西海岸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 西海岸の意味・解説 

にし‐かいがん【西海岸】

読み方:にしかいがん

大陸や島の西側海岸また、特にアメリカ合衆国本土の、太平洋面する海岸および諸州のこと。西岸。→東海岸

[補説] 米国西海岸諸州ワシントンオレゴンカリフォルニア。(ネバダアリゾナ両州を含むこともある)


西海岸

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒801-0841  福岡県北九州市門司区西海岸

ウェスト・コースト

(西海岸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 04:03 UTC 版)

ウェスト・コースト: west coast)は、英語で「西海岸」の意。




「ウェスト・コースト」の続きの解説一覧

西海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 02:08 UTC 版)

ヒップホップ音楽の歴史」の記事における「西海岸」の解説

西海岸ではアイスTが「アイム・ユア・プッシャー」 でソウル・ヒットを放ったアイスTラップは、しばしばギャングスタ・ラップルーツといわれ、彼のアルバムパワー」(1987)はヒットアルバムとなったN.W.A.アルバムStraight Outta Compton」で一躍脚光を浴びたが、これは白人支配アメリカにおけるゲットー生活の厳しさラップしたアルバムだった。セカンドアルバム『Niggaz4Life』もヒットしギャングスタラップスターになったNWAに続くグループソロ・アーティスト現れたギャングスタラップは、ヒップホップ若者向け音楽主流になる上で重要な役割果たしたEazy-Eアルバム『Eazy-Duz-It』その他が非常に多く売れていたため、もはや黒人10代若者だけがヒップホップ唯一の購入者とは言えなくなったその結果ギャングスタラップは、以前はゲットー状況気づかなかった国民一部に、政治的および社会的メッセージ広めるために、ラップ音楽使用することを選択したアーティストプラットフォームになったヒップホップ音楽後に、より幅広い人口統計アピールしているが、メディア評論家は社会的および政治的に意識のあるヒップホップは、主流アメリカによってほとんど無視されてきたと主張している。アイス・キューブも「AmeriKKKa's Most Wanted」と「Death Certificate」の2枚アルバムで、政治的な内容歌った2パック様々な問題リリックにして、1990年代ギャングスタ・ラップ先鞭をつけた。 サンフランシスコ・ベイエリアではトラックファンク基本にシンセサイザードラム・マシーン使用していた。後のカリフォルニア州でのGファンク源流とも言える。「ザ・ゲットー」を発表したトゥー・ショートやアント・バンクス、スパイス1、など、多くのベイエリアアーティスト活躍した

※この「西海岸」の解説は、「ヒップホップ音楽の歴史」の解説の一部です。
「西海岸」を含む「ヒップホップ音楽の歴史」の記事については、「ヒップホップ音楽の歴史」の概要を参照ください。


西海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 06:41 UTC 版)

インドの地理」の記事における「西海岸」の解説

西海岸平野西ガーツ山脈アラビア海挟まれ狭い地域である。北はグジャラート州から始まりマハーラーシュトラ州ゴア州カルナータカ州ケーララ州縦断する。幅は場所によるが50km-100kmである。小河川沼沢多く氾濫しやすい。西ガーツ山脈水源地アラビア海流れ河川流速高く一年を通じて水量豊富である河川急流あるため三角州ではなく三角江ができやすいアラビア海流入する主要河川にはタプティ川ナルマダ川・マンドヴィ川・ズアーリ川などがある。この海岸は3地域で名称が違う。北部マハーラーシュトラ州ゴア州ではコンカン海岸中部カルナータカ州ではカナラ海岸南部ケーララ州ではマラバール海岸よばれる落葉樹が多いことはこの地域の植生の特徴である。マラバール海岸にはマラバール海岸湿潤という珍し生態圏がある。

※この「西海岸」の解説は、「インドの地理」の解説の一部です。
「西海岸」を含む「インドの地理」の記事については、「インドの地理」の概要を参照ください。


西海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 14:06 UTC 版)

CBSディス・モーニング」の記事における「西海岸」の解説

太平洋アラスカ、ハワイ・アリューシャンのタイムゾーン夏時間アリゾナ州大部分と共にの場合、放送更新バージョンには、これらの視聴者への追加挨拶(「西部の視聴者皆さんおはようございます!」及び「あなたが西部目を覚ますように...」("Good morning to our viewers in the West!" / "As you are waking up in the West..."))と、国のその地域の視聴者を特に認め記者によって以前に示された更新されリポート(例:「西部ご覧視聴者皆さんおはようございます」("Good morning and Good morning to our viewers watching us in the West"))と共に株式市場を含む、高値または安値主要な値動き組み込まれている

※この「西海岸」の解説は、「CBSディス・モーニング」の解説の一部です。
「西海岸」を含む「CBSディス・モーニング」の記事については、「CBSディス・モーニング」の概要を参照ください。


西海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:28 UTC 版)

北九州港」の記事における「西海岸」の解説

周辺地区は、門司港地区発展の証である歴史的建造物生かした観光スポット門司港レトロになっている付近には「門司港合同庁舎」(地上10階建)があるほか、北九州市港湾空港門司庁舎近接している。 下関唐戸)港・巌流島唐戸経由)への航路のほか、遊覧船門司港レトロクルーズが運航されている。 最寄り駅JR九州鹿児島本線門司港駅 旅客定期航路- 下関港唐戸桟橋巌流島関門汽船門司港合同庁舎入居している出先機関門司税関本関第七管区海上保安本部本部門司海上保安部 国土交通省九州運輸局福岡運輸支局門司港庁舎 農林水産省門司植物防疫所 農林水産省動物検疫所門司支所 厚生労働省福岡検疫所門司検疫所支所 門司地方海難審判所

※この「西海岸」の解説は、「北九州港」の解説の一部です。
「西海岸」を含む「北九州港」の記事については、「北九州港」の概要を参照ください。


西海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:57 UTC 版)

オルタナティヴ・ロック」の記事における「西海岸」の解説

300都市ロサンゼルスは、ニューヨークと並ぶ音楽産業中心であり、1970年代以前からアンダーグラウンド規模大きかった1970年代後半の、ニューヨークロンドンと比べてローカルであったニュー・ウェイヴ・パンク・シーンから、さらにロサンゼルス郊外のハードコア・パンク・シーンが枝分かれしていく過程は、1977年高校生ファンジンとして創刊された『フリップサイド』(Flipside)に記録されている。当初はニューヨークロンドンバンド公演合間登場するけだった地元バンド増えていった。「サーフパンク」などは、ロサンゼルスサウスベイオレンジ・カウンティなど郊外未成年者指しこれらのライブハウス客層人気のブラック・フラッグ らのバンド郊外ライブ会場拠点として「ハードコア・シーン」が形成したミニットメンレッドクロス、あるいはTSOLといったバンド自体音楽は、ニュー・ウェイヴポスト・パンクメタルなどさまざまな要素を含んでいた、という点である。新たに参入したディセンデンツサーフロックメロディーこの地域のハードコア持ち込んだロサンゼルスでは、ブラック・フラッグミニットメン頻繁にツアー行いアメリカ各地域にハードコアシーンが形成されるきっかけ作ったブラック・フラッグ自主レーベルSSTレコード は、LA親交のあったバンドだけでなく、これらのツアー活動を通じて知り合ったアリゾナミート・パペッツミネアポリスハスカー・ドゥニューヨークバッド・ブレインズソニック・ユースダイナソーJr.といったバンドの作品をリリースし、1980年代代表的なUSオルタナティヴ・インディー・レーベルとして知られる1980年代初期のハードコア・シーンをよく伝え映画としては、オレンジ・カウンティ のハードコアバンド、ソーシャル・ディストーションとユースブリゲードが1982年スクールバス改造したツアーバス試みた全米ツアー中心とする映画『アナザー・ステート・オブ・マインド』や、1984年フィクションサバービア』がある。 1980年代半ばロサンゼルスは、スラッシュ・メタル中心にLAメタルブームが発生した。しかし、それに対抗して1980年代末からバッド・レリジョンとそのレーベルエピタフ・レコードのメロディック・ハードコアなど、パンク・バンドによるインディペンデントな小ブーム起きたシアトルロック中心地として、1980年代からオルタナ・バンドが活躍していた。また、サンフランシスコ・ベイエリアは、ロサンゼルス密接な関係にある地域であり、パンクニュー・ウェイヴライブハウスとしてマブヘイ・ガーデンズが知られブラック・フラッグやサークル・ジャークスといったバンド早い時期から頻繁にツアー行っている1978年結成地元のバンドデッド・ケネディーズ は、自主レーベルオルタナティヴ・テンタクルズを立ち上げ東海岸へのツアーを行うなど、早くから知名度をあげ世界的に知られるようになり、ジェロ・ビアフラパンク反体制的主張代弁者として積極的に発言するバークリー公共放送KPFAの音楽番組『マクシマム・ロックンロール』のティム・ヨハナン (Tim Yohannan)は、オルタナティヴ・テンタクルズからカリフォルニア北部パンクバンドサンプラーをリリース、この48ページライナーパンク誌『マクシマム・ロックンロール』の創刊号となる。当初からこの雑誌カラーとして、オルタナティヴ価値観持ったパンク思想記事として掲載されていた。 1986年にはオルタナティヴ・ミュージック・ファウンデーションを設立し自主運営ライブハウス・ギルマンをオープンするギルマンは、ベイエリアのパンクシーンの中心として、グリーン・デイ、ジョーブレーカー、サマイアムといったバンドの活動拠点となった。ただし、『マキシマム・ロックンロール』を単にパンク音楽誌とみなすことはできない。その大量のレビューにはハードコア・パンク全盛期草創期から、ポスト・パンクサイケデリックノイズ、あるいはヴェルヴェット・アンダーグラウンド再発など、典型的なパンク以外の音楽もしばしば好意的に評されている。白人ラップ評価されたことは、黒人ラップ中心R&Bチャートとは異なっていた。1984年からは日本のバンド登場し少年ナイフなども紹介されている。

※この「西海岸」の解説は、「オルタナティヴ・ロック」の解説の一部です。
「西海岸」を含む「オルタナティヴ・ロック」の記事については、「オルタナティヴ・ロック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「西海岸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「西海岸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西海岸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西海岸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェスト・コースト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒップホップ音楽の歴史 (改訂履歴)、インドの地理 (改訂履歴)、CBSディス・モーニング (改訂履歴)、北九州港 (改訂履歴)、オルタナティヴ・ロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS