生体とは? わかりやすく解説

せい‐たい【生体】

読み方:せいたい

生きているもの。また、生きているからだ。「—実験


生物、生体

【仮名】せいぶつ
原文organism

動物植物細菌真菌などの生き物のこと。

(生体 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/26 14:15 UTC 版)

身体、からだ)、身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間動物の構造を指す。人間は身体を通じて世界を経験し、世界を構成する。


  1. ^ a b c 波平恵美子『からだの文化人類学: 変貌する日本人の身体観』大修館書店、2005年(平成17年)
  2. ^ Latitudinal variation in light levels drives human visual system size(著:Eiluned Pearce, Robin Dunbar 英国王立協会の会報「Biology Letter」Published:27 July 2011. 参照日:21 June 2018. doi:10.1098/rsbl.2011.0570)



生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 21:16 UTC 版)

「ばね」の記事における「生体」の解説

生体の動きについて、「ばね」という言葉使って比喩的に表すことがある実際に筋肉と腱は弾性持ち、特に、腱は骨格筋においてばねとして機能することで走り跳躍といった動作効率高めている。例え垂直跳びでは、跳躍前に勢い良く一旦しゃがみ込むことによって、そうしない場合よりも高く跳び上がることができる。これは反復動作伸張-短縮サイクル運動)と呼ばれる大きな力を出すための動作で、腱のばね効果反復動作時に大きな力を生み出す一役担っている動物の中で最も高い跳躍力を持つカンガルー長いアキレス腱をばねとして使い連続した大きな跳躍可能にしている。バイオメカニクスにおける骨格筋の最も基本的なモデルである「ヒル筋収縮モデル」では、筋繊維モデル化した「収縮要素」、腱組織モデル化した「直列弾性要素」、その他結合組織モデル化した「並列弾性要素」の3つ骨格筋モデル化し、骨格筋生み出す力を説明している。 鳥類昆虫では、翼や翅の羽ばたき機構の中にばねの要素取り入れて共振させることで、羽ばたき補助しているという説がある。他には、鳥類ホシムクドリ叉骨飛翔中にばねとして機能していることが確認されており、呼吸動作補助行っているのではないか推測される

※この「生体」の解説は、「ばね」の解説の一部です。
「生体」を含む「ばね」の記事については、「ばね」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 17:03 UTC 版)

等価回路」の記事における「生体」の解説

生体のインピーダンス測定ないしは推定することにより、心循環系呼吸系体組成などの状態を推定した診断情報として利用することが行われる。

※この「生体」の解説は、「等価回路」の解説の一部です。
「生体」を含む「等価回路」の記事については、「等価回路」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:33 UTC 版)

昆虫」の記事における「生体」の解説

バッタイナゴハチなど多く昆虫血糖トレハロースであり、体内分解酵素トレハラーゼ作用ブドウ糖グルコース)に変わることによって利用されるまた、スズメバチとその幼虫栄養交換液の中にもある。 昆虫血糖としてのトレハロース濃度は、400-3,000 mg/dL(10-80 mM)の範囲にある。この値はヒトグルコースとしての通常の血糖値100-200 mg/dLに比べてはるかに高い。この理由一つとしてトレハロースタンパク質に対して糖化反応起こさずグルコース比べて生体に有害性もたらさないためである。

※この「生体」の解説は、「昆虫」の解説の一部です。
「生体」を含む「昆虫」の記事については、「昆虫」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 15:52 UTC 版)

リチウム」の記事における「生体」の解説

リチウム多数植物プランクトンおよび無脊椎生物において痕跡量存在しており、その分率は(69–5760)×10−9である。脊椎動物中のリチウム濃度先述のものよりもわずかに低く、ほとんど全ての脊椎動物体組織および体液中には(2176310−9リチウム含まれている。水棲生物リチウム生物濃縮する。これらの生物においてリチウムどのような生物学的役割有しているかは知られていないが、哺乳類栄養学的な研究によってリチウム健康に対す重要性示されており、必須微量元素として1 mg/dのRDA1日摂取すべき栄養量)が提言されている。2011年報告され日本における観察研究によると、飲料水中に含まれる天然由来リチウム人間の寿命増やす可能性示唆されている。

※この「生体」の解説は、「リチウム」の解説の一部です。
「生体」を含む「リチウム」の記事については、「リチウム」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 09:41 UTC 版)

ナツシマチョウジャゲンゲ」の記事における「生体」の解説

見つかった例が少なく、詳しいことはわかっていない。

※この「生体」の解説は、「ナツシマチョウジャゲンゲ」の解説の一部です。
「生体」を含む「ナツシマチョウジャゲンゲ」の記事については、「ナツシマチョウジャゲンゲ」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:51 UTC 版)

ホルムアルデヒド」の記事における「生体」の解説

ホルムアルデヒドアミノ酸生体異物代謝する際、内因的に生成しホルムアルデヒド暴露されていないでも、血液ホルムアルデヒド濃度が2.61 ± 0.14 µg/g(ほぼ2.6ppm)との報告がある。

※この「生体」の解説は、「ホルムアルデヒド」の解説の一部です。
「生体」を含む「ホルムアルデヒド」の記事については、「ホルムアルデヒド」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/26 09:46 UTC 版)

パルミチン酸レチノール」の記事における「生体」の解説

ヒトの皮膚ではレチノールビタミンA)は、主にこのパルミチン酸レチノールの形で蓄えられている。このことは日焼け止め使われパルミチン酸レチノールも同じ特徴を持つということになる。紫外線A波とB波は、人間皮膚のビタミンA減少させるが、パルミチン酸レチノールよりレチノールの方が光学的に安定破壊されやすい。 皮膚塗ったパルミチン酸レチノール皮膚から吸収されレチノール変換され最終的にレチノイン酸となる。

※この「生体」の解説は、「パルミチン酸レチノール」の解説の一部です。
「生体」を含む「パルミチン酸レチノール」の記事については、「パルミチン酸レチノール」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 09:10 UTC 版)

ムーブ」の記事における「生体」の解説

ムーブ (moob) - Manboob合成語男性女性化乳房を指す。

※この「生体」の解説は、「ムーブ」の解説の一部です。
「生体」を含む「ムーブ」の記事については、「ムーブ」の概要を参照ください。


生体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 16:02 UTC 版)

ヒアルロン酸」の記事における「生体」の解説

ヒト脊椎動物では広く分布し皮膚関節眼球硝子体に多い。ヒトではヒアルロン酸半分皮膚存在する。脳など広く生体内細胞外マトリックス見られる皮膚では保水する能力によって乾燥を防ぐ。細胞組織保護する。また水分保持によって粘性示し関節摩耗をなくす。関節軟骨では、アグリカン、リンクタンパク質と非共有結合し、超高分子複合体作って軟骨機能維持極めて重要な役割をしている。ある種細菌同様な構造を持つ糖鎖合成している。 ヒアルロン酸は、悪性胸膜中皮腫腫瘍マーカーであり、胸水でのヒアルロン酸高値悪性胸膜中皮腫可能性を示すが、症例によっては上昇しない。早老症において尿中ヒアルロン酸濃度高くなる肝硬変では血清中のヒアルロン酸濃度上昇する例がある。 紫外線によって皮膚中のヒアルロン酸コラーゲン損傷するとされ、75歳人間皮膚のヒアルロン酸19歳人間のおよそ25%の量にまで減少する老化によって表皮からヒアルロン酸減少し真皮ではまだヒアルロン酸残っている。このことが、加齢による皮膚の水分低下弾力性低下萎縮貢献するヒアルロン酸CD44英語版受容体結合する

※この「生体」の解説は、「ヒアルロン酸」の解説の一部です。
「生体」を含む「ヒアルロン酸」の記事については、「ヒアルロン酸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「生体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「生体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生体」の関連用語

生体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのばね (改訂履歴)、等価回路 (改訂履歴)、昆虫 (改訂履歴)、リチウム (改訂履歴)、ナツシマチョウジャゲンゲ (改訂履歴)、ホルムアルデヒド (改訂履歴)、パルミチン酸レチノール (改訂履歴)、ムーブ (改訂履歴)、ヒアルロン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS