伴奏とは? わかりやすく解説

ばん‐そう【伴奏】

読み方:ばんそう

[名](スル)楽曲主旋律や主声部支え引き立てるために、他の楽器補助的に演奏すること。また、その演奏。「ギターで―する」


伴奏 [accompaniment]


伴奏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 15:26 UTC 版)

伴奏(ばんそう)とは、




「伴奏」の続きの解説一覧

伴奏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 23:02 UTC 版)

越中おわら節」の記事における「伴奏」の解説

おわら節唄い手とともに地方(じかた)としておわら風の盆雰囲気作り上げるのが、三味線胡弓太鼓の伴奏と囃子方囃しである。とくに胡弓が入るのは民謡ではややめずらしく、この楽器悲しげなむせぶような響き加えることで、この民謡独特の味わいもたらしている。また唄と唄の間にとまったく違う合いの手といわれる間奏曲演奏するが、これが哀調醸し出すといわれ民謡では珍しいものとされる囃しは唄の前に囃す唄われよわしゃはやす」、唄の前、上の句唄った直後などに囃す「キタサノサドッコイショノショ(サッサ)」や、唄と唄の間に囃す囃子がある。囃子方はいわば指揮者のような存在で大変重要な役目であり、唄い出しタイミング担っている。また踊りの種類によって囃すタイミングが違うため、楽器並びに唄、踊り熟知する事必要である。ただし夜半の街流しでは囃し太鼓入らないことが多い。 胡弓おわら節導入されたのは、明治40年代松本勘玄によってである。また、当時八尾あたりまでを門付エリアとしていた越後瞽女(ごぜ)の影響ではないかとも言われている

※この「伴奏」の解説は、「越中おわら節」の解説の一部です。
「伴奏」を含む「越中おわら節」の記事については、「越中おわら節」の概要を参照ください。


伴奏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:29 UTC 版)

小原孝」の記事における「伴奏」の解説

大学院修了後20代では、由紀さおり・安田祥子童謡コンサートピアノ伴奏をするなど、伴奏者としての活動中心であったが、その技量高く評価されソロ活動中心となった後も、様々なアーティスト依頼され伴奏者として共演することが多い。奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞を3度受賞した実績もある。

※この「伴奏」の解説は、「小原孝」の解説の一部です。
「伴奏」を含む「小原孝」の記事については、「小原孝」の概要を参照ください。


伴奏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 16:06 UTC 版)

「巣立ちの歌」記事における「伴奏」の解説

ピアノ伴奏は岩河が作曲した通常版」だけでなく、児童・生徒弾きいようにアレンジされた「簡易版」の計2種類存在する。「通常版」はある程度技巧要すると同時に、岩河の他の多くの合唱曲にも見られるような、単に伴奏の域に収まらないピアノ演奏迫力特徴的である。一方で簡易版」はそのような難易度の高い部分ピアノ演奏目立部分アレンジされ合唱曲として演奏し易さ重点置かれている。

※この「伴奏」の解説は、「巣立ちの歌」の解説の一部です。
「伴奏」を含む「巣立ちの歌」の記事については、「巣立ちの歌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伴奏」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伴奏

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:16 UTC 版)

名詞

ばんそう

  1. 楽曲の主旋律や主声部効果上げるために他の楽器補助的に演奏すること。

発音(?)

ば↗んそー

動詞

活用

サ行変格活用
伴奏-する

「伴奏」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伴奏」の関連用語

伴奏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伴奏のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伴奏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの越中おわら節 (改訂履歴)、小原孝 (改訂履歴)、巣立ちの歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの伴奏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS