1944年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1944年の意味・解説 

昭和19年 (きのえさる 甲申)

昭和19年
年(年号)
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
1941年 (昭和16年) 対英宣戦布告
昭和19年
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック


昭和19年
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 77
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 73
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 69
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 67
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 66
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 66
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 66
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 65
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 62
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 61
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 61
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 61
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 60
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 60
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 60
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 60
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 59
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 58
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 58
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 58
松旭斎 天勝 1886年〜1944年(明治19年〜昭和19年) 58
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 55
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 54
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 54
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 53
河合 栄治郎 1891年〜1944年(明治24年〜昭和19年) 53
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 52
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 51
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 47
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 46
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 46
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 46
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 46
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 45
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 45
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 43
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 42
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 41
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 41
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 40
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 40
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 40
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 38
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 37
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 35
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 34
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 19才

1944年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 10:03 UTC 版)

1944年(1944 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる閏年昭和19年。


  1. ^ 第六垂水丸慰霊碑”. 垂水観光協会 (2012年9月1日). 2022年1月16日閲覧。
  2. ^ 猫田勝敏 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2021年2月13日閲覧
  3. ^ 早稲田大学百年史 第四巻/第八編 第十八章
  4. ^ 手塚治虫 『手塚治虫漫画全集 9 地球の悪魔』講談社、1977年、60・61頁頁。ISBN 978-4-06-108609-8 
  5. ^ アイザック・アシモフ 『アシモフ初期作品集3 母なる地球』早川書房、1996年、221 - 224・231頁頁。ISBN 978-4-15-011155-7 
  6. ^ アイザック・アシモフ 『アシモフの科学エッセイ7 たった一兆』早川書房、1985年、203 - 205・211・213頁頁。ISBN 978-4-15-050027-6 



1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

林村陸軍飛行場設置決定される屋島ケーブル軌道供出のため解体撤去される。 退避施設増強要領発表される女子挺身隊設置されるこの頃から竹槍訓練がはじまる。 大阪市からの児童疎開第1陣到着する。 満17歳上が兵籍編入マリアナ基地アメリカ空軍による日本本土爆撃開始される

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。» 「高松市の歴史」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:53 UTC 版)

1月 イラン、英ソと軍事同盟を結び対日断交2月3日 日本軍第二次アキャブ作戦開始2月6日 クェゼリン島日本軍玉砕2月17日 トラック島空襲 2月22日 エニウェトク環礁ブラウン環礁)の日本軍玉砕2月26日 日本軍第二次アキャブ作戦中止3月8日 日本軍インパール作戦開始3月31日 古賀峯一連合艦隊司令長官殉職海軍乙事件4月17日 - 12月10日 大陸打通作戦 5月25日 日本軍洛陽占領6月15日 米軍サイパン上陸サイパンの戦い7月7日日本軍玉砕在住日本人1万人死亡)。 6月16日 八幡空襲米軍中国大陸から北九州への初空襲。 6月19日 マリアナ沖海戦日本軍旗艦大鳳以下空母3隻と搭載機400機を失い西太平洋制海権制空権喪失7月4日 日本軍インパール作戦中止7月18日 東條英機内閣総辞職7月22日 小磯国昭内閣成立8月2日 テニアン島日本軍玉砕。(テニアンの戦い8月11日 グアム島日本軍玉砕。(グアムの戦い9月11日 米軍ペリリュー島上陸。(ペリリューの戦い10月10日 米軍沖縄台湾空襲十・十空襲)。 10月12日 台湾沖航空戦 10月20日 米軍、フィリピン・レイテ島に上陸レイテ島の戦い)。 10月23日 レイテ沖海戦始まる。 10月24日 戦艦武蔵沈没シブヤン海)。 10月25日 大村大空襲 10月25日 空母瑞鶴旗艦とする日本機動部隊全滅神風特別攻撃隊レイテ沖海戦初出撃11月10日 汪兆銘名古屋病死11月10日 日本軍桂林柳州占領11月21日 熊本空襲 11月24日 米軍新型爆撃機B-29マリアナ諸島より東京初空襲。 11月29日 空母信濃撃沈12月7日 東南海地震発生し家屋倒壊津波で1223名が死亡情報統制によってほとんど報道されず。 12月10日 日本軍大陸打通作戦完了12月26日 礼号作戦ミンドロ島沖海戦

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「太平洋戦争の年表」の解説の一部です。» 「太平洋戦争の年表」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:40 UTC 版)

1月30日 クェゼリン環礁上陸前空襲全機喪失2月4日 エビジェ島地上戦開始同日陥落九五二空要員を含む470名玉砕。 3月1日 解隊。 主要基地であったエビジェとマキン地上戦展開されたため、九五二空要員被害甚大であった。イミエジに残留した要員は八〇二空要員行動をともにしてウオッゼ環礁経由マリアナ撤退したが、ウオッゼに残留した要員艦砲射撃飢餓死者続出した

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「第十九航空隊」の解説の一部です。» 「第十九航空隊」の概要を見る


1944年(民国33年、昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:55 UTC 版)

1月24日:日本大本営が「一号作戦」(大陸打通作戦)を命令

※この「1944年(民国33年、昭和19年)」の解説は、「日中戦争関係年表」の解説の一部です。» 「日中戦争関係年表」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

林村陸軍飛行場設置決定される屋島ケーブル軌道供出のため解体撤去される。 退避施設増強要領発表される女子挺身隊設置されるこの頃から竹槍訓練がはじまる。 大阪市からの児童疎開第1陣到着する。 満17歳上が兵籍編入マリアナ基地アメリカ空軍による日本本土爆撃開始される

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。» 「高松市の歴史」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:12 UTC 版)

大陸打通作戦インパール作戦マリアナ沖海戦グアムの戦いレイテ島の戦いフィリピンの戦い (1944-1945年)サイパン島陥落小磯内閣成立対馬丸事件学童疎開昭和東南海地震B-29による東京へ空襲始まる。

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「昭和」の解説の一部です。» 「昭和」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:53 UTC 版)

1月 イラン、英ソと軍事同盟を結び対日断交2月3日 日本軍第二次アキャブ作戦開始2月6日 クェゼリン島日本軍玉砕2月17日 トラック島空襲 2月22日 エニウェトク環礁ブラウン環礁)の日本軍玉砕2月26日 日本軍第二次アキャブ作戦中止3月8日 日本軍インパール作戦開始3月31日 古賀峯一連合艦隊司令長官殉職海軍乙事件4月17日 - 12月10日 大陸打通作戦 5月25日 日本軍洛陽占領6月15日 米軍サイパン上陸サイパンの戦い7月7日日本軍玉砕在住日本人1万人死亡)。 6月16日 八幡空襲米軍中国大陸から北九州への初空襲。 6月19日 マリアナ沖海戦日本軍旗艦大鳳以下空母3隻と搭載機400機を失い西太平洋制海権制空権喪失7月4日 日本軍インパール作戦中止7月18日 東條英機内閣総辞職7月22日 小磯国昭内閣成立8月2日 テニアン島日本軍玉砕。(テニアンの戦い8月11日 グアム島日本軍玉砕。(グアムの戦い9月11日 米軍ペリリュー島上陸。(ペリリューの戦い10月10日 米軍沖縄台湾空襲十・十空襲)。 10月12日 台湾沖航空戦 10月20日 米軍、フィリピン・レイテ島に上陸レイテ島の戦い)。 10月23日 レイテ沖海戦始まる。 10月24日 戦艦武蔵沈没シブヤン海)。 10月25日 大村大空襲 10月25日 空母瑞鶴旗艦とする日本機動部隊全滅神風特別攻撃隊レイテ沖海戦初出撃11月10日 汪兆銘名古屋病死11月10日 日本軍桂林柳州占領11月21日 熊本空襲 11月24日 米軍新型爆撃機B-29マリアナ諸島より東京初空襲。 11月29日 空母信濃撃沈12月7日 東南海地震発生し家屋倒壊津波で1223名が死亡情報統制によってほとんど報道されず。 12月10日 日本軍大陸打通作戦完了12月26日 礼号作戦ミンドロ島沖海戦

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「太平洋戦争の年表」の解説の一部です。» 「太平洋戦争の年表」の概要を見る


1944年(本国近海)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 17:23 UTC 版)

1944年1月上旬ジャーヴィスはジェーナスと共にアドリア海沿岸イタリア各地砲撃し、敵の陣地鉄道破壊したほかスクーナー3隻を沈めた。さらにイタリア西部のナポリ移動し1月18日にはジェーナス、軽巡洋艦オライオン駆逐艦フォークナー、ラフォーレイと共にガエータ砲撃している。 1月22日アンツィオの戦いシングル作戦)が始まると、ジャーヴィスもジェーナスと共に上陸援護参加した作戦中だった翌23日ヨアヒム・ヘルビッヒ中佐指揮下のドイツ空軍LG 1/第1(爆撃飛行隊による空襲見舞われ、ジェーナスが撃沈されジャーヴィス艦首切断した奇跡的に死傷者はいなかった。 ジブラルタルでの2ヶ月間修理の後、ジャーヴィスノルマンディー上陸作戦備えた事前訓練改装のためにイギリス本国帰還し戦隊旗艦の任を解かれた艦長ロジャー・パーシヴァル・ヒル(英語版)(Roger Percival Hill少佐の下で、ジャーヴィスノルマンディー上陸作戦支援した6月6日の上当日ジャーヴィスゴールド・ビーチ周辺支援砲撃実施支援砲撃哨戒活動継続していた6月17日補給のためポーツマス30ノット航行中だったジャーヴィス航跡内で6発の音響機雷次々と爆発した。しかし後部主砲右砲が衝撃故障する軽微な損傷済んだ6月19日には悪天候流されたリバティ船ジャーヴィス衝突し艦首部穴を開ける被害出たが、戦闘支障がなかったため6月21日まで現地に留まった。 8月12日には、ドイツ軍占領されていたチャンネル諸島オルダニー島砲撃する戦艦ロドニー駆逐艦フォークナーと共に護衛8月17日フォークナー共同で周辺海域敵艦艇を捜索中だったジャーヴィスオルダニー島ジャージー島ガーンジー島ドイツ軍砲台から36分間にわたって熾烈な砲撃受けたが、一発命中弾もなく脱出成功した作戦後9月に、長期修理近代化改装を受けるためベルファスト退役した

※この「1944年(本国近海)」の解説は、「ジャーヴィス (J級駆逐艦)」の解説の一部です。» 「ジャーヴィス (J級駆逐艦)」の概要を見る


1944年(昭和19年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:40 UTC 版)

1月30日 クェゼリン環礁上陸前空襲全機喪失2月4日 エビジェ島地上戦開始同日陥落九五二空要員を含む470名玉砕。 3月1日 解隊。 主要基地であったエビジェとマキン地上戦展開されたため、九五二空要員被害甚大であった。イミエジに残留した要員は八〇二空要員行動をともにしてウオッゼ環礁経由マリアナ撤退したが、ウオッゼに残留した要員艦砲射撃飢餓死者続出した

※この「1944年(昭和19年)」の解説は、「第十九航空隊」の解説の一部です。» 「第十九航空隊」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1944年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1944年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1944年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1944年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、太平洋戦争の年表 (改訂履歴)、第十九航空隊 (改訂履歴)、日中戦争関係年表 (改訂履歴)、高松市の歴史 (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)、太平洋戦争の年表 (改訂履歴)、ジャーヴィス (J級駆逐艦) (改訂履歴)、第十九航空隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS