入水とは?

にゅう すい にふ- [0] 【入水】

( 名 ) スル
にはいること。
水中に身を投げ自殺すること。入水(じゆすい)。 「 -自殺

じゅ すい [0] 【入水】

( 名 ) スル
水中飛び込んで自殺すること。身投げにゅうすい。 「 -自殺

入水

読み方:ジュスイ(jusui)

水中飛び込んで自殺すること


入水

関連項目→〔水死〕・〔身投げ

★1.複数の男から求婚された女が、入水して死ぬ。

万葉集巻9 1811~1812歌 葛飾真間の手児名質素身なりで働く娘だったが、たいへんな美女であったので、多く男性から求愛された。しかし彼女は誰とも結婚することなく、入江に身を沈めて死んでいった。

万葉集16 3810~3812歌 3人の男が、縵児(かづらこ)に求婚した。縵児は思い悩んで池のほとりをさまよい、ついに水底に身を沈めた。

大和物語1472人の男から求婚された津の国の女は、どちらを選ぶこともできず、「住みわびぬ我が身投げてむ津の国の生田の川は名のみなりけり」の歌を残して生田川投身した。

長良乙女古伝説→〔二人夫〕1aの『草枕』(夏目漱石)2。

★2.夫や兄が討死したり捕らわれたりしたため、その妻や妹が入水して死ぬ。

平家物語巻9「小宰相身投」 懐妊の身の小宰相は、夫通盛討死を知らされ悲嘆して、屋島の海に入水した。

平治物語下「夜叉御前の事」 奥波賀の夜叉御前は、兄頼朝が捕らえられたことを悲嘆し、11歳で杭瀬河に投身した。

保元物語下「為義の北の方身を投げたまふ事」 夫為義及び乙若以下4人の子らが皆斬られたと聞いた北の方は、石を袂に入れ河に投身した。

★3.入水する女が、救助されてしまうこともある。

転寝草紙御伽草子大臣家姫君が、左大将との来世での契りを念じ、瀬田の橋から入水する。そこへ左大将の乗った舟が通りかかり、姫君救助され、2人結ばれる

源氏物語浮舟」~「手習」 薫と匂宮両方と関係を持ってしまった浮舟は、宇治川へ入水しようとして意識を失う。彼女は宇治の院のかげに茫然としているところを横川の僧都救われる

狭衣物語巻1~2 飛鳥井女君狭衣と関係を結んでいたが、式部大夫女君に言い寄り連れ出し筑紫行きの船に乗せる女君式部大夫に身をまかせることを拒否し、虫明の瀬戸(=岡山県東部沿岸)に身を投げようとする。そこへ女君の兄僧が来合わせ、彼女を救う〔*しかし女君は、狭衣再会できぬまま、やがて病没する〕。

鉢かづき御伽草子) 家を追われた鉢かづき絶望して川へ身を投げるが、鉢のために身体沈みきらずに流れ行き舟人引き上げられる。山蔭三位中将鉢かづき異相に目をとめ、屋敷湯殿に置いて働かせる

★4.海の神への捧げ物として、女が入水する。

太平記18一宮御息所の事」 武士松浦五郎が、一宮(=後醍醐天皇第一皇子尊良親王)の御息所横恋慕して、船で連れ去る随身武文はこれを阻もうとして果たさず、腹かき切って海底に沈む。鳴門海峡まで来ると海が荒れ、武文の怨霊出現して船を招くので、松浦五郎御息所水手1人をそえて小舟に乗せ、波の中に放つ〔*小舟淡路武島漂着し、後に御息所一宮再会することができた〕。

筑前国風土記逸文うちあげの浜」 狭手彦連の船が、海にとどまったまま動かない。海神が狭手彦の妾那古若を慕っているため、と思われたので、彼女をこもの上に乗せて波に放ち浮かべた。

*夫の身代わりとなって、妻が入水する→〔船〕8の『古事記』中巻・『椿説弓張月続編巻之1第31回。

★5.夫や子と別れた女が入水する。

太平記巻4「藤房卿の事」 中納言藤房は、後醍醐帝補佐する重臣であったが、元弘の乱の後、後醍醐帝隠岐島へ、藤房常陸国配流された。藤房恋人左衛門佐局(さゑもんのすけのつぼね)は(*→〔一夜妻〕1)、藤房配流先を知らず、「この世では2度と逢えないだろう」と悲嘆して、大堰川へ身を投げた。

春雨物語宮木が塚」 遊女宮木は、宿駅長藤太夫横恋慕によって、恋人河守十太兵衛との仲を割かれる。十太兵衛は罪に落とされて病死し、藤太夫が強引に宮木身請けする。宮木は、法然上人に会いに行き念仏を授けられて、入水する。

発心集3-6 娘を亡くして3年になる女房が、天王寺21日間の念仏をした後、難波の海に入水した。

横笛草紙御伽草子滝口時頼は恋人横笛捨て出家し、嵯峨往生院に籠もる。横笛往生院訪ねる滝口対面拒否され、大井川身を投げる〔*平家物語10横笛」の類話では、横笛剃髪して奈良法花寺入り、まもなく没した、と記す〕。

★6.いつわりの入水。

明石物語御伽草子明石三郎北の方横恋慕する高松中将から逃れるため、侍女2人流浪の旅に出る。2人は渚に衣装脱ぎ捨て辞世の歌を書き置き、入水したかのように見せかけて去る。

好色五人女巻3「中段に見る暦屋物語」 京の大経師だいきょうじ)某の妻おさんは、手代の茂右衛門不義の関係になる。2人は「心中したように見せかけて、田舎へ身を隠そう」と相談する。彼らは書置きを残し、水際着物草履捨て水練の男2人を雇って琵琶湖飛び込ませる。大経師の店の召使たち水音聞き、おさんと茂右衛門は入水した、と思って泣き騒ぐ〔*2人丹後隠れるが、結局捕らえられ処刑された〕。

信田(しだ)幸若舞平将門の孫である信田の小太郎は、悪人小山(をやま)の太郎に捕えられ、夜、内海(=霞ヶ浦)に沈められることとなった。小山命令千原太夫が、沈めの石を信田の首にかけ、小舟に乗せて漕ぎ出すが、千原太夫信田旧臣だったので、彼は石だけを水中落とし信田を逃がしてやった〔*千原太夫小山拷問されて死ぬ。後に信田小山の首を討つ〕。

*川や海に石を投げ込んで、入水したように思わせる→〔死因2bの『英草紙』第8篇「白水翁が売卜直言奇を示す話」・〔冥界行〕6bの『辰巳の辻占』(落語)。

★7.政治的理由による入水。

荘子「譲王篇」第28 舜が、友人の無択に天下を譲ろうとした。無択はそれを汚らわしいことだと言って、清レイの淵に投身した。殷の湯王が、天下を卞随に譲ろうとすると、卞随はチュウ投身した。次いで務光に譲ろうとすると、務光は石を背負って廬投身した。

屈原汨羅(べきら)入水→〔五月〕2の『太平広記』巻291所引『続斉諧記』。

★8a.入水往生

平家物語10横笛」~「維盛入水」 都落ちした平家一門は、讃岐八島屋島)に仮の内裏作る三位中将維盛は京の妻子忘れられず、「生きる甲斐のない我が身」と観じ、寿永3年(1184)3月15日八島抜け出る。彼は高野山へ登って出家し、熊野三山参詣した後、船で海上に出て、3月28日27歳で那智の沖に入水往生する

★8b.いつわりの入水往生

宇治拾遺物語11-9 30歳余りの僧が桂川に入水往生するというので、大勢人々拝みに行く。僧はいったん川に身を沈めるが、苦しさにもがき、あわてて陸地戻り川原を走って逃げる。後に僧は、手紙の上書きに「前(さき)の入水の上人」と署名した。

★9.全国民の、あるいは全人類の集団入水。

レミングマシスン海岸沿いのハイウェイに、幾千台の自動車押し寄せる。車から降り人々は、次々に海に入って行く。警官2人が、「レミング集団自殺みたいだ」と話し合う。1週間あまりたつと、車が来なくなる。もう誰も現れない。「皆、海に入ってしまったんだろう」「ほかに湖もいくつかあることだし」。警官1人が「じゃあ、さようなら」と言って、海に入る。それを見届けて、もう1人も海に入る。

★10.バケツで、入水自殺試みる。

にんじんルナール)「にんじんアルバム22 母親から愛されない「にんじん」は、バケツを入れて自殺試みる。「にんじん」は鼻と口を漬け、じっとしている。母親平手打ち飛んで来てバケツひっくり返るおかげで、「にんじん」は命拾いする。


入水

読み方:ジュスイ(jusui)

作者 石原吉郎

初出 昭和52年

ジャンル


入水

読み方:イリミズ(irimizu)

所在 福岡県飯塚市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒820-0103  福岡県飯塚市入水

入水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/10 03:56 UTC 版)

入水(じゅすい)とは、水中に飛び込んで自殺すること。身投げ。にゅうすい。基本的に水死であり、苦痛が大きい。




「入水」の続きの解説一覧

入水

出典:『Wiktionary』 (2011/10/20 15:30 UTC 版)

名詞

  1. じゅすいにゅうすい
    1. などの水の中に身を投げ自殺すること。
      用法表面的には「水の中に入ること」だけとも取れるため、「入水自殺」という表現もしばしば用いられる。
      万葉集の巻の三には大津皇子が死を賜わって磐余の池にて自害されたとき、妃山辺皇女流涕悲泣して直ちに跡を追い入水して殉死された有名な事蹟がのっている。(倉田百三人生における離合について』)
  2. にゅうすい
    1. 入ってくる

関連語

語義1

類義語

語義2






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「入水」の関連用語

入水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小山 空也

アクセル

油障子

片流れ

烏丸線10系車両

LS600h

長崎チャンポン

7000系





入水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2018 物語要素事典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2018 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS