スケールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > スケール > スケールの意味・解説 

スケール【scale】

読み方:すけーる

寸法・度などの目盛りついている測定器具物差しまた、その目盛り

大きさの程度。規模

音階

天秤(てんびん)の皿。「キッチン―」

水の中溶けているカルシウムなどがボイラー内側に固着したもの。

「スケール」に似た言葉

スケール

金属の表面生成している酸化被膜黒錆)を総称してスケールと呼びます
鉄鋼熱処理際に表面生じる黒い強固な被膜のことで、熱処理温度570付近を境に、熱処理温度違い高温スケールと低温スケールに分けられる
一般に高温スケールに比べ低温スケールの方除去しにくい。銅合金にも、 熱処理した物にはスケールが出来る。

スケール [scale]

(1)音階のこと。ピアノ白鍵をドから1オクターブ上のドまで順に弾くと、ハ長の長音階ドレミファソラシド)、Cメジャースケールとなる。同じように、ラから1オクターブ白鍵を弾くと、イ短調、Aマイナースケールとなる。長音階短音階他にもアラビア風音階とか沖縄風の音階とか様々なものがある使用されているスケールによって、曲のフレーズカラー決まってくる。(2)弦楽器の弦長を指す。ギターベースなどフレット付いている楽器の場合、ナットから12フレットまでの長さ2倍で表す。フレット付いていない楽器の場合はナットからブリッジまでの長さ基準とする。スケールには、ショート・スケール、ミディアム・スケール、ロング・スケールなどがある。

音階 [scale]


スケール

【英】:scale

長のこと。弦そのもの長さのことではなくギターナットからサドルまでの距離を指す。またはナットから12フレットまでの距離(またはその2倍=ナットからサドルまでの距離とは微妙に異なる)を指すこともある。

この長さによって、ショートスケール、ミディアムスケール、ロングスケールと言い分けられる

クールバーグ:スケール

英語表記/番号出版情報
クールバーグ:スケールScale

スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 05:50 UTC 版)

スケールまたは、スケイル(Scale)




「スケール」の続きの解説一覧

スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/23 07:58 UTC 版)

フォデラ・ギターズ」の記事における「スケール」の解説

33343536インチから選択可能であり、ファンフレットシステムを採用した個体製作されている。

※この「スケール」の解説は、「フォデラ・ギターズ」の解説の一部です。
「スケール」を含む「フォデラ・ギターズ」の記事については、「フォデラ・ギターズ」の概要を参照ください。


スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 09:54 UTC 版)

バークリーメソッド」の記事における「スケール」の解説

スケールの構成音には、以下の3種類の音があるとされる。 コード・ノートコード・ノートとは、対応させられコード含まれている音である。これらの音は自由に使用することができる。通常は、和音根音第3音、第5音と、第6音または第7音である。 たとえば、C6コードC major scaleにおいては、C, E, G, Aの音がコード・ノートとされる。 テンションコード・ノートには含まれていないが、メロディ演奏際にはコード・ノートと同じく頻繁に使用される音である。通常は、スケールの2度4度6度7度であり、それぞれ9th, 11th, 13th, 7th呼ばれる。 たとえば、C6コードC major scaleにおいては、D, Bの音がテンションとされる。 アヴォイド・ノートスケールには含まれているが、コードサウンド混乱させる恐れがあるため、使用することは極力避けるべきとされる。短い音価でのみ使用許されている音である。 たとえば、C6コードC major scaleにおいては、Fの音がアヴォイド・ノートとされる。 以上まとめると、Cメジャースケールについては以下のように定められている。 CDEFGABコード テンション9th コード アヴォイド コード コード テンション7th

※この「スケール」の解説は、「バークリーメソッド」の解説の一部です。
「スケール」を含む「バークリーメソッド」の記事については、「バークリーメソッド」の概要を参照ください。


スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 03:43 UTC 版)

風速」の記事における「スケール」の解説

大西洋北東太平洋ハリケーン強度区分であるサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールは、推定される最大風速によりハリケーンカテゴリー1からカテゴリー5の5種類区分している。竜巻強度区分である藤田スケールFスケール)、改良藤田スケールEFスケール)、TORROスケールも、推定される最大風速ごとに区分されている。

※この「スケール」の解説は、「風速」の解説の一部です。
「スケール」を含む「風速」の記事については、「風速」の概要を参照ください。


スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 18:16 UTC 版)

都市システム」の記事における「スケール」の解説

都市システム考察するときは、取り扱都市群のスケールを自由に設定できる例えば、ラリー・ボーン(英語版)は都市システムとして、国家的都市システム地域的都市システム日常的都市システム英語版)の3つ提示した国家的都市システムnational urban system)は、大都市同士都市群システムのことであり、経済的刺激情報伝達などによって都市群結合している。例えば、日本全国単位とした国家的都市システム考えることができる。なお森川洋国家的都市システムが、都市システムの中で一体性が強いものとみなし、研究対象としての重要度の高さを指摘している。 地域的都市システムregional urban system)は、大都市周辺都市との都市群システムのことであり、交通・通信医療などによって都市群結合している。地域的都市システム国家的都市システム一部サブシステム)であり、例えば、日本では都道府県地方ブロック単位とした地域的都市システム考えることができる日常的都市システムdaily urban system)は、都市都市圏から構成され都市居住する住民の生活圏内地域システムのことであり、通勤・通学買い物どの人々の移動が行われている。ここでは都市面的考察することとなる。 ボーン分類のほかに、国際的都市システムinternational urban system)を考えること可能である国際的都市システムは、異なる国の都市結びつける世界規模都市システムである。

※この「スケール」の解説は、「都市システム」の解説の一部です。
「スケール」を含む「都市システム」の記事については、「都市システム」の概要を参照ください。


スケール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 04:18 UTC 版)

ミリタリーモデル」の記事における「スケール」の解説

1/32、1/35、1/48、1/72、1/76、1/87、1/144などがよく使われるスケールである。

※この「スケール」の解説は、「ミリタリーモデル」の解説の一部です。
「スケール」を含む「ミリタリーモデル」の記事については、「ミリタリーモデル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スケール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スケール

出典:『Wiktionary』 (2020/04/15 22:58 UTC 版)

名詞

  1. 尺度
  2. 物差し
  3. 規模
  4. 人の度量
  5. 音階音階練習
  6. 湯垢
  7. 金属を、加熱すると生じ酸化被膜

語源


「スケール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スケールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スケール」の関連用語

スケールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スケールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2022 (有)イーマテリアル
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
楽器探そう!デジマート楽器探そう!デジマート
Copyright(c)2022 Rittor Music Inc., a company of Impress Group. All right reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスケール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォデラ・ギターズ (改訂履歴)、バークリーメソッド (改訂履歴)、風速 (改訂履歴)、都市システム (改訂履歴)、ミリタリーモデル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスケール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS