竣工とは? わかりやすく解説

しゅん‐こう【×竣工/×竣功】

読み方:しゅんこう

[名](スル)建築工事土木工事終了すること。落成。「新社屋が―する」「―式」


完成

(竣工 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 22:52 UTC 版)

完成(かんせい)とは、事物が出来上がることである。




「完成」の続きの解説一覧

竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 09:01 UTC 版)

ブリタニック (客船・3代)」の記事における「竣工」の解説

ブリタニックは、イギリス造船会社ハーランド・アンド・ウルフによって建造総トン数26,943トン全長217.0m(712フィート)。1929年8月6日進水した後、ホワイト・スター・ライン引き渡された。ホワイト・スター・ライン所有する客船唯一ディーゼルエンジン使用している。尚、姉妹船にジョージック(RMS Georgic)が存在するブリタニック評判良く、特に調度品アール・デコよばれる様式つくられており、極めて豪華だった

※この「竣工」の解説は、「ブリタニック (客船・3代)」の解説の一部です。
「竣工」を含む「ブリタニック (客船・3代)」の記事については、「ブリタニック (客船・3代)」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 00:53 UTC 版)

日本大学理工学部旧1号館」の記事における「竣工」の解説

1928年昭和3年)、日本大学設計により、株式会社工務所が建築した設計において、ポインテッドアーチ・柱の垂直線用いたゴシック様式、及びスカイライン装飾帯の水平線協調したルネサンス様式加味され折衷様式、竣工時の外壁は白タイル

※この「竣工」の解説は、「日本大学理工学部旧1号館」の解説の一部です。
「竣工」を含む「日本大学理工学部旧1号館」の記事については、「日本大学理工学部旧1号館」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 09:22 UTC 版)

第三図南丸」の記事における「竣工」の解説

大阪鐵工所後の日立造船大阪桜島造船所建造され1938年昭和13年9月23日竣工した前年竣工した第二図南丸の同型船で、太平洋戦争前は、主に南極海での捕鯨使われていた。

※この「竣工」の解説は、「第三図南丸」の解説の一部です。
「竣工」を含む「第三図南丸」の記事については、「第三図南丸」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 11:04 UTC 版)

旧加悦町役場庁舎」の記事における「竣工」の解説

2020年令和2年3月19日竣工した総事業費1億1千347千であった国庫補助事業対象であったため、工期中2019年令和元年10月11日文化庁調査官現地確認訪れ、旧議場天井仕様などについて相談協議が行われた。また、2020年令和2年)、2019年平成31年3月ならびに2020年令和2年3月卒業の京都府立宮津高等学校京都府立宮津天橋高等学校建築科3年生当時)が製作した修理前・修理後構造模型それぞれ与謝野町寄贈された。なお、生徒は製作にあたり2019年令和元年10月開催され工事現場現地見学会視察している。 外観 展示室旧町長室)入口 展示室旧町長室) 研修室(旧議場2階廊下

※この「竣工」の解説は、「旧加悦町役場庁舎」の解説の一部です。
「竣工」を含む「旧加悦町役場庁舎」の記事については、「旧加悦町役場庁舎」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 10:04 UTC 版)

西京丸」の記事における「竣工」の解説

1885年激しい競争繰り広げていた郵便汽船三菱会社共同運輸会社合併し日本郵船設立された。新会社といっても、船隊顔ぶれ旧会社2社からそのまま引き継いだものが多く老朽船多数占めた帆船11含まれていた。郵船最初に行ったことは、これら雑多な船隊整理して新造船導入進め、船質改善務めることであった西京丸郵船創立後最初の新造船としてグラスゴーロンドングラスゴー造船所建造された。西京丸1888年6月完成後日本に回航され、同年8月到着し上海航路に就航した後ろ方向にやや傾斜したマスト煙突持ち船橋楼から船尾にかけては遊歩甲板設けられその下に一等船室サロンなどが設けられた。

※この「竣工」の解説は、「西京丸」の解説の一部です。
「竣工」を含む「西京丸」の記事については、「西京丸」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 10:04 UTC 版)

パレスサイドビルディング」の記事における「竣工」の解説

1964年昭和39年7月工事着工し1966年昭和41年9月竣工式が行われた。完成したビル皇居前庭に、ビル周囲首都高速都心環状線走り地下にはこの年開通した営団地下鉄東西線竹橋駅入った地上九階地下六階建て。ビル左右に二十台のエレベーター入った巨大な円筒形タワーあしらうなど、デザイン面で最先端を行く意匠凝らしその外観のスマートさ大手町ビル群と比べるとひときわ目立つ存在となった。竣工を受け、毎日新聞スポーツニッポン新聞東京本社並びリーダイ日本支社がここに本社機能移した。リーダイは1985年昭和60年)に日本法人清算解散スポニチ東京本社1988年昭和63年)に江東区越中島新社屋STビル移転編集機能集約している。 有楽町父祖伝来土地売って七十億からの資金ひねり出し、さらに新社屋所有権まで手放して建設費負担軽くしてパレスサイドビル建設したにもかかわらず毎日借入金膨張続けパレスサイドビル完成した1966年昭和41年)の段階で百七十四億円にのぼった借入金総額は、1968年昭和43年)には二百十六億円とついに二百億円のハードル大きく突破こののち借入金増え続き経営難となった毎日は、新旧分離断行し再建を図ることになる。

※この「竣工」の解説は、「パレスサイドビルディング」の解説の一部です。
「竣工」を含む「パレスサイドビルディング」の記事については、「パレスサイドビルディング」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 14:43 UTC 版)

東京医科歯科大学2号館」の記事における「竣工」の解説

1935年昭和10年7月19日竣工した東京医科歯科大学旧本館1945年昭和20年3月10日東京大空襲時に木造付属医院等はすべて焼失したが、旧本館(現2号館)は消失逃れた

※この「竣工」の解説は、「東京医科歯科大学2号館」の解説の一部です。
「竣工」を含む「東京医科歯科大学2号館」の記事については、「東京医科歯科大学2号館」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:56 UTC 版)

岡山電気軌道9200形電車」の記事における「竣工」の解説

第2編成2011年平成23年10月4日東山車庫搬入された。車両の竣工は同年10月15日付。同日東山車庫において出発式があり、JR西日本岡山支社岡山電気軌道共同開催した「鉄道の日イベント目玉として営業運転開始した車両価格は2億8千万円国土交通省地域公共交通バリア解消促進事業適用を受けている。

※この「竣工」の解説は、「岡山電気軌道9200形電車」の解説の一部です。
「竣工」を含む「岡山電気軌道9200形電車」の記事については、「岡山電気軌道9200形電車」の概要を参照ください。


竣工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 20:41 UTC 版)

原爆ドーム」の記事における「竣工」の解説

1915年大正4年4月5日に竣工、同年8月5日開館した設計チェコ人建築家ヤン・レッツェル工事施工田組請け負ったドーム先端までの高さは約25メートルあり、ネオ・バロック的な骨格ゼツェシオン風の細部装飾を持つ混成様式建物であったレッツェル起用は、当時寺田祐之県知事によるものであり、寺田前職宮城県知事時代レッツェル設計した松島パークホテル見て彼に物産陳列館設計任せることを決めたといわれる。さらに同じころ、レッツェル宮島ホテル1917年竣工。現存せず)の設計手がけている。設計料は4,575円。当時広島市土地坪当たり24銭から4円で、石工日当90銭から1円10銭、新橋 - 広島間の汽車運賃三等車5円17銭、一等車でも1333であった

※この「竣工」の解説は、「原爆ドーム」の解説の一部です。
「竣工」を含む「原爆ドーム」の記事については、「原爆ドーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「竣工」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

竣工

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 10:40 UTC 版)

名詞

しゅんこう

別表記

竣功

類義語

完工, 落成, 完成

対義語

起工, 着工

熟語

竣工式

翻訳


「竣工」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竣工」の関連用語

竣工のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竣工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの完成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブリタニック (客船・3代) (改訂履歴)、日本大学理工学部旧1号館 (改訂履歴)、第三図南丸 (改訂履歴)、旧加悦町役場庁舎 (改訂履歴)、西京丸 (改訂履歴)、パレスサイドビルディング (改訂履歴)、東京医科歯科大学2号館 (改訂履歴)、岡山電気軌道9200形電車 (改訂履歴)、原爆ドーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの竣工 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS