十二支とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 十二支の意味・解説 

十二支

読み方:じゅうにし

十二支とは、十二支の漢字

十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥12種の漢字1字からなる記号のこと。同様に甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸10種の記号からなる十干」と組み合わせることで、60周期とする「干支」という数詞形成し、方角時間、暦を表す際に用いられる。また、陰陽五行説組み合わせることで各種占いにも応用される。

十二支の起源

十二支の起源中国の商王朝時代にまで遡り遺跡から出土した亀甲獣骨には、日付を表すための干支多数刻まれていた。このことから、商王朝時代においては日付を表すための使用一般的考えられる。さらに当時は、十干のみで日付を表す事例多数存在したことから、十干基本としていたとされる春秋戦国時代に移ると、陰陽五行説と結びついて卜占への応用が始まった。また、暦法としての使用方法確立されたのも戦国時代中期とされており、商王朝では日付のみだったが、月や年を表すようにもなった。漢王朝時代に移ると、方角時刻などに干支使用する例が登場する。さらに、この頃になると、十二支のみで時刻を表す、年を表すなどの例も増え、干支においては十二支が基本となることも増えてきた。

中国国外にも広まり、主に日本朝鮮使用されることが多く、その他の地域でもロシア東欧ベトナムなどに広まった。日本では、本来十干と十二支を組み合わせたものを意味する「干支」が、十二支のみを指す言葉として変容遂げている。

十二支の動物

十二支に用いられる漢字は、それぞれ特定の動物対応している日本においてはネズミ、牛、虎、ウサギ、龍、ヘビ、馬、ヒツジニワトリイノシシ12種である。ただし、地域によっては若干変容存在し、中国はじめとする多数地域では亥に当たる動物イノシシではなくブタになっているまた、未に当たる動物は、日本ではヒツジのみを指すが、中国などではヒツジ加えてヤギを指すケースもある。これは、ヒツジを表す漢字の「羊」が、中国ではヤギヒツジ総称する意味合いを持つためである。その他、国によってはウサギや虎の代わりに使用されたりインドではニワトリ代わりにとされるガルーダ使用される、アラビアでは龍がワニ置き換わるなど、使用される動物違いがある。

これらの動物十二生肖と呼ばれ、日本では十二支と不可分のものであるとされている。また、仏教においては薬師如来眷属である十二神将を表す際に用いられるようになった現代では、年賀状図版その年の十二支に該当する動物や、その動物にちなんキャラクターが用いられる。

十二支のはじまり、順番

「十二支のはじまり」として、動物選定順番についての由来説明する説話存在する。この説話は、地域や国によって細かい差異こそあるものの、大筋は共通しており、その内容以下の通りである。

十二支の順番決め立場にある者(お釈迦様神様など)が、動物たち召集する。決定先着順であると伝えられ、ネズミライバルを減らす、牛にしがみついて移動労力を減らすなどの策略により、見事1番手となる。一方ネズミ策略利用された牛は、足が遅いことを自覚しており、早起きして召集に応じた結果2番手となる。こうして他の動物順次到着し十二支の動物が決まるが、ネズミ謀略によって一日遅れて来てしまい、それ以来ネズミ恨み追い回すようになった

細部においてはエピソード追加されることもある。例えば、イノシシ自分脚力過信した結果、寝過ごしてしまい11番手12番手になってしまったという話があり、「早起きは三文の徳」という教訓になっている。他にも、の仲が悪く、いがみ合っていたところをニワトリ仲裁しながら到着したための間にニワトリが入ることになった話、神が「十支」で締め切ろうとしたところ、イノシシ体当たりによって神の居所の門を破壊し強引に押し通ったが、イノシシ突進ショック一時的失神した隙を突いて飛び込んでいたという話もある。

ネズミ騙された13番目の動物諸説あり、イタチカエル、鹿といった動物登場例が確認されている。イタチ場合は神が不憫に思って月初を表す言葉を「ついたち」としてイタチの名前が入るようにした、という由来追加されたりカエル場合は「もうかえる」と言い放って帰宅する、という駄洒落による落ちがつく


十二支

読み方:じゅうにし
別表記:12支

十二支(じゅうにし)とは、子(し)・丑(ちゅう)・寅(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳(し)・午(ご)・未(び)・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゅつ)・亥(がい)という全12種の項目群である。主に、暦、時刻方位方角などを指し示す呼び方として用いられる。

十二支は古代中国発祥とする暦法などの区分である。十二支と共に十干」(じっかん)という区分もあり、十二支と十干組み合わせて「干支」(十干十二支)が構成される。干支は「かんし」とも「えと」とも読む。

今日日本では、生まれ年関連づけられた辰年たつどし)・酉年とりどし)のような数え方干支(えと)と呼ぶことが多いが、これは正確にいえば干支ではなく十二支である。

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12項目で構成されている。「子=ネズミ」という風に動物なぞらえられる場合も多いが、十二支の根源は特に動物との直接の関係はなかったらしい。

子(し / ね)→ ネズミ
丑(ちゆう / うし) → ウシ
寅(いん / とら) → トラ
卯(ぼう / う)→ ウサギ
辰(しん / たつ) → 龍
巳(し / み) → ヘビ
午(ご / うま) → ウマ
未(び / ひつじ) → ヒツジ
申(しん / さる) → サル
酉(ゆう / とり) → ニワトリ
戌(じゅつ / いぬ) → イヌ
亥(がい / い) → イノシシ

十二支の順序固定されており、「子」から始まり「亥」に至る。そして、最後の「亥」まで数え終えたら最初の「子」に回帰するという周期的性質がある。方位平方360度を、時刻1日24時間を、12等分して十二支の名で呼ぶ。

十二支を用いた時刻数え方は「時辰」と呼ばれる1日24時間を2時間ずつ分割し、おおよそ23時を起点として「子の刻」として数えはじめる。「刻」は2時間単位であるが、4分割されて30単位把握される。いわゆる草木も眠る丑三つ時」は、「丑の刻の3つ時」を意味し、深夜2時過ぎに該当する。「刻」の中間時点が「正刻」と呼ばれ、子の刻中間0時0分が来る。午の刻の正刻が「正午」である。

方位を示す場合には真北を「子」と位置づけ時計回りに(東→南→西と)十二支を振っていく形で示される。北東方角は「子丑寅卯」の「丑寅」の中間であり「うしとら」という。地球北極南極を結ぶ、赤道と垂直に交わる南北の線を、「子午線」といい、赤道と平行に東西に走る線を「卯酉線」という。 "

じゅうに し じふに- [3]十二支

暦法で、子()・丑(ちゆう)・寅(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳()・午()・未()・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゆつ)・亥(がい)の総称古代中国始まり陰陽道と結びついて民間に広まった。一種十二進法で、十干じつかん)と合わせると六〇の組み合わせができ、生まれ年に配したりする。 → 干支えと十干

十二支

読み方:ジュウニシ(juunishi)

暦・時刻方位に用いられる12区分。


じゅうにし 【十二支】

暦法干支エトカンシとも)の十二の支をいう。子丑寅卯辰巳未申戌亥で、これを動物の鼠・牛・虎・兎・竜・・馬・羊・鶏・犬当てている。中国十二宮当てたのに基づくとの説がある。仏教でもその世界観である須弥山説のなかに南閻浮提地球)の島に一二獣がいるとして十二支のと同じ説くが(『大集経二三』)、じつは西アジア占星術として発達した黄道十二宮が、インドから仏教などを通じて中国に入った結果所産では、との一説がある。朝鮮には統一新羅時代流入したという。仏教十二神将とも関係づけられている。→ 干支

十二支

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 17:49 UTC 版)

十二支(じゅうにし)は、の総称である(それぞれ音訓2通りの読み方がある:下表参照)。十干を天干というのに対して、十二支を地支(ちし)ともいう。


  1. ^ NHK総合テレビで2018年6月1日(翌日再放送)に放送された『チコちゃんに叱られる!』#8ではこの説が取られた。(典拠・gooテレビ番組の記載
  2. ^ 釈名』、『史記』暦書、『漢書』律暦志など
  3. ^ 木村英一『中国的実在観の研究』、小林信明『中国上代陰陽五行思想の研究』、今井宇三郎『宋代易学の研究』より。これらは漢代の解釈説を参考までに便宜的に取捨選択したもので学問的なものではなく、これを根拠になにかしらの議論を展開できるというものではないので注意が必要である。
  4. ^   通俗編. - ウィキソース. 
  5. ^ 『Flying Lotus - Zodiac Shit』、2014年6月25日https://www.youtube.com/watch?v=0ScYz9sNaQk2018年5月21日閲覧 



十二支

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:43 UTC 版)

名詞

じゅうにし

  1. 中国起源有する、暦・時刻方位表わす十二漢字の文字列。各々について覚えすいよう動物が配されている。十干組み合わせ干支という。

発音

じゅうにし
IPA: /ʤuːniʃi/
X-SAMPA:/??/

語源

関連語

十二支
文字 動物 方位
八卦
カン
チュウ うし 北東ゴン うしとら
イン とら
ボウ シン
シン たつ 東南ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西ケン・カン いぬい
ガイ

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「十二支」の関連用語

十二支のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十二支のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十二支 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの十二支 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS