パリ講和会議とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > 会議 > パリ講和会議の意味・解説 

パリ講和会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 10:21 UTC 版)

パリ講和会議(パリこうわかいぎ、Paris Peace Conference)は、1919年1月18日から開会され第一次世界大戦における連合国中央同盟国の講和条件等について討議した会議。世界各国の首脳が集まり、講和問題だけではなく、国際連盟を含めた新たな国際体制構築についても討議された。「ヴェルサイユ会議」と呼ばれることもあるが、実際の討議のほとんどはパリのフランス外務省内で行われており、ヴェルサイユ宮殿を会場に使ったのは対独平和条約(ヴェルサイユ条約[1]と、対ハンガリー平和条約(トリアノン条約[2]、関連する諸条約(ヴェルサイユにおける諸条約英語版)の調印式のみであるため正確ではない。




  1. ^ 調印式にヴェルサイユ宮殿の鏡の間英語版を使用したのは、ドイツ側の勝利に終わった普仏戦争の仮講和条約締結とドイツ帝国の発足が鏡の間で行われたことによる。
  2. ^ ヴェルサイユ宮殿敷地内の大トリアノン宮殿で調印式が行われた。ただし、調印式が行われたのは講和会議終了後である。
  3. ^ 吉川宏、1、292p
  4. ^ 吉川宏、1、305-306p
  5. ^ 吉川宏、1、326-329p
  6. ^ 吉川宏、1、287p
  7. ^ 吉川宏、1、288p
  8. ^ 吉川宏、1、288-289p
  9. ^ 吉川宏、1、346-347p
  10. ^ 吉川宏、1、297-301p
  11. ^ 吉川宏、2、522-523p
  12. ^ a b c d e 山越裕太 2011, pp. 66.
  13. ^ 山越裕太 2011, pp. 65.
  14. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.148-151.
  15. ^ 吉川宏、1、346p
  16. ^ a b 牧野雅彦, 2009 & p.148.
  17. ^ General Gvozdenovic statement on Paris Peace Conference
  18. ^ 清水良三「国家の承認と政府の承認」、『国士舘大学政経論叢 (創立60周年記念号)』28・29合併号、国士舘大学、1979年、 341-363頁。351-353p
  19. ^ アンドラは第二次世界大戦では中立であったが、スペイン兵が駐留してヴィシー政権との密輸ルートになった。Andorra profile -BBCによるアンドラのプロフィール、History of the Principality of Andorra-andorramania.com 。
  20. ^ From Tiny Andorra to the U.N. Center Stage - New York Timese-ニューヨーク・タイムズ2006年9月22日
  21. ^ 1919年11月15日に大統領就任
  22. ^ 条約受諾に反対して辞任
  23. ^ 細谷千博, 1959 & p.69.
  24. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.273.
  25. ^ 吉川宏、1、330-331p
  26. ^ 山越裕太 2011, pp. 667.
  27. ^ a b c 山越裕太 2011, pp. 70.
  28. ^ 吉川宏、2、510p
  29. ^ 吉川宏、1、348p
  30. ^ 吉川宏、2、477p
  31. ^ 吉川宏、2、520p
  32. ^ 吉川宏、2、525p
  33. ^ 吉川宏、2、537-539p
  34. ^ 吉川宏、2、543p
  35. ^ 吉川宏、2、543p
  36. ^ 吉川宏、3、100p
  37. ^ 吉川宏、4、215p
  38. ^ a b c 吉川宏、2、543-544p
  39. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.179.
  40. ^ a b 山越裕太 2011, pp. 73-74p.
  41. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.192.
  42. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.197-198.
  43. ^ サン=ジェルマン条約締結により「オーストリア共和国」に
  44. ^ 加来浩, 2003 & p.45-46.
  45. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.201-202.
  46. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.221.
  47. ^ 加来浩, 2003 & p.46.
  48. ^ 清水正義、2003、144p
  49. ^ 清水正義、2003、145p
  50. ^ アジア歴史資料センター「独逸前皇帝処分問題」[1]
  51. ^ 独逸前帝の審問(一・二)[2]大正日日新聞1920.2.2-1920.2.3
  52. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.245.
  53. ^ 清水正義、2003、151p
  54. ^ 吉川宏、2、461p
  55. ^ 吉川宏、2、473p
  56. ^ 。吉川宏、2、474-475p
  57. ^ 山越裕太 2011, pp. 79.
  58. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.272.
  59. ^ ミラーは当初パリでウィルソンが提示した草案が原案になると考えていたが、第一回会議直前にハウスから「ハースト=ミラー案」を草案とすると知らされ、前日まで作成に当たった(山越裕太 2011, pp. 66)。
  60. ^ 山越裕太 2011, pp. 72.
  61. ^ 山越裕太 2011, pp. 72-73.
  62. ^ 。吉川宏、2、476-477p
  63. ^ 吉川宏、2、481-482p
  64. ^ 山越裕太 2011, pp. 74p.
  65. ^ 船尾章子、1995、26-27p
  66. ^ 船尾章子、1995、33p
  67. ^ 永田幸久、2003、203-204p
  68. ^ 永田幸久、2003、204p
  69. ^ 永田幸久、2003、213p
  70. ^ 永田幸久、2003、205p
  71. ^ 永田幸久、2003、205-206p
  72. ^ 永田幸久、2003、207p
  73. ^ 南アフリカのボータ首相が、ヒューズを評して牧野に告げた言葉。八丁由比、2011、19p
  74. ^ 永田幸久、2003、208p
  75. ^ 八丁由比、2011、17p
  76. ^ 永田幸久、2003、211-212p
  77. ^ 永田幸久、2003、220p
  78. ^ 永田幸久、2003、213-214p
  79. ^ 永田幸久、2003、229-230p
  80. ^ 昭和天皇独白録 新保博彦 2012年1月11日
  81. ^ ポール・ゴードン・ローレン『国家と人種偏見』 TBSブリタニカ(阪急コミュニケーションズ) p.151
  82. ^ 吉川宏、2、490-491p
  83. ^ 吉川宏、2、493p
  84. ^ 吉川宏、2、498p
  85. ^ 武田昌之 1991, pp. 111.
  86. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.164-165.
  87. ^ 吉川宏、2、518-519p
  88. ^ 吉川宏、2、526-527p
  89. ^ 吉川宏、2、542p
  90. ^ 吉川宏、2、519-520p
  91. ^ 吉川宏、2、536p
  92. ^ 吉川宏、2、545p
  93. ^ 吉川宏、2、550p
  94. ^ 細谷千博, 1959 & p.60.
  95. ^ 細谷千博, 1959 & p.66.
  96. ^ 細谷千博, 1959 & p.70-71.
  97. ^ 細谷千博, 1959 & p.72-73.
  98. ^ 細谷千博, 1959 & p.73.
  99. ^ 細谷千博, 1959 & p.75-76.
  100. ^ 吉川宏、3、78p
  101. ^ 細谷千博, 1959 & p.77-79.
  102. ^ 吉川宏、3、84p
  103. ^ 細谷千博, 1959 & p.90.
  104. ^ 細谷千博, 1959 & p.91.
  105. ^ 細谷千博, 1959 & p.91-92.
  106. ^ 細谷千博, 1959 & p.99.
  107. ^ 細谷千博, 1959 & p.100.
  108. ^ 細谷千博, 1959 & p.107.
  109. ^ 細谷千博, 1959 & p.109-110.
  110. ^ 細谷千博, 1959 & p.115-116.
  111. ^ 吉川宏、3、101p
  112. ^ 細谷千博, 1959 & p.119.
  113. ^ 林忠行1982 & p.84-85.
  114. ^ 林忠行1982 & p.86.
  115. ^ 林忠行1982 & p.87.
  116. ^ 岡俊孝、1965、548-550p
  117. ^ 岡俊孝、1965、550-551p
  118. ^ 岡俊孝、1967、525p
  119. ^ 岡俊孝、1967、525-529p
  120. ^ 中谷直司、2004、251-252p
  121. ^ a b 中谷直司、2004、260p
  122. ^ 中谷直司、2004、253p
  123. ^ 山東問題ニ関スル条約公文書集 [3]P.4(アジア歴史資料センター)
  124. ^ 白井勝美「日本と中国-大正時代」、近代日本外交史叢書7、原書房1972年、P.45。直接は胆紅2007.03、PDF-P.2
  125. ^ 中谷直司、2004、262-263p
  126. ^ 中谷直司、2004、265p
  127. ^ 中谷直司、2004、264-265p
  128. ^ 中谷直司、2004、266-267p
  129. ^ 中谷直司、2004、269-271p
  130. ^ 中谷直司、2004、274-275p
  131. ^ 中谷直司、2004、276p
  132. ^ 中谷直司、2004、278p
  133. ^ 中谷直司、2004、279p
  134. ^ 中谷直司、2004、280-281p
  135. ^ 中谷直司、2004、280-281p
  136. ^ 中谷直司、2004、286-287p
  137. ^ 中谷直司、2004、287p
  138. ^ 中谷直司、2004、284p
  139. ^ 中谷直司、2004、296-297p
  140. ^ 中谷直司、2004、299-300p
  141. ^ 申春野、2005、204p
  142. ^ 申春野、2005、205-206p
  143. ^ a b 渡邉通弘 1993, pp. 66.
  144. ^ 渡辺正志 1992, pp. 67.
  145. ^ 渡辺正志 1992, pp. 66.
  146. ^ 渡辺正志 1992, pp. 70-71.
  147. ^ 渡辺正志 1992, pp. 81.
  148. ^ 渡辺正志 1992, pp. 82-83.
  149. ^ 高篠平太郎 1991, pp. 33-34.
  150. ^ 高篠平太郎 1991, pp. 31-32.
  151. ^ 高篠平太郎 1991, pp. 34.
  152. ^ 高篠平太郎 1991, pp. 35-36.
  153. ^ 矢田俊隆、1977、3p
  154. ^ 矢田俊隆、1977、4p
  155. ^ 林忠行, 1982 & p.81.
  156. ^ 原田敬一, 2007 & p.46-47.
  157. ^ 吉川宏、1、341p
  158. ^ 吉川宏、1、343-345p
  159. ^ 吉川宏、2、532p
  160. ^ 吉川宏、1、351p
  161. ^ 吉川宏、2、517-518p
  162. ^ a b 篠原初枝 2010, pp. 63-64.
  163. ^ 篠原初枝 2010, pp. 34-36.
  164. ^ 船尾章子、1995、28p
  165. ^ 船尾章子、1995、29p
  166. ^ 船尾章子、1995、31-32p
  167. ^ 中谷直司、2004、255-257p
  168. ^ 船尾章子、1995、32p
  169. ^ 篠原初枝 2010, pp. 61.
  170. ^ ただし日本代表団にクレマンソーが便宜を図ったことはなく、日本代表[誰?]による日本語訛りの演説に際し、まわりに聞こえるような声で「あのちびは何をいっているのか」といったとも伝えられる。マイケル・ブレーカー『根まわし かきまわし あとまわし』サイマル出版会p.2、及び小熊英二『単一民族新神話の起源』新曜社、p.214
  171. ^ a b 篠原初枝 2010, pp. 63.
  172. ^ a b 篠原初枝 2010, pp. 62.
  173. ^ 永田幸久、2003、199p
  174. ^ 篠原初枝 2010, pp. 62-63.
  175. ^ 吉川宏、4、224p。
  176. ^ a b 吉川宏、4、233p
  177. ^ 牧野雅彦, 2009 & p.251-252.
  178. ^ 中谷直司、2004、300p
  179. ^ 金本位制による通貨で現在価値で約40兆5千億円
  180. ^ 家畜、農産物、工業製品などで、ドイツは約450億金マルクと算定していた。
  181. ^ 「ルール地方案内」在デュッセルドルフ日本国総領事館2009年7月[4]PDF-P.5
  182. ^ 林昭男「<論説>第1次大戦後におけるフランスのインフレーションと通貨政策」、『商學討究』第25巻第4号、小樽商科大学、1975年3月30日、 23-44頁、 NAID 110000231164





パリ講和会議と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パリ講和会議」の関連用語

パリ講和会議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パリ講和会議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパリ講和会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS