万葉集とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 万葉集の意味・解説 

まん にょうしゅう -えふしふ 【万葉集】

まんようしゅう(万葉集)

まん ようしゅう -えふしふ 【万葉集】

歌集名(別項参照)。

まんようしゅう まんえふしふ 【万葉集】

歌集。二〇巻。数次わたって編纂されたとみられ、大伴家持編纂に携わったことが推定されるが、最終的現在の形にまとめた人物不明。巻一~一六までは基本的に雑歌ぞうか)・相聞歌そうもんか)・挽歌などの部立てによる編纂方針によって貫かれるが、巻一七以降年月日順で編まれ、部立てはみられない。成立奈良時代末期とされる仁徳朝の伝承歌から淳仁朝までの和歌約四五〇〇首を収める作者皇族貴族から庶民まで広い階層にわたるが、その中心皇族貴族官人であったことは無視できない。特に、額田王ぬかたのおおきみ)・柿本人麻呂山部赤人山上憶良おくら)・大伴旅人大伴家持などは著名歌体は、短歌のほか長歌旋頭歌せどうか)などを含む。初期集団的な歌謡から大伴家持に代表される繊細優美な歌まで、上代歌謡進展に伴うさまざまな歌を含む。

万葉集

読み方:マンヨウシュウ(manyoushuu)

奈良時代歌集現存最古歌集


まんようしゅう 【万葉集】

万世に伝わるべき集、また〈歌〉の集の意)日本現存最古歌集。二〇巻。仁徳天皇皇后の歌といわれるものから淳仁天皇時代の歌まで、長歌短歌旋頭歌仏足石歌体歌・連歌など約四千五百首、漢文詩・書翰も収録編集には大伴家持が関ったとされる古来日本思想伝えられ、仏教儒教道教外来思想みられる

万葉集

読み方:マンヨウシュウ(manyoushuu)

分野 和歌集

年代 奈良時代

作者 大伴家持〔ほか〕


万葉集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 17:34 UTC 版)

万葉集」(まんようしゅう、萬葉集)は、奈良時代末期に成立したとみられる日本に現存する最古の和歌集である[1]。万葉集の和歌はすべて漢字で書かれている(万葉仮名を含む)[2]。全20巻4,500首以上の和歌が収められており、「雑歌(ぞうか)」宴や旅行での歌、「相聞歌(そうもんか)」男女の恋の歌、「挽歌(ばんか)」人の死に関する歌の3つのジャンルに分けられる[3]。和歌の表現技法には、枕詞序詞反復対句などが用いられている[4]


  1. ^ 万葉集の詠み人は天皇貴族から下級官人防人大道芸人などさまざまな身分人々と考えられてきているが、品田悦一(東京大学教授)によれば、今日ではほぼ全ての研究者から否定されているという[7][要検証]
  2. ^ 第16巻には一首の仏足石歌も収録されている(国歌大観3884番歌)。
  3. ^ 旋頭歌の一つ





万葉集と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「万葉集」の関連用語

万葉集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



万葉集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの万葉集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS