年表とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > > 年表の意味・解説 

ねん‐ぴょう〔‐ペウ〕【年表】

読み方:ねんぴょう

歴史上の事件などを年代順を追って記載した表。「日本史—」


年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:17 UTC 版)

年表(ねんぴょう、: timeline タイムライン)は、(歴史上の)出来事を年の順(「年月日」の順、「日付」の順)に記載したのこと[1]


  1. ^ 広辞苑第六版「年表」
  2. ^ それに対して、まだ起きていないこと、未来の予定などを日付順に記載した表は、(日本語の場合は)「予定表」や「スケジュール表」などと呼ぶ傾向がある。英語では、過去のことを扱う場合でも、未来のことを扱う場合でも、ともかく、時(time)が、線(line)的に並んでいれば、おかまいなしに「timeline」と呼ぶ傾向が、近年強まっている。実は日本語の「年表」という用語にも、「過去でなければならない」という意味の漢字や語根は含まれていない。ただ(時を表すための字である)「年」と(表形式だという意味の字)「表」の組み合わせである。
  3. ^ 本当は「歴史」と言っても、音楽史もあれば、科学史もあるし、庶民の(権力闘争とは縁遠い)普通の生活の歴史などもあるのだが、なぜか「歴史」と言うと、なぜか「権力史」になりがちで、政治権力や権力者のことばかりに焦点を当てて他を無視しがちである。たとえば100万人で構成された古代国家があった場合でも、権力者やその取り巻きになっているのはわずか数千人程度で、残りの大多数は権力とはほぼ無縁の、平凡な人々である。ごく一部の例外的な人間の権力闘争にばかり焦点が当てられ、残りの大多数の人々の生活や人生の実態に関する記述がないがしろにされてしまっている。このあたりの問題点は、アカデミックな世界でも、ここ数十年、頻繁に指摘されるようになってきている。


「年表」の続きの解説一覧

年表(祭日の変遷など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 14:45 UTC 版)

浜降祭」の記事における「年表(祭日変遷など)」の解説

1030年 - 源頼義下総の乱を鎮定のため懐島郷(鶴嶺八幡宮のある場所)に源氏守護神石清水八幡宮勧請し戦勝祈願をする。(別に宇佐八幡宮勧請説もある)。 1191年 - 八幡大菩薩隣り伊予三島の神を祀る佐塚明神社建立される。 1281年 - 蒙古退散祈祷をし、6月30日晦日勝利したのを記念して晦日祭」を始め、これが八幡宮と佐塚明神例祭となった、と現在の鶴嶺八幡宮説明している民俗学者永田衡吉水無月の祓と考察している。鶴嶺八幡宮説明1876年以前には6月29日行われていたという史実合わない。(1876年の項参照1838年または1840年 - 寒川神社御輿紛失事件1841年 - この年幕府昌平黌地理局の編纂した新編相模国風土記稿」に佐塚明神6月29日に浜で禊(みそぎ)を行っているという記述がある。 1841年 - 南湖御旅所神主鈴木家指貫風の烏帽子着用許可される1868年 - 太政官達権現天王八幡大菩薩などの仏教的神号禁じた。「佐塚明神」は「佐塚大神」(さづかのおおかみ)、「八幡大菩薩」は「八幡」となる。 1871年 - 太政官布告官社以下定額神官職制等規則」が制定された。 1873年 - 前々年の太政官布告によって村社となった鶴嶺八幡宮は、国幣中社となった寒川神社摂社となる。 1876年 - 旧暦6月29日行われていた「みそぎ」の神事新暦7月15日とし、名称も「浜降祭」へと変更県令野村靖宛の申請書には農繁期避ける旨記されている。この年まで寒川神社6月30日鶴嶺八幡宮(佐塚大神)は6月29日浜降祭行っていた。 1877年 - 鶴嶺八幡宮寒川神社摂社から解放され浜降祭単独で行うようになる。(場所は同一不明1878年 - 浜降祭参加記録2社。寒川神社鶴嶺八幡宮のみか不明これ以前参加社数記録無し1879年 - 浜降祭参加記録5社。 1881年 - 浜降祭参加記録8社。 1883年 - 浜降祭参加記録6社。 1899年 - 南湖海岸沿い大きな結核療養所南湖院ができる。神道には「病原菌という概念はなく、「ケガレ」として認識されているので、付近で「ミソギが行われた可能性は低い後年に「ミソギの場所がもし移動したとしてもこの付近避けられた筈である。 1901年 - 不景気のため浜降祭中止1904年 - 浜降祭奉幣のみ行った1906年12月 - 内務省神社合祀令によって一村一社運動起こし明治末から大正初期にかけていわゆる神社整理推進する少なくともこの時期までに佐塚大神(旧、佐塚大明神)は鶴嶺八幡宮(旧、八幡大菩薩に合祀され、旧佐塚大明神浜降り行事八幡主催となる。その時期は1873年前記当該年参照)かそれ以前である可能性もある。 1915年 - 浜降祭参加記録11社。 1923年 - 鶴嶺八幡宮改め浜降祭に再参加するうになる1923年9月1日 - 関東大震災土地隆起し柳島は島でなくなる。相模川河口一つになり、「相模川河口」の概念が変わる。寒川神社がかつて「みそぎ」を行っていたと推定されている「相模川河口」の概念これにより曖昧となる。近接して中島」という地名もあり、複数回過去大地震による「河口」の概念改変可能性認められる。また「千ノ川」は河口失い今の浜見平団地付近沼地化したこのためミソギの場所が移動したとしてもこの付近避けられ可能性が高い。なお、千ノ川は再整備されて現在では相模川河口付近相模川に合流するように作られている。 1959年 - 浜降祭参加記録23社。 1960年 - 浜降祭参加記録26社。 1965年 - 浜降祭参加記録13社。 1997年 - 祭日海の日当時は7月20日)に変更寒川神社においては以後も旧祭日であった7月15日浜降古式祭が行われている。 2004年 - 祝日改正に伴って海の日7月第3月曜日変更されたため、神事7月第3月曜日変更する2016年 - 浜降祭参加記録342020年 - 開催予定されていた東京オリンピック・パラリンピック競技大会の期間と重なるため6月14日日曜日日程変更して開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令をうけて中止となった

※この「年表(祭日の変遷など)」の解説は、「浜降祭」の解説の一部です。
「年表(祭日の変遷など)」を含む「浜降祭」の記事については、「浜降祭」の概要を参照ください。


年表(明治以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:39 UTC 版)

福生市」の記事における「年表(明治以降)」の解説

1868年明治元年6月 - 「福生村全村韮山県、「熊川村」の一部同県一部品川県となる。 1869年明治2年4月 - 熊川村全村品川県となる。 1873年明治6年) - 森田浪吉が、森田製糸所を熊川村創業する(現東京都では初めての製糸所)。 1875年明治8年6月 - 熊川村福生村川崎村(現羽村市)、羽村(同)、五ノ神(同)が合併して、「多摩村」となる。 1878年明治11年7月 - 郡区町村編制法制定11月西多摩郡管轄になる。 1879年明治12年2月 - 田村十郎神奈川県議会議員当選村議会開設1884年明治17年7月 - 「川崎村四ヶ村」の連合となる。8月 - 「西多摩困民党」の動き周辺起こる。 1887年明治20年) - 石川弥八郎千代蔵)、ビール製造着手1888年明治21年7月 - 現福生市域と、現羽村市域の対立激しく、同連合解体1889年明治22年4月 - 「福生村熊川村組合」が発足1893年明治26年4月 - 東京府神奈川県境域変更法により、福生熊川ともに、東京府移管1894年明治27年11月 - 青梅鉄道青梅 - 立川開通1909年明治42年3月 - 福生小学校現在地福生第一小学校)にできる。 1915年大正4年) - 福生村一部電灯がつく。 1922年大正11年3月 - 福生村熊川村人口が、合わせて5,000人を超える1923年大正12年4月 - 郡制廃止により、三多摩の各郡役所廃止青梅鉄道電化1925年大正14年4月 - 五日市鉄道開通1928年昭和3年6月 - 3代続いた森田製糸所、終焉多摩製糸改称)。 1929年昭和4年11月 - 片倉製糸多摩製糸買収1931年昭和6年5月- 五日市線熊川駅開設12月 - 八高線開通で、東福生駅開設1932年昭和7年11月 - 福生村税金滞納をめぐって村役場村民対立1936年昭和11年) - 陸軍航空立川支廠(熊川倉庫)できる。 1940年昭和15年4月 - 多摩飛行場福生飛行場)できる。8月 - 福生村憲兵分遺隊新設11月10日 - 福生村熊川村合併し町制施行。「東京府西多摩郡福生町」となる。 1942年昭和17年10月 - 陸軍航空審査部新設される。 1943年昭和18年7月 - 都制施行され、「東京都西多摩郡福生町」となる。8月 - 片倉製糸多摩航機製作所改称し軍需産業転換1944年昭和19年3月 - 人口1万人を超える7月 - 牛浜駅開設1945年昭和20年)- B29爆撃により、4月8月熊川死者4名発生8月15日 - 日本ポツダム宣言受諾し太平洋戦争終結9月 - 米軍第1騎兵師団福生飛行場横田基地)に進駐1946年昭和21年) - 多摩航機製作所自転車生産開始後に片倉自転車改称)。 1947年昭和22年4月 - 初の公選で、岸徳次町誕生11月 -福生第一小学校学校給食開始1948年昭和23年1月 - 町自治体警察設置1950年昭和25年10月 - 国勢調査戸数2920戸、人口14,669人。 1951年昭和26年7月 - 福生七夕まつり始まる。12月 - 福生駅東口開設1954年昭和29年8月 - 簡易水道各戸給水開始1958年昭和33年9月 - 福生郵便局新局完成現在地)。福生電報電話局開設福生郵便局より分離)。 1961年昭和36年3月 - 青梅線拝島 - 福生複線化牛浜駅青梅線最初の橋上駅舎となる。 1963年昭和38年10月 - 熊川団地入居開始1967年昭和42年2月 - 加美平団地入居開始1968年昭和43年5月 - 西武拝島線開通1969年昭和44年3月 - 福生地区消防組合福生羽村瑞穂設立1970年昭和45年7月1日 - 3万人市制特例法により、人口38,749人、世帯11,631をもって市制施行し、「東京都福生市」となる。 1974年昭和49年4月 - 福生団地入居開始1978年昭和53年6月 - 市内一部地域で下水道使用開始1983年昭和58年9月 - 市の人口5万人を突破1986年昭和61年10月 - 公共下水道汚水完成11月 - 福生駅橋上駅舎自由通路完成1987年昭和62年5月15日 - 防災行政無線開局される。 1989年平成元年) - 片倉自転車八王子移転後に合併廃業)。 1991年平成3年11月 - 市の人口、6万人達成 2004年平成16年4月 - 福生第一中学校ランチルーム設置しカフェテリア方式による給食開始。(2006年まで全中学校で実施2007年平成19年3月 - 東福生駅橋上駅舎階段屋根設置される2008年平成20年3月 - 2棟タワーとそれを結ぶフォーラム、その上の丘の広場からなる延べ床面積10,228.77m2の市役所新庁舎完成。(設計山本理顕設計工場2010年平成22年3月 - 昭島市側の工事終わり拝島駅橋上駅舎化がすべて完成する2013年平成25年4月 - 牛浜駅橋上駅舎建て替え工事竣工する2017年平成29年9月 - 防災食センター開設中学校で小学校と同様学校給食開始避難所備蓄応急給食といった防災機能併せ持つ。 ※参考資料 - 1997年福生市教育委員会同郷資料室編集発行、「写真でたどる福生百年」。1994年福生市編さん委員会編、福生市発行、「福生市史、上・下巻」。多摩川流域リバーミュージアム。他。

※この「年表(明治以降)」の解説は、「福生市」の解説の一部です。
「年表(明治以降)」を含む「福生市」の記事については、「福生市」の概要を参照ください。


年表(近現代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 15:00 UTC 版)

鹿屋市」の記事における「年表(近現代)」の解説

1871年8月29日新暦) - 廃藩置県に伴い現在の鹿屋市全域鹿児島県属す1871年12月25日新暦) - 廃藩置県後府県合併に伴い都城県属す1873年1月15日 - 都城県廃止初代宮崎県設置に伴い鹿児島県属す1874年 - 鹿屋・高隈・大姶良古江の各郵便局業務開始1888年 - 肝属郡南大隅郡役所垂水郷から鹿屋郷に移転鹿屋大隅中心となるきっかけとなる1889年4月1日 - 町村制施行により、現在の市域相当する下の村々発足西串良村(串良郷東西分割)を除いて藩政時代からの「郷(外城)」を引き継ぐかたちとなった肝属郡鹿屋花岡村大姶良村・高村・西串良姶良村・百引村 東囎唹郡市成 1896年4月1日 - 郡区改正に伴い東囎唹郡市成から囎唹郡市成となる。 1897年2月 - 電信業務開始1900年 - 鹿児島県農学校現在の県立鹿屋農業高校)が鹿屋移転1901年 - 西原競馬場開設1902年10月 - 電報電話業務開始1912年12月31日 - 鹿屋村が町制施行鹿屋町となる。 1915年7月11日 - 南隅軽便鉄道1916年大隅鉄道改称後の国鉄古江線→大隅線)のうち、高須 - 鹿屋間が開通当時鹿屋駅は向江町に設置されていた。 1916年4月 - 鹿屋町役場後の初代鹿屋市庁舎)を現在の鹿児島銀行鹿屋支店位置設置1920年12月23日 - 大隅鉄道のうち、鹿屋 - 高山間が開通1921年8月11日 - 大隅鉄道のうち、高山 - 串良間が開通1923年 - 旧制中学校県立鹿屋中学校現在の県立鹿屋高校)が開校1923年12月19日 - 大隅鉄道のうち、高須 - 古江間が開通1929年2月 - 競馬場札元移転1932年5月15日 - 西串良村改称町制施行により串良町となる。 1933年2月16日 - 鹿屋が町章(当時は「町マーク」と呼称)を選定。現在も鹿屋市章として使用されている1935年6月1日 - 大隅鉄道が国化される1935年10月 - 古江線のうち志布志 - 東串良間が開通星塚敬愛園開園1936年4月 - 鹿屋海軍航空隊開隊される。 1936年10月23日 - 古江東線の東串良 - 串良間が開通し鹿屋 - 志布志間が開通志布志線経由宮崎方面鉄道のみで向かうことができるようになる1938年10月10日 - 古江線改軌工事完了鹿屋駅共栄町現在の鹿屋市役所位置)に移転する1938年10月15日 - 台風襲来による大水害が発生肝属川下流中心に甚大な被害を受ける。 1941年5月27日 - 鹿屋町・花岡村大姶良新設合併市制施行により鹿屋市となる(初代)1942年5月 - 鹿屋市図書館当時市役所内に開設1944年 - 鹿屋市鹿屋工業学校現在の県立鹿屋工業高校)を設置1945年9月 - 第二次世界大戦の終戦に伴い連合国軍高須海岸厳密に1km北の金浜海岸から上陸。 1947年8月 - 向江町市立図書館開設1947年10月15日 - 姶良村改称町制施行により吾平町となる。 1948年3月 - 鹿屋警察署前身となる自治体警察鹿屋市警察発足1949年6月 - 昭和天皇鹿屋市内へ行幸される。 1949年12月 - 鹿屋競馬場市営競馬実施1950年2月 - 大字廃止し、「町」を設置一例として「鹿屋市大字中名鹿屋市北田町」となる。 1951年12月 - 現在のかのやイベント広場のある地点鹿屋郷の地頭仮屋跡地)に2代目(1代前)の市役所庁舎完成1955年1月20日 - 高隈鹿屋市編入合併1956年4月1日 - 百引村・市新設合併町制施行により輝北町所属郡は囎唹郡)となる。 1958年1月20日 - 垂水町新城根木原・桜町地域鹿屋市編入1958年4月 - 市立鹿屋女子高校設置1958年8月12日 - 北田交差点鹿児島県では2番目、鹿屋市内では初の信号機設置1959年11月 - 財政再建団体指定外れる。 1960年11月10日 - テレビ放送開始鹿屋中継局開局)。 1961年4月13日 - 古江線垂水市海潟まで開通1963年 - 鹿屋競馬場廃止1963年8月 - 祇園祭鹿屋夏祭り)に「ばか踊り」が登場30数年に渡り親しまれる1967年2月 - 当時鹿屋市の花を「カンナ」、木を「クスノキ」と制定する1967年3月 - 高隈ダム完成1972年4月1日 - 北田交差点鹿児島県内では初のスクランブル交差点となる(現在は一般的な交差点)。 1972年5月 - 鹿屋市旗を制定2006年以降鹿屋市にも引き継がれている1972年9月9日 - 大隅線全線開通1976年6月 - 集中豪雨により鹿屋市中心部冠水1977年3月 - 鹿屋市文化会館完成中央公園内に小動物園完成1978年4月 - 市立鹿屋看護専門学校設置1981年5月 - 鹿屋市図書館視聴覚センター現在地設置1981年10月1日 - 鹿屋体育大学開学開校1984年4月)。 1986年9月9日 - 国立大少年自然の家開所1987年3月 - 国鉄大隅線廃線1991年5月7日 - 旧鹿屋駅のあった地点市役所本庁舎移転同月27日市制施行50周年迎える。 1992年3月25日 - 国道220号鹿屋バイパス全線開通1993年3月 - 霧島ヶ丘公園内に『かのやバラ園』を開園1993年7月 - 鹿屋航空基地史料館開設1995年4月 - 水道事業串良町共同で実施鹿屋串良水道企業団業務開始鹿屋市上下水道部の前身)。 1996年6月 - 肝属川水量分担させる役割を担う鹿屋分水路』が完成2003年11月 - バラ品種のひとつとして『プリンセスかのや』の名称が採用される2006年1月1日 - 鹿屋市輝北町串良町吾平町新設合併し、鹿屋市となる(2代目)。旧輝北町串良町吾平町地域自治区として設置された。 2006年4月25日 - かのやバラ園規模大幅に拡大させて開園2007年4月1日 - リナシティかのや鹿屋市市民交流センター)を開設2010年1月1日 - 地域自治区としての輝北町串良町吾平町廃止。旧3町の大字を「(地域自治区○○町(大字○○」から「(大字○○○○扱い変更2014年12月21日 - 東九州自動車道鹿屋串良JCTおよび大隅縦貫道串良鹿屋道路)が開通

※この「年表(近現代)」の解説は、「鹿屋市」の解説の一部です。
「年表(近現代)」を含む「鹿屋市」の記事については、「鹿屋市」の概要を参照ください。


年表(日本仕様)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 22:59 UTC 版)

レクサス・LX」の記事における「年表(日本仕様)」の解説

2015年8月20日 同日日本市場への導入発表。(9月14日発売2度目マイナーチェンジ実施併せレクサスSUVラインアップフラッグシップモデルとして日本でも発売することとなった日本仕様は、V型8気筒5.7Lエンジン搭載する「LX570」のみの設定エクステリアは、レクサス象徴するスピンドルグリルに加え三連フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)を採用するなど、最新のレクサスに通ずる意匠とした。また、ターンシグナル流れるように点灯し右左折時の注意喚起高めと共に先進性演出するLEDシーケンシャルターンシグナルランプ」をレクサスでは初採用また、タイヤ/ホイールは、285/50R20 112Hタイヤ20インチアルミホイール (切削光輝)を標準装備とし、275/50R21 110Hタイヤ21インチアルミホイール (切削光輝)をメーカーオプション用意したインテリアは、金属、革、本木目と異な素材コントラスト際立たせる意匠としたほか、基調インストルメントパネルにより、車両姿勢状態を容易に把握できるなど、本格SUVとしての基本性能確保している。 エンジンは、V型8気筒5.7L「3UR-FE」型を搭載。トランミッションはスーパーインテリジェント8速オートマチック(8 Super ECT)を組み合わせている。 CUSTOMIZEモード搭載の「ドライブモードセレクト」をレクサスとして初採用CUSTOMIZEモード選択時にはパワートレインシャシー空調の各制御組み合わせ自由に選択でき、よりドライバー嗜好応じた走行モード実現する。 ドライブモードセレクトスイッチに対応し様々な状況下で車高調整を自動制御する「4-Wheel AHC」&「AVS」を搭載。「4-Wheel AHC」は、レクサス採用となる「乗降モード使用時には、エンジンを切ると車高下げ乗降性配慮また、走行状態に応じて減衰力自動制御する「AVS」は、車体のあおりを制御し乗り心地操縦安定性両立させている。 オフロード走行サポートする機能として、アクセルブレーキ操作することなくステアリング操作のみで極低走行可能な「クロールコントロール」や、トラクションブレーキ最適制御AWD性能を高める「マルチテレインセレクト」を採用したまた、車両周囲の状況確認4つカメラサポートする「マルチテレインモニター」を設定ドライバー死角なりやす車両周囲6エリア路面状況確認でき、オフロードのみならずオンロードおいても狭い道での走行路肩への幅寄せサポート。さらに、オフロード走行時の車両下の状態やタイヤ位置確認可能となるアンダーフロアビューもレクサスとして初採用した安全装備では、予防安全パッケージLexus Safety System +」を、日本販売するレクサス車では初採用プリクラッシュセーフティシステム歩行者検知機能衝突回避支援タイプ)、車線逸脱可能性運転者知らせるレーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング制御機能付)、先行車対向車遮光しハイビーム照射するアダプティブハイビームシステム[AHS]、高速道路で先行車との車間距離適切に保ちながら追従走行ができるレーダークルーズコントロール全車追従機能付)をパッケージ化し、安全運転支援の強化図ったまた、ドアミラーでは確認しにくい隣接する車線後側エリア存在車両に加え隣接する車線最大約60m後方までモニターし急接近する車両検知可能なブラインドスポットモニターBSM]、駐車場での後退時左右後方から接近してくる車両BSMレーダーにより検知しドライバー注意喚起するリヤクロストラフィックアラート[RCTA]、ブレーキ時にタイヤロックを防ぐABS機能に加えオフロードおいても制動性能確保するマルチテレインABS電子制動力配分制御付)&ブレーキアシストなども標準装備とした。 「レクサス クライメイト コンシェルジュ」では、オートエアコン、ステアリングヒーター、運転席助手席・セカンドシートのシートヒーター・シートベンチレーションの各機能を一括して連動作動させるクライメイトコンシェルジュスイッチを世界初搭載2015年8月時点)。さらに、助手席とセカンドシートにおいては着座乗員有無検知し各機能を自動的に作動または停止させることが可能とした。 レクサス採用となる「VICS WIDE」対応により、渋滞情報精度高めるなど利便性を向上させた新型ナビゲーションシステムに、12.3インチワイドディスプレイを採用また、リヤシートエンターテインメントシステムをメーカーオプション設定とし、高精細11.6インチディスプレイをフロントシートシートバックに2台設置したボディカラーは、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「マーキュリーグレーマイカ」、「「ソニックチタニウム」、「ブラック」、「スターライトブラックガラスフレーク」、「スリークエクリュメタリック」、「ディープブルーマイカ」の全7色を設定。 インテリアカラーは、「アイボリー」、「ブラック」、「サンフレアブラウン」、「メローホワイト」、「ガーネット」の5色設定。シートマテリアルは「セミアリニン本革」のみとなる。また、オーナメントパネルは、「ウォールナットダークブラウン」を標準設定としたほか、「縞アガチス/ダークブラウン)」をメーカーオプション用意した2017年8月3日 一部改良従来から設定されている3列シート7人乗り仕様に加え新たに2列シート・5人乗り仕様」を新設定した。 ボディカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」に替わり「ソニッククォーツ」を設定し全7色としたほか、18インチ21インチアルミホイール意匠変更した装備面でトレーラーなどを牽引するトレーラーヒッチ装着するためのヒッチメンバードアミラー足元照明、「ナノイー」などを標準装備した。 2018年8月23日 特別仕様車Black Sequence」を設定。 「Black Sequence」は、2018年3月時点においてレクサスブランド日本国内累計販売台数50台を達成したことを記念した特別仕様車エクステリアでは、スピンドルグリル専用ブラック塗装)&フレーム専用漆黒メッキ)、リヤランプガーニッシュ (専用漆黒メッキ)、ライセンスガーニッシュ (専用カラード) &バックドアガーニッシュ (専用漆黒メッキ)、三眼フルLEDヘッドランプ (ロー・ハイビーム) / LEDフロントフォグランプLEDコーナリングランプ専用クリアブラック)、LEDリヤコンビネーションランプ (テール・ストップ)(専用クリアブラック)を採用また、オート電動格納式ドアミラーブラック塗装変更したほか、ベースモデルではメーカーオプション設定となる275/50R21タイヤ21インチアルミホイール (切削光輝)を特別装備とした。 ボディカラーは「ソニッククォーツ」、「「ブラック」、「スターライトブラックガラスフレーク」の3色を設定インテリアでは、ルーフピラーの色をブラック変更また、セミアニリン本革シートドアトリム専用ダイヤモンドステッチを施したほか、オーナメントパネルに、専用ブラック]を採用したまた、その他の特別装備として、「LXの文字投影するドアカーテシランプを標準装備とした。 2015年改良型 リア 2015年改良型 インテリア この項目では色を扱ってます。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合あります

※この「年表(日本仕様)」の解説は、「レクサス・LX」の解説の一部です。
「年表(日本仕様)」を含む「レクサス・LX」の記事については、「レクサス・LX」の概要を参照ください。


年表(日本仕様)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 22:59 UTC 版)

レクサス・LX」の記事における「年表(日本仕様)」の解説

2021年10月14日 日本時間午前1時30分より、レクサスYouTube公式チャンネルにてワールドプレミア同時にレクサス公式サイト上で概要発表された2022年1月12日 日本仕様車初のフルモデルチェンジ発表し同日り発売された。 プラットフォームレクサスで初となるGA-Fプラットフォーム採用されラダーフレーム構造刷新溶接技術最新化によりフレーム軽量且つ剛性化された。ボディ高張力鋼板採用範囲拡大やボンネット・ルーフ・ドアパネルをアルミニウム化(ルーフアルミニウム化はレクサスで初)。さらにはパワートレーン搭載位置後方に70mm・下方に28mm移動したことで、3代目に比べて約200kgの大幅な軽量化と低重心化、前後重量配分改善図られた。 パワートレインエンジン排気量を3.5Lにダウンサイジングしつつ、ターボ化したことで出力・トルクともに向上されたV35A-FTS型へ換装トランスミッション10速化によりギアステップのクロス化や全体のギアレンジのワイドレシオ化を実現し発進時を除くほぼ全域ロックアップ作動するDirect Shift-10AT」へ変更された。 パワーステアリング油圧式からモーター減速機用いた電動タイプ変更されブレーキペダル操作量センサー検出し最適な制動力油圧ブレーキにより創出する電子制御ブレーキシステム採用された。 フロントデザインは7組のフローティングバーで立体形状をつくり、フレームレス化され新たなスピンドルグリル採用されヘッドランプはL字形状のクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ機能付)を立体形状にするとともに、インナーレンズを二重化してそれぞれに異な段差設けられた。リアデザインは2代目NX導入された「L E X U S」のバラ文字ロゴとなり、リアコンビネーションランプのテールランプはL字形状と一文字組み合わせたデザインとなった。 タイヤ・アルミホイールはレクサス最大径となる22インチ新たに設定されアルミホイールブラック切削光輝組み合わせたデザインとなっている。 レクサスで初となる指紋認証スタートスイッチが採用されスマートキー携帯してブレーキ踏みながらスタートスイッチ中央の指紋センサータッチすることで車両登録され指紋情報照合行い指紋情報一致しなければエンジン始動しない機構となっている。 ラインナップ標準仕様となるLX600を軸に、後席空間拡充寛ぎ重点置かれた4人仕様の"EXECUTIVE"、フロント・センター・リアの3つのディファレンシャルロックを装備し扁平率が高い18インチタイヤを採用ホイールをマットグレー塗装、ホイールアーチモールをブラック塗装フロントグリル黒光塗装とした専用デザイン採用した"OFFROAD"が設定された

※この「年表(日本仕様)」の解説は、「レクサス・LX」の解説の一部です。
「年表(日本仕様)」を含む「レクサス・LX」の記事については、「レクサス・LX」の概要を参照ください。


年表(2009年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 08:24 UTC 版)

ボブソン」の記事における「年表(2009年まで)」の解説

1945年 - 創業 1950年 - 岡山市上内町31番地山尾被服工業株式会社設立1957年 - 東洋レーヨン(現・東レ)の指定工場になる。 1969年 - 「ボブソン」(BOBSON) のブランド名商標出願 1970年 - ジーンズ製造販売開始1971年 - 「ボブソンブランド誕生1973年 - 株式会社ボブソン社名変更1980年 - 本社社屋完成1995年 - 星牛仔服装上海有限公司設立による上海工場稼動2003年 - ISO9001認証取得2008年 - 親会社いわゆる持株会社)の有限会社ヤマオ興産1988年設立)と合併ヤマオ興産存続会社とし、株式会社ボブソン社名変更

※この「年表(2009年まで)」の解説は、「ボブソン」の解説の一部です。
「年表(2009年まで)」を含む「ボブソン」の記事については、「ボブソン」の概要を参照ください。


年表(2009年から2012年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 08:24 UTC 版)

ボブソン」の記事における「年表(2009年から2012年まで)」の解説

2009年8月11日 - マイルストーンターンアラウンドマネジメントの出資により、株式会社ボブソン(新ボブソン)が設立される2009年11月 - 旧ボブソンから、新ボブソン事業譲渡2011年5月2日 - 新ボブソンが、東京地裁民事再生法の適用申請負債総額2010年2月期末で7億3400万円2012年4月26日 - 新ボブソンが、東京地裁より再生手続き廃止決定を受ける。負債2011年2月28日時点で10億7400万円2012年6月1日 - 新ボブソンが、東京地裁より破産手続開始決定を受ける。

※この「年表(2009年から2012年まで)」の解説は、「ボブソン」の解説の一部です。
「年表(2009年から2012年まで)」を含む「ボブソン」の記事については、「ボブソン」の概要を参照ください。


年表(2012年から)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 08:24 UTC 版)

ボブソン」の記事における「年表(2012年から)」の解説

便宜上、「山尾被服工業ボブソン→ピーチフォート」の2009年以降沿革についても記す。 2010年 - 株式会社ボブソン株式会社ピーチフォートに社名変更2012年4月5日 - 株式会社ボブソンホールディングスが設立される2012年11月 - ボブソンホールディングスが、3代目ボブソン社からボブソンブランドを買い戻した11月21日発表買収金額等は不明

※この「年表(2012年から)」の解説は、「ボブソン」の解説の一部です。
「年表(2012年から)」を含む「ボブソン」の記事については、「ボブソン」の概要を参照ください。


年表(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 15:59 UTC 版)

看護倫理」の記事における「年表(日本)」の解説

1951-1966年の看護倫理に関する教育内容は、「ナイチンゲール誓詞」などの倫理規定のほか、看護師にとっての礼儀・作法心構え守秘義務対人関係など、戦前の流れ引き継ぎ美徳中心であった1967年指定規則の改正により、人類愛使命感奉仕などの精神性への偏重見られた「看護倫理」という科目自体削除された。 1988年になって日本看護師協会の「看護師倫理規定」が策定公表1989年指定規則改正されたが、これによって看護倫理に関する記述指定規則から全く無くなった看護判断能力ケア管理能力教育指導能力といった看護能力強化ウェイト置かれるようになったこと、従来博愛精神医師への服従という教育内容に対する批判高まったことなどが影響している。 1996年指定規則の改正でも、看護倫理に関して独立した科目設けられていない看護倫理教育重要性には触れたものの抽象的なものにとどまった2001年初めプライバシー秘密の保持に関する保助看法上の規定法律87 号で第 42 条の 2 として追加された。 2002年になって初めて、文科省看護基礎教育在り方に関する検討会報告大学における看護実践能力育成充実に向けて」(文部科学省, 2002の中で人間尊重擁護の方法について「看護職者は、対象者治療及びケアを受ける過程遭遇する具体的な場面で、常に、その人尊厳権利擁護する立場行動できることが不可欠である」との記載がされた。また、その教育方法についても「学生自身その意味に深い関心持ち看護職者対象者権利擁護者として機能することの意義追求できるよう、具体的な看護事象用いた演習を組むなど、学生同士討論患者などの対象者などから学ぶ方法採用することが大切であるとされている。さらに、人間尊重について「対象者立場に立つこと、個人文化背景価値信条理解意思決定必要な情報の提供自己決定権人間として尊厳人権尊重インフォームド・コンセント実践と支援プライバシーの保護個人情報の取り扱いセカンドオピニオン意義などについて」と具体的に言及した

※この「年表(日本)」の解説は、「看護倫理」の解説の一部です。
「年表(日本)」を含む「看護倫理」の記事については、「看護倫理」の概要を参照ください。


年表(近現代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 12:58 UTC 版)

城南町」の記事における「年表(近現代)」の解説

ウィキソース城南町廃し熊本市編入する件の原文あります1955年昭和30年3月1日 - 杉上村隈庄町豊田村新設合併町制施行城南町発足1967年昭和42年4月1日 - 下益城中学校豊田中学校統合城南町立下益城城南中学校発足 1968年昭和43年11月 - 御領貝塚、国の史跡指定 1972年昭和47年7月 - 昭和47年7月豪雨により、黒橋貝塚発見される 1972年昭和47年9月 - 上東西小学校統合議決され1975年昭和50年10月 - 名誉町民第1号上塚周平選ばれる 1976年昭和51年12月 - 塚原古墳群、国の史跡指定 1977年昭和52年3月 - 名誉町民上塚司林田正治選ばれる 1980年昭和55年8月 - 阿高・黒橋貝塚が国史跡指定 1982年昭和57年5月 - 熊本県民天文台完成 1983年昭和58年11月 - 城南町歴史民俗資料館オープン 1986年昭和61年10月 - 城南開通式 1988年昭和63年3月 - 鰐瀬(わにぜ)バイパス開通 1989年平成元年9月 - 名誉町民小林久雄選ばれる 1991年平成3年3月1日 - 下益城郡富合町境界変更 1991年平成3年3月 - 城南バイパス開通 1993年平成5年4月 - 熊本松橋線、国道昇格266号) 1993年平成5年9月 - アイシン九州操業開始 1994年平成6年4月1日 - 上益城郡甲佐町境界変更 1995年平成7年3月 - 国道266号町(めどまち)開通 1997年平成9年4月 - 火の君総合文化センターオープン 1999年平成11年6月 - 宇城北部広域農道(ウキウキロード)が開通 1999年平成11年10月22日 - 天皇・皇后身体障害者療護施設くまむた荘を訪問 2000年平成12年) - 名誉町民東家嘉幸選ばれる 2002年平成14年) - 熊本県民天文台1996年1月発見され小惑星が、城南名付けられる 2008年平成20年7月 - ブラジル移民100周年記念式典が火の君総合文化センター開催 2010年平成22年3月23日 - 熊本市編入と同時に城南町合併特例区になった

※この「年表(近現代)」の解説は、「城南町」の解説の一部です。
「年表(近現代)」を含む「城南町」の記事については、「城南町」の概要を参照ください。


年表(明治以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 15:54 UTC 版)

刈谷市」の記事における「年表(明治以降)」の解説

1889年明治22年10月1日 - 町村制の施行により、刈谷区域をもって碧海郡刈谷町発足1906年明治39年5月1日 - 碧海郡刈谷町逢妻村小山村重原村元刈谷村合併し改め刈谷町発足1950年昭和25年4月1日 - 市制施行して刈谷市発足1955年昭和30年4月1日 - 碧海郡依佐美村大部分富士松村編入1994年平成6年) - 米軍接収されていた依佐美送信所無線塔が日本に返還される1998年平成10年) - 長野県下伊那郡下條村刈谷市休暇村サンモリーユ下條開設。 郡明治22年以前明治22年10月1日明治23年 - 明治45年大正元年 - 大正15年昭和元年 - 昭和64年平成元年 - 現在碧海郡 刈谷 刈谷町 刈谷町 明治39年5月1日合併 刈谷町 刈谷町 昭和25年4月1日市制 刈谷市 刈谷市 元刈谷村 元刈谷村 元刈谷村 小山村 小山村 小山村 高津 逢妻村 逢妻村 熊村 下重原村 下重原村 明治24年8月14日分立 重原村 半城土村 明治24年8月14日分立 半高村 明治39年5月1日合併 依佐美村一部依佐美村一部依佐美村一部昭和30年4月1日刈谷市編入 高須村 小垣江村 小垣江村 小垣江村 小垣江村 ヶ坪村 野田村一部野田村一部野田村一部) 西境村 境村 境村 明治39年5月1日合併 富士松村 富士松村 富士松村 井ヶ谷村 東境村 明治24年8月14日分立 東境村 泉田村 逢見村 逢見村 逢見村 今岡 今川村 一ツ木村 一ツ木村 一ツ木村 築地村

※この「年表(明治以降)」の解説は、「刈谷市」の解説の一部です。
「年表(明治以降)」を含む「刈谷市」の記事については、「刈谷市」の概要を参照ください。


年表(南平岸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:55 UTC 版)

北海道テレビ放送」の記事における「年表(南平岸時代)」の解説

1967年昭和42年12月1日 - 創立1968年昭和43年5月20日 - 第1回株主総会開催代表取締役社長岩澤靖就任9月30日 - 南平岸社屋完成10月5日 - 東京支社築地清華ビル開設10月7日 - 免許交付。このときは、教育教養番組30以上の条件付きであった11月3日 - アナログテレビコールサイン:JOHH-TV)本放送開始本放送開始時の送信所札幌送信所のみ。 12月15日 - 小樽中継局開局初の中継局であり、アナログ放送VHF12月24日 - 旭川送信所開局12月26日 - 札幌送信所放送事故発生5時停波した。 1969年昭和44年2月3日 - オープニング・クロージング放送開始4月1日 - 関西支社中之島朝日新聞ビル開設5月26日 - 札幌送信所放送事故発生15時34停波した。 11月26日 - 網走送信所開局11月27日 - 帯広送信所開局11月28日 - 釧路送信所開局12月1日 - 室蘭送信所開局12月2日 - 函館送信所開局1970年昭和45年1月1日 - ANN発足と同時に加盟全国ニュースが『ANNニュース表記となる。 1971年昭和46年10月15日 - カラーフィルム現像所完成自社制作『二ュースロータリー』は、12月1日からカラー放送実施11月16日 - ポールタウンに「HTBコーナーu」を開設1973年昭和48年FMラジオ放送免許申請1976年昭和51年10月1日旭川支社開設1977年昭和52年道内民放初となる、ENGシステム導入釧路支社開設1979年昭和54年8月1日 - マスコットキャラクター『くん太』使用開始函館支社開設1980年昭和55年新館落成第1スタジオ・新マスター運用開始1981年昭和56年3月11日 - 岩澤株投資失敗により、親会社札幌トヨペット経営破綻し、経営危機陥る19日岩澤靖辞職29日小林幸雄社長に就任1983年昭和58年11月3日 - 音声多重放送開始札幌地区のみ)。 1989年平成元年SNGシステム導入1997年平成9年11月6日- 道内民放初の字幕放送開始12月1日 - マスコットキャラクターonちゃん使用開始1998年平成10年1月16日 - 日本初となる、地域データ放送CLARK on ADAMS開始1999年平成11年マスター更新NEC製。2005年内にアナログ放送送出機能そのまま残して地上デジタル放送応に改修)。 2001年平成13年3月3日 - CREATIVE OFFICE CUEとの共同制作映画man-hole」(鈴井貴之監督安田顕主演)が公開2006年平成18年1月1日 - ロゴ現行のものに変更6月1日 - 札幌地区地上デジタル放送開始2007年平成19年10月1日 - 函館旭川室蘭帯広釧路・網走地区地上デジタル放送開始2008年平成20年6月2日 - 地上デジタル放送画面に、局ロゴウォーターマーク表示開始2011年平成23年7月24日 - 地上デジタル放送への完全移行により、アナログ放送終了2018年平成30年9月6日 - 北海道胆振東部地震発生地震発生直後より自家発電での放送切り替わった一時的に停波する放送事故発生9月14日 - 南平岸社屋および業務センター業務終了閉館9月17日 - 2時25分(16日深夜)から放送された特別クロージング以って南平岸社屋からの放送終了

※この「年表(南平岸時代)」の解説は、「北海道テレビ放送」の解説の一部です。
「年表(南平岸時代)」を含む「北海道テレビ放送」の記事については、「北海道テレビ放送」の概要を参照ください。


年表(さっぽろ創世スクエア時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:55 UTC 版)

北海道テレビ放送」の記事における「年表(さっぽろ創世スクエア時代)」の解説

2018年平成30年9月17日 - 5時49分『創世スクエア移転初放送!新たな歴史ここから』より新社屋からの放送開始(翌18日未明17日深夜)の1:20放送終了)。特別オープニング終了後5時50分のグッド!モーニングANNニュース』(テレビ朝日からの同時ネット)から新社屋からの番組放送開始9月18日 - HTB本社系列子会社のエイチ・ティー・ビー・プロモーション、エイチ・ティー・ビー映像、ディ・キャストがさっぽろ創世スクエア札幌市中央区北1条西1丁目6番地)に移転し業務開始。5:20からのオープニングは『新社屋移転記念オープニング スペシャルゲストTEAM NACSが特別参戦!』としてTEAM NACS出演した11月3日 - 開局50周年2019年平成31年/令和元年1月12日 - 『FFFFF』の放送で同じ映像2度流してしまう放送事故発生した2月18日 - 現社屋に移転したことに伴い南平岸旧社屋売却発表2021年令和3年1月29日 - 南平岸旧社屋土屋ホールディングスグループ企業である土屋ホーム不動産売却することが発表された建物解体され社屋跡地(7961.48平方メートル)は戸建分譲用地として、隣接する駐車場(2074平方メートル)はマンション開発用地として利用される

※この「年表(さっぽろ創世スクエア時代)」の解説は、「北海道テレビ放送」の解説の一部です。
「年表(さっぽろ創世スクエア時代)」を含む「北海道テレビ放送」の記事については、「北海道テレビ放送」の概要を参照ください。


年表(1933年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:03 UTC 版)

冷蔵庫」の記事における「年表(1933年まで)」の解説

1748年 ウィリアム・カレンDr. William Cullen; 英国スコットランド グラスゴー大学)がエーテル気化熱発見1803年 豪農トマス・ムーアThomas Moore 米国メリーランド州)が「氷を利用して冷蔵する道具」を作成し、これを「refrigerator冷蔵庫)」と名づけた。Frigerareとはラテン語coolという意味で、re frigeratorto coolである。電気冷蔵庫一般化し以降、それらが新たにrefrigerator」と呼ばれ旧来のrefrigeratorには「iceboxアイスボックス)」の名が与えられた(=レトロニム)。 1805年 オリバー・エバンス(Oliver Evans 米国ペンシルベニア州吸収型冷却法を提唱気化し硫化酸を吸収する方式)。設計方法のみで製作はされなかった。 1820年 マイケル・ファラデー英国ロンドン液化アンモニアによる冷却発見 1834年 ジェイコブ・パーキンス(Jacob Perkins 米国発明家エーテル使用した製氷機圧縮型で米国初の特許。 1848/1849/1855 ジョン・ゴーリエ(John Gorrie 米国フロリダ州医者であったゴーリエは、マラリア患者のために使う氷を作ろうと、ファラデー実験を基に圧縮冷蔵システム考案し、オリバー・エバンスの設計を基にした冷蔵庫開発エーテル使用し車輪蒸気エンジン風車駆動させた。彼は現在使用されている製氷トレー考え出した1850年 エドモン・カレー(Edmond Carré フランス硫酸使用した吸収型冷蔵庫開発1852年 ウィリアム・トムソンとジェームズ・プレスコット(William Thomson & James Prescott冷却圧力差比率増加させる1856年 アレクサンダー・トワイニング(Alexander C. Twinning 米国米国初の冷蔵庫商用化とされている)。 1856年 ジェームス・ハリソン(James Harrison オーストラリア) ゴーリエとトワイニング冷蔵庫研究し圧縮エーテル冷蔵庫開発世界初実用的な冷蔵庫といわれるビール業界および食肉加工業界に利用された。 1859年 フェルディナン・カレー(Ferdinand Carré フランス エドモンの弟) アンモニア使用した吸収型冷蔵庫開発米国では、南北戦争(1861-65年)により北側から氷が届かなくなったため、冷蔵庫南部側で商業的な成功見た1866年 ケモジン(chemogene、エーテルナフサ混合物)が冷媒として特許取得1867年 サザーランド(J.B. Sutherland 米国ミシガン州デトロイト)の冷蔵列車特許取得1870年 米国ニューヨークブルックリンS. Liebmann’s Sons Brewing Companyで熱吸収型冷却冷蔵庫使用される商用冷蔵施設ビール工場最初に使われだし、1891年までに全てのブルワリー冷蔵施設装備された。 1873年 アンモニア冷媒として初め使用される1875年 硫化ダイオキサイドとメチルエーテル1876年 カール・フォン・リンデCarl von Lindeドイツ語版)(英語版ドイツ ミュンヘンアンモニア冷媒使用し1877年特許取得1878年 メチルクロライドを冷媒使用1911年 米国GE社米国インディアナ州フォートウェイン最初の家庭用冷蔵庫、2台がフォートウェインにて製造された。これはフランス僧侶Abbe Audiffrenの発明用いたもの。これは最初の電気冷蔵庫しきものである。 1913年 フレッド W ウルフ ジュニアFred W. Wolf Jr 米国シカゴ最初のアメリカ製冷蔵庫DOMELRE (DOMestic ELectric REfrigerator)。商業的に成功しなかった。 1915年 アルフレッド・メロウェス (Alfred Mellowes) 最初の家庭用一体型冷蔵庫をつくる。キャビネット下部コンプレッサー装備翌年Guardian Frigerator社を興して生産・販売したが、手作り生産台数2年間で40台程だといわれている。1918年ゼネラルモーターズ (GM) 創業者ウィリアム・デュラントが(GMでは誰も賛成しなかったため)個人として会社買った後にGM傘下に組み入れられた。名称もフリッジデール社 (Frigidaire Company) と変更。さらに、数年後DOMELREの権利取得し、これが米国での大量生産つながっていく1916年 エドモンドJコープランドアーノルド H. グロスはthe Electro-Automatic Refrigerating Company設立し、2か月ケルビネーター社名変更の後、ほどなくして現在の冷蔵庫と同じ冷却方式である「phase change heat pump」を採用。しかし、筐体としてはまだリモートタイプと呼ばれる保冷庫部と冷却装置別々に分かれているもので、原理的に従来の氷箱を冷却装置置き換えたようなものだった1918年 ケルビネーター社がバイメタルサーモスタット冷蔵庫発表初期の家庭用冷蔵庫は壁に埋め込む金庫のようなもので、騒音大きかった1922年 バルザー・フォン・プラテンとカール・ミュンター(スウェーデン吸収冷蔵庫1923年 フリッジデール社が世界初一体型発表1923年 三井物産日本米国から初輸入1925年 エレクトロラックス社(スウェーデン)バルザー・フォン・プラテンとカール・ミュンターの特許取得し世界最初の吸収冷蔵庫発表1926年 エレクトロラックス社(スウェーデン米国特許取得1926年 ウィリス・キャリアWillis Carrier 米国遠心コンプレッサー方式 メチルクロライドを置き換える1927年 日立製作所日本電気冷蔵庫試作成功1927年 GE社米国圧縮機上に置くモニタートップ型。一般に広く使われ初の冷蔵庫で、100万台以上を生産した二酸化硫黄使用1927年 エレクトロラックス社(スウェーデン米国米国向けの生産開始1928年 三井物産米国GE社製モータートップ型を輸入東京電気を介して量販1930年 ゼネラル・モーターズ研究所トマス・ミジリー安定した不燃冷媒クロロフルオロカーボン (CFC) を発見。「フレオン」と名づけ商品化された(日本ではダイキン工業フロン名づけたもの)。 1930年代 フラットトップ型に移行 静音化図られる・。 1930年 芝浦製作所日本、現・東芝)の1号機(SS-1200) GE製モータートップ型のコピー1933年 芝浦製作所日本)「電気冷蔵器」と名づけ本格的に発売開始

※この「年表(1933年まで)」の解説は、「冷蔵庫」の解説の一部です。
「年表(1933年まで)」を含む「冷蔵庫」の記事については、「冷蔵庫」の概要を参照ください。


年表(長寿記録)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 16:46 UTC 版)

ヘンリー・アリンガム」の記事における「年表(長寿記録)」の解説

1996年6月6日 - 100歳誕生日2003年7月20日 - ジャック・デイビスの死去により存命中男性のうちイギリス最高齢となる。 2006年6月6日 - 110歳の誕生日2006年11月10日 - フランスのモーリス・フロケの死去により存命男性のうちヨーロッパ最高齢となる。 2007年2月13日 - アイダ・メイソンの死去に伴いイギリス男女合わせて2番目の長寿となる。 2007年11月1日 - 1993年111146日で死去したジョージ・アイブスを抜いてイギリス軍関係者最高齢人物となる。 2008年3月13日 - 1968年111280日で死去したジョン・モーズリー・ターナー抜いて男性イングランド史最高齢となる。 2009年3月29日 - 1990年112295日で死去したウェールズジョン・エバンス抜いて男性イギリス史最高齢となる。 2009年6月6日 - イギリス人男性として初め113歳の誕生日を迎える2009年6月19日 - 日本宮崎県)の田鍋友時死去により世界最高齢男性となる。 2009年7月18日 - 11342日で死去ヨーロッパ男性では2004年11481日で死去したスペインホアン・リウダベッツ次ぎ史上二番目長生きした

※この「年表(長寿記録)」の解説は、「ヘンリー・アリンガム」の解説の一部です。
「年表(長寿記録)」を含む「ヘンリー・アリンガム」の記事については、「ヘンリー・アリンガム」の概要を参照ください。


年表(未来)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 10:57 UTC 版)

トランクス (ドラゴンボール)」の記事における「年表(未来)」の解説

エイジ766 - 誕生間もなく孫悟空心臓病他界。その半年後、他の戦士と同様ベジータ人造人間との戦いで死亡し母子家庭になる。 エイジ77913歳) - 悟飯に弟子入り原作では、トランクスはすでに超サイヤ人覚醒している。 エイジ78014歳) - 悟飯との修行最中出現した人造人間戦おうとするが、戦士全滅防ごうとした悟飯に気絶させられ戦いには不参加その戦いで悟飯は死亡しアニメではそれをきっかけにサイヤ人覚醒したエイジ784 - (17歳) - 修行自信つけ人人間挑むが、返り討ちにあう。アニメスペシャルでは序盤善戦するも、体力落ちてくる一方的な展開となり、痛めつけられて重傷負い結局敗北するそのことで過去行くこと決意し回復後に悟空特効薬を渡すべくエイジ764に旅立つ出発前タイムマシンに「Hope希望)」と書いた。過去フリーザ親子倒した後、その時代の悟空人造人間存在自身の正体教え心臓病特効薬渡して未来世界帰るエイジ785(18歳) - その数ヵ月後、再びタイムマシン乗りエイジ7675月12日へ行く。ところが、自身介入したため孫悟空病気侵されるタイミングや、16号19号およびドクター・ゲロが自らを改造した20号といった、トランクス自身の知らない別の人造人間登場など、時間あらゆる部分ズレ生じたことに困惑この時ピッコロ口からトランクス正体全員が知ることになる)。さらにはベジータ独断専行止めようとするも、プライドの塊であるベジータ聞く耳を持つはずも無く却下され続ける。その後も、ベジータピンチ助太刀する人造人間たちには力及ばず結局18号敗れる。悟空たちに協力する中、精神と時の部屋修行行い戦闘力上げるも、パワー頼った変身したために完全体となったセル敵わず、欠点指摘され戦意喪失アニメでは最終変身前の戦闘大幅に追加されセルからは「ベジータ以上の強さ」と評価された。セルゲームに向けて再び精神と時の部屋での修行行いセルゲームではセルに「セルジュニア互角の戦い」と評価される戦い繰り広げた悟空セル試合においては消耗したセル全員攻撃して倒そう」と提案しベジータから「サイヤ人誇り」がないことや悟空戦い穢すことを叱られた。自爆から復活した後のセル瞬間移動からの不意打ちによる指先からのビームで体を貫かれ殺されるも、ドラゴンボールの力で生き返る。その過去での戦い終わった翌日未来世界戻り人造人間17号18号破壊エイジ78822歳) - 人造人間17号18号破壊から3年後過去向かおうとしていたセル倒し未来世界平和に導く。

※この「年表(未来)」の解説は、「トランクス (ドラゴンボール)」の解説の一部です。
「年表(未来)」を含む「トランクス (ドラゴンボール)」の記事については、「トランクス (ドラゴンボール)」の概要を参照ください。


年表(現代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 10:57 UTC 版)

トランクス (ドラゴンボール)」の記事における「年表(現代)」の解説

エイジ766 - 誕生エイジ7748歳) - 特に理由もなく、超サイヤ人覚醒第25回天下一武道会出場し少年の部優勝アトラクションとしてミスター・サタン対戦し場外負けにする。悟天と共にマイティマスク扮して大人の部にも出場バトルロイヤル決勝戦18号攻撃正体公になったため、2人1役を演じていたというルール違反により反則負けとなり、悟天と共に逃げ出すビーデルから魔人ブウの話を聞かされ戦いの場向かいベジータ動き封じて攻撃するブウ蹴り飛ばす自爆決意したベジータ初め抱きしめられた後、気絶させられて、そのまま避難させられる。 悟天とのフュージョンゴテンクスとなり、ブウと戦うが、吸収される悟空ベジータ救出されるも、地球消滅と共に死亡するが、新ナメック星ドラゴンボール生き返るエイジ77610歳) - ミスター・サタンホテル落成記念式典参加。悟天とフュージョンして地球襲来した合体アカ対抗したエイジ78418歳) - 第28回天下一武道会参加

※この「年表(現代)」の解説は、「トランクス (ドラゴンボール)」の解説の一部です。
「年表(現代)」を含む「トランクス (ドラゴンボール)」の記事については、「トランクス (ドラゴンボール)」の概要を参照ください。


年表(明治以後)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 05:42 UTC 版)

根室市」の記事における「年表(明治以後)」の解説

明治2年1869年9月開拓使松本判官属僚とともに移住民130人を率いて来住し、開拓使役所根室に置く。和田地区根室開拓使役所管轄となる。 1880年明治13年) - 戸長役場置かれる1892年明治25年) - 清隆寺開く。 1931年昭和6年8月24日 - リンドバーグ夫妻北太平洋飛行機横断し根室到着した1957年昭和32年8月1日 - 根室郡根室町和田村新設合併し、根室市発足1959年昭和34年4月1日 - 花咲郡歯舞村編入する1968年昭和43年) - 開基100年記念事業実施する

※この「年表(明治以後)」の解説は、「根室市」の解説の一部です。
「年表(明治以後)」を含む「根室市」の記事については、「根室市」の概要を参照ください。


年表(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:57 UTC 版)

働く女性」の記事における「年表(日本)」の解説

1890年頃、繊維産業女性雇用されるようになり、工場労働者の約9割が女性であった1901年百貨店である三井呉服店(現:三越)が、3人の女性正社員採用した日比翁助は「結婚まで腰掛けではなく本格採用した理由として徴兵制度があった日本軍では、3年間の兵役義務ある男性より、仕事内容をじっくり教える事が出来て例え妊娠・出産半年休んでも、6回までなら男性同じである極めて合理的な判断」だった。 1911年工場法公布1914年 - 1918年第一次世界大戦1916年工場法施行1916年和文タイプライター急速な普及に伴いタッチタイピング従事する女性(「タイピスト」)が増加した当時働く女性は「職業婦人」と呼称された。 1920年代世界経済好調背景に、女性の社会進出進んだモダンガール時代1923年工場法改正11時労働1925年、『女工哀史』(改造社)。当時工場での過酷な女性労働描いた細井和喜蔵著のルポルタージュ1929年工場法改正児童女子労働者深夜業禁止1929年上野松坂屋にてエレベーターガール登場それまで男性エレベーター運転していた。 1931年 - 1945年十五年戦争時代戦時体制工場労働者処遇改善後回しにされた。 1947年労働基準法制定男子労働者への保護規制導入女子保護規定他の先進国同等になった。8時間労働1953年労働省が『働く女性実情』を公表以後現在に至るまで毎年公表続ける。 1954年 - 1975年、「青森 - 上野」間で、夜行集団就職列車運行された。 1972年、「勤労婦人福祉法」が施行1985年女子差別撤廃条約日本批准1985年男女雇用機会均等法成立施行1986年)。実効性不十分でコース採用などの新たな問題生まれた1993年パートタイム労働法成立同年施行1997年改正男女雇用機会均等法成立施行1999年)。男女平等推進するため、労働基準法から女子保護規定撤廃された。 1999年改正労働基準法施行により、女性深夜労働制限が撤廃代わって育児介護休業法育児介護を行う労働者の配慮規定の制度追加された。 2006年改正男女雇用機会均等法成立施行2007年)。

※この「年表(日本)」の解説は、「働く女性」の解説の一部です。
「年表(日本)」を含む「働く女性」の記事については、「働く女性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「年表」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「年表」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



年表と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

年表のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年表のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの浜降祭 (改訂履歴)、福生市 (改訂履歴)、鹿屋市 (改訂履歴)、レクサス・LX (改訂履歴)、ボブソン (改訂履歴)、看護倫理 (改訂履歴)、城南町 (改訂履歴)、刈谷市 (改訂履歴)、北海道テレビ放送 (改訂履歴)、冷蔵庫 (改訂履歴)、ヘンリー・アリンガム (改訂履歴)、トランクス (ドラゴンボール) (改訂履歴)、根室市 (改訂履歴)、働く女性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS