南大西洋とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 南大西洋の意味・解説 

南大西洋

読み方:みなみたいせいよう

大西洋南北分けた際の、南側にあたる海域のこと。東にアフリカ大陸、西に南アメリカ大陸、南に南極海、北に北大西洋位置する。南北境界は、赤道とされるともあれば、北大西洋海流と南大西洋海流が交わる北緯8度付近とされることもある。世界中全ての海の比喩としても用いられる「七つの海」という語には、南大西洋もその一つとして数えられている。

大西洋

(南大西洋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/08 09:29 UTC 版)

大西洋(たいせいよう、: Atlantic Ocean: Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸アフリカ大陸アメリカ大陸の間にあるである。なお、大西洋は、南大西洋北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸ユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。




  1. ^ Limits of Oceans and Seas. International Hydrographic Organization Special Publication No. 23, 1953.
  2. ^ 「地球を旅する地理の本 7 中南アメリカ」p18 大月書店 1993年11月29日第1刷発行
  3. ^ Milwaukee Deep Archived 2013年8月7日, at the Wayback Machine.. sea-seek.com
  4. ^ 「世界地理12 両極・海洋」p196 福井英一郎編 朝倉書店 昭和58年9月10日
  5. ^ 「海洋学 原著第4版」p115 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  6. ^ 「海洋学 原著第4版」p122 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  7. ^ a b 和達 清夫 監修 『海洋の事典』 p.431 東京堂出版 1960年4月20日発行
  8. ^ 「海洋学 原著第4版」p201 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  9. ^ 「海洋学 原著第4版」p223 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  10. ^ 和達 清夫 監修 『海洋の事典』 p.594 東京堂出版 1960年4月20日発行
  11. ^ 「海洋学 原著第4版」p368 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  12. ^ 「海洋学 原著第4版」p364 ポール・R・ピネ著 東京大学海洋研究所監訳 東海大学出版会 2010年3月31日第1刷第1版発行
  13. ^ a b c d e 佐藤正幸. “明治初期の英語導入に伴う日本語概念表記の変容に関する研究”. 山梨県立大学. 2020年1月18日閲覧。
  14. ^ 河原温著 『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』p25 中公新書、2006年
  15. ^ 「商業史」p27-28 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  16. ^ 「大帆船時代」p7 杉浦昭典 昭和54年6月26日印刷 中央公論社
  17. ^ 「サハラが結ぶ南北交流」(世界史リブレット60)p74 私市正年 山川出版社 2004年6月25日1版1刷
  18. ^ 「魚で始まる世界史 ニシンとタラとヨーロッパ」p162-163 越智敏之 平凡社新書 2014年6月13日初版第1刷
  19. ^ 「概説ブラジル史」p26 山田睦男 有斐閣 昭和61年2月15日 初版第1刷
  20. ^ 国本伊代・小林志郎・小沢卓也『パナマを知るための55章』p54 エリア・スタディーズ、明石書店 2004年
  21. ^ 「略奪の海カリブ」p162-164 増田義郎 岩波書店 1989年6月20日第1刷
  22. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p58 秋田茂(中公新書, 2012年)
  23. ^ 『世界一周の誕生――グローバリズムの起源』p42-45 園田英弘(文藝春秋[文春新書], 2003年)
  24. ^ 大西洋赤道域の新たな気候変動メカニズム海洋研究開発機構 JAMSTEC




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南大西洋」の関連用語

南大西洋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



南大西洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大西洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS