福岡県北九州市とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 福岡県北九州市の意味・解説 

福岡県北九州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:43 UTC 版)

タコの山」の記事における「福岡県北九州市」の解説

設置数2014年平成26年時点で11箇所11基。2014年時点で市民約88000人当たり1基、2019年令和元年時点で市民約85500人当たり1基ある。❚和布刈公園門司区門司)、❚勝山公園小倉北区城内)、❚昭和公園昭和町)、❚志井公園小倉南区志井)、❚吉田公園下吉田3)、❚山王二丁目南公園八幡東区山王2)、❚大池公園八幡西区大池)、❚❚松寿山2号公園松寿山)、❚今光東公園若松区今光)、❚大谷6号公園戸畑区東大谷)、❚新提公園中原西)。

※この「福岡県北九州市」の解説は、「タコの山」の解説の一部です。
「福岡県北九州市」を含む「タコの山」の記事については、「タコの山」の概要を参照ください。


福岡県北九州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 02:10 UTC 版)

小菊饅頭」の記事における「福岡県北九州市」の解説

福岡県北九州市小倉北区小菊饅頭は、餡(黒餡白餡ともあり)を、山芋米粉より作られた饅頭の皮包んだ白色蒸し饅頭である。小菊饅頭本舗藤屋製造販売しておりJR九州小倉駅のキヨスク・アミュプラザ小倉などでも販売している。小ぶりサイズで、饅頭には「菊」の文字刻まれている。 江戸時代より以前は現在の門司区から小倉北区にかけて関門海峡面した海岸線は、企救の長浜(きくのながはま)と呼ばれ白砂海岸青々とした松の木が何本も立ち並ぶ景勝地だった。その景色称える和歌万葉集にも見られる豊国のきくのながはまゆきくらし 日のくれぬれば妹をしぞ思ふ 豊国のきくの高浜高々に 君まつ夜らばさよふけにけり その企救の長浜には、慶長年間建てられ貴布禰(きふね)神社鎮座している(現在も残る)。その神社門前でいつの頃からか、米粉原料にした饅頭を売る店が現れた詳し時期不明)。 その饅頭小倉名物として、小倉城下の町民や長崎街道行き交う旅人たち評判をとり、その製法は代を重ね現在まで伝わることとなった。企救の長浜より名前をとり(企救→)、「小菊饅頭」と命名されたものと思われる。 この項目は、食品食文化関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:食)。

※この「福岡県北九州市」の解説は、「小菊饅頭」の解説の一部です。
「福岡県北九州市」を含む「小菊饅頭」の記事については、「小菊饅頭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「福岡県北九州市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

福岡県北九州市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福岡県北九州市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのタコの山 (改訂履歴)、小菊饅頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS