氷床コアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 氷床コアの意味・解説 

氷床コア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/14 06:51 UTC 版)

氷床コア(ひょうしょうコア、英語: ice core)は氷河氷床から取り出された氷の試料のことで、古気候や古環境の研究に用いられる。氷コア雪氷コアとよばれることもある。氷床コアを用いることで、過去の季節変化や古気候・古環境、過去の気温や大気の成分などを推定・復元することができる[1]。氷床コアはここ80万年の地球規模の気候変化の分析において重視されている[2]。また氷床コアの氷は一般に下に向かうにつれて古くなる[1]




  1. ^ a b 亀田・高橋 2017, p. 135.
  2. ^ 町田ほか 2003, p. 88.
  3. ^ a b 亀田・高橋 2017, p. 138.
  4. ^ [1]が、基底部はおそらく基盤に近いため流動(氷の自重により、側方に流動している場合が多い)で乱されていて解釈が難しい[2]


「氷床コア」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「氷床コア」の関連用語

氷床コアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



氷床コアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの氷床コア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS