海底とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 海底の意味・解説 

かい‐てい【海底】


ハイテイ【海底】

《(中国語)》マージャンで、一回勝負の中で最後の牌(パイ)を引くこと。また、その引いた牌。


うな‐ぞこ【海底】

〔名〕 海の底

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「岩は唯汐に曝れ、浪に弄ばれた果が、終には海底(ウナゾコ)深く運び去られて」


かい‐てい【海底】

〔名〕 海の底うなぞこ。〔三教指帰797頃)〕

平家13C前)一一雲上の龍くだって海底のとなり給ふ」〔郭璞遊仙詩


わた‐の‐そこ【海底】

] 海底の奥深い所の意で、「奥(おき)」と同音の「沖」にかかる。

万葉(8C後)五・八一三和多能曾許(ワタノソコ) 沖(おき)つ深江海上の 子負(こふ)の原に」


海底 ハイテイ 一翻役

一翻役
喰い下がりなし
一局最後の牌でツモってあがると一翻

海底 ハイテイ

役のひとつ。その局の最後ツモ牌ツモアガリした場合につく役。その牌がリンシャン牌だったときは除く。1翻役。

海底

作者瀬下耽

収載図書新青年ミステリ倶楽部―幻の探偵小説
出版社青樹社
刊行年月1986.7
シリーズ名BIG BOOKS


海底

作者柳谷郁子

収載図書夏子系譜
出版社三月書房
刊行年月2005.12


海底

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 02:18 UTC 版)

海底(かいてい)とは、の底のことである。より厳密には、海中の地殻やその上層の地面を指す。


  1. ^ 満田豊他著 『海のなんでも小事典』 講談社ブルーバックス 2008年3月20日第1版発行 ISBN 9784062575935
  2. ^ http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAIYO/iroiro/press_H14_tokachi_plan/tokachi_kouhou.html
  3. ^ http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20170403/ 海底ごみの映像や画像を集めた「深海デブリデータベース」を公開 ~深海に沈むごみの情報を公開し、海洋環境に関する課題解決に貢献~(2017年4月3日プレスリリース)


「海底」の続きの解説一覧

海底

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 02:20 UTC 版)

名詞

かいてい

  1. 海の底

発音(?)

か↗いてー

関連語

翻訳




海底と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海底」の関連用語

海底のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



海底のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2022 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海底 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの海底 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS