深海とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > 深海の意味・解説 

しん‐かい【深海】

読み方:しんかい

ふかいうみ。海洋動物学では水深200メートル以上、海洋学では2000メートル以上の深さの海をいう。光が透過せず、光合成行われない


深海

作者北代

収載図書フーコー短編小説傑作選 11
出版社フーコー
刊行年月2002.12


深海

作者早川いくを

収載図書へんないきもの三千里
出版社バジリコ
刊行年月2007.11


深海

読み方
深海しんかい
深海ふかうみ
深海ふかみ

深海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 02:07 UTC 版)

深海(しんかい)とは、明確な定義はない[1]が、一般的には200m以深の海域帯を指す[2][3]


  1. ^ 日本大百科事典(ニッポニカ)
  2. ^ 秦田勇二, 能木 裕一 ほか「深海バイオリソース応用研究 -深海微生物からの新規有用酵素探索-」『極限環境微生物学会誌』第8巻第2号、極限環境生物学会、2009年、 85-91頁、 doi:10.3118/jjse.8.852019年4月27日閲覧。
  3. ^ 世界大百科事典 第2版
  4. ^ 国際海洋環境情報センター. “深海とは”. 2016年7月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 瀧澤美奈子著 『深海の不思議』 日本実業出版社 2008 年 3 月 20 日初版発行 ISBN 9784534043542
  6. ^ ここまで龍澤(2008),p.20
  7. ^ 深海と地球の辞典編集委員会編(2014),p.3
  8. ^ 『深海生物図鑑』 p. 221
  9. ^ Karner MB, DeLong EF, Karl DM (2001). “Archaeal dominance in the mesopelagic zone of the Pacific Ocean”. Nature 409 (6819): 507–10. PMID 11206545. 
  10. ^ 無人でスイスイ、海底3千メートル…海洋機構の新探査機 朝日新聞 2012年4月6日[リンク切れ]


「深海」の続きの解説一覧

深海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 23:32 UTC 版)

盗まれた眼」の記事における「深海」の解説

魔道師ペシュトレン - 旧支配者オトゥーム配下北の深淵ゲル=ホー魔道師非人間種族であり、触手複数の口を備え黒光りする粘性生物深海生物ゆえに、地上は光が多すぎて眼が適さないオトゥーム - ク・リトル・リトル騎士称される、深海の存在文献水神クタアト」に記述がある。海底の島を浮上させる任務帯び、その一環地上ペシュトレン送り込むシャドメル - 地底種族クトーニアンの長。ライバルに当たるオトゥーム陣営に、テレパシー能力提供する本作では少し言及されるのみで、本来は別作品に登場する邪神ク・リトル・リトル - 魔物達首魁オトゥーム苛立っているらしい。本作では少し言及されるのみで、タイタス・クロウ・サーガにて本格的に登場する

※この「深海」の解説は、「盗まれた眼」の解説の一部です。
「深海」を含む「盗まれた眼」の記事については、「盗まれた眼」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「深海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

深海

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:26 UTC 版)

名詞

しんかい

  1. 深い海。主に、水深200m以上の深さの海をいう。

関連語

翻訳


「深海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



深海と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

深海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



深海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの深海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの盗まれた眼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの深海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS