Englishとは? わかりやすく解説

english

別表記:イングリッシュ

「english」の意味

「english」とは、英語のことを指す言葉である。英語は、イギリスはじめとする英語圏国々使用される言語であり、世界中で広く学ばれている。国際的なコミュニケーションビジネス学術研究などの分野共通語として機能しており、多く人々にとって重要なスキルとなっている。

「english」の発音・読み方

「english」の発音は、/ˈɪŋɡlɪʃ/であり、IPAカタカナ読みでは「イングリッシュ」となる。日本人発音するカタカナ英語では、「イングリッシュ」と読むことが一般的である。

「english」の定義を英語で解説

英語で「english」の定義を説明すると、""English is a West Germanic language that was first spoken in early medieval England and eventually became a global lingua franca.""となる。これは、「英語は、初め中世初期イングランド話され西ゲルマン語であり、最終的に世界共通語となった」という意味である。

「english」の類語

「english」の類語としては、「英語」を意味する言葉挙げられる例えば、""British English""(イギリス英語)、""American English""(アメリカ英語)、""Australian English""(オーストラリア英語)など、英語圏の国や地域ごとに異なる英語のバリエーション存在する

「english」に関連する用語・表現

「english」に関連する用語表現には、""English language""(英語)、""English literature""(英文学)、""English-speaking countries""(英語圏国々)、""English as a second language""(第二言語としての英語)などがある。これらの用語や表現は、英語に関する様々な文脈使用される

「english」の例文

1. I'm studying English at school.(学校で英語を勉強している。)
2. She speaks English fluently.(彼女は英語を流暢に話す。)
3. English is widely spoken around the world.(英語は世界中で広く話されている。)
4. The English test was difficult.(英語のテスト難しかった。)
5. He teaches English at a language school.(彼は語学学校で英語を教えている。)
6. I'm reading an English novel.(英語の小説読んでいる。)
7. She is majoring in English literature at university.(彼女は大学英文学専攻している。)
8. They are traveling to an English-speaking country.(彼らは英語圏の国に旅行している。)
9. I want to improve my English skills.(英語力を向上させたい。)
10. He is taking an English conversation class.(彼は英会話クラス受けている。)

イングリッシュ【English】

読み方:いんぐりっしゅ

英語。

英国人

多く複合語の形で用い英国の、英国人の、英語の、の意を表す。「—マフィン


イングリッシュ

読み方いんぐりっしゅ
【英】:English

英語(English)とスペルが全く同じだが、ジャグラー会話出てきたときはボールなどにかけるスピンのことを指していることが多い。

スピン参照する事。


English

名前 イングリッシュ; イングリシュ

英語

(English から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/22 14:49 UTC 版)

英語(えいご、英: English 発音: ['ɪŋɡlɪʃ] イングリッシュ: anglica)とは、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群アングロ・フリジア語群に属し、イギリスイングランド地方を発祥とする言語である。


注釈

  1. ^ ミットフォード貝原好古『諺艸』の他、佐倉惣五郎を描いた悲劇『東山桜荘子』なども英訳した。

出典

  1. ^ English”. エスノローグ26版 (2023年). 2023年11月29日閲覧。
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “英語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/stan1293 
  3. ^ 例えば、青木輔清 編『英吉利語学便覧 初編』(明治5年刊)など。
  4. ^ kotobank「米語」(kotobank)
  5. ^ 「英語の歴史」p97-100 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  6. ^ 「言語世界地図」p197-199 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  7. ^ 「英語の歴史」p137 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  8. ^ 「世界の英語ができるまで」p239-241 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  9. ^ 「世界の英語ができるまで」p247-249 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  10. ^ 「英語の歴史」p146 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  11. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p81 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  12. ^ 「英語の歴史」p24-25 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  13. ^ 「英語の歴史」p38 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  14. ^ 「世界の英語ができるまで」p20-21 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  15. ^ 「世界の英語ができるまで」p24-26 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  16. ^ 「世界の英語ができるまで」p36-38 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  17. ^ 「世界の英語ができるまで」p42-44 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  18. ^ 「英語系諸言語」p88-89 トム・マッカーサー著 牧野武彦監訳 山田茂・中本恭平訳 三省堂 2009年9月15日第1刷発行
  19. ^ 「英語系諸言語」p117-118 トム・マッカーサー著 牧野武彦監訳 山田茂・中本恭平訳 三省堂 2009年9月15日第1刷発行
  20. ^ 「言語世界地図」p194 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  21. ^ CIA. “The World Factbook -Field Listing ::Languages” (英語). 2009年11月26日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ 『なるほど知図帳世界2009』昭文社、2008年。ISBN 978-4398200396 
  23. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p147 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  24. ^ 「アメリカ」(世界地誌シリーズ4)p82-83 矢ヶ﨑典隆編 朝倉書店 2011年4月25日初版第1刷
  25. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p88-89 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  26. ^ en:List_of_languages_by_number_of_native_speakers
  27. ^ 「英語の歴史」p143 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  28. ^ 「英語の歴史」p5-10 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  29. ^ 「よくわかる翻訳通訳学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p69 鳥飼玖美子編著 ミネルヴァ書房 2013年12月10日初版第1刷発行
  30. ^ Eurobarometer (2006年2月). “Europeans and their Languages” (PDF) (英語). 2009年11月26日閲覧。
  31. ^ 「言語世界地図」p196 町田健 新潮新書 2008年5月20日発行
  32. ^ 「変容する英語」p160 菅山謙正編 世界思想社 2005年8月10日第1刷発行
  33. ^ 「よくわかる社会言語学」(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)p94-95 田中春美・田中幸子編著 ミネルヴァ書房 2015年9月20日初版第1刷発行
  34. ^ 「世界の英語ができるまで」p86-87 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  35. ^ 「世界の英語ができるまで」p97 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  36. ^ 「英語の歴史」p113 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  37. ^ 「世界の英語ができるまで」p98-99 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  38. ^ 「世界の英語ができるまで」p105-106 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  39. ^ 「世界の英語ができるまで」p108-109 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  40. ^ 「世界の英語ができるまで」p124-125 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  41. ^ 「世界の英語ができるまで」p117 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  42. ^ 「世界の英語ができるまで」p114-115 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  43. ^ 「世界の英語ができるまで」p167-170 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  44. ^ 「世界の英語ができるまで」p190-191 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  45. ^ 「世界の英語ができるまで」p186 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  46. ^ オーストラリア政府観光局認定のオーストラリア・トラベル・アドバイザーによる解説. “オーストラリアの言葉”. 2010年10月27日閲覧。
  47. ^ 「世界の英語ができるまで」p198-200 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  48. ^ 「世界の英語ができるまで」p212-216 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  49. ^ 「世界の英語ができるまで」p221-224 唐澤一友 亜紀書房 2016年4月5日第1版第1刷発行
  50. ^ 「インド現代史1947-2007 上巻」p194-199 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  51. ^ 「インド現代史1947-2007 下巻」p16-21 ラーマチャンドラ・グハ著 佐藤宏訳 明石書店 2012年1月20日初版第1刷
  52. ^ 「英語の歴史」p190-191 寺沢盾 中公新書 2008年10月25日発行
  53. ^ 貝原好古他 1910.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「English」の関連用語

Englishのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Englishのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2024 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの英語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS