仮想敵国とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 仮想敵国の意味・解説 

か そうてきこく -さう- [4] 【仮想敵国】

国防計画立てる際に、仮に敵とみなす国。

【仮想敵国】(かそうてきこく)

軍事研究における「他国」の同義語
即ち、軍事研究において、全ての国家将来的敵対するものと仮定される。

そもそも軍事紛争解決の手であるから紛争起こりえない場合については言及されない。
しかし当然、「紛争が起き得ない」という油断から警戒を解く事は許されない。
紛争予期できなかった時には、その失態によって国民生命財産が失われるからだ。
たとえ戦争を行う意志がない国だとしても、侵略を受ける危険性について考慮しないわけにはいかない

ただし、戦争を行う事の是非そのものも仮想敵国の研究左右される
国家目的は国の権益維持であり、平和主義侵略戦争等しく手段に過ぎない
現代平和主義極めて重大な意味を持つ時代だが、この潮流永遠に続く保証はない。
そして、隣国全て侵略戦争企図始めた時、自国だけで平和主義を貫く事は不可能である。

実務としては、仮想敵国の存在参謀長期的研究兵士訓練装備配備計画などに影響する。
即ち、まずどの国と戦う事になるのかを予め仮定しておき、それを前提として軍事行政が動く。
軍隊予期されていた事態にしか対応できず、あらゆる事態同時に予期する事はできない

こうした仮想敵国への対策は、軍事無知な者の視点から見れば、往々にして徒労あるかのように見えかねない
しかし、実際には全くの逆である。
二つの国が互いを仮想敵国と定めて軍備競争突入した場合最終的戦場で勝敗決する可能性は低い。
勝とうが負けようが損害発生し、その損害は敵が強大かつ巧妙であるほど多大であるからだ。
よって大抵の場合互いを仮想敵国と定め上で戦争両国許容不可能な損害与えるものと予想される。
……そのような状況に置ける最適解は、積極的に宥和外交試み戦争回避する事であろう

結果だけ見れば「外交的努力によって友好関係構築した」ように見えるが、実態は逆である。
メディア配信される「甲・乙両国首脳笑顔話し合う映像」の背後には巨大軍事力控えており、どの国の首脳もそれを知っているからこそ誰も敵意を向けようとしないのだ。

仮想敵国と定める根拠

仮想敵国についてまず第一に把握すべき事は、将来紛争が何によって生じ得るかである。
当然のことながら、紛争が起きる可能性無視して良い国は仮想敵国ではない。

国家間で戦争発生する要因大きく分けて三つあり、その兆候がある国家自国にとっての最重要警戒対象となる。

貿易摩擦
領土には経済産業栄えている重要な地もあれば、あまり価値のない土地もある。
また、貿易に用いる通商路にも莫大な富を生み出す重要な経路と、あまり価値のない経路がある。
それらは歴史的経緯と地政的な条件決めるもので、意図的操作難しい。富は必ず偏る
そうした経済格差が生じた時、国家は「経済界要望」によって好戦的意志決定下す事がある
隣国
兵站自国用意されるものであり、自国から離れれば離れるほど負担甚大になる。
よほど強固空軍海軍支えがない限り国家本土から離れた「飛び地」を持つべきでない。
よって、どこでもいいから侵略したいと考え場合真っ先に狙うべきは隣国である。
どこか別の国に狙い定めたとしても、その戦略においてはまず確実に別の隣国が邪魔になる。
戦争意志がなかった場合隣接ていれば通商路が存在し、必然的に貿易摩擦発生する。
隣接している事はそれ自体戦争リスクであり、全ての隣国は常に仮想敵国である。
歴史的経緯
近代史における経験則として、民族世代越え憎悪記憶する事が知られている。
戦争によって国境線が歪に引き直されれば、「正し位置」に引き直す事を望まれる。
武力によって併呑されたかつての独立国は、再び独立して侵略者追い出す事を望まれる。
つまり、ある地域紛争が起きた場合、その戦災新たな紛争引き起こす火種となる。

仮想敵国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 04:31 UTC 版)

仮想敵国(かそうてきこく、: hypothetical enemy)は、軍事戦略作戦用兵計画を作成するうえにおいて、軍事的な衝突が発生すると想定される国をいう。


  1. ^ Holwitt, Joel I. "Execute Against Japan", Ph.D. dissertation, Ohio State University, 2005, p.131.
  2. ^ 渡部昇一「ドイツ参謀本部 その栄光と終焉」(2009年祥伝社新書)225P
  3. ^ 「韓国、米政府に日本を仮想敵国と表現するよう要請」 2006年10月18日 朝鮮日報
  4. ^ 「日本を仮想敵に」=盧武鉉政権が米に提案-韓国議員 2012年7月2日 時事ドットコム
  5. ^ 韓国・盧武鉉政権が日本を「仮想敵国」に 05年当時、米に仰天提案していた 2012年7月3日 J-CASTニュース ビジネス&メディアウォッチ
  6. ^ 物品提供協定を協議へ=日韓防衛相が合意2011年1月18日 時事通信
  7. ^ “【北朝鮮情勢】中国軍文書、北を米に次ぐ「仮想敵」扱い 3番目に日本、尖閣めぐり軍事衝突起きかねない…”. 産経新聞. (2017年1月30日). http://www.sankei.com/world/news/170130/wor1701300054-n1.html 2017年1月30日閲覧。 
  8. ^ 韓国、昨年SCMで米国に「日本を仮想敵国に」要請』、中央日報、2006年10月18日。 『「日本を仮想敵国に」、韓国政府が米国に要請?』、聯合ニュース、2006年10月18日
  9. ^ 現に、アメリカ国防総省は日本を仮想敵国とみなしている。これは「短期間で核兵器またはそれの代替足り得る大量破壊兵器の製造・実戦配備の技術的可能性がある」ためである[要出典]


「仮想敵国」の続きの解説一覧



仮想敵国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想敵国」の関連用語

仮想敵国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮想敵国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想敵国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS