大徳・小徳の冠で、良家の子が小徳を授かったと解釈する
  24. ^ 時野谷滋「薫弘道氏『冠位十二階考』読む」129-130頁。川服武胤「推古朝冠服小考」19-20頁注7。宮本救「冠位十二階と皇親」27頁。
  25. ^ 武光誠「冠位十二階の再検討」17-18頁。
  26. ^ 谷川士清『日本書紀通証』巻第27、臨川書店版第3冊1520頁。河村秀根・益根『書紀集解』巻22、臨川書店版第4冊1273頁。
  27. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』229-230頁。武光誠『日本古代国家と律令制』21頁。福永光司「聖徳太子の冠位十二階」75頁。
  28. ^ 『東大寺図書館蔵文明十六年書写『聖徳太子伝暦』影印と研究』152-153頁に「徳トいふ者、五行を摂ム也」。谷川士清『日本書紀通証』巻27、臨川書店版第3冊1520-1521頁。
  29. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』234-235頁。宮田俊彦「聖徳太子とその時代」21頁。武光誠「冠位十二階の再検討」(『日本古代国家と律令制』21頁)。
  30. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』234-235頁。宮田俊彦「聖徳太子とその時代」21頁。
  31. ^ 宮田俊彦「聖徳太子とその時代」21頁。
  32. ^ 福永光司「聖徳太子の冠位十二階」76-77頁
  33. ^ 若月義小「冠位制の基礎的考察」129-130頁。
  34. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』237-238頁。
  35. ^ 岸哲男「推古朝冠位十二階の「当色」について」58頁。
  36. ^ 岸哲男「推古朝冠位十二階の「当色」について」69頁。虎尾達哉「冠位十二階と大化以降の諸冠位」33頁。吉川真司『飛鳥の都』25頁。
  37. ^ 谷川士清『日本書紀通証』巻27、臨川書店版第3冊1521頁。河村秀根・益根『書紀集解』巻22、臨川書店版第4冊1274頁。増田美子『古代服飾の研究』108-110頁。
  38. ^ 谷川士清『日本書紀通証』巻27、臨川書店版第3冊1521頁。原田淑人(「冠位の形態から観た飛鳥文化」393頁)は大小の区別法は不明とする。
  39. ^ 岸哲男「推古朝冠位十二階の「当色」について」67頁。
  40. ^ 岸哲男「推古朝冠位十二階の「当色」について」62頁。
  41. ^ 『日本書紀』大化3年是歳条。「七色」と書くが、色で冠の名が示されるのは3つだけで、あとの3つは織・縫・錦という織物の生地の名で、残る1つは建武である。
  42. ^ これら諸説については増田美子『古代服飾の研究』105-107頁に紹介がある。
  43. ^ 谷川士清『日本書紀通証』巻27、臨川書店版第3冊1520頁。
  44. ^ 黛弘道「冠位十二階考」321-323頁。岸哲男「推古朝冠位十二階の「当色」について」62頁。増田美子『古代服飾の研究』111頁。しかし喜田新六は、蝦夷・入鹿が大徳でないことを認めつつ、「私に授けた」のは最高位の冠と同じ色のはずだという理由で、大徳を紫冠とする(「位階制の変遷について」上3-4頁。)。
  45. ^ 河村秀根・益根『書紀集解』巻22推古紀、臨川書店版第4冊1274頁。
  46. ^ 吉村武彦『古代王権の展開』126頁に紫と五行の五色が示される。
  47. ^ 増田美子『古代服飾の研究』111頁。
  48. ^ 朝鮮諸国の官位を継承したとみる人には、曽我部静雄(「位階制度の成立」12頁・通巻309頁)、井上光貞(「冠位十二階とその史的意義」296頁)、黛弘道(「冠位十二階の実態と源流」367頁)、大庭脩(「隋唐の位階制と日本」334-335頁。)、大隅清陽(「古代官位制度の変遷」)がいる。中国の影響を重くみるのは武光誠(『日本古代国家と律令制』8-9頁)、武田佐知子(「中国の衣服制と冠位十二階」178-179頁)らである。ただし、本文で後述するように、この対立はあちらが立てばこちらが立たないというようなものではない。
  49. ^ 宮崎市定「日本の官位令と唐の官品令」218頁。
  50. ^ 宮崎市定「日本の官位令と唐の官品令」225-228頁。
  51. ^ 武田佐知子「中国の衣服制と冠位十二階」152-153頁。
  52. ^ 武田佐知子「中国の衣服制と冠位十二階」168-172頁。
  53. ^ 黛弘道「冠位十二階考」332-333頁。
  54. ^ 大隅清陽「古代官位制度の変遷」44頁。
  55. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』237頁。宮崎市貞「」。井上光貞「冠位十二階とその史的意義」292-293頁。
  56. ^ 井上光貞「冠位十二階とその史的意義」294-295頁。
  57. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』223-225頁。井上光貞「冠位十二階とその史的意義」295-296頁。
  58. ^ 井上光貞「冠位十二階とその史的意義」297頁。
  59. ^ 武田佐知子「中国の衣服制と冠位十二階」153頁。
  60. ^ 曽我部静雄「位階制度の成立」11-12頁(通巻308-309頁)。
  61. ^ 坂本太郎『大化改新の研究』204-205頁。
  62. ^ 廣瀬圭「古代服制の基礎的考察」21頁、39頁、福永光司「聖徳太子の冠位十二階」82頁注4。武田佐知子「古代国家の形成と身分標識」242-244頁。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冠位十二階」の関連用語

冠位十二階のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



冠位十二階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冠位十二階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS