モスクワとは? わかりやすく解説

【モスクワ】(もすくわ)

プロジェクト名:1123「コンドル」型(Project 1123 Kondor)

旧ソ連開発したヘリコプター空母
全通飛行甲板持たず対潜武装主眼であることから、ロシア海軍では対潜巡洋艦(Protivolodochnyy kreyser=PKR)と呼ぶ。
モントルー条約により、ボスポラス海峡・ダータネルス海峡空母通過できないという事情もある。)

本級はヨーロッパ方面活動しているアメリカ・イギリス等の戦略ミサイル潜水艦対抗するために開発(Nevskoye計画と言う)されたものである
1番艦「モスクワ」(1967年)と2番艦「レニングラード」(1968年)がニコライエフ造船所製造された。

この後3番以降建造計画されていたが、財政的な面と、西側戦略潜水艦技術改良進んで搭載する弾道ミサイル射程延びソ連勢力圏下の海域まで進出することがなくなったことから、計画中止されている。
動力通常動力式でタービンエンジン搭載しており、さらに当時ソ連海軍艦艇の中では最大となった
武装設計思想通り対潜攻撃力を入れており、RBU6000・FRAS-1対潜ロケット核爆雷弾頭搭載可)の他、Ka-25ホーモン対潜ヘリコプター通常時14機程、最大18搭載)には450mm対潜魚雷核爆雷搭載できる
このように対潜攻撃能力は高い反面逆に対空攻撃能力低く対艦攻撃能力については殆ど無い。

就役当時北海艦隊バルチック艦隊等に所属し、主にバルト海北海哨戒任務に当っていたが、1973年第四次中東戦争後、中東地域出現している。
現在では全艦が退役し、その任務後継キエフ級受け継がれた。

スペックデータ

艦名モスクワ級対潜巡洋艦
造船所61コムーナ工廠ニコラエフ造船所
全長189.1m
全幅25.9m
飛行甲板34.1m(最大
排水量
基準/満載
14,600t/19,200t
主機蒸気タービン4缶×2基2軸推進出力100,000hp
速力31kt(最大
乗員850名(航空要員含む)
航続距離14,000海里12ノット)/6,000海里18ノット
兵装AK-257 80口径57mm連装機関砲×2
SA-N-3「ゴブレットM-11「シュトールム」)艦対空ミサイル連装発射機×2基(44発)
SUW-N-1(FLAS-1)対潜ミサイル連装発射機×1基(20発)
RBU-6000 12連装対潜ロケット発射機×2br;チャフ連装発射機×2
設備ヘリポート×4基
エレベーター×2
標準搭載機Ka-25またはKa-27対潜ヘリコプター×14
Ka-25早期警戒ヘリコプター×4機

同型艦

番号艦名起工進水竣工退役所属艦隊備考
104モスクワ1962.12.151964.1.141967.12.261996.11.7黒海艦隊1997.
インド解体
107レニングラード1965.1.151968.7.311969.6.21991.6.24黒海艦隊1991.9.
ギリシャ解体
キエフ1968.10.----1968.12.建造中止
1969.廃棄

モスクワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/22 15:36 UTC 版)

モスクワロシア語: Москва [mɐˈskva] ( 音声ファイル) マスクヴァ)は、ロシア連邦首都連邦市として単独で連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市(Город Москва)」となる。


  1. ^ a b 「朝倉世界地理講座 大地と人間の物語10 東ヨーロッパ・ロシア」p255 朝倉書店 2007年1月25日初版1刷
  2. ^ 世界の都市圏人口の順位(2016年4月更新) Demographia 2016年10月29日閲覧。
  3. ^ a b WMO averages”. 2011年1月12日閲覧。
  4. ^ Pogoda & Climate (Weather & Climate)” (Russian). 2011年1月12日閲覧。
  5. ^ a b Climate monitor 2005-2011” (Russian). 2011年1月12日閲覧。
  6. ^ a b Average monthly Sunshine hours” (Russian). Meteoweb.ru. 2011年1月12日閲覧。
  7. ^ VVC info” (Russian). 2011年1月12日閲覧。
  8. ^ モスクワ市の予算 世界中の都市で第2位: The Voice of Russia
  9. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  10. ^ The Cities With The Most Billionaires Forbes 2016年10月28日閲覧。
  11. ^ 「新版 ロシアを知る事典」内「モスクワ」項 平凡社 2004年1月21日発行
  12. ^ 「朝倉世界地理講座 大地と人間の物語10 東ヨーロッパ・ロシア」p244 朝倉書店 2007年1月25日初版1刷
  13. ^ 日経ビジネス電子版. “プーチン大統領の「大祖国戦争パート2」が始まった”. 日経ビジネス電子版. 2023年9月2日閲覧。
  14. ^ モスクワがロックダウンへ ロシア、新型コロナの感染・死者ともに最高に”. Newsweek日本版 (2021年10月29日). 2024年3月22日閲覧。
  15. ^ ロシアの新型ウイルス感染者が23万人突破 世界2位の多さに”. BBCニュース (2020年5月13日). 2024年3月22日閲覧。
  16. ^ ロシア感染止まらず、4万人超 モスクワは部分的にロックダウン”. 毎日新聞. 2024年3月22日閲覧。
  17. ^ https://www.facebook.com/mainichishimbun.+“モスクワで爆発や火災続発、70人以上が死傷 無人機攻撃も続く”. 毎日新聞. 2023年8月10日閲覧。
  18. ^ モスクワで爆発や火災続発、70人以上が死傷 無人機攻撃も続く(毎日新聞)”. Yahoo!ニュース. 2023年8月10日閲覧。
  19. ^ モスクワで爆発や火災続発、70人以上が死傷 無人機攻撃も続く(毎日新聞) - goo ニュース”. news.goo.ne.jp. 2023年8月10日閲覧。
  20. ^ 2月に「モスクワ攻撃」計画 米の自制要請で延期―ウクライナ:時事ドットコム”. 時事ドットコム (2023年4月25日). 2024年3月22日閲覧。
  21. ^ ウクライナ、2月にモスクワ攻撃計画か 米要請で中止”. 日本経済新聞 (2023年4月25日). 2024年3月22日閲覧。
  22. ^ ロシア「プーチン大統領の暗殺狙ったテロ」「クレムリンに無人機攻撃」とウクライナ非難”. 読売新聞オンライン (2023年5月3日). 2023年8月10日閲覧。
  23. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年5月3日). “露大統領府に無人機攻撃 露側はテロと批判”. 産経ニュース. 2023年8月10日閲覧。
  24. ^ 日本放送協会 (2023年5月5日). “クレムリン無人機 ロシア “米指示しウクライナが攻撃”と主張 | NHK”. NHKニュース. 2023年8月10日閲覧。
  25. ^ ロシアでワグネル反乱 南部で交戦、モスクワへ北上か”. 日本経済新聞 (2023年6月24日). 2024年3月22日閲覧。
  26. ^ ロシアでワグネル反乱 軍と交戦、モスクワへ北上か”. 日本経済新聞 (2023年6月25日). 2024年3月22日閲覧。
  27. ^ モスクワ市長 外出控えるよう呼びかけ ワグネル部隊が向かう中 | NHK”. NHK NEWS WEB. 2024年3月22日閲覧。
  28. ^ ワグネル創設者「大統領の要求には屈しない」 ロシア軍と戦闘始まる”. 毎日新聞. 2024年3月22日閲覧。
  29. ^ 「モスクワにドローン攻撃」ロシア国防省 プーチン大統領「停戦できない」”. テレ朝news. 2023年8月10日閲覧。
  30. ^ https://www.facebook.com/mainichishimbun.+“ウクライナ侵攻:ウクライナ侵攻 無人機、露ビルを攻撃 今月4度目 クレムリン西5キロ”. 毎日新聞. 2023年8月10日閲覧。
  31. ^ 攻撃継続中の情報も…ロシアに“最大規模”ドローン攻撃 モスクワで一時全空港閉鎖”. テレ朝news. 2023年9月2日閲覧。
  32. ^ モスクワへ6夜連続の無人機攻撃、主要3空港が一時閉鎖…黒海艦隊にも攻勢”. 読売新聞オンライン (2023年8月26日). 2023年9月2日閲覧。
  33. ^ モスクワ市内 また“ドローン攻撃” ロシア国防省が発表”. TBS NEWS DIG (2023年8月12日). 2023年9月2日閲覧。
  34. ^ モスクワで相次ぐドローン攻撃 “見えない敵” 募る市民の不安”. 毎日新聞. 2023年9月2日閲覧。
  35. ^ ウクライナ ロシアへ「最大規模のドローン攻撃」か”. テレ朝news. 2023年9月2日閲覧。
  36. ^ 攻撃継続中の情報も…ロシアに“最大規模”ドローン攻撃 モスクワで一時全空港閉鎖”. テレ朝news. 2023年9月2日閲覧。
  37. ^ モスクワの空港にもドローン攻撃 - 【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! - 厳選 (ニュース) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMAhttps://abema.tv/video/episode/89-93_s10_p313312024年3月22日閲覧 
  38. ^ ロシア大統領選最終日 空港に攻撃”. Yahoo!ニュース. 2024年3月22日閲覧。
  39. ^ 「現代ロシアを知るための55章」pp98-101 下斗米伸夫・島田博編 明石書店 2002年6月25日初版第1刷
  40. ^ ロシア:メドベージェフ大統領、モスクワのルシコフ市長を解任 ブルームバーグ、2012年6月9日閲覧
  41. ^ http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/gaimuka/shimaiyuukou/sistercitytop.htm 東京都 東京都の姉妹友好都市 2013年2月26日閲覧
  42. ^ Twin Towns”. www.amazingdusseldorf.com. 2009年10月29日閲覧。
  43. ^ Miasta partnerskie Warszawy”. um.warszawa.pl. Biuro Promocji Miasta (2005年5月4日). 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月29日閲覧。
  44. ^ Prague Partner Cities” (Czech). 2009 Magistrát hl. m. Prahy. 2009年7月2日閲覧。
  45. ^ Sister Cities of Manila”. 2008–2009 City Government of Manila. 2009年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月2日閲覧。
  46. ^ Moscow and Rejkjavik sister cities. Archived 2009年1月7日, at the Wayback Machine.. Retrieved on 2008-03-11
  47. ^ Twinning Cities: International Relations” (PDF). Municipality of Tirana. www.tirana.gov.al. 2011年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月23日閲覧。
  48. ^ Twinning Cities: International Relations. Municipality of Tirana. www.tirana.gov.al. Retrieved on 2008-01-25.
  49. ^ Cooperation Internationale” (French). © 2003–2009 City of Tunis Portal. 2008年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月31日閲覧。



モスクワ(1877年 - 1884年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 07:06 UTC 版)

ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事における「モスクワ(1877年 - 1884年)」の解説

1877年にモスクワに戻る。1870年代後半は、ロシアの童話御伽噺ブィリーナ)の挿絵没頭し、「岐路に立つ騎士」(1878年)や「イーゴリ公合戦」(1879年)、「魔法の絨毯」(1880年)、「アリョーヌシカ」(1881年)といった代表作制作された。これらの作品は、発表当時には評価されなかった。急進的な評論家多くは、これらについて、移動派写実主義原理を損うものだとして斥けた。パーヴェル・トレチャコフのような有名な美術通でさえ、これらの購入拒んだほどだった。 ヴァスネツォフ絵画1880年代になると流行乗ったヴァスネツォフ題材宗教的なものに切り替え庇護者サーヴァ・マモントフ所有アブラムツェヴォ芸術家のために一連のイコンを描くようになったからである。

※この「モスクワ(1877年 - 1884年)」の解説は、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の解説の一部です。
「モスクワ(1877年 - 1884年)」を含む「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の記事については、「ヴィクトル・ヴァスネツォフ」の概要を参照ください。


モスクワ(Moscow)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:05 UTC 版)

スマートシティ」の記事における「モスクワ(Moscow)」の解説

モスクワでは、2011年から主要インフラとローカルネットワークの整備行い、スマートソリューションを導入している。過去数年間、モスクワ政府さまざまなプログラム実施し、ITの発展寄与してきた。そこで、情報都市プログラム立ち上げられその後2012年から2018年まで実施された。このプログラム当初の目的は、情報通信技術大規模な導入通じて市民日常生活を安全かつ快適にすることだった。 2018年夏モスクワ市長のセルゲイ・ソビャーニンSergey Sobyanin)は、都市生活あらゆる分野現代技術適用することを目的としたスマートシティ・プロジェクトを発表した。 そして2018年6月には、世界的経営コンサルタント会社マッキンゼーMcKinsey)が、モスクワがスマート技術世界トップ50都市のひとつになった発表したスマートシティ技術医療教育交通市営サービス展開されるようになってきている。この構想は、生活の質を向上させ、都市行政効率化し、情報社会発展させることを目的としている。スマートシティプロジェクト内には300上のデジタルイニシアチブがあり、電子サービスは現在、オンライン多機能センター通じて広く提供されている。また、2012年開始されたモスクワの全市Wi-Fiプロジェクトでは、現在16,000上のWi-Fiインターネットアクセスポイントを提供しており、2021年初頭にはアクセスポイント総数20,500超える予定である。その他、モスクワの電子学校プログラムブロックチェーン利用したアクティブ・シチズン・プロジェクト、スマート交通管理などの取り組みがある。

※この「モスクワ(Moscow)」の解説は、「スマートシティ」の解説の一部です。
「モスクワ(Moscow)」を含む「スマートシティ」の記事については、「スマートシティ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モスクワ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

モスクワ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 14:13 UTC 版)

発音(?)

固有名詞

モスクワ

  1. 東ヨーロッパ都市一つ旧ソ連およびロシア首都

翻訳


「モスクワ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モスクワ」の関連用語

モスクワのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モスクワのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモスクワ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィクトル・ヴァスネツォフ (改訂履歴)、スマートシティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモスクワ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS