評価基準とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 基準 > 評価基準の意味・解説 

評価基準

読み方ひょうかきじゅん
【英】:criterion

代替案好ましいもの, 有望なものの順に格付けする規則, あるいは基準. 英語では, 1つの評価基準はa criterion, 複数ある場合criteriaとつかう. これらは, 代替案費用 (cost), その案のもたらす効果 (effectiveness) や便益 (benefit) また費用対効果 (便益) 比 (effectiveness (benefit) / cost ratio), などがある. これ以外に, 定量化しにくい要因および主観的な価値等を含む定性的な評価基準の設定も必要となる場合がある.


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 18:16 UTC 版)

懸念される変異株」の記事における「評価基準」の解説

SARSコロナウイルス2において、アメリカ合衆国アメリカ疾病予防管理センター (CDC) やイギリスイングランド公衆衛生サービス英語版) (PHE)、英国COVID-19ゲノム協会英語版)、カナダCOVID-19ゲノムネットワーク(CanCOGeN)といった、各国国立・国保健機関は、変異株評価に以下の基準一部または全部使っている。 感染力増大 罹患率増大 致死率増大 後遺症リスク増大 検査での検出回避能力 抗ウイルス薬使用可能な場合のみ)の効能減少 回復期血漿モノクローナル抗体もしくは実験室での実験から推測した中和抗体生成の困難さ 生体免疫回避能力(再感染可能性など) ワクチン接種を受けた者への影響可能性 全身性炎症反応症候群後遺症など、特定の状態の発現可能性増大 子供免疫不全の者など、特定の人統計的または医学的な集団に対する親和性増大

※この「評価基準」の解説は、「懸念される変異株」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「懸念される変異株」の記事については、「懸念される変異株」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 00:11 UTC 版)

対レーダーミサイル」の記事における「評価基準」の解説

輻射ミサイルを評価するうえで、次のような要素が評価基準となる。研究開発段階においては、これらを高いレベル達成することが目標となる。しかし、対輻射ミサイル導入時においては高性能であれば高価格あるため予算要求する性能とのバランスをとりつつ選択しなければならない

※この「評価基準」の解説は、「対レーダーミサイル」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「対レーダーミサイル」の記事については、「対レーダーミサイル」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:00 UTC 版)

パソコン検定」の記事における「評価基準」の解説

検定試験の評価基準ならびに難易度については、検定試験の種類によって異なるが、概ね7~8割程度正答率で合格(資格認定)となるケースが多い。また、多くの検定試験では、受検級設定されており、上位級に上がるにつれて試験問題数および難易度上がり合格率低下する傾向にある。

※この「評価基準」の解説は、「パソコン検定」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「パソコン検定」の記事については、「パソコン検定」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 13:55 UTC 版)

ビジネス中国語検定試験」の記事における「評価基準」の解説

5級かなり流暢に適切に中国語用いてビジネス従事することができる。 4級かなり上手に中国語用いてビジネス従事することができる。 3級かなり効果的に中国語用いてビジネス従事することができる。 2級ビジネスにおいて、簡単な中国語用いて限られたコミュニケーションを行うことができる。 1級中国語用いてビジネス従事する能力がまだ備わっていない

※この「評価基準」の解説は、「ビジネス中国語検定試験」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「ビジネス中国語検定試験」の記事については、「ビジネス中国語検定試験」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 13:54 UTC 版)

青少年向け中国語検定試験」の記事における「評価基準」の解説

4級生活、学習の中で基本的なコミュニケーションができて、旅行の時、偶然出会った会話にも受け答えすることができる。 3級熟知している日常話題について直接コミュニケーションができる。 2級基本語句簡単な文章を書く能力がある1級最も基本的な語彙力と、簡単なコミュニケーション能力がある。

※この「評価基準」の解説は、「青少年向け中国語検定試験」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「青少年向け中国語検定試験」の記事については、「青少年向け中国語検定試験」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 07:00 UTC 版)

ボルダ得点」の記事における「評価基準」の解説

選挙制度学者は、しばしば数学的に定義され投票制度基準使って制度を比較するこれらの中でボルダ投票単調性基準一貫性基準participation criterion、resolvability criterion、plurality criterionreversal symmetryコンドルセ敗者基準を満たすコンドルセ基準無関係な選択対象からの独立性基準independence of clones criterionmajority criterion満たさない

※この「評価基準」の解説は、「ボルダ得点」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「ボルダ得点」の記事については、「ボルダ得点」の概要を参照ください。


評価基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 06:35 UTC 版)

蕎麦粉」の記事における「評価基準」の解説

ソバの等級ソバ品位基準として米穀検査同様、農林水産省昭和26年定めた農産物検査法による3等級+規格外分類存在する。これは粒の色調揃い仕上水分など製粉業者引き渡す際の物理的な基準であり、食味保証基準ではない。以前は検査通したソバ多くなかったが、戸別所得補償制度により検査を通す生産者多くなり自家製粉を行う業者の間で話題にされる事がある。しかし、早期収穫ソバなど消費者需要の高い玄ソバ規格外になってしまうなど正当に評価できる基準といえず運用上の問題大きくなり見直し必要性求められていた。そこで、改正について農産物検査規格検討会経て平成27年2015年)から新基準適用される事になった。 ソバの官能検査票 1980年代ソバ品種開発進み流通上に様々な品種流通しはじめた事が契機になり、日本蕎麦協会により19891993年農林水産省助成事業「そば需給総合改善推進対策事業新品種導入事業の中で小麦のうどんの評価票を参考に仮のソバの官能検査票策定された。1989年策定され検査票を例にとると、赤・黄青・緑として用意された4つ蕎麦のうち、赤を基準蕎麦として「色」「香り」味」、食感として「かたさ」及び「そばらしさ」の計5項目で黄・青・緑評価を行うというブラインドテストである。あくまでもソバ素材として特徴であったり製粉技術冷蔵技術影響計測する尺度統一するために、生産者寄り視点暫定的に利用されるものであるため、職人技術の差や消費者嗜好反映する基準ではない。 ソバ官能検査表 (社団法人 日本蕎麦協会 1989標準No.1 黄色 No.2 青色 No.3 緑色 標準不良 普通 良 不良 普通 良 不良 普通 良 評価尺度 かなり すこし わずかに わずかに すこし かなり かなり すこし わずかに わずかに すこし かなり かなり すこし わずかに わずかに すこし かなり 評価尺度 評点 8 10 12 14 16 18 20 8 10 12 14 16 18 20 8 10 12 14 16 18 20 評点20 20 色 香20 20 香り20 20 味 食感(かたさ) 20 20 食感(かたさ) 食感(そばらしさ) 20 20 食感(そばらしさ) その他 製粉業者研究機関が、新しい品種や新技術検証の際に独自に客観的な数値取得している事がある理化学検査 粘度濁度比重過酸化物価酸化pH酸度栄養成分糖度理化学観点分析した数値 微生物検査 一般生菌数、大腸菌群数大腸菌数、低温殺菌残存有無芽胞菌残存有無微生物学観点分析した数値 客観的ではあるが、それぞれ目的・期間が異なりズレ生じるのに加えて定期的に更新されるものでもないため、単位統一されている最終実需者の利用価値があるデータという点では不足がある

※この「評価基準」の解説は、「蕎麦粉」の解説の一部です。
「評価基準」を含む「蕎麦粉」の記事については、「蕎麦粉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「評価基準」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「評価基準」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



評価基準と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「評価基準」の関連用語

評価基準のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



評価基準のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの懸念される変異株 (改訂履歴)、対レーダーミサイル (改訂履歴)、パソコン検定 (改訂履歴)、ビジネス中国語検定試験 (改訂履歴)、青少年向け中国語検定試験 (改訂履歴)、ボルダ得点 (改訂履歴)、蕎麦粉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS