英語力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 英語力の意味・解説 

英語力

読み方:えいごりょく

名詞「英語」に、接尾辞「力」がついたもの
日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

英語力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 09:45 UTC 版)

松井秀喜」の記事における「英語力」の解説

公の場で英語を話すことあまりなく、東北地方太平洋沖地震東日本大震災直後2011年3月19日に、当時所属していたアスレチックス公式サイト被災者支援呼びかける30秒にわたるメッセージ読み上げた際など数少ない球団イベント等で英語を読み上げるときも「流暢ではないので単語ひとつひとつはっきりと発音した」と謙遜している。インタビューなど公式の場では、専属通訳のロヘリオ・カーロンを通して受け答えをしている。メジャー移籍時は中学2年生の英語教科書ニューホライズン」を持参して渡米したというエピソードもある。 難しい英語でない限り日常会話問題がなくなる程度に英語力が上達してからは、チームメイトとの会話も英語で行っていた。ヤンキース時代チームメイトCC・サバシアは、松井の英語力について「松井はいい英語を話すよ。こちらの言っていることは全て理解しているし、会話するには十分だ。」と評している。ニューヨーク記者によると、松井リスニング能力には「不自由を感じたことはない。こちらの話していることは十分に理解している」という。英語力が上達してからも通訳を通して受け答えをしていた理由については「僕の拙い英語で万が一誤解生まれると困るから」と語っている他、「(カーロン通訳の)仕事奪ってかわいそうだからね」とも語っている。現役引退後ニューヨークで週に数回英語のレッスンを受けているという。2014年外国特派員行われた記者会見では、「英語が得意ではない」との理由から、スピーチ質疑応答全て通訳を介して行っている

※この「英語力」の解説は、「松井秀喜」の解説の一部です。
「英語力」を含む「松井秀喜」の記事については、「松井秀喜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「英語力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「英語力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

英語力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



英語力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松井秀喜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS