深海巨大症とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 深海巨大症の意味・解説 

深海巨大症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 15:55 UTC 版)

動物学において、深海巨大症(しんかいきょだいしょう、英語: deep-sea gigantism, abyssal gigantism)は、無脊椎動物や他の深海で生活する動物種が、浅いところに棲む近縁の動物よりも大きくなる傾向のこと。深海での少ない食料資源、高い圧力、低い温度への適応などからの説明が提案されている。




  1. ^ a b c d McClain, Craig. "Why isn't the Giant Isopod larger?". Deep Sea News. Retrieved 1 March 2018.
  2. ^ Hoving, H. J. T.; Haddock, S. H. D. (2017-03-27). “The giant deep-sea octopus Haliphron atlanticus forages on gelatinous fauna”. Scientific Reports 7: 44952. doi:10.1038/srep44952. 
  3. ^ a b Anderton, Jim (2007年2月22日). “Amazing specimen of world's largest squid in NZ”. New Zealand Government. 2010年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月閲覧。
  4. ^ a b c d e Timofeev, S. F. (2001). “Bergmann’s Principle and Deep-Water Gigantism in Marine Crustaceans”. Biology Bulletin (Russian version, Izvestiya Akademii Nauk, Seriya Biologicheskaya) 28 (6): 646–650 (Russian version, 764–768). doi:10.1023/A:1012336823275. http://www.springerlink.com/content/w40861j17433662t/. 
  5. ^ Bright, M.; Lallier, F. H. (2010). “The biology of vestimentiferan tubeworms”. Oceanography and Marine Biology: An Annual Review (Taylor & Francis) 48: 213–266. doi:10.1201/ebk1439821169-c4. http://www.sb-roscoff.fr/Ecchis/pdf/10-Bright-OMBAR.pdf 2013年10月30日閲覧。. 
  6. ^ Lutz, R. A.; Shank, T. M.; Fornari, D. J.; Haymon, R. M.; Lilley, M. D.; Von Damm, K. L.; Desbruyeres, D. (1994). “Rapid growth at deep-sea vents”. Nature 371 (6499): 663. doi:10.1038/371663a0. 
  7. ^ MacDonald (2002年). “Stability and Change in Gulf of Mexico Chemosynthetic Communities (PDF)”. MMS. 2013年10月30日閲覧。


「深海巨大症」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「深海巨大症」の関連用語

深海巨大症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



深海巨大症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深海巨大症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS