ディーゼルエンジンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > ディーゼルエンジン > ディーゼルエンジンの意味・解説 

ディーゼル‐エンジン【diesel engine】

読み方:でぃーぜるえんじん

ディーゼル機関


ディーゼルエンジン

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 10:34 UTC 版)

ディーゼルエンジン: Diesel engine)は、ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した往復ピストンエンジンレシプロエンジン)である。1892年に発明され、1893年2月23日に特許が取得された。


注釈

  1. ^ ディーゼルは微粉炭を含むさまざまな燃料の使用を計画したが、粉末燃料の使用には成功しなかった。1900年パリ万国博覧会ではピーナッツ油での運転を実演した(バイオディーゼルを参照)。
  2. ^ フライホイールのリングギア上の何箇所かが、いつもスターターモーターのピニオンギアの位置に来る→偏磨耗の原因
  3. ^ ディーゼルエンジンはスロットルバルブによる回転数(出力)制御ではないものの、アイドル時や低回転域の吸気騒音を抑えるため、コンバインドガバナーのように負圧を必要とする調速機のため、アクセル全閉時に酸素過多となって発生するNOxを抑える為等に、吸気管にバタフライバルブを備えているものがある。この場合、一般的に言われる「ディーゼルエンジンの吸気系は負圧にならない」は当てはまらない。
  4. ^ この方式を初めて実用化したエンジンがマツダSKYACTIV-Xである。
  5. ^ ディーゼルサイクルとオットーサイクルの性質を併せ持つことから、メルセデス・ベンツが名付けた造語
  6. ^ ただし、シリンダーブロック燃料タンクに直撃弾を受けた場合、ガソリンエンジンに比べ爆発の危険は少ないが、炎上する可能性はそれほど変わらない
  7. ^ 農業機械では主に耕運機トラクターコンバインや6条植以上の乗用田植機などがある。
  8. ^ BTL燃料は、生産過程と消費過程でのCO2の量が等しいことから、カーボンニュートラルとみなされ、京都議定書の目標達成には非常に有効となる。葉や茎など、植物全体を原材料としたセルロースから作られるBTL燃料は、植物の種子から得られるデンプンを元にした植物油燃料(BDF/バイオ ディーゼル フューエル、SVO/ストレート ヴェジタブル オイル)に比べ、植物の質量あたりのエネルギー量は2倍、同じ耕地面積から得られる収穫量は10倍以上と言われる。雑草などを原料にできるため、食物価格の高騰や、水不足の問題を解決する一助ともなる
  9. ^
    圧気発火器による発火実験の観察

    冷凍機の発明で著名であったカール・フォン・リンデは、マレーシアペナン島での講演に招かれたときに土産として圧気発火器を譲り受け、ドイツへ帰国した[55]。1877年頃、リンデがミュンヘン工業学校での帰朝講演で、この圧気発火器を実演して、葉巻に火をつけた[56][55]。ルドルフ・ディーゼルは、この講演を聴講していた[56]。ディーゼルは「この体験は、高圧内燃機関を発明するのに、もっとも大きな刺激となったもののひとつだった」と回顧している[56]

出典

  1. ^ 第2章 高圧化の液滴および液滴列燃焼 東北大学 小林秀昭
  2. ^ a b 山口卓也、高過給ディーゼル機関における予混合圧縮着火燃焼の研究 学位論文.大分大学工学研究科 2010年
  3. ^ マツダ「スカイアクティブD」の技術/低圧縮のデメリットを克服
  4. ^ 舶用大型2サイクル低速ディーゼル機関の技術系統化調査 田山経二郎
  5. ^ a b c 杉本和俊著 『ディーゼル自動車がよくわかる本』 山海堂 2006年7月24日初版第1刷発行 ISBN 4381077709
  6. ^ HCCI(予混合圧縮着火) 日産自動車>将来技術/取り組み
  7. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 表2-2 発熱量およびCO2排出原単位
  8. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図4-6 単位走行距離あたりのエネルギー消費量(JC08モード)
  9. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図4-4 単位走行距離あたりのエネルギー消費量(10・15モード)
  10. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図5-3 標準ケースにおけるWtWエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX;JC08モード)
  11. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図5-1 標準ケースにおけるWtWエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX;10・15モード)
  12. ^ 総合効率とGHG排出の分析報告書 平成23年3月 日本自動車研究所 図3-14標準ケースにおけるWtTエネルギー消費量・CO2排出量(J-MIX)/表3-20 国内大規模プロセス(その1)
  13. ^ 労働災害事例 タイヤローラーをトラックに積込み中、突然動きだしたローラーに挟まれる - 厚生労働省 職場のあんぜんサイト
  14. ^ 映像 - YouTube - backwards running diesel
  15. ^ Reversing gears of a marine diesel engine - Machinery Spaces.com
  16. ^ Reversing Of Marine Engines - Bright Hub Engineering
  17. ^ MARINE ENGINES - splashmaritime.com.au
  18. ^ CLUTCHES AND REVERSE GEARS - Integrated Publishing
  19. ^ Operational Information Lost Motion - marinediesels.info
  20. ^ Wellington, B.F.; Alan F. Asmus (1995). Diesel Engines and Fuel Systems. Longman Australia. ISBN 0-582-90987-2 
  21. ^ a b c FIE system; diesel fuel system; boat fuel system”. Tb-training.co.uk. 2012年6月22日閲覧。
  22. ^ Intake air matters”. www.primempg.com. 2015年6月7日閲覧。
  23. ^ Launer, Donald; William G. Seifert; Daniel Spurr (2007). Lessons from My Good Old Boat. Sheridan House, Inc.. pp. 161–162. ISBN 1-57409-250-2 
  24. ^ What is runaway? - carthrottle.com
  25. ^ Here’s How You Quickly Stop a Runaway Diesel - autoevolution.com、2014年10月3日。
  26. ^ アメリカ海軍艦船局英語版『Diesel Engine Maintenance Training Manual』、2015年1月15日、115-117頁。
  27. ^ A General Electric ES44AC locomotive in the process of a runaway
  28. ^ ポール・デンプシー『Troubleshooting and Repairing of Diesel Engines 第4版』、マグロウヒル・エデュケーション、2007年11月5日、110頁。
  29. ^ 暴走は製造上の欠陥 三菱自工が7800台リコール - しんぶん赤旗、2003年7月6日。
  30. ^ Controlling Runaway Diesel Engines - pumpsandsystems.com、2012年5月2日。
  31. ^ 帝国海軍潜水艦伝習所 - Warbirds
  32. ^ Stinson model SM-IDX "Detroiter," registration number X7654
  33. ^ Dair
  34. ^ http://www.flightglobal.com/news/articles/thielert-gains-diesel-engine-certification-131821/
  35. ^ http://www.dglr.de/literatur/publikationen/kolbentriebwerke/TAE_AERO2003.pdf
  36. ^ ILA: EADS unveils hybrid eco-helicopter concept - 6/7/2010 - Flight Global 2015年5月5日閲覧
  37. ^ one of four concepts
  38. ^ NASA’s electric vertical-takeoff airplane takes first flight, aims to eventually replace the helicopter | ExtremeTech 2015年5月5日閲覧
  39. ^ a b Airbus Helicopters starts flight tests with high-compression engine for cleaner, more efficient and higher-performance rotorcraft
  40. ^ セスナ172P | Alpha Aviation
  41. ^ セスナ172型ディーゼル・エンジン搭載機耐空検査に合格 | Alpha Aviation
  42. ^ ジャプコン、日本初セスナ・ターボ・スカイホークJT-A 5機を海上保安庁に納入|新着情報|株式会社ジャプコン - JAPCON”. 株式会社ジャプコン - JAPCON. 2021年7月30日閲覧。
  43. ^ IARC: DIESEL ENGINE EXHAUST CARCINOGENIC (PDF)”. the International Agency for Research on Cancer (2012年6月12日). 2015年10月6日閲覧。
  44. ^ IARC:ディーゼルエンジン排ガスの発がん性”. 中央労働災害防止協会 (2012年7月23日). 2015年10月6日閲覧。
  45. ^ [1] (PDF)
  46. ^ a b 欧州における極低排出で効率的な舶用エンジンに関する開発動向調査 2012年3月 社団法人 日本舶用工業会 財団法人 日本船舶技術研究協会
  47. ^ 三菱UE大形2サイクルディーゼル機関新シリーズの開発 三菱重工技報 Vol.38 No.4 (2001-7)
  48. ^ ツネイシクラフト&ファシリティーズ 世界初となる水素燃料フェリーを竣工” (日本語). 常石グループポータルサイト. 2021年7月29日閲覧。
  49. ^ 日本放送協会. “水素で船が動くんだって”. NHKニュース. 2021年7月29日閲覧。
  50. ^ 石井彰著 『天然ガスが日本を救う』 日経BP社 2008年9月10日初版発行 ISBN 9784822247027
  51. ^ マイクロ・エナジー. “B.T.L 石油代替燃料の製造システム”. 2010年4月22日閲覧。
  52. ^ a b The Akroyd Oil Engine”. Ray Hooley's—Ruston-Hornsby—Engine Pages. 2007年7月29日閲覧。
  53. ^ Ransome-Wallis, Patrick (2001). Illustrated Encyclopedia of World Railway Locomotives. Courier Dover Publications. p. 28. ISBN 0-486-41247-4 
  54. ^ Who invented Diesel Engine?”. 2012年12月17日閲覧。
  55. ^ a b 関西大学博物館紀要 2003, p. 86.
  56. ^ a b c ニーダム、東と西の学者と工匠(上) 1974, p. 276.
  57. ^ Sir Harry Ricardo



ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 10:03 UTC 版)

船舶工学」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べれば重くかさばるが、燃料には低品質廉価ながら引火リスク小さく高カロリー重油軽油使用できるため船舶用エンジンとしては最も代表的なものである。ディーゼルエンジンの原理により高圧力に耐えるだけの重く分厚いエンジン・ブロックが必要となり重く場所を取るだけでなく、ピストンシリンダーサイズ比例して燃焼時の騒音振動抑制することはかなり困難となっている。出力増大のために過給器インタークーラー補機として備わっているのが普通である始動時には、あらかじめ電動ポンプによって蓄えられ起動圧搾空気タンクからの高圧空気シリンダー内に抽気してピストン動かす。また、後進時にはギヤーではなくエンジン逆回転させる。 船舶用いられているディーゼルエンジンもいくつかの種類分けられる低速回転ディーゼル・エンジン 300回転/分以下で回転するものと分類される低速回転ディーゼルエンジンは、一般に巨大であり大直径長尺シリンダー複数備えている2サイクルのものが多く4サイクルに比べ圧縮比を少し下げることで燃焼時のガス圧を下げてエンジン・ブロックの厚みを軽減している。 水中での物理考えれば大きな翼面を持つプロペラ低速で回した方がエネルギー効率良いその点低速回転エンジンでは減速歯車不要でプロペラ・シャフト直結できるため、重量保守故障騒音振動などの面で有利であるが、エンジン本体重量その大きさ帳消しにしており歯車なければ1本プロペラ・シャフト1台エンジンしか接続出来ないという制約生じる。 回転数も100-300回転/分程度のものが多く使われており、シリンダー当り3,000馬力以上の出力のもので75-110回転/分シリンダー当り1,000馬力程度のもので150-180回転/分となっている。 このためタンカーコンテナ船などの大きく比較速度も遅い船は大きく低速回転のディーゼルエンジンを搭載している。気筒(ピストン・シリンダー)のロングストローク化が進んでいるが、これはさらに機関室の高さを求められることにもなる。 中速回転ディーゼルエンジン 中速回転ディーゼルエンジン300-1,000回転/分分類上の回転数だが、実際は380-600回転/分のものが多い。4サイクルのものが多く圧縮比高められるので燃料消費少なくて済む。減速歯車ギヤー)を備えるために、エンジン回転数プロペラ特性に最も適した設定選べるので燃費向上しまた、複数エンジン1本プロペラシャフト接続できるため、エンジン選択の幅広がる減速歯車を持つディーゼルエンジンをギヤードディーゼルと呼び複数エンジン1本プロペラシャフト接続したものはマルチプル・エンジンと呼ばれる複数エンジン接続するためにそれぞれにクラッチ備える。また、エンジンクラッチ間に弾性継手介することによってエンジンからの回転変動によって歯車傷むのを防いでいる。 こういった中速回転のものは機関室の高さが抑えられるので、カーフェリーRORO船に向く。 高速回転ディーゼルエンジン 高速客船小型の漁船プレジャーボートなどではディーゼル・エンジンを使用していても1,000-2,000回転/分程度高速回転コンパクトなエンジン使用しており燃料軽油使用する4サイクルのものが多い。 船舶用ディーゼルエンジンでも2サイクルのもののほとんどは排気用のポペット・バルブシリンダーの上に持ち掃気一方向にして掃気性能高めたユニフロー掃気方式」をとっている。排気ポペット・バルブ駆動一般に油圧空気ばね使われている。 低速回転域での効率優先しているため、ピストンストロークボア比率が3前後の超ロングストロークになっている長いストロークそのままクランク受けずに、ピストンコンロッド中間に側圧受け止める潤滑部のあるクロスヘッド機構持ちコンロッド長さ抑えている。超ロング・ストロークのピストン・シリンダーとクロスヘッド機構のためにエンジンの背は高くなる

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「船舶工学」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「船舶工学」の記事については、「船舶工学」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 04:23 UTC 版)

圧縮比」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

点火プラグ用いない圧縮点火機関であるディーゼルエンジンは圧縮上死点にて燃焼室噴射ポンプ用いて直接燃料噴射し、圧縮によって得られる高温によって着火させるため、ガソリンエンジン限界とされる圧縮比 14:1 を大きく超えることが普通である。 ディーゼルエンジンの適切な圧縮比燃料噴射方式シリンダーヘッドの副燃焼室形状、ピストンキャビティ(主燃焼室)形状など依存するため、旧式の燃焼室エンジンでも 20:122:1 前後コモンレール式登場以前直接噴射式エンジンでは 18:1 から 20:1 前後圧縮比採用されることが一般的であったターボエンジンでも、ガソリンエンジン違い過早着火心配がないため、圧縮比下げる必要がなく、高圧過給による熱効率の向上が可能である(ただし構造物強度上の過給圧限界はある)。 ただし、現在ではエンジン自体軽量化排気ガス性能の向上のため、圧縮比下げ傾向があるマツダSKYACTIV-Dには圧縮比 14:1 のものも存在する

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「圧縮比」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「圧縮比」の記事については、「圧縮比」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 08:17 UTC 版)

U型エンジン」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

U型エンジンレイアウトを持つディーゼルエンジンは、古く大型ディーゼルエンジンメーカーであるスルザーブラックストーンによって製作されていた。船舶用ツインバンクディーゼルエンジンはアメリカ合衆国特許第4,167,857号として登録されているが、現在までこの形式エンジン船舶実際に使用され記録残っていない。 スルザーはこの形式エンジン鉄道用途向けに多数設計しLDシリーズエンジンとして1930年代から50年以上に渡って販売されるロングセラーエンジンとなっていた。LDエンジン用途に応じて幾つかのシリンダーサイズが用意され19(ボア 190mm)、22(ボア 220mm)、25(ボア 250mm)、28(ボア 280mm)、31(ボア 310mm)等の型式番号与えられているLDシリーズとその改良型LDAシリーズ6気筒8気筒または12気筒U型レイアウト採用しイギリスブルガリア中国フランスポーランドルーマニア等の多数の国の機関車採用された。特にイギリスではイギリス国鉄にて2000-2999馬力級のType4形式機関車(Class 44Class 45Class 46Class 47等)に多数採用されている。 しかし、スルザー1990年頃鉄道用途向けエンジン生産から撤退し現在ではこのエンジンの系譜途絶えてしまっている。

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「U型エンジン」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「U型エンジン」の記事については、「U型エンジン」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 19:41 UTC 版)

リーンバーン」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

全てのディーゼルエンジンは全体に関して希薄燃焼していると見なすことができる。しかしながら燃料および空気燃焼前によく混合されない。燃焼ほとんどは燃料小滴周辺の濃い領域起こる。局所的に濃い燃焼粒子状物質PM排出原因である

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「リーンバーン」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「リーンバーン」の記事については、「リーンバーン」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:26 UTC 版)

デコンプレッション機構」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

自動車用のディーゼルエンジンのうち、古い予燃焼式エンジンデコンプ機構備えたものがあった。ディーゼルエンジンは圧縮比が高い一方昔のセルモータースターターモーター)やバッテリー性能低かったため、セルモーター負荷軽減するためにデコンプ機構用いられた。また、ディーゼルエンジンはイグニッションスイッチ切って回り続け場合があり、デコンプ機構によって圧縮を抜くことで燃焼止めてエンジン停止させていた。 耕耘機等に用いられているセルモーター持たない小型の汎用ディーゼルエンジンでは、人力での容易な始動可能にするために、デコンプ機構作動させながら始動用クランクハンドルを回してフライホイール十分な慣性モーメント与えたデコンプ機構オフにするという方法用いられている。 旧日本軍戦車等で広く用いられ空冷ディーゼルエンジンは、様々な構造デコンプ機構備えることで始動電動機のみでの始動を可能としていた。(慣性始動装置始動時間が掛かるため)九五式軽戦車などで用いられた14.3L直列6気筒では、排気弁プッシュロッド作動制限することでデコンプ機構が各気筒独立して作動させられるようになっており、始動際に初めに気筒デコンプ機構開いて始動電動機回転開始し十分に回転速度上がったところで3番・4番気筒デコンプ機構閉じて部分的に点火行程を開始し最後に気筒デコンプ機構閉じ2段操作始動操作完了する仕組みであり、寒冷地などの条件下ではセルモーターを2機搭載して始動トルク段階的に強化できる工夫行われていた。九七式中戦車用いられた21.7L、4弁V型8気筒では、排気弁カムシャフト軸方向スライドさせる事で減圧カムへと切り替える手動式可変バルブ機構デコンプ機構実現しており、九五式の直6、九七式V8共に予熱栓や吸気予熱装置英語版)を持たない設計ありながら諸外国戦車比較して良好な始動性を実現していた。一式中戦車以降採用された統制一〇〇式V型12気筒では減圧カム吸気弁側に作用する方式となり、予熱栓を併用する事で始動電動機のみでの始動実現していたが、鉛蓄電池性能低下極寒冷下などの要因により始動電動機のみでは十分な始動トルク得られない場合には、始動用クランクハンドルによる手動回転併用された。統制型のうち民生向け水冷機関ではデコンプレバーの操作によりロッカーアーム強制的に押し下げられるよりシンプルな構造用いられた。

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「デコンプレッション機構」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「デコンプレッション機構」の記事については、「デコンプレッション機構」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 08:28 UTC 版)

オートバイ用エンジン」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

詳細は「ディーゼルオートバイ」および「en:Diesel motorcycleを参照 ディーゼルエンジンは重量が同排気量ガソリンエンジンに比べ大きくなりがちで、最高回転速度低くなる欠点があり、オートバイ用エンジンとして採用された例は少ない。しかし、低回転域のトルク強く燃費良い事か比較古くから研究が行われてきた。インド本拠を置く ロイヤルエンフィールド1965年にディーゼルエンジンを搭載したオートバイ登場させた。近年では2006年11月オランダのE.V.A.社がダイムラー・クライスラー製800cc3気筒ディーゼルエンジンを搭載したTrack T-800CDIを発表している他、ドイツのネアンダーが1400ccディーゼルターボエンジンのNeander 1400 TurboDieselの開発2005年以降続けている。 軍事用としては内燃機関燃料全て軽油由来燃料統一でき、補給面で機材簡略化と、攻撃受けた際の火災リスク低く抑えられることから研究積極的に行われており、Hayes Diversified Technologies M1030 M1のように制式採用にこぎ着けたモデル存在する

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「オートバイ用エンジン」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「オートバイ用エンジン」の記事については、「オートバイ用エンジン」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 05:18 UTC 版)

ターンフロー」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

ディーゼルエンジンはガソリンエンジン異なりシリンダー内部に燃焼室渦流室などが配置されピストン側に窪み設けキャビティ構造によって燃焼室形成される基本的に吸気ポートからは空気しか流れ込まず、予燃焼室キャビティによって強力な乱流発生する為に吸気ポート形状による混合気への悪影響ガソリンエンジンよりも小さい。また、最高回転数ガソリンエンジン比較して低い事から、高回転域の吸排特性悪化それほど考慮する必要もかつては低かったその為排ガス規制強化される近年までは比較廉価なディーゼルエンジンにはターンフローヘッドが採用される事が多く低回特性さらなる強化目的としたディーゼルターボエンジンにおいてはインタークーラー設けずにターンフローレイアウトでターボラグ最小限抑える工夫がされる事も多かった

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「ターンフロー」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「ターンフロー」の記事については、「ターンフロー」の概要を参照ください。


ディーゼルエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:53 UTC 版)

スズキ・エンジン一覧」の記事における「ディーゼルエンジン」の解説

スズキ近年まで自社製自動車向けディーゼルエンジンを保有しておらず、専ら他社からのOEM供給頼っていたが、2011年9月12日フォルクスワーゲンとの提携解消契機に自社開発開始しているとされるスズキ・E型 エンジンE08A — 0.8 L (793 cc) 直列2気筒スズキ自社製としての初めての新型ディーゼルエンジンとして海外市場登場2気筒である事も特徴となる。スズキ・セレリオ スズキ・スーパーキャリイ海外市場向け) E15A — 1.5 L (1,498 cc) 直列4気筒より大きな車輌への搭載静粛性快適性の向上を狙ったモデル同社製ディーゼルエンジンとしては初めての4気筒ディーゼルエンジンとなる。スズキ・シアズ スズキ・エルティガ OEMエンジンについて下記の目にその一例を示す

※この「ディーゼルエンジン」の解説は、「スズキ・エンジン一覧」の解説の一部です。
「ディーゼルエンジン」を含む「スズキ・エンジン一覧」の記事については、「スズキ・エンジン一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ディーゼルエンジン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ディーゼルエンジン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ディーゼルエンジンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ディーゼルエンジンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディーゼルエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディーゼルエンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの船舶工学 (改訂履歴)、圧縮比 (改訂履歴)、U型エンジン (改訂履歴)、リーンバーン (改訂履歴)、デコンプレッション機構 (改訂履歴)、オートバイ用エンジン (改訂履歴)、ターンフロー (改訂履歴)、スズキ・エンジン一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS