クロスレシオトランスミッションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クロスレシオトランスミッションの意味・解説 

クロスレシオトランスミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/21 03:13 UTC 版)

クロスレシオトランスミッション: Close-ratio transmission)とは自動車などのトランスミッションのうち、それぞれのギアのギア比の差が比較的近いものを指す。ギア比の差がどの程度まで近いものを指すかについては明確な基準はなく相対的な表現である。日本語ではクロスミッションと略称されることが多く、「クロス」をより英語の発音に近く「クロース」(klóʊs または klˈəʊs)とする場合もある。対義語として、ギア比の差が比較的離れたものはワイドレシオトランスミッション: Wide-ratio transmission)と呼ばれる。






「クロスレシオトランスミッション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロスレシオトランスミッション」の関連用語

クロスレシオトランスミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クロスレシオトランスミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロスレシオトランスミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS