太夫とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 太夫 > 太夫の意味・解説 

たゆう〔タイフ〕【夫/夫】

読み方:たゆう

⇒たいふ(大夫)1

神主禰宜(ねぎ)などの神職の称。たいふ。

御師(おし)の称。

芸能をもって神事奉仕する者の称号

猿楽座座長江戸時代以降は観世金春(こんぱる)・宝生金剛四座家元をさして、観世太夫などという。古くは能のシテ役をさした。

説経節および義太夫節などの浄瑠璃系統音曲語り手また、義太夫など、名前としても使う。

歌舞伎で、立女形(たておやま)の敬称

近世後期大道芸門付け芸などの芸人称号の太夫など。

官許遊女のうち最上位松の位


太夫

読み方:タユウ(tayuu)

浄瑠璃語り手


太夫

読み方:タユウ(tayuu)

芸人称号敬称

別名 大夫


たゆう 【大夫・太夫】

正しくはタイフ大夫号中国からきた称で五位以上の官位指したが、日本では芸人称号・敬称にも用い伊勢神宮御師は太夫ともいった。他の芸能人遊女にもいった(遊女初め巫女で芸をした)。(太の字を用いたのはあとで、大が先)

太夫

作者小野

収載図書町医大覚
出版社文芸社
刊行年月2004.11


太夫

読み方:いたさいもん

  1. たいふのこと。義太夫仲間隠語

分類 東京義太夫


太夫

読み方:たゆう

  1. 強窃盗犯人。〔第二類 人物風俗
  2. 強窃盗犯人をいふ。
  3. 犯人江差
  4. 犯人。〔一般犯罪
  5. 犯人。右(※「たや」)に同じ。〔盗〕
  6. 強窃盗犯人をいう。

分類 犯罪、盗/犯罪


太夫

読み方:たゆう

  1. 歳の才蔵相手になつて地を振つてゆく人真と云う

分類 芸能


太夫

読み方:だゆう

  1. 骨牌詐術施せる)を巧に使ひわくる役。

分類 詐欺犯/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

太夫

読み方:タユウ(tayuu)

所在 三重県桑名市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大夫

(太夫 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 09:26 UTC 版)

大夫(たいふ、だいぶ、たゆう)とは、本来古代中国における身分呼称のひとつ。日本では太夫たゆうとも表記し、律令制では太政官においては三位以上、においては四位以上、中国以下の国司においては五位以上の官吏の称とされたが、やがて時代が下ると五位の通称となり、さらに転じて身分のある者への呼びかけ、人物の呼称として色々な意味を持つようになった。


  1. ^ a b c デジタル大辞泉『デジタル大辞泉』 - コトバンク、2012年8月8日閲覧。


「大夫」の続きの解説一覧

太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:45 UTC 版)

文楽」の記事における「太夫」の解説

浄瑠璃語りのこと。1人物語を語るのが基本で、情景描写から始まり多くの登場人物語り分けるが、長い作品では途中で別の太夫と交代して務める。掛け合いの場合には複数が並ぶ。浄瑠璃には多くの種別があるが、文楽では竹本義太夫創始者とする義太夫節用いられる。 なお、太夫名(芸名)は、1953年に因会(ちなみかい)、翌年三和会(みつわかい)が「大夫」と表記変更したが、2016年元来表記である「太夫」に戻した。また「若太夫」のように「太夫」の前が2拍の場合は「たゆう」、「義太夫」「越路太夫」のように2拍以外の場合は「だゆう」と読む。

※この「太夫」の解説は、「文楽」の解説の一部です。
「太夫」を含む「文楽」の記事については、「文楽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「太夫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「太夫」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



太夫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太夫」の関連用語

太夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



太夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの文楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS