検証とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > 検証の意味・解説 

検証

読み方:けんしょう

検証とは、しっかり調べて事実確認すること、および、その確認のために行う作業のことである。一般的には真偽疑われる状態の事柄の真偽確定させるための調査、あるいは、仮説正しいことを証明するために行われる計算考察など指す。

「検証」の「検」の字は、「調べる」ことを意味する字である。訓読みでは「あらためる(検める)」と読まれることがあるとりわけ真偽真贋可否などを念入りに調べという意味合いを含むことが多い。検の字を含む漢語表現の例としては、検査検索検討検挙検閲検死検印検定、などが挙げられる

検証の「証」の字は、「(間違いない確かであるということを)明らかにする、または、明らかであるという意味がある。「証」の字は「あかし」とも読まれるが、これ自体が「証拠」「証明の意味である。

法律関連の文脈では、事件現場や人や物を直に見聞き五官使って知覚認識)する行為をことでことを検証という。検証は証拠資料を得るための処分として裁判所認められている。

「検証」の類語類似表現としては「検査」「検討」「立証」などが挙げられる

検査」は入念に調べという意味において「検証」と共通するが、必ずしも「真偽明らかにする」というニュアンスを伴うとは限らない

検討」は「よく調べて考える」という意味であり、「よく調べる」よりも「考える」の方重き置かれたといえる真偽明らかにするニュアンスは必ずしも含まれるとは限らない

立証」は「証拠を挙げる」または「(証拠を挙げることで)正しいことを明らかにするという意味の語である。「検証」は真偽の《確認》に焦点当てており、確認結果前提食い違う場合もあるが、「立証」は「前提仮定正しいことを明確にする」というニュアンスおのずから含む。

けん‐しょう【検証】

読み方:けんしょう

[名](スル)

実際に物事に当たって調べ仮説などを証明すること。「理論正しさを—する」

裁判官捜査機関が、直接現場の状況人・物観察して証拠調べをすること。「現場—」「実地—」


検証(Verification)


検証


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 07:17 UTC 版)

検証(けんしょう)とは、事実を確かめることである。論理学並びに法律学民事訴訟法及び刑事訴訟法)の術語としても用いられる。




「検証」の続きの解説一覧

検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 03:01 UTC 版)

スペースガンダムV」の記事における「検証」の解説

公式にはタカトクトイス倒産後バルキリー 1/55スケール金型製造担当していたマツシロ管理し権利問題で「SPACE FIGHTER」という商品名変更した同製品を短期間だけイギリス向けに輸出販売している。 メイン取引先であったタカトクトイス無くなった為、その後すぐにマツシロ倒産したものの、バンダイ傘下に入り再建されその際に金型権利バンダイ獲得した。 そしてバンダイ1984年からHI-METALというブランドシリーズを立ち上げ、そのラインナップとしてバルキリー 1/55スケール再生産される事になる同年アメリカ玩具メーカーであるハズブロによりトランスフォーマーシリーズアメリカ国内展開され変形するロボット玩具ラインナップ必要だったハズブロバンダイ玩具製造委託しバルキリー 1/55スケールのVF-1Sモデルカラーリング機首一部などを改修したものが「Jetfire」という商品名トランスフォーマー一つとしてアメリカ国内販売された。 この様にタカトクトイス倒産後バンダイによって玩具製造輸出正常に行われており、ROBOTECH放送時の1985年時点で噂のような不能の事態陥った事実はない。 さらに当時ROBOTECHに関する玩具アメリカ配給会社であるHarmony Gold USA権利の元、現地玩具メーカーであるMATCHBOX販売担当しており、 タカトクトイスから引き継ぎバンダイ製造したマクロス玩具いくつかアメリカ輸出されMATCHBOXを介してROBOTECH商品としてパッケージングされ販売が行われていたものの、 前述の通り1/55スケール玩具ハズブロMATCHBOXより先にバンダイ契約を結び、トランスフォーマーとして販売していた為、権利問題ROBOTECH商品ラインナップ入れることが出来なかった以上の事より噂はデマであると推測される元より70年代から90年代にかけて韓国では日本製キャラクター玩具の無版権コピー品が横行しており、本製品単純にその一つであると考えられる

※この「検証」の解説は、「スペースガンダムV」の解説の一部です。
「検証」を含む「スペースガンダムV」の記事については、「スペースガンダムV」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:28 UTC 版)

「釈迦」記事における「検証」の解説

釈迦生涯に関しては、釈迦同時代原資料確定困難で仏典神格化され記述から一時期はその史的存在さえも疑われたことがあった。 おびただしい数の仏典のうち、いずれが古層であるかについて、中村元パーリ仏典の『スッタニパータ』の韻文部分が恐らく最も成立が古いとし、日本の学会では大筋においてこの説を踏襲している。 しかし、釈迦伝記としての仏伝はこれと成立時期が異なるものも多く歴史学の常ではあるが、伝説なのか史実なのか区別明確でない記述もある。 釈迦インド大陸北方にあった十六大国時代一つコーサラ国部族シャーキャ族出身であるのは確実で釈迦自身が、パセーナディ王とのやりとりの中でシャーキャ族コーサラ国住民であると語っている。

※この「検証」の解説は、「釈迦」の解説の一部です。
「検証」を含む「釈迦」の記事については、「釈迦」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 00:37 UTC 版)

スロヴェネ族」の記事における「検証」の解説

考古学者は、イリメニ湖周辺の5世紀から7世紀にかけて考古学的文化遺跡であるノヴゴロド丘群文化(ru)をスロヴェネ族よるものとみなしている。 また、スロヴェネ族歴史に関する文書史料乏しく以下は部分的に考古学的検証に拠るが、ヴォルホフ川河口付近のリュブシャ要塞(ru)は、700年頃にスロヴェネ族によって、フィン・ウゴル系民族木製要塞の跡に建設され要塞である。770年代にはラドガ(現スタラヤ・ラドガ)に植民し840年代まで、フィン系部族との交易のためにガラス製ビーズ生産していた。また、780年代から830年代にかけてヴォルガ川を介して他民族との国際的な毛皮交易行っていた。(アラブ貨幣ディルハムスロヴェネ族の地から出土している)。さらに、明らかにプロイセンポメラニア地方や、リューゲン島ゴットランド島などの環バルト海地方とも関係を持っていた。830年代に、ラドガ湖周辺ヴァリャーグ(おそらくスウェーデン人々)の襲撃受けたその後バルト起源の様々な事物出現した850年代にはゴットランド島スウェーデン地方との交易増加した上記のリュブシャ要塞ラドガ以外のスロヴェネ族居住地域に関していえば、8世紀から9世紀初めにかけて、ヴォルホフ川水源地近くに要塞化された都市リューリク城址(ru))建設された。この都市はおそらくノヴゴロド前身となった都市であり、ノヴゴロド公居城となったまた、イリメニ湖南のルーサ建設は、集落跡発見され地層に基づき遅くとも9世紀末のことである。そして10世紀前半には、中世ルーシ政治・文化交易中心都市1つとなるノヴゴロド登場している。 さらに、V.セドフ(ru)の説によれば気候温暖化伴って7世紀から8世紀にかけてスロヴェネ族居住地域では、おそらく隣接するクリヴィチ族フィン・ウゴル民族よりも早く農耕発展した集落分布すなわち人口増加、ソプカ(ru)(円墳)の分布上流階級層の墓地登場、そして上記の貿易発展や、ヴォルホフ川流域のリュブシャ要塞都市リューリク城址)の登場は、スロヴェネ族社会・経済発展過程示しているまた、V.セドフは、イリメニ湖南部ロヴァチ川流域における、スロヴェネ族クリヴィチ族同化過程では、スロヴェネ族文化伝統優勢であることを指摘している。 伝説上公に関してはV.タチシチェフ(ru)は、ウラジーミル時代6世紀こととしているが、考古学的には、6世紀スロヴェネ族公国証拠となるものは存在しないとはいえ5-7世紀の若干遺跡から、イリメニ湖南部ヴォルガ川上流域への、最初のスラヴ民族移住があったことは看取される。なお、5-7世紀のヴォルホフ川流域におけるスロヴェネ族の生活痕を示す遺跡発見されていないまた、イズボル、ウラジーミル、ストルポスビャトの三人の兄弟公の伝説は、キエフ創設に関するキーシチェクホリフ三兄弟伝説や、リューリク朝の祖リューリクとシネウス、トルヴォル(ru)の三兄弟伝説などの、ルーシにおける三人の兄弟登場する伝説類似している。ゴストムィスルについては、歴史家は、おそらくゴストムィスルの伝説西スラヴ民族起源とするものである指摘している。バルト地方スラヴ人ヴェンド人)の中に844年死亡したゴストムィスルという王がいたことが知られている10世紀ノヴゴロド建設されると、スロヴェネ族は「ノヴゴロド人々новгородцы)」等と呼ばれるようになり、その土地はノヴゴロド・ゼムリャー(ru)の主幹部分となった

※この「検証」の解説は、「スロヴェネ族」の解説の一部です。
「検証」を含む「スロヴェネ族」の記事については、「スロヴェネ族」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 05:22 UTC 版)

ぱンすと。」の記事における「検証」の解説

「ニンニク」ジンクス ニンニクと言いながら探す探し物見つかる。 「バタフライ・タトゥの熟女」 シズク先生でないかを検証する「顔なし狛犬」 顔を撫でると願いが叶うと言われる狛犬「体育館倉庫」 中に入ってドア閉めた時にボール動いた「恋が実る」ジンクスの検証 この石に立ち、鳥居開いている所から夕陽見えて間に好きな人思いながら小石投げ入れることができたら恋が実る。 「男性から胸を揉まれると大きくなる」ジンクスの検証 アカリから検証に付き合え大地依頼された。「ヘタクソと言われた大地シズク先生相談「ダンボール箱のタイムカプセル」 境内床下にあるダンボール箱中身エロ本であった「待ち人井戸」 広井墓地敷地内どこかにあると言われている井戸。日が暮れてから覗くと水面将来恋人見える。 「吊り橋」 吊り橋を渡るドキドキ感と手を貸す。 「ふきでもの」検証 ストレス解消のために鬼コーチ役のアカリ提案体力強化を行う。 「廃墟ソープランド」 3億円の入った隠し金庫があるという噂。

※この「検証」の解説は、「ぱンすと。」の解説の一部です。
「検証」を含む「ぱンすと。」の記事については、「ぱンすと。」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:37 UTC 版)

広島原爆で被爆したアメリカ人」の記事における「検証」の解説

アメリカ政府の見解戦後しばらくの間被爆したアメリカ人はいない」というものであった日本側からすると相生橋アメリカ人捕虜多くの人見ていたことから彼らの存在早くから知られており、そしていろいろな情報噂が錯綜し捕虜全体人数把握影響及ぼしたその中でマスコミによるスクープ元広女学院大学教授宇吹暁や地元歴史研究家森重昭らの尽力、そしてB-24ロンサム・レディー号機長トーマス・カートライト少尉証言によって解明されていき、直接被爆した捕虜12人を断定した一方でアメリカ政府はその遺族に対し終戦直後は「戦闘中日本上空行方不明」と通達、翌1946年その中何人かに「8月6日捕虜として日本拘留中、戦死した」とGHQダグラス・マッカーサーお悔やみ状送っているものの、以降は対応していなかった。1983年初め公的に被爆死した10人を認めることになるが、これ以外はアメリカ政府認めていなかった。2016年バラク・オバマ大統領広島訪問時の演説で"a dozen Americans held prisoner捕虜となっていた十数人の米国人)"に言及し結果的にアメリカ政府公的に10人以上いたことを認めたことになった以下に現在分かっている情報大まかな沿革記載する1945年8月6日 : 広島市への原子爆弾投下 8月9日 : 長崎市への原子爆弾投下長崎では9人(アメリカ7・イギリス1・オランダ1)の捕虜被爆死している。 8月15日 : 日本の終戦の日 8月27日 : UP通信レスリー・ナカシマ記者世界に向けて初めて広島原爆の惨状報道この後ウィルフレッド・バーチェット記者W・Hローレンス英語版記者らが報じアメリカ・イギリスなど海外惨状話題となった8月31日 : イギリス陸軍省(英語版発表駐日スイス公使が日側から連絡により広島原爆での連合軍捕虜死傷者はいなかったと聞いた」。 9月2日 : 対日戦勝記念日 9月19日 : 報道規制プレスコード発令9月から11月頃 : 中国軍管区司令部吉川正治少佐被爆捕虜に関する資料第五中国地軍管区目録”を作成GHQ提出。この目録作成の際、九州大学生体解剖事件など他の部隊虐殺した捕虜隠蔽のため被爆死として計上することを旧日本陸軍秘密裏に決めていた。この目録後に発見されるアメリカ国立公文書記録管理局(NARA)の史料や”ウブキズ・リスト”の大元である。同時期米軍被爆米兵虐待死」についての調査を行う。 1946年2月広島を含む中四国地方占領業務イギリス連邦占領軍移管される。 5月 GHQダグラス・マッカーサー被爆した捕虜遺族何人かお悔やみ状送付1952年4月 : サンフランシスコ講和条約発効によりイギリス連邦占領軍含めた連合国軍による占領終結する同時にプレスコード失効1970年7月 : 毎日新聞銭本三千年記者によるスクープ2人被爆捕虜探しだし1970年7月10日付け同紙に”広島原爆――― 2 米兵死んでいた”を公表。この記事UPI通信により世界に向け外電されている8月 : B-24ロンサム・レディー号射撃手ジョン・ロング伍長所属不明トニー・某(航空少尉2人を初め原爆死没者名簿記載9月 : UPI通信NARA被爆捕虜に関する記録文書発見1971年広島市刊『広島原爆戦災誌』を公表この中で元憲兵が「被爆したアメリカ兵認識票23個を進駐軍持ち帰った」「中には女性通信員1、2人いた」と証言6月 : 丸木俊丸木位里夫妻による被爆捕虜描いた原爆の図 : 第13部米兵捕虜の死」』を発表元憲兵証言により被爆捕虜として23人、うち3人女性描いた9月 : NARA前年UPI通信発見した史料機密解除となり正式公表当時20人が捕虜として広島におり大半陸軍航空隊員、17人が被爆当日死去2人8月19日負傷のため死亡1975年 : アマチュア歴史研究家森重昭が、ロンサムレディー撃墜事実知り独自に調査開始する1977年広島大学原爆放射線医科学研究所助手当時)の宇吹が外務省外交史料館機密解除となった被爆捕虜リスト発見20人からなるいわゆるウブキズ・リストを公表12月 : 宇吹の追跡により17人の名前が判明1978年1月 : 宇吹の追跡により更に3人の名前が判明。計20人。これ以降広島市原爆死没者名簿記載するため家族必要書類送付する7月 : ウブキズ・リストの内、9人は九州大学生体解剖事件などの旧日本軍による虐殺死亡したことが判明被爆捕虜11人。 1980年 : ゴードン・トマス、マックス・モーガン・ウイッツ著『エノラ・ゲイドキュメント原爆投下』(日本語版TBSブリタニカ)が出版この中で墜落パラシュート脱出したカートライト消息知らなかった1人被爆捕虜として加えていた。なおその人物であるB-24ロンサム・レディー号航法士ロイ・ベーデンセン少尉墜落時に死亡し1947年山中白骨死体発見されている。 1983年 : アメリカ政府陸軍8人・海2人被爆死したことを認める。名前は公表せず。 1984年12月 : ロバート・マノフ記者ニューヨーク・タイムズ・マガジン10人の名前と所属報道1985年6月 : アメリカ政府による追悼式ロナルド・レーガン大統領演説の中で9人の名前が呼ばれている。 In honor and memory of the U.S. Army Air Force and U.S. Navy airmen who lost their lives while prisoners of war at Hiroshima, Japan, the day of the bomb -- August 6, 1945. S/Sgt. Charles O. Baumgartner -- USAAF2nd/Lt. Durden Looper --- USAAF2nd/Lt. James M. Ryan -- USAAFSgt. Hugh H. Atkinson -- USAAFCpl. John A. Long, Jr. -- USAAFS/Sgt. Buford J. Ellison -- USAAFS/Sgt. Ralph J. Neal -- USAAFLt. JG, Raymond G. Porter -- USN A/3C. Normand Roland Brissette -- USN The bravery, suffering, and devotion to duty . . . earned them a preeminent place in the hearts of all Americans. Their heroism is a beacon to follow forever. — President Ronald Reagan -- June 27, 1985上記英文翻訳1945年8月6日原爆の日広島捕虜として命を落とした米陸軍航空隊米海軍航空隊員に敬意を表し追悼意を表する。 (死亡した名の所属、名前) 勇気苦しみ義務への献身によって、彼らはすべてのアメリカ人心の中卓越した地位獲得した。彼らのヒロイズムは、永遠に続くべき道標である。 アメリカ公式発表10人とウブキズ・リストの11人を更に検証し追跡調査として関係者聞き取り続けた結果アメリカ公式発表リストから漏れていた2人探しだし12とされる1999年 : 自費中国憲兵隊司令部跡地原爆犠牲米軍慰霊銘板設置2004年 : 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館初めての被爆捕虜としてジョン・ロング登録される2009年 : らの尽力により国立広島原爆死没者追悼平和祈念館への12全員遺影付きの登録が完了英語版ウィキソース本記事に関連した原文あります。Remarks by President Obama and Prime Minister Abe of Japan at Hiroshima Peace Memorial 2016年 : バラク・オバマ大統領広島訪問での演説において、被爆者10数人アメリカ人捕虜(a dozen Americans held prisoner)が含まれていたことに言及

※この「検証」の解説は、「広島原爆で被爆したアメリカ人」の解説の一部です。
「検証」を含む「広島原爆で被爆したアメリカ人」の記事については、「広島原爆で被爆したアメリカ人」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 15:37 UTC 版)

証拠」の記事における「検証」の解説

検証物取り調べる証拠調べを検証といい、裁判官検証物の状態等を直接観察することによって行われるこれによって得られる証拠資料を、「検証の結果」という。 証拠となる検証物収集するための手段として、検証物提示命令民事訴訟法232条、223条)や検証物送付嘱託同法232条、226条)が規定されている。

※この「検証」の解説は、「証拠」の解説の一部です。
「検証」を含む「証拠」の記事については、「証拠」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 16:23 UTC 版)

形式手法」の記事における「検証」の解説

形式仕様記述ができると、それを証明根拠として使用することもある。

※この「検証」の解説は、「形式手法」の解説の一部です。
「検証」を含む「形式手法」の記事については、「形式手法」の概要を参照ください。


検証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 22:55 UTC 版)

3DCGソフトウェア」の記事における「検証」の解説

Pyblish テスト駆動コンテンツ作成向けたプラグインオープンソースMayaSoftimage3ds MaxmodoHoudiniClarisseNUKEShotGrid、ftrackなどに対応しているMeshLint Blender用のメッシュ検証アドオンMaintainer Unityアセット問題検出する

※この「検証」の解説は、「3DCGソフトウェア」の解説の一部です。
「検証」を含む「3DCGソフトウェア」の記事については、「3DCGソフトウェア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「検証」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

検証

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:36 UTC 版)

名詞

けんしょう

  1. 物事調べて証明すること。

発音(?)

け↗んしょう ; kensyô (訓令式), kenshô (ヘボン式)
IPA: /kenɕo:/
X-SAMPA/kens/o:/

関連語

類義語

翻訳


「検証」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



検証と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「検証」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4でEAの検証をするには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)には、EAの検証システム「Strategy Tester」(テスター)が付属しています。Strategy Tester...

  • FXのペイオフレシオとは

    FX(外国為替証拠金取引)のペイオフレシオ(payoff ratio)とは、FXでの取引における利益率のことです。ペイオフレシオは、リスクリワードレシオ(risk reward ratio)ともいいま...

  • 株式分析を出来高で行うには

    相場の格言に、「最初の大商いには黙ってつけ」、「人気の出始めは人気に従え」といったものがあります。株価が急に上がったり、急に下がったりしたら必ず何らかの理由があるから、何はともあれ相場に乗っておくとよ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のアラームの設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、テクニカル指標でサインが発生した時や売買が約定した時などにアラームが鳴ります。アラームは、ユーザーが自由に設定で...

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検証のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
外務省外務省
Copyright©: 2022 Ministry of Foreign Affairs of Japan
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのスペースガンダムV (改訂履歴)、釈迦 (改訂履歴)、スロヴェネ族 (改訂履歴)、ぱンすと。 (改訂履歴)、広島原爆で被爆したアメリカ人 (改訂履歴)、証拠 (改訂履歴)、形式手法 (改訂履歴)、3DCGソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの検証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS