宣戦布告とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 社会・生活 > 戦い > 宣戦布告の意味・解説 

宣戦布告

読み方:せんせんふこく

外交手段として軍事力行使することの表明戦争へ突入すること、その意志があることの宣言

せんせん‐ふこく【宣戦布告】

読み方:せんせんふこく

[名](スル)戦争開始する意思宣言すること。


【宣戦布告】(せんせんふこく)

Declaration of war

ある国家仮想敵国との外交問題決着するために軍事力行使する、と公式に宣言する事。
交戦する部隊展開する前に布告するのが望ましいとされているが、当然ながらそのような布告自軍作戦暴露しあたら人命損な行為であり、非対称戦争でない限り尊重されない。
最も誠実な場合でも宣戦布告とほぼ同時に攻撃開始するか、宣戦布告した事実そのもの欺瞞情報プロパガンダとして第五列活用される事となる。

現代戦時国際法は、宣戦布告を伴わない事実上戦争法的に正当な戦争であるとは認めず、「不正規戦闘」「事変もしくは紛争として区別する
ただし、開戦した後に宣戦布告する事も可能ではある。
宣戦布告せずに事実上戦争開始するはしばし国際社会における非難対象となるが、ほとんどの戦争当事国はこのリスク考慮しない

関連不戦条約 真珠湾攻撃 最後通牒


宣戦布告!

作者ゆうきりん

収載図書でぃ・えっち・えぃ そのさん!
出版社メディアワークス
刊行年月2005.9
シリーズ名電撃文庫


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/28 23:17 UTC 版)

宣戦布告(せんせんふこく、: declaration of war)とは、紛争当事者である国家が相手国に対して戦争行為(hostilities)[1]を開始する意思を表明する宣言である。


  1. ^ 1907年開戦に関する条約第1条
    Article 1
    The Contracting Powers recognize that hostilities between themselves must not commence without previous and explicit warning, in the form either of a reasoned declaration of war or of an ultimatum with conditional declaration of war.
    邦訳「締約国は理由を付したる開戦宣言の形式、または条件付開戦宣言を含む最後通牒の形式を有する、明瞭かつ事前の通告なくして、其の相互間に戦争(hostility)を開始すべからざることを承認す。」
    戦争行為(hostilities)の開始の前に行う警告を「宣戦布告(開戦宣言、declaration of war)」または「条件付開戦宣言を含む最後通牒(ultimatum with conditional declaration of war)」としている。
  2. ^ Convention (III) relative to the Opening of Hostilities. The Hague, 18 October 1907.”. ICRC databases on international humanitarian law. 赤十字国際委員会. 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)「総加入条項」[1]
  4. ^ 根本和幸 2007, pp. 178–179.
  5. ^ 「スーダンが宣戦布告した」 訪中の南スーダン大統領
  6. ^ 南朝鮮のPSI全面参加 「戦時に相応する措置とる」祖平統、人民軍板門店代表部が声明 朝鮮新報
  7. ^ 北朝鮮外相、「トランプ氏が宣戦布告」と主張 米報道官は否定 CNN(2017年9月26日)2017年9月27日閲覧
  8. ^ Michael Oren (2003). Six Days of War. New York: Random House Ballantine Publishing Group. p. 5. ISBN 0-345-46192-4 
  9. ^ Kamazima, Switbert Rwechungura (2004). Borders, boundaries, peoples, and states : a comparative analysis of post-independence Tanzania-Uganda border regions (PhD). University of Minnesota. p. 167. OCLC 62698476
  10. ^ Robert Cowley (1996年). “Iran-Iraq War”. History.com. 2019年6月5日閲覧。
  11. ^ “The Battle over the Falklands”. BBC News. (1998年). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/199850.stm 2019年6月5日閲覧。 
  12. ^ Theodore Draper. “Did Noriega declare war?”. New York Review of Books. 2019年6月5日閲覧。
  13. ^ BBC staff (1998年6月6日). “World: Africa Eritrea: 'Ethiopia pursues total war'”. BBC Monitoring service. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/107985.stm 
  14. ^ “Call to ease Chad-Sudan tension”. BBC News. (2005年12月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/4559254.stm 
  15. ^ “France backing Djibouti in 'war'”. BBC News. (2008年6月13日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/africa/7453063.stm 
  16. ^ Peter Walker. “Georgia declares 'state of war' over South Ossetia”. The Guardian. 2019年6月5日閲覧。
  17. ^ Scott Baldauf. “Sudan declares war on South Sudan”. Christian Science Monitor. 2019年6月5日閲覧。
  18. ^ Egypt Officially Announces ‘State Of War’”. Egyptian Streets (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  19. ^ アメリカ大統領の役割と権限-実は議会が強い? The Capital Tribune Japan 2017年10月7日閲覧
  20. ^ ニュルンベルク裁判中のゲーリング空相とギルバート心理分析官とのやり取りより
  21. ^ 米最高裁が却下 マサチューセッツの反戦訴訟『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月10日朝刊 12版 23面


「宣戦布告」の続きの解説一覧

宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 13:06 UTC 版)

HY戦争」の記事における「宣戦布告」の解説

1979年ヤマハ第2代社長小池久雄社内外に「チャンスが来た!オートバイ業界盟主の座を狙う」と高らかに宣言当時軸足四輪車に置きつつあったホンダは、自動車生産への布石として前年からアメリカ合衆国オハイオ州二輪工場建設開始しブリティッシュ・レイランドBL、後のローバー)との提携交渉途上だった。日本国内でも1978年新たな販売チャンネルの「ベルノ店」を開始するなど、既に四輪車売り上げ二輪車越えていた。一方ヤマハ小池自らの主導したマーケティング改革実力着実に伸ばしており、このような状勢の中でヤマハ側が仕掛ければホンダ二輪トップシェアを諦めざるを得ずヤマハがその座を奪う可能性充分にあると小池踏んでいた。 ホンダはこの小池宣言を、意気高揚狙ったプロパガンダだと捉えていた。宗一郎と嘉市の関係、国内4社のうちファミリーバイクに参入していない川崎重工業(現:カワサキモータース)を除けば寡占状態の典型のようなオートバイ市場で、ヤマハ挑戦的な行動を取るとは思えなかったためである。ただしホンダ無為に過ごす訳には行かず9月には「カレンNX50」、11月には「ロードパルS」と新製品発売。これらの効果もありホンダシェア45%前後まで巻き返している。 ホンダ・カレンNX50 ホンダ・ロードパルS

※この「宣戦布告」の解説は、「HY戦争」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「HY戦争」の記事については、「HY戦争」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 00:58 UTC 版)

ブータン戦争」の記事における「宣戦布告」の解説

1864年11月12日イギリスインド総督ブータンに宣戦布告する。イギリスは「シッキム、コチ・ビハールの騒乱元凶」「友好的な使節団対す非礼」「使節団への侮蔑的な言動」「使節団への脅迫による無効な条約の締結」とブータンの非を提示し代償として「補償金支払い永続的停止」「ベンガル・ドゥアールの支配権」を請求したブータン対外的にはデシイギリス不当な侵攻非難する声明発表し国内ではジグミ・ナムゲル紛争状態だった他のペンロップや有力者共闘呼びかけた。

※この「宣戦布告」の解説は、「ブータン戦争」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「ブータン戦争」の記事については、「ブータン戦争」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 15:13 UTC 版)

第四次英蘭戦争」の記事における「宣戦布告」の解説

イギリス政府オランダ同盟参加危険性分かっており(イギリスロシアスウェーデンデンマーク=ノルウェーといった北ヨーロッパ諸国との戦争巻き込まれる可能性がある)、オランダ同盟参加意向示した直後1780年12月オランダ宣戦布告したロシアオランダ援助することを防ぐために(ロシア女帝エカチェリーナ2世援助前向きではなかったが)、イギリス政府開戦事由オランダ同盟参加と関係ないものを挙げた。例としてはオランダ1779年私掠船ジョン・ポール・ジョーンズを(嫌々ながら)保護したことがあるが、より重要な理由アムステルダム銀行家ジャン・ド・ヌフヴィル(英語版)と米国の駐アーヘン代表ウィリアム・リー英語版)がオランダ法律顧問のエンゲルベルト・フランソワ・ファン・ベルッケル(英語版)に黙認されて、秘密裏通商条約交渉したことだった。大陸会議オランダとの外交関係樹立のために派遣したヘンリー・ローレンス1780年9月イギリス巡洋艦ヴェスタル英語版)により捕らわれ通商条約草案発見されてしまったことで交渉露見イギリスはこれをオランダ中立ではない証拠として挙げた

※この「宣戦布告」の解説は、「第四次英蘭戦争」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「第四次英蘭戦争」の記事については、「第四次英蘭戦争」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 13:50 UTC 版)

D〜欧州蜃気楼〜」の記事における「宣戦布告」の解説

交戦状態及び同盟状態にない国家対して行えコマンド実行する相手国家交戦状態になり、勝利ポイント低下する

※この「宣戦布告」の解説は、「D〜欧州蜃気楼〜」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「D〜欧州蜃気楼〜」の記事については、「D〜欧州蜃気楼〜」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:16 UTC 版)

ファンタジーアース ゼロ」の記事における「宣戦布告」の解説

他国支配するマップ上で、自軍本拠地となる「キープ後述)」を建設する事によって、相手国に宣戦布告され「戦争」状態が開始される戦争中マップ上からモンスター姿を消し対人攻撃が可能となる。戦争参加できる人数通常戦争であれば50人vs50人で最大100人。人数上限満たない場合のみ、第3国からのプレイヤー人数少な陣営援軍として参戦することが出来る。イベント等で100vs100の200戦争や30vs30の60戦争などが開催される場合がある。以前クロニクル戦場として少人数戦争通常戦争として実装されていたが、ユーザーからの不評によりクロニクル戦場自体撤廃され年に数回イベント戦場として登場する程度となっている。

※この「宣戦布告」の解説は、「ファンタジーアース ゼロ」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「ファンタジーアース ゼロ」の記事については、「ファンタジーアース ゼロ」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 09:04 UTC 版)

ツィンメルマン電報」の記事における「宣戦布告」の解説

電報は、ドイツアメリカ船舶攻撃している一方アメリカ中立維持することに最も興味持っていると述べることにより始まったが、その基礎的な対立確認したことが反ドイツ感情発露呼び起こしたウィルソンは、アメリカ船が潜在的なドイツ潜水艦攻撃をかわすことができるように武装させてくれるように議会依頼することで、米国へドイツ敵意明示応答した数日後1917年4月2日に、ウィルソンは、ドイツ宣戦宣言するように議会依頼した。そして4月6日に、議会第一次世界大戦へのアメリカ参戦承認したドイツ潜水艦は、以前イギリス諸島近く米国船を攻撃していた。したがって電報米国参戦唯一原因ではなかったが、米国世論を動かす際に重大な役割果たした。その電報は、メキシコ渡される前にベルリン米国大使館からワシントンD.C.ドイツ大使館最初に送信されたことが、特に背信として受け止められた。 ひとたびアメリカ大衆電報本物であると考えた以上、もはやアメリカ世界大戦参戦することは避けられなくなった

※この「宣戦布告」の解説は、「ツィンメルマン電報」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「ツィンメルマン電報」の記事については、「ツィンメルマン電報」の概要を参照ください。


宣戦布告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 23:35 UTC 版)

アメリカ合衆国の対日宣戦布告」の記事における「宣戦布告」の解説

JOINT RESOLUTION Declaring that a state of war exists between the Imperial Government of Japan and the Government and the people of the United States and making provisions to prosecute the same.Whereas the Imperial Government of Japan has committed unprovoked acts of war against the Government and the people of the United States of America: Therefore be it Resolved by the Senate and House of Representatives of the United States of America in Congress assembled, That the state of war between the United States and the Imperial Government of Japan which has thus been thrust upon the United States is hereby formally declared; and the President is hereby authorized and directed to employ the entire naval and military forces of the United States and the resources of the Government to carry on war against the Imperial Government of Japan; and, to bring the conflict to a successful termination, all the resources of the country are hereby pledged by the Congress of the United States. (仮日本語訳)日本国政府合衆国政府及び国民との間に戦争状態が存在することを宣言し、それを遂行するための規定設け共同決議大日本帝国政府アメリカ合衆国政府及び国民対して挑発的な戦争行為行ったのにしたがって議会アメリカ合衆国上院及び下院合同決議した場合このようにアメリカ合衆国押し付けられアメリカ合衆国大日本帝国政府との間の戦争状態は、これにより正式に宣言される大統領は、これにより、米国海軍および軍事力全体政府資源雇用して大日本帝国政府との戦争継続することを許可され指示される。そして、紛争成功裏終わらせるために、国の全て資源は、これにより、米国議会によって誓約される。

※この「宣戦布告」の解説は、「アメリカ合衆国の対日宣戦布告」の解説の一部です。
「宣戦布告」を含む「アメリカ合衆国の対日宣戦布告」の記事については、「アメリカ合衆国の対日宣戦布告」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宣戦布告」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

宣戦布告

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:31 UTC 版)

名詞

せんせんふこく

  1. 他国対してその国と戦争をする意思伝えること。
  2. 比喩他者対して戦い挑む意思表明すること。

動詞

活用

サ行変格活用
宣戦布告-する

「宣戦布告」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



宣戦布告と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宣戦布告」の関連用語

宣戦布告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宣戦布告のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宣戦布告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHY戦争 (改訂履歴)、ブータン戦争 (改訂履歴)、第四次英蘭戦争 (改訂履歴)、D〜欧州蜃気楼〜 (改訂履歴)、ファンタジーアース ゼロ (改訂履歴)、ツィンメルマン電報 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の対日宣戦布告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宣戦布告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS