理由とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 理由 > 理由の意味・解説 

り‐ゆう〔‐イウ〕【理由】

読み方:りゆう

物事そうなった、また物事そのように判断した根拠。わけ。子細(しさい)。事情。「健康上の―で辞職する

いいわけ口実。「風邪を―に休む」

哲学で、論理的関係においては結論に対する前提実在的関係においては結果に対する原因根拠。⇔帰結

[補説] 書名別項。→理由


りゆう〔リイウ〕【理由】


理由

作者勝目梓

収載図書密室光景
出版社ベストセラーズ
刊行年月1990.11

収載図書密室光景
出版社徳間書店
刊行年月1992.2
シリーズ名トクマ・ノベルズ

収載図書蟻地獄
出版社徳間書店
刊行年月1998.6
シリーズ名トクマ・ノベルス


理由

作者小杉英則

収載図書ショートショートの広場 5
出版社講談社
刊行年月1994.3
シリーズ名講談社文庫


理由

作者金堀常美

収載図書ジ・エキセントリック&オーディナリーテールズ
出版社新風舎
刊行年月2005.6
シリーズ名新風舎文庫


理由

作者Yoshi

収載図書恋バナ
出版社スターツ出版
刊行年月2005.8


理由

作者有田美智

収載図書ショートショートの広場 17
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文庫


理由

作者ロード・ダンセイニ

収載図書最後の夢物語
出版社河出書房新社
刊行年月2006.3
シリーズ名河出文庫


理由

作者岩垣志織

収載図書慈悲
出版社日本文学館
刊行年月2007.4


理由

作者星野明子

収載図書さなぎ
出版社新風舎
刊行年月2007.7


理由

作者平山理砂

収載図書なみだのち虹
出版社平山理砂
刊行年月2008.4


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/05 04:00 UTC 版)

哲学において理由(りゆう、: ratiō: reason, ground: Grund: raison)は、正しく結論を導き出す根拠・論拠をいい、帰結に対するもの。




「理由」の続きの解説一覧

理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/20 09:46 UTC 版)

ダルマチア・イタリア人」の記事における「理由」の解説

19世紀ヨーロッパでナショナリズム高まり続いてダルマチア・イタリア人人口減少したのにはいくつかの理由があるリソルジメントによる、イタリアオーストリア帝国間の対立 クロアチアナショナリズムと、イタリア民族統一主義との対立 第一次世界大戦前に、北イタリアへ向け多くのイタリア人経済的動機から移住したこと

※この「理由」の解説は、「ダルマチア・イタリア人」の解説の一部です。
「理由」を含む「ダルマチア・イタリア人」の記事については、「ダルマチア・イタリア人」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 21:04 UTC 版)

墨流し」の記事における「理由」の解説

墨の膜は油をはじくため、黒と透明の部分混ざることなくきれいに分かれるかき混ぜて混ざらないため、渦模様ができる。

※この「理由」の解説は、「墨流し」の解説の一部です。
「理由」を含む「墨流し」の記事については、「墨流し」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 16:55 UTC 版)

二度漬け禁止」の記事における「理由」の解説

二度漬け禁止される理由として衛生面や、店のこだわりよるものがある。

※この「理由」の解説は、「二度漬け禁止」の解説の一部です。
「理由」を含む「二度漬け禁止」の記事については、「二度漬け禁止」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/26 10:19 UTC 版)

始末書」の記事における「理由」の解説

始末書書き提出する必要のある理由として、以下のようなケースがある。 遅刻 無断欠勤 備品盗難遭った場合、または紛失した場合始末書とともに弁償させられる予算超過 宴会接待酒席)で上司取引相手粗相があった場合 就業規則その他の内規違反する行為があった場合

※この「理由」の解説は、「始末書」の解説の一部です。
「理由」を含む「始末書」の記事については、「始末書」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 18:09 UTC 版)

別題」の記事における「理由」の解説

題名変更される理由は様々であるが、通常は、よりよく市場流通させるため、言語や文化違い配慮して変更なされる題名が、世界の別のところでは理解されくいものであったり攻撃的なものと受け止められ恐れがある場合もある。ほとんどの題名変更商業的なものである例えば、イタリアの映画監督セルジオ・レオーネ1971年の映画夕陽のギャングたち (Giù la testa)』は、当初の英語題を『Duck, You Sucker!』(「伏せろバカ!」といった意味)といったが、これはレオーネが、この表現がよく知られた英語の言い回しだと信じていたためであった映画不評だったことを受け、英語題は『Fistful of Dynamite』(「一握りダイナマイト」といった意味)に変更されたが、これはヒットしたドル箱三部作のひとつ『荒野の用心棒』(英語題「A Fistful of Dollars」は「一握りドル札」といった意味)と似た題名であった。 スカラスティック・コーポレーション(英語版)は、『ハリー・ポッターと賢者の石 (Harry Potter and the Philosopher's Stone)』のアメリカ合衆国における権利取得した際に題名に「philosopher」(哲学者賢者)という言葉入った本を子供達読みたい思わないだろうと考え議論経て1998年9月出版されたアメリカ版は、J・K・ローリング提案したHarry Potter and the Sorcerer's Stone』(「Sorcerer」は魔法使い)と題されたローリンは、この変更遺憾しており、もし当時の自分がもっとい立にあったらあくまでも戦っていただろうと述べている。フィリプ・ネル(英語版)は、この変更によって「賢者の石という概念介した錬金術との結びつき題名から失われた指摘している。

※この「理由」の解説は、「別題」の解説の一部です。
「理由」を含む「別題」の記事については、「別題」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 07:27 UTC 版)

ホーリー祭」の記事における「理由」の解説

ホーリー祭はもともと豊作祈願祭りであったが、その後クリシュナ伝説など各地悪魔払い伝説など混ざって、現在みられるになったホーリー祭特徴である色粉色水掛け合う由来は、カシミール地方伝承この日人家押し入ってくる悪鬼ビシャーチャを追い払うため泥や汚物投げつけたのが始まりとされるそのため黄色は尿、赤は血、緑は田畑象徴すると言われている。色水色粉混ぜて作る

※この「理由」の解説は、「ホーリー祭」の解説の一部です。
「理由」を含む「ホーリー祭」の記事については、「ホーリー祭」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 23:10 UTC 版)

リュクルゴスの聖杯」の記事における「理由」の解説

ガラス内に分散されナノスケール銀と金コロイド粒子による表面プラズモン共鳴によって色が変化すると考えられる一種の構造色であると推定される

※この「理由」の解説は、「リュクルゴスの聖杯」の解説の一部です。
「理由」を含む「リュクルゴスの聖杯」の記事については、「リュクルゴスの聖杯」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:32 UTC 版)

ソビエト連邦への郷愁」の記事における「理由」の解説

世論調査によると、旧ソ連で最も惜しまれているのは、経済的に安定していた共有の経済システムであったソ連東欧崩壊後新自由主義的な経済改革により、一般の人々生活水準厳しくなった。民営化に伴う政策により、国の経済新たに設立されたビジネスオリガルヒの手落ちることになった多くの人々は、1990年代経験したことに屈辱裏切り感じ、この騒動西欧諸国からの助言のせいにした。 共産主義後東ヨーロッパ研究者であるクリステン・ゴドシー(英語版)は次のように述べている。 社会的政治的経済的な大きな変化によって、日常生活ありふれた側面どのように影響を受けたかを検証することによってのみ、集団で想像したより平等な過去への欲求理解することができます誰も20世紀全体主義復活させたいとは思っていません。しかし共産主義へのノスタルジアは、普通の男女が、今日議会制民主主義や新資本主義欠点への失望表明するための共通言語となっている。 2016年11月にレバダセンターが行った世論調査によると、国民が主にソ連懐かしむ理由は、15の共和国共同経済システム破壊されたこと(53%)、大国属しているという感覚失われたこと(43%)、相互不信残酷さ増したこと(31%)、ソ連どこにいても自分の家だという感覚失われたこと (30%)、友人親戚とのつながり失われたこと(28%)などが挙げられている。レバダセンターの社会学者カリーナ・ピピヤは、2018年世論調査では、威信国民性喪失とは対照的に経済的要因ソ連へのノスタルジー高まりに最も大きな役割果たしたとし、ロシア人の強い多数が 「かつてはもっと社会的正義があり、政府が国民のために働き市民の配慮父性的な期待面で優れていたことを後悔している 」と指摘している。2019年6月のレバダセンターの世論調査では、ロシア人59%が、ソ連政府が「普通の人々大切にしていた」と感じていた。スターリン好感度同年春に過去最高記録した2021年ロシア連邦大統領ウラジミール・プーチンソ連崩壊を「20世紀最大の地政学的悲劇」と発言したロシア国内ソ連スターリンへの評価高まっているのはプーチン政権による愛国主義教育宣伝影響を受けているが、レバダセンターの2019年調査ではソ連時代体制への肯定的評価割合54%)は現体制への肯定的評価42%)を上回り経済格差不十分な社会保障ロシア国民強い不満抱いていることも理由となっている。

※この「理由」の解説は、「ソビエト連邦への郷愁」の解説の一部です。
「理由」を含む「ソビエト連邦への郷愁」の記事については、「ソビエト連邦への郷愁」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 00:39 UTC 版)

墨割り」の記事における「理由」の解説

ミョウバン水溶液含まれるアルミニウムなどの塩(えん)のせいで、墨は水面上に固まって浮かぶ(コロイド凝析)。には表面張力働いているため、たがいにひっぱり合っている水素結合)。しかしセッケンには表面張力がほとんど働かないこのためセッケンで突く(単分子膜形成)と、周り引っ張るため、墨の膜が割れる。※亀裂になるのは、墨が固まっているためで、紙を破ると直線状になる。ミョウバン水溶液の量・墨汁たらしてから割るまでの時間によって亀裂模様変わる。

※この「理由」の解説は、「墨割り」の解説の一部です。
「理由」を含む「墨割り」の記事については、「墨割り」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 04:12 UTC 版)

切断 (医学)」の記事における「理由」の解説

糖尿病などの病気による壊疽 イスラム教刑罰 戦争地雷交通事故労災など不慮の事故 先天性異常 キリスト教での地獄行き回避する方法イエス・キリストのたとえ話

※この「理由」の解説は、「切断 (医学)」の解説の一部です。
「理由」を含む「切断 (医学)」の記事については、「切断 (医学)」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 09:50 UTC 版)

顧客の乗り換え」の記事における「理由」の解説

品質市場価格変動は、特に価格の上昇は、顧客別のサプライヤー価格比較相談する理由になる。顧客満足度低下は、サービス品質低下原因である可能性があるが、程度は低いものの、選択したブランド退屈である兆候でもあるブランド・ロイヤルティ通常ブランドへのコミットメント長引くほど、強くなる2013年ニールセン顧客ロイヤルティに関する調査によると、ブランドスイッチ5つ主な理由で発生する可能性があるが、主に価格要因に基づいている。 全体的なグローバル平均次の通りである。 より良い価格41%) より良い品質26%) より良いサービス契約15%) より良い選択10%より良い機能(8%) 価格要因大きいため、浸透価格設定のような市場戦術は、切り替えのための説得力のあるインセンティブ提供するように進化した。これらに加えてサービス不便さ、場所の悪さ売れ行きの悪い製品安全でない製品など倫理的問題顧客収入レベル変化などの要因もある。もう1つアプローチは、実際にイノベーション持たずに、確立された製品よりも新しいまたは優れた機能提供するように見えるベーパーウェア宣伝である。

※この「理由」の解説は、「顧客の乗り換え」の解説の一部です。
「理由」を含む「顧客の乗り換え」の記事については、「顧客の乗り換え」の概要を参照ください。


理由(主要点引用)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:43 UTC 版)

新潟大火失火被疑事件」の記事における「理由(主要点引用)」の解説

弁護人は、本件ブラケット取付工事電気工作物規程155条に違反していないのみならず本件火災後改正追加され同規第139条の2にも違反していないから被告人等に注意義務違反はないと主張するが、本件ブラケットいわゆる電気器具属し電気工作物規程155条にいう金属管該当せず、従っ本件工事同条違反していないことは所論のとおりであるが、凡そ電気工事人又は電気技術者たる者は、電気工事をなし又これを監督に際しては危険発生の虞なきこと確認した工事又は監督従事すべきこと条理上当然なことに属し、特に明文存在必要としない解すべきであるから本件ブラケット取付工事電気工作物規程155条に違反していないからといって被告人等に注意義務違反なしということはできず(中略)よってこの点に関する弁護人主張前記認定左右する足りない

※この「理由(主要点引用)」の解説は、「新潟大火失火被疑事件」の解説の一部です。
「理由(主要点引用)」を含む「新潟大火失火被疑事件」の記事については、「新潟大火失火被疑事件」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 07:12 UTC 版)

バグチェイシング」の記事における「理由」の解説

この行動にはさまざまな理由があると見られる一部のバグチェイサーは、このような他人に理解されがたい、狂気じみたことを行うことに興奮覚えたが、本当にHIV感染することを望んでいないと見られる研究者によると、このようなことは社会的スティグマ化と拒絶否認する同性愛者防御反応であり、「支配的な異性愛規範慣習に対する抵抗」から生じ可能性があるまた、一部のバグチェイサーによると、こういった行為が「非常にエロティック」で、予め知ったHIV感染し得る性行為は「究極タブーで、この上ないセックス」という考え方もある。 他に身寄りがないなどの理由より、HIV感染者支援するコミュニティあるいは社会保障サービス利用したいから、主導的HIV感染することもある。さらに、自殺の手段として使われることもある。 バグチェイシングには安全でないアナルセックスUAI)が必要であるが、コンドーム使用拒否する人は必ずしもバグチェイサーであるわけではない簡単に言えば安全でないセックス嗜む異性愛または同性愛人たちコンドームのない「より楽しセックス」が好きだが、相手性感染症感染者であるこを望むわけではない一方、バグチェイサーは安全でないセックスを通じてHIV感染を望むため、専らHIV陽性相手探す一見同じような行為であるが、動機異なる。 また、多くのバグチェイサーが、HIV陽性コミュニティとの連帯感または世間からの同情求めているような行動を起こすため、ミュンヒハウゼン症候群との関連性もあると見られる

※この「理由」の解説は、「バグチェイシング」の解説の一部です。
「理由」を含む「バグチェイシング」の記事については、「バグチェイシング」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 05:22 UTC 版)

競輪全員失格事件」の記事における「理由」の解説

4番選手の失格不注意によるものであるが、ほかの選手たち悪質失格みなされた。競輪においては著しく敢闘精神欠如したレースしてはならないとされているめであるちなみに打鐘過ぎの時点で4番選手失格となる行為行ったのだから追走する義務なかったのではないか」という見方あるようだが、競輪ルール解釈上は選手失格となるのはレース終了し審議経て審判宣告をした時点で初め失格となる」ため、他8選手の4番選手に対する追走義務失われていないことになる。競輪においてはひとつのレース中に1人選手複数回失格を受けるルール構造となっているが故、失格行為行った選手の競走妨害することも許されておらず、失格行為行った選手自身競走をやめてはいけないことになっている。つまり、選手勝手に自分他の選手失格見なしてはいけないのである以上の理由により4番選手追走しなかった8名は免責され悪質失格見なされ、あっせん停止出場停止)などの厳重処分を受けることになった

※この「理由」の解説は、「競輪全員失格事件」の解説の一部です。
「理由」を含む「競輪全員失格事件」の記事については、「競輪全員失格事件」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 22:37 UTC 版)

先行ネット」の記事における「理由」の解説

先行ネット生じ理由としては、次のようなケースがある。 番組編成都合キー局がその番組放送する時間帯に、ローカル局自社制作番組他系列の番組放送する場合は、遅れネットになることが多いが、日程都合がつかない場合先行ネットになることがある。また番組販売扱い番組でも、同様の理由により先行ネットとなる場合があるキー局以外の局(主に準キー局)が制作局であるかつネットワークセールスである番組について制作局キー局編成都合によって臨時枠移動の体を取らざるをえなくなった場合通常時同時ネット局各局でこれに追従不能となることから本来の放送時間先行裏送りネットせざるを得ないケースがある。 制作局放送休止放送時間変更制作局での放送スポーツ中継特別番組により臨時枠移動になった場合でも、系列局では本来の放送時間予定通り放送した場合先行ネットとなる。過去には、キー局制作番組で、キー局での放送臨時枠移動となったにもかかわらず遅れネット系列局では普段の放送時間放送されたため、結果的に遅れネットローカル局先行してネットしたケースもあった。

※この「理由」の解説は、「先行ネット」の解説の一部です。
「理由」を含む「先行ネット」の記事については、「先行ネット」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 02:15 UTC 版)

走光性」の記事における「理由」の解説

生物は、それぞれの生息環境適応した正負走光性獲得する事によって生存確率高めている。ユーグレナ光合成効率よく行なう為に正の走光性を持っている。またミミズの場合、生存適さない地表避け為に負の走光性を持っていると考えられている。 一方夜行性正の走光性を持っており、その理由については以下の三つの説がある。

※この「理由」の解説は、「走光性」の解説の一部です。
「理由」を含む「走光性」の記事については、「走光性」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 03:23 UTC 版)

走出去」の記事における「理由」の解説

中国走出去戦略を行う主因は以下の三つであった中国世界最大外貨準備高これにより人民元切り上げ圧力さらされており、国際世論変動相場制採用要求している。巨額の外貨準備有効に活用するために、中国海外優良資産購入している。 中国改革開放実施2001年には世界貿易機関加盟したことにより、市場開放進んだその結果世界優良企業中国市場参入する中国政府予想した。そこで、中国企業海外から先進的な技術経営ノウハウを学ぶことで中国企業が、競争生き残れるようにするため。 中国世界トップクラス企業を持つべきだという、国家の威信

※この「理由」の解説は、「走出去」の解説の一部です。
「理由」を含む「走出去」の記事については、「走出去」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 07:53 UTC 版)

宗教法人オウム真理教解散命令事件」の記事における「理由」の解説

解散命令によって宗教法人が解散しても、信者は、法人格有しない宗教団体存続させ、あるいは、これを新たに結成することを妨げられるわけではなくまた、宗教上行為行い、その用に供する施設物品新たに整えることが妨げられるわけでもない。」「もっとも、宗教法人解散命令確定したときはその清算手続が行われ(宗教法人法492項51条)、その結果宗教法人帰属する財産礼拝施設その他宗教上行為の用に供していたものも処分されることになるから(法50参照)、これらの財産用いて信者が行っていた宗教上行為継続するのに何らかの支障を生ずることがあり得るこのように宗教法人に関する法的規制が、信者宗教上行為法的に制約する効果伴わないとしても、これに何らかの支障を生じさせることがあるとするならば、憲法保障する精神的由の一つとして信教の自由重要性思い致し憲法そのような規制許容するものであるかどうか慎重に吟味しなければならない。」 「このような観点から本件解散命令について見ると、(中略)、専ら宗教法人世俗的側面対象とし、かつ、専ら世俗的目的よるものであって宗教団体信者精神的宗教的側面容喙する意図によるものではなく、その制度の目的合理的であるということができる。」そして、オウム真理教代表者である松本智津夫麻原彰晃)および松本意を受けた幹部らは、「大量殺人目的として毒ガスであるサリン大量に生成することを計画した上、多数信者動員し抗告人の物的施設利用し抗告人の資金投入して計画的組織的にサリン生成したというのであるから、抗告人が、法令違反して著しく公共の福祉害する明らかに認められ宗教団体目的著しく逸脱した行為したことが明らかである。」オウム真理教このような行為対処するには、オウム真理教を「解散し、その法人格失わせることが必要か適切であり、他方解散命令によって宗教団体であるオウム真理教やその信者が行宗教上行為何らかの支障を生ずることが避けられないとしても、その支障は、解散命令に伴う間接的事実上のものであるにとどまる。したがって、本件解散命令は、宗教団体であるオウム真理教やその信者らの精神的宗教的側面及ぼ影響考慮しても、抗告人の行為対処するのに必要でやむを得ない法的規制であるということができる。また、本件解散命令は、法81条の規定に基づき裁判所司法審査によって発せられたものであるから、その手続の適正担保されている。」 よって、「本件解散命令及びこれに対する即時抗告棄却した原決定は、憲法20条1項違背するものではないというべきであり、このように解すべきことは、当裁判所の判例最高裁昭和三六年(あ)第四五号三八五月一五日大法廷判決刑集一七四号三〇二頁) の趣旨徴して明らかである。」

※この「理由」の解説は、「宗教法人オウム真理教解散命令事件」の解説の一部です。
「理由」を含む「宗教法人オウム真理教解散命令事件」の記事については、「宗教法人オウム真理教解散命令事件」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 13:30 UTC 版)

ムハンマド・ムンタザル」の記事における「理由」の解説

シーア派ではクルアーンさまざまなハディース引いてマフディー隠蔽の理由を次のように説明する不可知マフディー隠蔽の理由もまた神によって人類から隠されている試練隠蔽、特に長期にわたるものは、信徒らへの試練である。神は信徒らの信仰を、マフディー存在信じる魂と信条を、そしてマフディーへの忠誠を通じて試されているのだ、とシーア派では信じる。 待機マフディー再臨し全世界絶対的正義を確立する以前に人類一定の用意必要であるすべてのイデオロギー教義破綻しあらゆる指導者政府問題解決立ち上がり、そして失敗するだろう。その時こそ世界正義を確立するのは、神の代理としてのマフディー以外にいないことが明らかになるこのような神の支配を受けるための準備人類には不足しており、なお低い段階である。ゆえに神はイマーム・マフディーを隠蔽した。 受容欠如預言者シーア派イマームらへの迫害などにより、人々神の救世主拒んでいるのは明らかである。これは、ちょうど神がイーサーアラビア語イエスのこと)やイドリース同じくエノク)を隠したのと同じで、神はマフディー再臨ふさわし状況到来するまで、人々からマフディー隠蔽したのだ、とシーア派では信じる。

※この「理由」の解説は、「ムハンマド・ムンタザル」の解説の一部です。
「理由」を含む「ムハンマド・ムンタザル」の記事については、「ムハンマド・ムンタザル」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 09:22 UTC 版)

静岡弁」の記事における「理由」の解説

理由・原因「…から」にはほぼ全域で「…で」が用いられる。この表現東海地方中心とした広い地域用いられており、「(だ)もんで」「もんだで」もある。静岡市以東中部東部には「んて」もある。

※この「理由」の解説は、「静岡弁」の解説の一部です。
「理由」を含む「静岡弁」の記事については、「静岡弁」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 08:49 UTC 版)

半目勝負」の記事における「理由」の解説

このようになる理由は、碁盤交点の数が奇数である(公式対局使われる19路盤の場合、19×19361個)ことにある。 囲碁は黒が先手、白が後手である。終局まで1手もパス着手放棄)をしない場合、「黒が着手完了した段階=白の手番」での着手された石の総数は1、3、5、7…と奇数になり、「白が着手完了した段階=黒の手番」での着手された石の総数は2、4、6、8…と偶数になる。 ダメ詰め終わり整地完了した盤面は、全ての交点が「黒もしくは白の生きていた石+お互いアゲハマ=着手された石」か、「黒もしくは白の地」のどちらか埋まる。これにより整地完了した盤面には「361-着手した石の総数=黒地白地合計」という公式が成り立つ。 すなわち、 「最後のダメを黒が詰めた=奇数個の石を着手して整地入った場合は、361-奇数着手)=黒地白地合計偶数ケースA) となり、 「最後のダメを白が詰めた=偶数個の石を着手して整地入った場合は、361-偶数着手)=黒地白地合計奇数ケースB) となる。 「ケースA(地の合計偶数)」の場合は、「黒白共に地が偶数もしくは黒白共に地が奇数」となり、コミを出す前のお互い地の差は0、2、4、6、8…のようになる半目勝負では6目差となり、白の半目勝ちになる。「ケースB(地の合計奇数)」の場合は、「片方の地が奇数で、もう片方の地が偶数」となり、コミを出す前のお互い地の差は1、3、5、7、9…のようになる半目勝負では7目差となり、黒の半目勝ちになる。

※この「理由」の解説は、「半目勝負」の解説の一部です。
「理由」を含む「半目勝負」の記事については、「半目勝負」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:49 UTC 版)

覆面作家」の記事における「理由」の解説

作家素性隠し覆面作家として活動する理由としては、以下のようなケース挙げられる。理由は一つだけではなく複数ある例も珍しくない著名人既存作家比較した場合正体明らかにしないことによって作品内容に先入観持たれないようにする意味を持つ。特に「男性名女性執筆する」例などは、作者性別による執筆内容への読者評論家らの先入観払拭する意味で、有効であるSF作家ジェイムズ・ティプトリー・Jr.典型日本では漫画家典型であるが、デビュー時編集者の方針で作品作風ふさわし男性的女性的な名を、作者性別とは無関係に名乗る例が幾つかある。 まったく違った分野向けの作品それぞれ別名義上梓し、あとで同一人物であることを発表して読者インパクト与え目的専属解放やそれに付随する現場業務の負担契約会社の配慮といった商業契約手続面の都合などから、本来のプロフィール出せないため。日本国外ではトラヴェリング・ウィルベリーズの例ように、本来であれば素性を隠すことができないほど顔の知れた著名人達が、所属会社異なるというライバル関係考慮し一種の作法として覆面作家体裁を取る場合がある本業勤務している会社機関からの、圧力同僚らからのやっかみなどを避けるため。または勤務先就業規則副業禁止定めており、作家活動知られる創作停止命じられるもしくは解雇されるため。 素性明らかにすると、自らのプライバシーや名誉を荒らされる恐れがあり、それを避けるため。 自らの作品に関する内容場合によりその他諸々な)への責任回避もしくは放棄しやすくするため。 反体制側に属する者で、顔出し執筆活動行なう身柄政府当局から迫害逮捕される恐れがあるため、これを避け目的性別国籍・民族などの出自身元偽装し、出版時に社会インパクト与え目的(例:イザヤ・ベンダサンポール・ボネなど)。 出版社社員自社雑誌小説掲載しても、会社規定により社員名義で原稿料支払われないことから原稿料を貰うためにペンネーム使ったせいで、正体明かせなくなる例。 メイン仕事いわゆるゴーストライターあるため素性広く知られる出版業界内での活動にも支障を来たす例。 描いている作品の内容センシティブなものであるため、自分の家族や知人作者であることを知られたくない(特に性描写を含む成人向け作品や、反社会的な作品の場合)。 家族との不和がある、あるいは家族性格経済面問題がある例え異常な浪費癖)などの理由から、自身作家活動をしていることや作家として収入あること近親者からも隠す目的また、作家自身当初はそのつもりはなかったものの、以下のような都合から結果として事実上の覆面作家になってしまうケースもある。 デビュー当初プロフィール伏せていて、その後公表するタイミング逸したまま知名度上昇したデビュー当初からプロフィールを隠すつもりはなかったが、その後公表する機会がなかなか得られなかった。 デビュー当初出版社意向プロフィール伏せたが、そのまま覆面作家として人気沸騰してしまい、話題性などの商業的事情からプロフィール公開難しくなってしまった。 デビュー当初成人向け専門であったどの事情から、一般向け少年誌青年誌など)に転じて以降出版社側からの配慮要請があり、プロフィール公開できない、あるいは公開させてもらえない複数作家共有筆名で1人覆面作家になることもある。

※この「理由」の解説は、「覆面作家」の解説の一部です。
「理由」を含む「覆面作家」の記事については、「覆面作家」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 10:11 UTC 版)

600メートル条項」の記事における「理由」の解説

この基準定められたのは、日本の在来鉄道踏切多く安全確認のため運転士肉眼物体確認できる距離の限界600 mだったからだとされる[要出典]。この基準あるために、日本の在来鉄道95 km/h程度最高速度制限され諸外国のような高速運転(160 - 200 km/h)ができず、新幹線建設する遠因となった。 この法令つくった時点で最も信号間隔短かった区間600 mであり、1つ手前信号機位置非常ブレーキかけても次の信号止まれないのは問題であるとして、600 mになったとする説もある。 現在、完全立体交差路線である京成成田スカイアクセス線スカイライナー160 km/h運転を行っているが、これらの列車は完全立体交差条件とした特例として認可されているものであり、600 m条項適用される区間では130 km/h以下に制限される。ただし、ブレーキ技術発達により、踏切がある路線でも通常のブレーキ最高速度140 km/h引き上げられる見通し得られている。ほかにも、JR四国8000系電車では、レールブレーキを併用することで130 km/hを超える速度での営業運転目指す試みなされたが、こちらはレールへの影響などから実現していない。

※この「理由」の解説は、「600メートル条項」の解説の一部です。
「理由」を含む「600メートル条項」の記事については、「600メートル条項」の概要を参照ください。


理由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 00:10 UTC 版)

スムート」の記事における「理由」の解説

わざわざこのような単位作ったことの理由だが、MITの項を参照すれば分かるように、ここの大学には独特な文化があるということに理由の一端があると思われるまた、オリバー・スムートの身長基準にした理由は、彼がグループ内で最も背が低かったからである

※この「理由」の解説は、「スムート」の解説の一部です。
「理由」を含む「スムート」の記事については、「スムート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「理由」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

理由

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 13:35 UTC 版)

発音(?)

り↗ゆー

名詞

(りゆう)

  1. ある事象原因論理けたもの

類義語

翻訳


「理由」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



理由と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「理由」に関係したコラム

  • 株式分析を出来高で行うには

    相場の格言に、「最初の大商いには黙ってつけ」、「人気の出始めは人気に従え」といったものがあります。株価が急に上がったり、急に下がったりしたら必ず何らかの理由があるから、何はともあれ相場に乗っておくとよ...

  • バイナリーオプションのレンジとは

    バイナリーオプションのレンジとは、通貨ペアの価格が一定期間、指定された価格帯の中で推移するかどうかを予想するオプション商品の総称です。2012年5月現在、日本国内のバイナリーオプション業者のうち、レン...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

  • 株式の信用取引における信用倍率の見方

    株式の信用取引における信用倍率とは、信用取引残高の買い残高を売り残高で割った数値です。信用倍率の単位は「倍」です。信用倍率は、次の計算式で求めることができます。信用倍率=買い残高÷売り残高例えば、買い...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理由」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



理由のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダルマチア・イタリア人 (改訂履歴)、墨流し (改訂履歴)、二度漬け禁止 (改訂履歴)、始末書 (改訂履歴)、別題 (改訂履歴)、ホーリー祭 (改訂履歴)、リュクルゴスの聖杯 (改訂履歴)、ソビエト連邦への郷愁 (改訂履歴)、墨割り (改訂履歴)、切断 (医学) (改訂履歴)、顧客の乗り換え (改訂履歴)、新潟大火失火被疑事件 (改訂履歴)、バグチェイシング (改訂履歴)、競輪全員失格事件 (改訂履歴)、先行ネット (改訂履歴)、走光性 (改訂履歴)、走出去 (改訂履歴)、宗教法人オウム真理教解散命令事件 (改訂履歴)、ムハンマド・ムンタザル (改訂履歴)、静岡弁 (改訂履歴)、半目勝負 (改訂履歴)、覆面作家 (改訂履歴)、600メートル条項 (改訂履歴)、スムート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの理由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS