Weblioとは? わかりやすく解説

weblio

別表記:ウェブリオ

「weblio」とは・「weblio」の意味

「weblio」は、インターネット上で利用できる辞書百科事典サービスである。英語から日本語日本語から英語の翻訳機能や、日本語類義語・対義語検索機能など、さまざまな言語学習に役立つ機能提供している。また、専門用語固有名詞に関する情報充実しており、幅広い分野知識を得ることができる。

「weblio」の発音・読み方

「weblio」の発音は、IPA表記では /ˈwɛblioʊ/ であり、IPAカタカナ読みでは「ウェブリオウ」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ウェブリオ」と読むことが一般的である。

「weblio」の定義を英語で解説

Weblio is an online dictionary and encyclopedia service that provides various language learning features such as English-Japanese, Japanese-English translation, and Japanese synonym-antonym search. It also offers extensive information on specialized terms and proper nouns, allowing users to acquire knowledge in a wide range of fields.

「weblio」の類語

「weblio」と同様のオンライン辞書百科事典サービスには、以下のようなものがある。

Wikipedia

ウィキペディアは、インターネット上で利用できる無料百科事典で、誰でも編集可能な特徴がある。多言語情報提供されており、幅広い知識を得ることができる。

Wiktionary

ウィクショナリーは、ウィキペディア同じく誰でも編集可能な無料オンライン辞書である。多言語単語の意味語源発音などが提供されている。

「weblio」に関連する用語・表現

オンライン辞書

インターネット利用して検索閲覧ができる辞書のことで、weblioもその一例である。オンライン辞書は、紙の辞書比べて検索速度速く情報更新も容易である。

翻訳機能

異な言語間で文章単語変換する機能のこと。weblioでは、英語と日本語の翻訳機能提供されている。

「weblio」の例文

1. I found the definition of the word on Weblio.(weblioでその単語の意味調べた) 2. Weblio is a useful tool for learning English.(weblioは英語学習に役立つツールである) 3. I often use Weblio to check the pronunciation of English words.(英単語発音確認するために、よくweblioを使う) 4. Weblio provides not only dictionary functions but also encyclopedia information.(weblioは辞書機能だけでなく、百科事典情報提供している) 5. I found a detailed explanation of the term on Weblio.(weblioでその用語に関する詳しい説明見つけた) 6. Weblio is helpful for understanding specialized terms in various fields.(weblioは様々な分野専門用語理解するのに役立つ) 7. I use Weblio to find synonyms and antonyms of Japanese words.(日本語類義語対義語調べるために、weblioを使う) 8. Weblio offers a convenient translation feature for English and Japanese.(weblioは英語と日本語便利な翻訳機能を提供している) 9. I found an interesting article related to the topic on Weblio.(weblioでそのトピック関連する興味深い記事見つけた) 10. Weblio is a comprehensive online resource for language learning and knowledge acquisition.(weblioは言語学習知識習得に役立つ包括的なオンラインリソースである)

Weblio

Webサービスのほかの用語一覧
各種Webサービス:  Vector  Webzine  Webパブリッシング  Weblio  WikiLeaks  WikiWikiWeb  ユースウェア

weblio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/10 22:00 UTC 版)

weblio(ウェブリオ)は、東京都に本社を置くGRASグループ株式会社(旧社名はウェブリオ株式会社)が運営する、日本語圏向けの統合型オンライン百科事典サイト。550以上の様々な辞書事典・用語集などを対象に一括検索を実行し、結果を返すサービスを展開している。


  1. ^ a b Weblio辞書”. GRASグループ株式会社. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c オンライン百科事典「Weblio:ウェブリオ」のベータ版をオープン』(プレスリリース)株式会社デルフォイ、2005年12月12日http://www.weblio.jp/company/pr/20051212.jsp2008年1月28日閲覧 
  3. ^ a b c オンライン百科事典「Weblio:ウェブリオ」を正式オープン』(プレスリリース)株式会社デルフォイ、2006年1月25日http://www.weblio.jp/company/pr/20060125.jsp2008年1月28日閲覧 
  4. ^ “今を懸命に生きよう 「ウェブリオ」の辻村さん、母校で講演”. 秋田魁新報. (2018年11月10日). https://www.sakigake.jp/news/article/20181110AK0005/ 
  5. ^ 大塚 みさ 学生の辞書利用の実態についての小調査6 ―外来語とスマートフォン― (2018)
  6. ^ Weblio ウィキペディア小見出し辞書”. ウェブリオ株式会社. 2019年9月4日閲覧。
  7. ^ a b c GRASグループ株式会社 決算公告
  8. ^ 大森敏行 (2007年3月26日). “月間1000万ビュー近くのアクセスを自社内の40~50台の中古パソコンでさばくWeblioのシステム”. ITPro. https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20070326/266293/ 2008年1月28日閲覧。 
  9. ^ 株式会社デルフォイは、社名を「ウェブリオ株式会社」へと変更いたしました』(プレスリリース)ウェブリオ株式会社、2006年5月15日http://www.weblio.jp/company/pr/20060515.jsp2008年1月28日閲覧 
  10. ^ ウェブリオ株式会社 第三者割当増資のお知らせ』(プレスリリース)ウェブリオ株式会社、2007年8月22日http://www.weblio.jp/company/pr/20070822.jsp2008年1月28日閲覧 
  11. ^ Weblio登録辞書数が合計で500に』(プレスリリース)ウェブリオ株式会社、2008年12月8日http://www.weblio.jp/company/pr/20081208.jsp2008年1月28日閲覧 
  12. ^ ウェブリオ簡単紹介”. ウェブリオ株式会社. 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月16日閲覧。
  13. ^ 社名変更のお知らせ』(プレスリリース)GRAS Group, Inc.https://www.weblio-inc.jp/2021/03/01/gras-group/ 


「weblio」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Weblio」の関連用語

Weblioのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Weblioのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWeblioの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのweblio (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS