根拠とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 根拠 > 根拠の意味・解説 

根拠

読み方:こんきょ

「根拠」とは、「判断正しいことを示す拠り所としての客観的な情報事実データ」を意味する言葉である。簡単にいえば「判断理由要因になった物事」のことである。

「根拠」という字は「根本の拠(よりどころ)」という意味である。要するに「物事成り立つもとになっている部分」のこと。「根拠地」のように「活動拠点」を指す意味で用いられることもある(「本拠」の類義語)。

「根拠」と「理由」の違い

「根拠」と「理由」は、どちらも「なぜそのように判断したのか?」という問い対す回答となるものである文脈によってはどちらの語を使って問題なく意味が通る、という場合も多いが、それぞれ使い分けられる場合もある。

あえて「根拠」と「理由」を区別するとすれば、【1】「根拠」は「判断理由要因になった物事そのもの」に焦点当てる。【2】「理由」は、その「物事そのもの」をもとに「どのように考え判断したか」に焦点当てる

要するに、「根拠となる事実データ手がかり導かれ考え判断」が「理由」であり、その「理由導き出す証拠手がかりとして参照され事実データ」が「証拠」である。

こん‐きょ【根拠】

読み方:こんきょ

物事存在するための理由となるもの。存在理由。「判断の—を示す」

本拠。ねじろ。「一味が—とした隠れ家


エビデンス

(根拠 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/30 12:46 UTC 版)

エビデンスとは、証拠根拠英語版証言、形跡などを意味する英単語 "evidence" に由来する、外来の日本語。一般用語として使われることも増えてきており、多くは、以下に示す分野における学術用語業界用語としてそれぞれに異なる意味合いで使われている。


  1. ^ エビデンスとは - IT用語辞典”. IT用語辞典 e-Words. 2023年12月30日閲覧。
  2. ^ 健康を決める力:ヘルスリテラシーを身につける”. www.healthliteracy.jp. 2023年5月6日閲覧。
  3. ^ 世界遺産条約履行のための作業指針 - 文化庁文化遺産オンライン”. 文化庁. 2008年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月18日閲覧。
  4. ^ 証憑(エビデンス)について – 学び家.com”. 2023年12月30日閲覧。


「エビデンス」の続きの解説一覧

根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 20:33 UTC 版)

邪馬台国九州説」の記事における「根拠」の解説

帯方郡から女王國までの距離を直線距離ではなく行程だと考えれば12,000里のうち、福岡県内比定される伊都国までで既に10,500使っていることから、残り1,500里(佐賀県唐津市比定される末盧國から伊都國まで500里の距離の3倍)では邪馬台国位置九州地方出ないとされること、。 邪馬台国対立した狗奴国熊本球磨)の勢力比定すれば、狗奴国の官「古知卑」が「菊池彦」の音訳考えられること。 「魏志倭人伝」には邪馬台国伊都国奴国より南にあるとする記述三箇所あり、また会稽東冶の東(緯度的にはほぼ沖縄県一致する)にあるとしていること。また近傍配置されるべき一大率伊都国におかれたとしていること。 「魏志倭人伝」の記述北部九州小国紹介する一方で畿内説が投馬国比定する近畿以西道程存在したはずの有力な阿岐国(安芸国)、吉備国出雲国仔細には全く触れられておらず、伊都国から近畿圏まで含む道程記述が完全に欠けている。 「古事記」、「日本書紀」には、天皇による熊襲討伐など九州征伐記載されており、景行天皇の頃までは北九州大和朝廷勢力圏にあった考えられる。またそれに伴って3世紀時点畿内から北九州までを連合国家として治めていたのなら、6世紀国造設置されたという近年の研究にも疑問生じる。また同時代朝鮮半島小国並立状態であり、倭国先行して北部九州から畿内までの広域連合政権生み出したとは考え難い。 魏志倭人伝中で邪馬台国埋葬方法記述した『有』を甕棺見なす見解に基づき北九州地方甕棺多数出土していることや、石棺墳丘墓多数出現していること。また「無」の記述から、を持つ畿内古墳当てはまらない福岡県糸島市平原遺跡出土大型内行花文鏡伊勢神宮神道五部書に伝わる八咫鏡同型・同規模であり、天照大御神といった太陽神信仰との関係が考えられること。 福岡県久留米市には、宝賀寿男が、規模副葬品石棺主体部および周囲集団墓(宝賀は殉葬ではないかとする)などの状況が『魏志倭人伝』の卑弥呼の墓記載とよく一致するとする祇園山古墳がある。 奈良県桜井市所在最古定型化した前方後円墳といわれる箸墓古墳を、3世紀後半築造とし、卑弥呼の冢とする説があるが、卑弥呼死後に男王が即位するも再び混乱したことが記録されており、国内大混乱していた時期当時最大墳丘を持つ古墳造営することは不可能に近い。また古墳周囲には記録にある殉葬の跡も見られないまた、当時朝鮮半島など周辺国墳墓はいずれ一辺30メートル前後墳丘墓で、倭国だけが飛び抜けて巨大な墳丘墓箸墓古墳)を築造たとするのは無理がある。また箸墓古墳年代的に先行するとされるホケノ山古墳発掘調査行った橿原考古学研究所による2008年平成20年)の同古墳発掘調査報告書では、出土遺物検討から築造年代3世紀中頃であると結論しつつ、木槨木材炭素年代測定結果の幅が4世紀前半をも含む範囲であることを報告しているため、3世紀中頃とする年代疑問を呈する意見がある。 三角縁神獣鏡中国朝鮮遺跡から一面出土していないことに加え全国での出土数が記録にある100面を遥かに上回っている。 逆に九州説の弱点として上げられるのは次の点である。

※この「根拠」の解説は、「邪馬台国九州説」の解説の一部です。
「根拠」を含む「邪馬台国九州説」の記事については、「邪馬台国九州説」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/26 10:32 UTC 版)

マフル」の記事における「根拠」の解説

クルアーン第4章の4に以下のように書かれているまた、女たちには彼女らマフル贈り物として与えよ彼女らおまえたちのためにそのいくらかを自ら快く諦めるなら、喜んで咽喉越し良くそれを食べるがよい。

※この「根拠」の解説は、「マフル」の解説の一部です。
「根拠」を含む「マフル」の記事については、「マフル」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 05:50 UTC 版)

母親たる九人姉妹」の記事における「根拠」の解説

ヘイムダル九人母親」は『スノッリのエッダ』の中の『ギュルヴィたぶらかし』『詩語法』の2冊の本で言及されている。『たぶらかし』では、ヘイムダルが第25章で紹介されており、ここでは即位したハイ英語版)の姿が偽装した伝説の王ガングレリに神の細部について告げている。 その他の詳細の中では、ハイヘイムダル九人姉妹息子であると述べ参考としてヘイムダル九人姉妹から生まれた記された詩『ヘイムダルの謎(英語版)』(『ヘイムダルガルド』とも)からの2行を示す: Offspring of nine mothers am I, of nine sisters am I the son. 九人母親が私を生んだ。 私は九人姉妹息子だ。 『詩語法』の第16章には、10世紀スカルド詩人ウールヴル・ウッガソン(英語版)の作品引用されている。この詩ではヘイムダルを「八人母親もう一人息子」と呼んでいる。引用された詩に続く散文は、詩がヘイムダル九人母親息子として言及していることを指摘している。 詩『巫女の予言短篇』(詩『ヒュンドラの歌』含まれ、しばし『古エッダ』一部みなされている)には、学者ヘイムダル彼の九人母親を指すと頻繁に理論化した3つのスタンザ含まれている。 スタンザによれば、はるか昔、世界の果てにいる九人霜の巨人乙女によって強力な神が生まれた。 この少年は、大地強さ、氷の冷たい海、そして豚の血によって栄養与えられ強く育った。 この九人乙女にはそれぞれ名前がつけられている。 これらの名前の説明については#名前節参照のこと(以下の翻訳は、古ノルド語形式英語化したもであることに注意が必要)。問題スタンザ次の通りベンジャミン・ソープ翻訳1866年): There was one born, in times of old, with wondrous might endowed, of origin divine: ninetun maids gave birth, to the gracious god, at the world's margin. Giâlp gave him birth, Greip gave him birth, Eistla gave him birth, and Angeia; Ulfrûn gave him birth, and Eyrgiafa, Imd and Atla, and Jârnsaxa. The boy was nourished with the strength of the earth, with the ice-cold sea, and with Sôn's blood. ヘンリー・アダムズ・ベロウズ翻訳1923年): One there was born in the bygone days, Of the race of the gods, and great was his might; Nine giant women, at the world's edge, Once bore the man so might in arms. Gjolp there bore him, Greip there bore him, Eistla bore him, and Eyrgjafa, Ulfrun bore him, and Angeyja, Imth and Atla, and Jarnsaxa. Strong was he made with the strength of the earth, With the ice-cold sea, and the blood of swine. ジェラミー・ドッズ(英語版翻訳2014): 'One was born in olden days, endowed with power from the gods. Nine Jotun maids carried him, a spear-splendid man, along the Earth's edge. ... Gjalp bore him, Greip bore him, Eistla bore him and Eyrgjafa, Ulfrun and Angeyja, Imd, Atla and Jarnsaxa. He was endowed with the Earth's power, with the cold sea, with boar's blood.

※この「根拠」の解説は、「母親たる九人姉妹」の解説の一部です。
「根拠」を含む「母親たる九人姉妹」の記事については、「母親たる九人姉妹」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 05:24 UTC 版)

ヒドロクロロチアジド」の記事における「根拠」の解説

GUARD studyでは、ベナゼプリル(ACE阻害剤)+アムロジピン(カルシウム拮抗薬)よりも、ベナゼプリル+HCTZが有意尿中アルブミン排泄量低下させていた。HCTZがより腎保護優れている考えられた。

※この「根拠」の解説は、「ヒドロクロロチアジド」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ヒドロクロロチアジド」の記事については、「ヒドロクロロチアジド」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/22 07:41 UTC 版)

株主平等の原則」の記事における「根拠」の解説

1091項が、「株式会社は、株主を、その有する株式内容及び数に応じて平等に取り扱わなければならない。」として株主平等の原則について明文規定している。かつての商法典にはそのような規定存在しなかったが、株式に関する制度上、株主重要な権利たる利益配当請求権議決権につき持株数に応じた取り扱い要求する規定があり、これに対す例外個別的に定められていることから、法は株主平等を原則としていると解されていた。 公開会社でない株式会社は、株主権利に関する事項について、株主ごとに異な取扱いを行う旨を定款定めることができる(1092項)。

※この「根拠」の解説は、「株主平等の原則」の解説の一部です。
「根拠」を含む「株主平等の原則」の記事については、「株主平等の原則」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/10 16:59 UTC 版)

ブルックスの法則」の記事における「根拠」の解説

ブルックスによれば、この法則成り立つ主な理由以下の通りである。 新たに投入され開発者生産性の向上貢献するまでには、時間がかかるソフトウェアプロジェクトは、複雑な作業である。また、新たにプロジェクト参加した人は、仕事取りかかる前に、まず開発現状設計の詳細などを理解しなければならない。つまり、新たに人員追加するには、その人員を教育するために、リソースを割かなければならないのである。したがって人員増加チーム生産性与え効果は、短期的にはマイナスになる。また、プロジェクト慣れない間はミス犯しやすいので、新たなバグ挿入されることが多くなり、その結果プロジェクトがさらに遅れる可能性もある。 人員投下は、チーム内のコミュニケーションコストを増大させるプロジェクト進めるうえで、プロジェクトチームは、協力して同じ課題取り組む必要がある。しかし、これを実現するには、調整のためのコストがかかる一般に、 n {\displaystyle n} 人が協調して仕事進めるためには、 n ( n − 1 ) {\displaystyle n(n-1)} のコミュニケーションチャンネルを調整する必要がある。したがってプロジェクト人員に対してコミュニケーションコストは、 n 2 {\displaystyle n^{2}} のオーダー増加することになる。単純にいえば、開発メンバーを2倍に増やしたチームは、それに伴って4倍のコミュニケーションコストを負担するのであるタスク分解可能性には限界がある。ホテル部屋清掃のような分解可能性の高いタスクであれば人員投入によってタスク全体所要時間短くなる作業同士干渉起きないかぎり)。しかし、分解可能性の低いタスクもある。1人妊婦9か月赤ちゃん出産できても、9人の妊婦1ヶ月赤ちゃん出産することはできないのである

※この「根拠」の解説は、「ブルックスの法則」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ブルックスの法則」の記事については、「ブルックスの法則」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/14 14:52 UTC 版)

主要目的ルール」の記事における「根拠」の解説

主要目的ルールは、法律上規定されたものではなく下級審裁判例において採用され発展してきた考え方である。ただし、裁判例においても、直接に「主要目的ルール」という術語用いられているわけではない学説上、主要目的ルール従った判断正当化する根拠として、2つの説が提唱されている。 第一は、権限秩序分配論と呼ばれるものであり、経営者取締役執行役等、常勤業務執行者想定されている)を選ぶのは株主であって経営者株主を選ぶのではない(経営者会社支配権帰属について決定権持たない)のだから、経営者募集株式の発行等による持株比率変動手段として会社支配権争い介入することを許すべきではないから、支配権維持争奪等の動機基づいて行われる募集株式の発行等については差止認めるべきである、というものである第二は、経営判断の原則募集株式発行局面において表れたのである、と捉える見解である。 ただし、第一見解による学説には、支配権争い生じているときに第三者割当てをおこなうことは原則として差し止められるべきという、「主要目的ルール」よりもより厳し基準を導くものもある。

※この「根拠」の解説は、「主要目的ルール」の解説の一部です。
「根拠」を含む「主要目的ルール」の記事については、「主要目的ルール」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 06:29 UTC 版)

ハッド刑」の記事における「根拠」の解説

第5章第38節 盗みをした男も女も、報いとして両手切断しなさい。これはかれらの行い対する、アッラー見せしめのための懲しめである。アッラー偉力ならびなく英明あられる第5章第39節 だが悪事行った後、罪を悔いてその行い改める者には、アッラー哀れみ垂れられる。アッラー寛容にして慈悲深くあられる第24章2節 姦通した女と男は、それぞれ100鞭打て。もしあなたがたが、アッラー末日信じるならば。アッラー定めに基づき両人対し情に負けてならない。そして一団信者に、かれらの処刑立会わせなさい。

※この「根拠」の解説は、「ハッド刑」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ハッド刑」の記事については、「ハッド刑」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 02:58 UTC 版)

現実的悪意」の記事における「根拠」の解説

元来名誉権などといった類の人権は、時の権力者自身への反論封じ込めるために用いられてきた経緯がある(例え自分自身にとって都合の悪い記事封じ込めるために侮辱罪名誉毀損用いたりするなど)。ゆえに殊更に、とくに公人名誉権一方的に強く主張されることは、民主制にとって大きな打撃となりうる。 自由な言論においては誤った陳述不可避であることを認め、しかしそうであったとしても自由な言論息づくスペースを残すため、その誤り存在さえも許した。これにより「被害者」が被害立証し勝訴するためには、以下のいずれか証明しなければならなくなった発表者が嘘と知りつつ公表した。 嘘かどうか考えず発表した

※この「根拠」の解説は、「現実的悪意」の解説の一部です。
「根拠」を含む「現実的悪意」の記事については、「現実的悪意」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 09:34 UTC 版)

自殺報道ガイドライン」の記事における「根拠」の解説

1984年から1987年にかけて、オーストリアウィーンでは、ジャーナリスト報道方法変えたことで、地下鉄での自殺類似の自殺80%以上減少したまた、自殺率を減らす効果があった。さらに教員スクールカウンセラーのために作成された『自殺予防向けた学校教職員のための資料』では世界的に15歳から19歳までの年齢層死因自殺が多いことを指摘している。 報道によって自殺助長する効果ウェルテル効果逆に抑制する効果パパゲーノ効果として研究されている。

※この「根拠」の解説は、「自殺報道ガイドライン」の解説の一部です。
「根拠」を含む「自殺報道ガイドライン」の記事については、「自殺報道ガイドライン」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/11 06:26 UTC 版)

逮捕前置主義」の記事における「根拠」の解説

刑事訴訟法207条等に間接的な形で示されている。

※この「根拠」の解説は、「逮捕前置主義」の解説の一部です。
「根拠」を含む「逮捕前置主義」の記事については、「逮捕前置主義」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 16:32 UTC 版)

茨城 (古代山城)」の記事における「根拠」の解説

蔵王山説の有力な根拠となっているのが、南麓奈良時代寺院跡(国の史跡:宮の前廃寺跡)が確認されていることや、この周囲市場があったと考えられること(蔵王旧地名市村という)、また、南方には「深津」と呼ばれる港があったなど、交通・経済要衝として栄えていたことである。更に江戸時代後期地誌備陽六郡志外編に「蔵王山上に石塁があるが城主誰だったか分からない」という記述があり、これも蔵王山説を補強する根拠とされている。 なお、『続日本紀』茨城安那郡にあるとされており、深津郡含まれる蔵王山対象から外れるようにも見えるが、実は養老5年721年)まで深津郡安那郡一部で後に安那郡から分離しているので矛盾はしていない

※この「根拠」の解説は、「茨城 (古代山城)」の解説の一部です。
「根拠」を含む「茨城 (古代山城)」の記事については、「茨城 (古代山城)」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 01:52 UTC 版)

無罪推定の原則」の記事における「根拠」の解説

日本では被告事件について犯罪の証明がないときは、判決無罪の言渡をしなければならない」と定め刑事訴訟法336条は、「疑わしきは被告人の利益に」の原則表明したものだと理解されている。 また、法律適正手続デュー・プロセス・オブ・ロー一般保障する条文解釈される日本国憲法第31条何人も法律の定め手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰科せられない。 に無罪推定の原則狭義)が含まれる解釈されている。 もっとも、「無罪の推定」(英: presumption of innocence)は、「疑わしきは被告人の利益に」(ラテン語: in dubio pro reo)の原則より広く被疑者被告人は、有罪犯人区別し、むしろ無辜市民として扱われるべきだという意味として捉えられており(広義推定無罪の原則、別名「仮定無罪原則」)、国際的に定着している。 これは、国際人権規約にも明文化されており、日本批准している。そのB規約第14条2項は「刑事上の罪に問われているすべての者は、法律基づいて有罪とされるまでは、無罪推定される権利有する。」と、権利の形で明確に保障している。

※この「根拠」の解説は、「無罪推定の原則」の解説の一部です。
「根拠」を含む「無罪推定の原則」の記事については、「無罪推定の原則」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 18:01 UTC 版)

海難審判庁」の記事における「根拠」の解説

設置根拠は、国土交通省設置法第53条

※この「根拠」の解説は、「海難審判庁」の解説の一部です。
「根拠」を含む「海難審判庁」の記事については、「海難審判庁」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 06:07 UTC 版)

株式取扱規程」の記事における「根拠」の解説

会社定款授権規定に基づき策定される。 内容会社株式に関する事項(株主影響与えるもの)であるため、取締役会決議により改変できるようにするのが一般的であるとされる

※この「根拠」の解説は、「株式取扱規程」の解説の一部です。
「根拠」を含む「株式取扱規程」の記事については、「株式取扱規程」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 01:57 UTC 版)

孔王部」の記事における「根拠」の解説

第1に、田数注文古文書である櫟木文書によりますと、葛西御厨には、嶋俣(しままた)・今井・東一江(ひがしいちのえ)・・・という地名登場し、嶋俣(現在は地名喪失)に隣接して今井があった。この嶋俣は柴又とは約7km離れている。第2に、下高野埼玉県杉戸町)の永福寺龍燈山伝燈記に戸籍仲村里の里正孔王部堅の伝承がある。ちなみにその伝燈記から孔王部堅の系図は「堅は後剃髪授戒し慈航沙弥号し天平辛未七月十五示寂す。堅の室は瑞枝売と云ふ、大島郷孔王部醜男の姉也(戸籍の志己夫)、天平勝宝四年十一月十五逝去し法名寂照尼と号す。堅の嫡男を高毛野と云ふ、空智沙弥号し天平勝宝五年死す。高毛野の子宗麿は信暁沙弥号し自宅捨て梵刹為し阿弥陀寺と号す、延暦元年死す。宗麿の子貴は智満沙弥号し天長五年死す。堅五代の孫高野成房(貴の子)は天安元年死す高野成房の男良康あり。」である。第3に、『義経記』巻二に「下総国高野領主は陵兵衛みささぎひょうえい)と申し候」と登場する高野村豪族兵衛は、孔王部末裔であって陵戸支配管理した考えられる。この陵兵衛は、尊卑分脈では、深三郎光重の子、堀三郎頼重諸陵頭)と見えまた、平治物語に深三郎光重が子に、陵助重頼といふ不肖の身にて候へ供、源家末葉て候、と登場する人物である。

※この「根拠」の解説は、「孔王部」の解説の一部です。
「根拠」を含む「孔王部」の記事については、「孔王部」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 05:00 UTC 版)

サイコトロニクス」の記事における「根拠」の解説

以下に述べるのは、一般に流布されている「サイコトロニクス存在する証拠」とされている説ないし噂(都市伝説など)である。なおWikipediaはこれらの真偽に対して保証行わない2001年アメリカでデニス・クシニッチ議員法律草案に「サイコトロニクス」を明記し、その規制主張した1999年5月ニューヨーク・タイムスが「1989年トップシークレットのボンファイアー計画の下、ソ連科学者新兵器開発。この兵器心理学的変更目的とし、神経系ダメージ与え気分変化させ死亡起こす」という記事掲載1985年CNN番組「スペシャル・アサインメント」によってラジオ周波使ったサイ兵器存在知られるうになる1976年11月にロサンゼルス・ヘラルド・イクザミナー紙は「ソ連は、人間行動不能神経の不活性心臓発作さえ起こすマイクロウェーブ広範な研究を行う」と報道ウッドペッカー信号(キツツキノイズ)が使われチャイコフスキー通り事件存在発覚し朝鮮戦争起きた米兵洗脳事件と並ぶパニック繋がった1977年軍備縮小に関する国連委員会への交渉提案書マイクロウェーブ神経系統への影響認められるサイコトロニクス知識ソ連崩壊後流出し不可視光線電磁気システム脳機能修正し身体機能制御思考転送をするための各国非殺傷兵器応用された。 元々はレーニンの「再教育」「外部注入論」が研究端緒とされており、公式には電気催眠などが確認されている。 ソ連特殊部隊アフガニスタン侵攻時に市民高周波ラジオウェーブを放射したことを示す報道があった。

※この「根拠」の解説は、「サイコトロニクス」の解説の一部です。
「根拠」を含む「サイコトロニクス」の記事については、「サイコトロニクス」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 14:39 UTC 版)

RICEの法則」の記事における「根拠」の解説

R:安静 出血などの傷害負ってしまった際 に患部周辺関節筋肉運動することによって、血行促進され脈拍の上と共に出血酷くなる危険性があるからである。 I:冷却 傷害負った部位細胞レベルで傷つき、そのままでは炎症広がる状態に置かれやすい。それを防止するために氷やなどを衛生的な状態で利用し充血促進される炎症での細胞破壊拡散を防ぐのである不衛生な感染可能性があるため、アイシングには適さないアイシングとは、患部局所循環抑えることを目的にしているので、コールドスプレーや氷による冷やし過ぎ(局所循環極端な低下)に注意が必要である。 C:圧迫 出血などの外傷損傷した患部血管などは、場合によっては出血とまらない可能性存在する。そのため、患部周辺または上流部分の動脈圧迫し一時的に血流量を落とすことによって血小板による血管修復ペース出血量が上回らないようにするためである。方法としてはタオルなどの清潔な布を患部巻き固定するためにスパナレンチのような金具利用して絡め捻って締め定期的に圧迫緩めるのが理想的である。 E:挙上 出血などの外傷損傷してしまった部位心臓の位置よりも高く挙上することにより、重力によって出血量が減る効果期待するためである。脚部などを損傷した場合随意的に挙上するのではなく椅子や台など安定したものを利用し挙上した状態での安静維持しておく事が重要である。

※この「根拠」の解説は、「RICEの法則」の解説の一部です。
「根拠」を含む「RICEの法則」の記事については、「RICEの法則」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 20:50 UTC 版)

義務論」の記事における「根拠」の解説

カントはなぜ、義務論に従うべきのかを“我々がそれを理想とするから”という以外で説明できなかった(ただし、現象主義者等からはこの部分賞賛される。)この欲求は、実践理性の要請呼ばれ、ここが哲学限界と言ったりもしたが、現在では、自己目的(例:自己保存快楽)などとも関連付けられる。つまり、義務に従うことは長期的観点自己目的適うために欲するというもの。これは、道徳必要性といった類の道徳根本的な問題の内で扱われる

※この「根拠」の解説は、「義務論」の解説の一部です。
「根拠」を含む「義務論」の記事については、「義務論」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/05 05:27 UTC 版)

ノーパン健康法」の記事における「根拠」の解説

パンツゴム身体締め付け続ける。これをなくしリラックス できるパンツ蒸れて不衛生になりがちである。パンツを穿かずに通気性よくして病原菌繁殖予防する

※この「根拠」の解説は、「ノーパン健康法」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ノーパン健康法」の記事については、「ノーパン健康法」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 10:48 UTC 版)

スカウティング・スケール」の記事における「根拠」の解説

メジャーリーグMLB)は、AAAAA…といった格付けなされた5-6からなる下部組織であるマイナーリーグチーム保有している。各階層で25 - 35人のロースターがあるため、MLBの各球団200人に達する数の選手契約しているが、メジャーリーグ出場可能な選手の数26人枠と40人枠ロースター規定されていて、ごく限られている。ロースター内でも平等な起用なされるわけではなく優秀な選手(あるいは、その個々能力)ほど優先して起用されるため、リーグ平均より劣った選手ほど出場機会少ない。対象的に、1人あたりの出場機会には限度があり、能力リーグ平均より優れるほど、そうした優れた能力を持つ選手の数少なくなるこのため選手能力分布正規分布に近いと考えることができる。 正規分布において、平均50, 標準偏差10としたとき、偏差値2080の間に99.7パーセントサンプルが入るため、この範囲内一般的な評価範疇として、50リーグ平均設定して20から80までの評価とする。ただし、この範囲収まらないごく少数傑出した選手のために90を置く場合がある。 基本的に10刻みだが、正規分布平均値に近いほどサンプルの数が増えるので、4555をおく。論者用途によって、356575を置く場合もある。

※この「根拠」の解説は、「スカウティング・スケール」の解説の一部です。
「根拠」を含む「スカウティング・スケール」の記事については、「スカウティング・スケール」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 13:52 UTC 版)

ズィナー」の記事における「根拠」の解説

この罪はクルアーンの以下の文言が根拠となっている(宗教法人 日本ムスリム協会発行日本語クルアーンより引用)。 第17章32節 私通危険に近付いてならない。それは醜行である。憎むべき道である。 第25章68節 アッラーならべて,外のどんな神にも祈らない者,正当な理由がない限りアッラー禁じられ殺生犯すことなく,また姦婬しない者である。だが凡そそんなことをする者は,懲罰される。 第24章2節 姦通した女と男は,それぞれ100鞭打て。もしあなたがたが,アッラー末日信じるならば。アッラー定めに基づき両人対し情に負けてならない。そして一団信者に,かれらの処刑立会わせなさい。 また、ハディースでは同性間の性行為ズィナーみなされ、特に男性間の性行為行った人は死刑処すべきだと書かれているズィナーの罪に対して石打ち刑科せられる根拠として、ハディース一節マイズというズィナーの罪を犯した女性石打ちにする記述がある。

※この「根拠」の解説は、「ズィナー」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ズィナー」の記事については、「ズィナー」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 10:22 UTC 版)

補助金」の記事における「根拠」の解説

地方公共団体については、地方自治法において「普通地方公共団体は、その公益必要がある場合においては寄附又は補助をすることができる。」(第232条の2)とされており、これを根拠に他の地方公共団体又は民間等への補助が行われている。支出については補助金適正化法規定準じた各地方公共団体規則要綱などによっている。 産業の振興目的として、他所企業呼び入れるための制度などが存在している。助成金額は設備建物土地などの購入額の何%と決められ申請内容評価後、認可されれば支給される評価においては発注から納品請求書元にした支払いその後領収まで一連の購入流れ確認され実際に事業用供されているかどうか現物確認までが行われる。

※この「根拠」の解説は、「補助金」の解説の一部です。
「根拠」を含む「補助金」の記事については、「補助金」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:16 UTC 版)

国民連合政府」の記事における「根拠」の解説

日本共産党綱領にて政策異な政党同士統一戦線政府民主連合政府」を明記している。また日本共産党目標とする「民主的改革」の内容主要点の必ずしもすべてにおいて一致しない場合であってもその一致点にもとづく統一戦線条件生まれるという場合起こりうるとしており、この文言国民連合政府の根拠となっている。

※この「根拠」の解説は、「国民連合政府」の解説の一部です。
「根拠」を含む「国民連合政府」の記事については、「国民連合政府」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 03:24 UTC 版)

平和的生存権」の記事における「根拠」の解説

日本国憲法前文には「われらは、全世界国民が、ひとしく恐怖欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利有することを確認する」とあり、平和的生存権は主にここから導き出されるとする。また、第9条戦争の放棄)、第13条幸福追求権)を根拠とする説も有力であり、実際にはこの3つの条文絡めた形で主張検討される

※この「根拠」の解説は、「平和的生存権」の解説の一部です。
「根拠」を含む「平和的生存権」の記事については、「平和的生存権」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 03:05 UTC 版)

指令 (EU)」の記事における「根拠」の解説

指令制定についての法的根拠となっているのは欧州連合の機能に関する条約288条である。欧州連合理事会欧州委員会立法権委任することができ、また政策分野適用される立法手続によっては両機関法令策定することができる。このため理事会指令」と「委員会指令」があるが、国内における法制度におけるそれとは違い欧州連合の機能に関する条約288条は立法行為行政行為明確に区別していない。

※この「根拠」の解説は、「指令 (EU)」の解説の一部です。
「根拠」を含む「指令 (EU)」の記事については、「指令 (EU)」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 02:36 UTC 版)

イエローカード (予防接種)」の記事における「根拠」の解説

国際保健規則第31条第1項において、原則的に予防接種入国条件として要求すべきでないとしており、その例外中に附録第6と第7に則って全ての旅行者に対して要求する場合認められている。また第36条2項では、附録第6と第7に準拠して交付され証明書イエローカード)を持つ旅行者は、そこに記載され疾病流行地域から来た場合でもその疾病理由入国拒否されてはならないとしている。

※この「根拠」の解説は、「イエローカード (予防接種)」の解説の一部です。
「根拠」を含む「イエローカード (予防接種)」の記事については、「イエローカード (予防接種)」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 01:13 UTC 版)

メガプロジェクト」の記事における「根拠」の解説

典型的なメガプロジェクト多く構築されている論理が、集団的利益 (Collective benefits) である。例えば(料金支払える)全員のための電気や(車を所有する全員のための道路アクセスなどで、それらは開拓地を開く手段としても役立つ場合がある。メガプロジェクトは、トップダウン計画進行特定地域社会への悪影響などの理由批判されている。大規模事業多く場合、ある集団の人達には有益となる一方でそれ以外の人達には不利益となる。例えば、世界最大水力発電プロジェクト である中国三峡ダムでは、農民120万人移住迫られた。1970年代一部西側諸国でおきたハイウェイ反対運動 (Highway revolt) では高速道路建設のために建物撤去する政府計画反対する都市部アクティビスト散見され、彼らはそうした撤去都市労働者階級不当な不利益もたらして遠方の)通勤者有益となる点を根拠に挙げていた。 米国ドイツにおける原子力発電所提案対す反核抗議は、環境社会的関心から開発保留された[要出典]。 新種メガプロジェクトは、その目的において従来モデルに沿わなくなっていると認識されており、全員何らか(の有益)を提供しているようなウォーターフロント再開発計画など、非常に柔軟かつ多様性持ちつつある[要説明][要出典] 。しかし 従来メガプロジェクト同様、新しいものもまた「社会慣行多様性妨害しており、都市不平等公民権剥奪解決するではなく再生産している」との見解もある。メガプロジェクト根底論理である集団的利益多く場合、ここでは個別化された公益という形に縮小される

※この「根拠」の解説は、「メガプロジェクト」の解説の一部です。
「根拠」を含む「メガプロジェクト」の記事については、「メガプロジェクト」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 15:08 UTC 版)

血脈相承 (日蓮正宗)」の記事における「根拠」の解説

日蓮正宗採用する血脈相承に関する根拠は、以下の通り。 「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人血脈なり。相構相構へ、秘すべし伝ふべし」(『本因妙抄』)

※この「根拠」の解説は、「血脈相承 (日蓮正宗)」の解説の一部です。
「根拠」を含む「血脈相承 (日蓮正宗)」の記事については、「血脈相承 (日蓮正宗)」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 16:03 UTC 版)

国際連合安全保障理事会決議2623」の記事における「根拠」の解説

1950年11月3日採択され平和のための結集決議国連総会決議377 A)において、国際的な平和と安全を維持する必要があるにもかかわらず常任理事国5ヶ国の不一致安保理機能しない場合、ただちに総会問題検討し加盟国に対して必要に応じて武力行使することも含めて国際的な平和と安全の維持回復のための集団的措置について適切な勧告を行うことができるとされている。 平和のための結集決議発動したのは13回目である(安保理による発動8回目)。

※この「根拠」の解説は、「国際連合安全保障理事会決議2623」の解説の一部です。
「根拠」を含む「国際連合安全保障理事会決議2623」の記事については、「国際連合安全保障理事会決議2623」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 02:32 UTC 版)

核魚雷」の記事における「根拠」の解説

核魚雷対すアメリカ関心は、マンハッタン計画兵器局であったウィリアム・S・パーソンズ海軍大佐空中発射ウラン核弾頭魚雷提案した1943年までさかのぼる。この構想進展することはなかったが、1950年代後半になってソ連深海潜航高速原子力潜水艦登場し、より強力な兵器必要になった。1960年アメリカはソナーシステムによって探知され目標ポイント上にデルタ翼B-58最初に運用され超音速爆撃機)から投下可能な核弾頭プログラム発表した

※この「根拠」の解説は、「核魚雷」の解説の一部です。
「根拠」を含む「核魚雷」の記事については、「核魚雷」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 02:15 UTC 版)

降着制度」の記事における「根拠」の解説

日本中央競馬における降着制度は、農林省(現・農林水産省省令である競馬法施行規則昭和二十九年九月十三日農林省第五十五号)第八条をもとにした、日本中央競馬会競馬施行規程第8章124条、第125条を根拠としている。 競馬法条文には言及されていない

※この「根拠」の解説は、「降着制度」の解説の一部です。
「根拠」を含む「降着制度」の記事については、「降着制度」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 21:32 UTC 版)

部分社会論」の記事における「根拠」の解説

部分社会論正当化する根拠の一つとして当該個人がその団体すなわち部分社会に入るか否かの自由を有していることが挙げられる。 すなわち、その団体が独自の処分権限有することを事前に承認した上でその団体入り、その承認した手続に基づき処分されのであるから、その点においては事前同意があるといえるからである。 また、同時に部分社会として認知され団体人的集合体であるから、その団体内で規律を保つために規定手続定め必要がある。そこで、その手続に一定の合理性ある限りその手続を承認して団体入ったものはその適用を受ける、という考えに基づく。 なお、部分社会論肯定することは法多元主義考え肯定することになり、法一主義考え方からこの理論肯定することは困難であると考えられる

※この「根拠」の解説は、「部分社会論」の解説の一部です。
「根拠」を含む「部分社会論」の記事については、「部分社会論」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 19:21 UTC 版)

多元王朝説」の記事における「根拠」の解説

次のことから、近畿天皇家は本来九州王朝臣下であり、白村江の戦い前後から次第独立していったと考えられる。 「中国正史」によると、用明天皇九州王朝のタリシホコの補佐官であったという(なお、新唐書によると多利思比孤用明天皇であったとされ、「中国正史」が何を指すのか不明)。 神武天皇九州から東征した。 「大倭」や「真人」といった名称を付け天皇もいるが、これらは九州王朝官職名であると考えられるまた、次の王朝九州王朝服従していたと考えられる東北王朝は『東日流六郡誌』によると、邪馬壹国朝貢していた。 吉備王朝九州王朝に従っていた可能性が高い。 讃岐王朝九州王朝滅ぼされその後伊予王朝成立した四国南西部にも九州王朝服従する王朝があり、倭国環太平洋文明圏入り口となった。 ただし全ての「根拠」は正しい根拠に基づいておらず、九州王朝実在したとは到底証明できるものではない。

※この「根拠」の解説は、「多元王朝説」の解説の一部です。
「根拠」を含む「多元王朝説」の記事については、「多元王朝説」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 19:45 UTC 版)

エキノコックス症」の記事における「根拠」の解説

治療の有効性については質の高い根拠が得られている。

※この「根拠」の解説は、「エキノコックス症」の解説の一部です。
「根拠」を含む「エキノコックス症」の記事については、「エキノコックス症」の概要を参照ください。


根拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 14:06 UTC 版)

ハラール」の記事における「根拠」の解説

根拠となるクルアーンの記述には以下の物がある 第二章173 かれがあなたがたに、食べることを禁じられるものは、死肉、血、豚肉、およびアッラー以外の名で供えられたものである。だが故意違反せず、また法を越え必要に迫られ場合は罪にはならないアッラー寛容にして慈悲深い方であられる第五章3 あなたがた禁じられたものは、死肉、血、豚肉アッラー以外の名を唱え殺されたもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣食い残したもの、ただしあなたがたがその止め刺したものは別である。また石壇犠牲とされたもの、籤で分配されたものである。これらは忌まわしいのである今日不信心な者たちはあなたがた教え打破することを断念した。だからかれらを畏れないでわれを畏れなさい。今日われはあなたがたのために、あなたがた宗教完成し、またあなたがた対するわれの恩恵全うしあなたがたのための教えとして、イスラーム選んだのである。しかし罪を犯す意図なく、飢え迫られた者には、本当にアッラー寛容にして慈悲深くあられる第五章5 今日清き良いものがあなたがた許される啓典授けられた民の食べ物は、あなたがた合法であり、あなたがた食べ物は、かれらにも合法である。また信者貞節な女、あなたがた以前に、啓典授けられた民の中の貞節な女も。もしあなたがたが(貞節な)女に姦淫密通をせずに、きちんと婚資与え妻に迎えるならば許される凡そ信仰拒否する者は、その善行虚しく来世においては失敗者の類である。 第五章90 あなたがた信仰する者よ、誠に酒と賭矢、偶像占い矢は、忌み嫌われる悪魔の業である。これを避けなさい。恐らくあなたがた成功するであろう第五章91 悪魔望むところは、酒と賭矢によってあなたがたの間に、敵意憎悪を起こさせ、あなたがたアッラー念じ礼拝捧げるのを妨げようとすることである。それでもあなたがたは慎しまないのか。 第五章96 海で漁撈し、また獲物食べることは、あなたがたにも旅人にも許されている。だが陸上狩猟は、巡礼着の間は禁じられるアッラー畏れなさい。あなたがたはかれの御許集められるのである第六章121 またアッラー御名唱えられなかったものを食べてならない。それは実に不義な行いである。しかし悪魔は、自分の友を唆しあなたがた議論させようとする。あなたがたがもしかれらに従うならばあなたがた正に多神教徒である。

※この「根拠」の解説は、「ハラール」の解説の一部です。
「根拠」を含む「ハラール」の記事については、「ハラール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「根拠」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

根拠

出典:『Wiktionary』 (2021/08/04 11:20 UTC 版)

名詞

こんきょ

  1. 物事成り立たせるもとになる理由
  2. ねじろ、本拠

関連語

翻訳


「根拠」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



根拠と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「根拠」に関係したコラム

  • FXの出来高の見方

    FX(外国為替証拠金取引)では、4本値をもとにテクニカル分析をすることが多いですが、出来高をもとに分析をする方法もあります。上のチャートは、赤色と白色の平均足と、黄色の出来高を描画したものです。ちなみ...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根拠」の関連用語

1
根拠し 活用形辞書
72% |||||

2
根拠しろ 活用形辞書
72% |||||

3
根拠せよ 活用形辞書
72% |||||

4
根拠できる 活用形辞書
72% |||||

5
根拠的なる 活用形辞書
72% |||||

6
根拠的に 活用形辞書
72% |||||

7
根拠さす 活用形辞書
72% |||||

8
根拠させる 活用形辞書
72% |||||

9
根拠され 活用形辞書
72% |||||

10
根拠される 活用形辞書
72% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



根拠のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエビデンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの邪馬台国九州説 (改訂履歴)、マフル (改訂履歴)、母親たる九人姉妹 (改訂履歴)、ヒドロクロロチアジド (改訂履歴)、株主平等の原則 (改訂履歴)、ブルックスの法則 (改訂履歴)、主要目的ルール (改訂履歴)、ハッド刑 (改訂履歴)、現実的悪意 (改訂履歴)、自殺報道ガイドライン (改訂履歴)、逮捕前置主義 (改訂履歴)、茨城 (古代山城) (改訂履歴)、無罪推定の原則 (改訂履歴)、海難審判庁 (改訂履歴)、株式取扱規程 (改訂履歴)、孔王部 (改訂履歴)、サイコトロニクス (改訂履歴)、RICEの法則 (改訂履歴)、義務論 (改訂履歴)、ノーパン健康法 (改訂履歴)、スカウティング・スケール (改訂履歴)、ズィナー (改訂履歴)、補助金 (改訂履歴)、国民連合政府 (改訂履歴)、平和的生存権 (改訂履歴)、指令 (EU) (改訂履歴)、イエローカード (予防接種) (改訂履歴)、メガプロジェクト (改訂履歴)、血脈相承 (日蓮正宗) (改訂履歴)、国際連合安全保障理事会決議2623 (改訂履歴)、核魚雷 (改訂履歴)、降着制度 (改訂履歴)、部分社会論 (改訂履歴)、多元王朝説 (改訂履歴)、エキノコックス症 (改訂履歴)、ハラール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの根拠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS